Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/03/22
Update

映画『明日の食卓』キャストの石橋太一を演じるのは大東駿介【演技評価とプロフィール】

  • Writer :
  • 谷川裕美子

映画『明日の食卓』は2021年5月28日よりロードショー

2002年、第42回講談社児童文学新人賞を受賞した『十二歳』で作家デビュー後、『しずかな日々』で第45回野間児童文芸賞、第23回坪田譲治文学賞を受賞、『昔はおれと同い年だった田中さんとの友情』で第69回小学館児童出版文化賞を受賞した椰月美智子。

椰月美智子が描いた、どこにでもいる母と子どもたちのリアルで壮絶な物語『明日の食卓』を、『楽園』『糸』などの作品を精力的に生み出してきた瀬々敬久監督が映画化。

“石橋ユウ”という名前の小学3年生の息子を育てる3人の母親たちの物語を描きます。

母親役には、菅野美穂、高畑充希、尾野真千子の豪華三女優が集結。

共演は外川燎、柴崎楓雅、阿久津慶人ほか。

この記事では石橋太一役の大東駿介について詳しくお伝えしていきます。

映画『明日の食卓』の作品情報


(C)2021「明日の食卓」製作委員会

【上映】
2021年(日本映画)

【原作】
椰月美智子

【監督】
瀬々敬久

【キャスト】
菅野美穂、高畑充希、尾野真千子、外川燎、柴崎楓雅、阿久津慶人、和田聰宏、大東駿介、山口紗弥加

【作品情報】

『楽園』『糸』の社会派エンタテインメントの旗手・瀬々敬久監督が、椰月美智子の同名小説を映画化。

“石橋ユウ”という同じ名前の息子を育てる3人の母親たちの物語。育児、仕事、交友関係と、さまざまな場での母親の多面性を映し出し、壮絶なドラマが誰にでも起こり得ることを訴えかける作品です。

『ジーン・ワルツ』以来10年ぶりの映画主演となる菅野美穂、映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』やドラマ『とと姉ちゃん』などオファーの絶えない女優・高畑充希、映画『萌の朱雀』ドラマ『麒麟がくる』などで味わい深い演技をみせる尾野真千子の三人の実力派が、主演を務めます。

幸せな生活が思いもよらない方向へと向かっていくそれぞれの「石橋家」。その様を、三人の実力派女優が、鬼気迫る演技でリアルに紡ぎだし、第一級の作品へと昇華させています。

共演にも、和田聰宏、大東駿介、山口紗弥加ら実力派が揃います。

映画『明日の食卓』のあらすじ


(C)2021「明日の食卓」製作委員会

“石橋ユウ”という同じ名前の小学3年生の息子を育てる3人の母親たち。

神奈川在住・43歳フリーライターの石橋留美子。フリーカメラマンの夫・豊と、小学3年生の息子・悠宇と1年生の息子・巧巳と暮らしています。

大阪在住・30歳シングルマザーの石橋加奈。若くして息子・勇を授かりますが、離婚してアルバイトを掛け持ちしながら育てています。

静岡在住・36歳専業主婦の石橋あすみ。夫・太一は東京に通い勤務するサラリーマンで、10歳の息子・優がいます。夫の母が同じ敷地内の別宅で暮らしています。

それぞれが息子の「ユウ」を育てながら忙しく幸せな日々を送っていました。

しかし、些細なことがきっかけで徐々にその生活が崩れていきます。

無意識に子どもに向いてしまう苛立ちと怒り。住む場所も家庭環境も違う「3つの石橋家」の行き着く運命は…。

映画『明日の食卓』石橋太一役は大東駿介

参考映像:『旅立ち 足寄より』(2008)

映画『明日の食卓』で石橋太一役を演じる大東駿介は1986年2月13日生まれの俳優、タレント、ファッションモデル。大阪府出身。A.L.C.Atlantis所属。

2005年にトップコート杯「Try to Top 2005」でグランプリ・ミコット・エンド・バサラ賞・FINE BOYS賞を受賞。『FINEBOYS』の専属モデルとして活躍。

2005年に日本テレビ『野ブタ。をプロデュース』で俳優デビュー。

以後、ドラマ『おいしいプロポーズ』や映画『リアル鬼ごっこ』などに出演。

2008年には『旅立ち 足寄より』で映画初主演を果たします。

2010年にバイクで自動車と接触して骨折入院しましたが、約1か月で復帰。

2011年12月1日にトップコートから現在のA.L.C.Atlantisへ所属事務所を移籍。芸名を「大東俊介」から「大東駿介」に改名しました。

2012年にNHK大河ドラマ『平清盛』で時代劇初出演

映画『BRAVE STORM ブレイブストーム』で主演を務めるほか、『37セカンズ』『曇天に笑う』『クローズZERO』シリーズや、ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』『妖怪シェアハウス』『浦安鉄筋家族』など多数作品に出演。

映画『明日の食卓』石橋太一はどんな役?

