Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2019/11/11
Update

映画『サラブレッド』ネタバレ感想と評価。結末ラストで秘密と裏切りが思いもよらない展開へ

  • Writer :
  • もりのちこ

無感情のアマンダと感情的なリリーは、
混ぜると危険な関係。

サンダンス映画祭観客賞をはじめ、インディペンデント作品を対象とする数々の映画賞にノミネートされ注目を浴びた映画『サラブレッド』。

強い血は残し、さらに強いものが生み出される、サラブレッド。純血種の馬は、美しく早く走れるが、ケガをしやすくデリケートである。

性格も育ちも正反対な幼なじみが再会したことで、眠らせていた凶悪な心が目を覚ます。映画『サラブレッド』を紹介します。

スポンサーリンク

映画『サラブレッド』の作品情報


(C)2017 Thoroughbred 2017, LLC. All Rights Reserved.
【日本公開】
2019年(アメリカ)

【監督】
コリー・フィンリー

【キャスト】
オリビア・クック、アニヤ・テイラー=ジョイ、アントン・イェルチン、ポール・スパークス、フランシー・スウィフト

【作品概要】
『レディ・プレイヤー1』のオリビア・クックと、『ウィッチ』のアニヤ・テイラー=ジョイの人気若手女優が共演したサスペンス映画『サラブレッド』。

監督・脚本は、舞台演出家として活躍してきたコリー・フィンリー監督。今作が、映画監督初作品となります。

2人の少女の殺人計画に巻き込まれるティムを演じたアントン・イェルチン。2016年事故で亡くなった彼の遺作となりました。

映画『サラブレッド』のあらすじとネタバレ


(C)2017 Thoroughbred 2017, LLC. All Rights Reserved.
馬と向き合う少女。彼女の名前は、アマンダ。アマンダは、ナイフを取り出します。

ここはネティカット州の郊外にある豪邸です。アマンダは、久しぶりに幼なじみのリリーの家に来ていました。壁には白馬に乗った幼いリリーの写真が飾ってあります。

アマンダがこの家を訪ねた理由は、母がお金でリリーに教育係を頼んだからです。すべてをお見通しのアマンダでしたが、大人しく言う通りに出向きました。

上流階級の家に育ち、名門校に通いながら一流企業でのインターンも経験しているリリーは、絵に書いたお嬢様でした。

一方、アマンダは突飛な行動で周りを驚かせ、社会からはのけ者にされ、母親も手に余すほどの問題児でした。

幼なじみの2人は再開に戸惑いながらも、次第に本音で語り合うようになります。それはどこか秘密めいたやり取りでした。

アマンダはすべての感情が欠落していました。喜びや罪の意識もなく、いつでも泣ける演技を身につけています。

そんなアマンダに興味を抱くリリー。リリーは反対に感情的でした。くすぶる感情を持て余し、夜は学生パーティーに顔を出していました。

リリーのもっぱらのイライラの原因は、継父のマークの存在でした。抑圧的なマークは、母とリリーにも厳しくあたり、リリーを邪魔者扱いしていました。

日々のトレーニングを欠かさないマークの、夜な夜な響くトレーニングマシーンの「グゥーングゥーン」という耳障りな音も、リリーを不快にさせていました。

リリーのマークへの殺意に感づいたアマンダは「殺さないの?」と挑発します。最初はそんなアマンダを遠ざけるリリーでしたが、今度は自分からアマンダの家を訪ねます。

アマンダが飼っていた馬を殺したという噂の真相を聞くリリー。リリーの心の潜む凶暴な感情が顔を出していました。

以下、『サラブレッド』ネタバレ・結末の記載がございます。『サラブレッド』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2017 Thoroughbred 2017, LLC. All Rights Reserved.
アマンダが飼っていた馬を殺したのは、両足を骨折し苦しむ馬を楽にしてあげたかったから。

淡々と馬殺しの過程を語るアマンダにリリーは、マークの殺人を相談します。

アマンダとリリーは、ドラッグの売人ティムを雇うことにします。ティムは学生をターゲットに薬を売り、夢ばかり語る小心者です。

アマンダは、ティムから薬を買うふりをし、やり取りを録音。それを脅しにマークの殺人を押し付けます。

いよいよマーク殺害の日です。アマンダとリリーはそれぞれアリバイ作りをしていました。

リリーは母親とスパに来ていました。エステにランチにと満喫しながらも、マークの顔がよぎるリリー。

しかし、スパが終わると、マークが何事もなかったように迎えに来ていたのです。

ティムの裏切りを知ったリリーは、焦ります。包丁を取り出し衝動的にマークを殺そうとします。止めたのはアマンダでした。

アマンダとリリーは、リリーの家で一緒に映画を観ています。夜になるといつものマークのトレーニングマシーンの音が響き渡ります。

ジュースを飲もうとするアマンダを、リリーが止めます。「その飲み物には強い睡眠薬が入っているの。そしてアマンダが眠った後、私は包丁を持って2階へ行き、マークを殺す。そして、寝ているあなたに罪を着せるつもりだった」。

リリーの自責の念に駆られた告白に、アマンダは動揺もせず「乗るわ。私の人生は無意味だから」と言い放ち、一気に飲み干します。眠りに落ちるアマンダ。

震えるリリーでしたが、意を決っしたかのように立ち上がります。2階へあがって行くリリー。アマンダはソファで気持ちよさそうに眠っています。

グゥーン、グゥーン。マークのトレーニングマシーンの音が映画の音を邪魔しています。

しばらくすると、マシーンの音が止み、ドタンガタン!と2階から物凄い音が聞こえ鳴りやみます。心地よく映画の音だけが聞こえます。

そこに血だらけのリリーが戻ってきました。アマンダの腕に血をこすり付けます。こんな状況に中、いびきをかくアマンダ。リリーはアマンダの腕の中に納まり、落ち着きを取り戻します。