大東駿介演じる石橋太一は、尾野真千子演じるあすみの年下夫。静岡から東京に通い勤務するサラリーマン。

母親と同じ敷地内にマイホームを建て、妻と息子と絵に描いたような幸せで優雅に暮らしているかに見えますが、実は心の底では母に依存しており…。

太一役を演じる中で、人を傷つけることに悪意はいらず、無関心の脅威を痛みを持って感じたと語る大東駿介。

苦しいシーンの合間に、ふと現場を眺めながら「映画が好きだ」という想いがあふれ、それは瀬々監督の作品への情熱を肌で感じ、参加できたことに幸福感がこみ上げた瞬間だったそうです。

大東駿介の演技力の評価は

参考映像:『37セカンズ』(2020)

長いキャリアを持ち、様々な作品で硬軟自在な演技をみせてきた大東駿介。

2019年、NHKよるドラ『ゾンビが来たから人生見つめ直した件』では、ヒロイン・みずほの夫のクズ男を愛嬌たっぷりに演じ、憎み切れない愛らしさ加減が絶妙と、大きな注目を集めました。

同年、NHK大河『いだてん』では大きくイメージを変え、平泳ぎの金メダリスト・鶴田義行をゴリゴリマッチョに演じます。

エリート水泳選手としての役作りのために10キロも増量もともとカナヅチだったのを水泳の猛特訓で見事に仕上げました。その変身ぶりに加え、選手としてのピークをこえてから見せた葛藤の表現も見事だと賞賛されました。

打って変わって、2020年の人気ギャグマンガを実写化した『浦安鉄筋家族』では最弱の愛されキャラ・春巻龍を熱演。劇画調の顔に語尾などマンガ再限度の高さや、鼻を堂々とほじったり、素手で白米を食べたりなどの振り切った演技で視聴者を湧かせます。

同年の『伝説のお母さん』では、エリートで仕事も家事も育児もこなす「デキる男」ながら、早々に魔王に取り込まれてしまう「勇者・マサムネ」をコミカルに好演。

制作統括の篠原圭氏は「(魔王退治という)壮大なスケール感と、相反するちっちゃさとの両面を一瞬のスキも見せずに演じてくれたのが、大東さんと、夫・モブ役の玉置玲央さん」と絶賛。

相反する面も血肉の通った表現でみせることで、奥行きがある魅力的なキャラクターを生み出しています。

本作『明日の食卓』では、尾野真千子演じるあすみの年下の夫役。一見優雅な家庭を持つように見えて、実は心の底で母親に依存しているという無意識の中で闇を抱えた複雑な役柄です。

演技派・大東駿介が生み出す、「相反する面」を持つキャラクター・太一に注目です。

大東駿介の公式SNSの紹介

大東駿介の公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。

まとめ

椰月美智子による同名小説を、『楽園』『糸』の瀬々敬久監督が映画化した問題作『明日の食卓』。

“石橋ユウ”という同じ名前の息子を育てる3人の母親たちの物語を、菅野美穂、高畑充希、尾野真千子という豪華実力派を迎えて描きます。

一見幸せを絵に描いたような家庭の主でありながら、実際は闇を隠し持つ夫・太一役を、近年振り切った演技で話題となっている大東駿介が体当たりで演じています。

注目の映画『明日の食卓』は、2021年5月28日よりロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

香取慎吾『凪待ち』感謝の特別試写会。映画ロケ地の塩釜水産物仲卸市場にサプライズ登場!

映画『凪待ち』は2019年6月28日(金)よりTOHOシネマズ日比谷を皮切りに全国ロードショー公開! 監督・白石和彌と俳優・香取慎吾が初のタッグを組んで世に放つ、震災後の宮城県石巻市が舞台とする骨太の …

新作映画ニュース

odessa Midnight Movies[vol.15]『 ヴィム・ヴェンダース監督特集AN ~新宿・シネフィルの詩~』の開催情報。12月23日オールナイト上映!

ヴィム・ヴェンダース監督3作品をオールナイトで上映 テアトル新宿に導入されている音響システム“odessa”によるオールナイト上映企画「odessa Midnight Movies」(オデッサ ミッド …

新作映画ニュース

映画『ドント・ウォーリー』あらすじとキャスト。ガス・ヴァン・サント監督の20年越しの渾身の一作

ガス・ヴァン・サント監督、3年ぶりの新作映画『ドント・ウォーリー(邦題)』は、2019年5月ヒューマントラストシネマ有楽町・ヒューマントラストシネマ渋谷・新宿武蔵野感ほか全国順次公開決定! 亡き名優ロ …

新作映画ニュース

映画『朝が来る』公開日/特報予告編/追加キャスト。“ひかり”と家族の葛藤を描くヒューマンドラマ!

辻村深月×河瀨直美が家族の絆を描く!血のつながりか、魂のつながりか… 直木賞・本屋大賞受賞作家:辻村深月のヒューマンミステリーを、『あん』『光』の河瀨直美監督が実力派キャストを揃えて映画化した『朝が来 …

新作映画ニュース

映画『エンテベ空港の7日間』日本公開は10月4日に決定。予告編とポスタービジュアル解禁!

ロザムンド・パイクとダニエル・ブリュールがハイジャック犯に!? ベルリン映画祭金熊賞受賞作『エリート・スクワッド』で世界に名を轟かせたジョゼ・パジーリャ監督。 © 2017 STORYTELLER D …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学