それからしばらくして、ホテルの駐車場係として真面目に働くティムの元に、偶然リリーが高級車で現れます。

怯えるティム。「聞いたよ。事件の事」。お悔やみを言うティムに、リリーは涼しい顔でお礼を言います。

「アマンダとは連絡を取ってるの?」ティムはリリーを信じていないようです。「ええ、手紙が届いたの」と報告するリリー。

アマンダはすべての罪を被り、記憶喪失の患者として施設で過ごしていました。「ここの暮らしはまあまあよ。町にはサラブレッドしかいないわ」。

施設の壁には、白馬に乗った幼いリリーと隣で栗毛馬に乗った幼いアマンダが楽しそうに笑い合う写真が飾ってありました。

スポンサーリンク

映画『サラブレッド』の感想と評価


(C)2017 Thoroughbred 2017, LLC. All Rights Reserved.
スタイリッシュ・サスペンスと謳われている通り、今どきの女の子たちによる、スマートな殺人劇という印象です。

劇作家・舞台演出家としても活躍するコリー・フィンリー監督が、元々は舞台劇として書きおろした作品ということです。

確かに、劇中に流れる印象的なドラムの音や、2人の少女のテンポ良い掛け合いが演劇を見ているような感覚に陥ります。

映画『サラブレッド』の魅力として、少女2人のキャラクターが挙げられます。

感情のないアマンダは、何事も論理的です。冷静に自分の分析し、行動にも意味があります。そんなアマンダが、時折みせる不器用な愛情表現に、ただの変わり者ではないことが分かります。

馬を殺した理由もそうです。アマンダはサラブレッドの馬が足を折ってしまった結末を知っていました。安楽死で私が楽にしてあげるという気持ちでした。

リリーから殺人の濡れ衣を着せられることを知った時も、アマンダはそれを受け入れます。リリーの残忍性を知ってもなお、友達だからです。

一方リリーは、上品そうに見えて怒りっぽくて、わがまま。典型的なお嬢さまタイプです。リリーはアマンダに再会したことで、より感情的になっていきます。

嫌いなものを排除したい。その凶暴さは、アマンダよりも激しいものがあります。感情に流されてしまう人の弱さと怖さがリリーを通して見えてきます。

また、アマンダとリリーを演じた、オリビア・クックとアニヤ・テイラー=ジョイのカリスマ性あふれる演技に魅せられます。

残虐な殺人もミニスカートでやっちゃう。秘密の会合はレトロな映画を観ながら。プールで遊び、庭でチェスをし、馬を殺し、殺人計画を練る。

はちゃめちゃなティーンエージャーを、2人の名女優がクールにオシャレに演じます。

そして、アマンダとリリーによって殺人を依頼されるティム。子供相手にドラッグの売人をしている小心者です。

強がったことを言いふらし、滑稽に見える様も、2人の少女の前では一番まともな人間に見えてくるから不思議です。

今作が遺作となってしまった、ティム役のアントン・イェルチン。2人の少女に負けないぐらいの存在感で物語を引き締めます。

まとめ


(C)2017 Thoroughbred 2017, LLC. All Rights Reserved.
性格も育ちも正反対の幼なじみが再会。彼女たちの訳ありな友情は、凶悪な殺人事件を引き起こす。スタイリッシュ・サスペンス『サラブレッド』を紹介しました。

無感情のアマンダと感情的なリリー、そして共犯者のティム。3人の殺人計画は、秘密と裏切りの末、思いもよらない展開へ。

「町にはサラブレッドしかいないわ」。アマンダの最後の言葉通り、町にあふれる美しく気高いサラブレッドの群れ。真の姿は、感情的で凶悪な悪魔なのかもしれません。

関連記事

サスペンス映画

映画『聖なる鹿殺し』あらすじとキャスト。公開する劇場はどこ?

2018年3月3日(土)より公開されるヨルゴス・ランティモス監督作品『聖なる鹿殺し』。 謎の少年がコリン・ファレル演じる順風満帆な医師と、その家族を追い詰めていく…。極上のスリラーとは? スポンサーリ …

サスペンス映画

韓国映画『ありふれた悪事』あらすじとキャスト!日本公開はいつ?

2017年12月9日(土)より公開される韓国映画『ありふれた悪事』は、モスクワ国際映画祭にて主演男優賞&最優秀アジア映画賞の2冠達成! 今作は歴史の暗闇に真正面から向き合い、国境を超えて高い …

サスペンス映画

映画『ナイトクローラー』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

YouTubeやテレビでは、多くの「衝撃映像」を見ることができます。 事件や事故の映像は、個人でアップされるものありますが、映像パパラッチの手によって撮影されたがあるとか。 “刺激的な瞬間が見たい”と …

サスペンス映画

映画『FIND』あらすじネタバレと感想。アイドルたちの結末に見たシチュエーションスリラーの新たな方向性

アイドルたちが命がけのデス・ゲームに挑戦する! 映画「ソウ(SAW)」シリーズの公開からブームを巻き起こした密室によるデス・ゲーム。 生死をかけた極限の状態で繰り広げられる、ソリッドシチュエーションス …

サスペンス映画

【三度目の殺人】福山雅治(重盛)演技評価と感想。ラストの考察も

是枝裕和の最新映画『三度目の殺人』が、2017年9月9日(土)に公開。 弁護士が殺人犯の心の奥底に潜む真意を、弁護する立場から見つめる姿によって、新たな真実を想像する法廷サスペンス。 キャストは是枝監 …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP