Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2023/07/02
Update

名優 市川右太衛門の絢爛豪華な衣裳や映画資料の数々!企画展《甲斐荘楠音の全貌 絵画、演劇、映画を越境する個性》7月1日より東京ステーションギャラリーにて初の回顧展が開催

  • Writer :
  • 大塚まき

名優・市川右太衛門が袖を通した絢爛豪華な衣裳や貴重な映画資料の数々・・・
東京の美術館で初となる大回顧展!

企画展「甲斐荘楠音の全貌 絵画、演劇、映画を越境する個性」が、2023年7月1日(土)から東京ステーションギャラリーにて開催します。

『旗本退屈男 謎の幽霊島』衣裳、東映京都撮影所 (C)東映(映画公開:1960年、監督:佐々木康、製作・配給元:東映株式会社、衣裳着用者:市川右太衛門)

本展は甲斐荘楠音の26年ぶりとなる回顧展です。これまで知られてきた妖艶な絵画作品はもとより、スクラップブック・写真・写生帖・映像・映画衣裳・ポスターなど、甲斐荘に関する作品や資料のすべてを等しく展示します。

甲斐荘楠音の回顧展について


『旗本退屈男 謎の南蛮太鼓』衣裳、東映京都撮影所(C)東映(映画公開:1959年、監督:佐々木康、製作・配給元:東映株式会社、衣裳着用者:市川右太衛門)

大正から昭和初期に日本画家として活躍した異才・甲斐荘楠音(かいのしょう ただおと/1894~1978)

彼は美醜相半ばする人間の生々しさを巧みに描写した日本画家として近年再び高い評価を受けるようになりました。

京都の画壇を離れ、1940年初頭に衣裳・風俗考証家として映画界へ転身した甲斐荘は、東映時代劇黄金期に大スター市川右太衛門が出演した数々の映画で衣裳デザインを手がけました。その数はなんと150領以上!

2019年、東映京都撮影所内で永年大切に保管されてきたそれらの衣裳について、東映経営戦略部フェローの山口記弘が国際日本文化研究センターの協力を得て調査を重ね、一般に情報を公開しました。

これまでは絵画のみが評価されてきた甲斐荘ですが、衣裳の情報公開が契機となり、枠にとらわれず映画や演劇でもその才能を発揮した「越境性」をフィーチャーする回顧展が1997年以降26年ぶりに開催されることとなりました。

東京の美術館では初の本格的な回顧展となります。

本展では、これまで知られてきた妖艶な絵画作品はもとよりスクラップブック・写真・写生帖・映像・映画衣裳・ポスターなど、甲斐荘に関する作品や資料のすべてを等しく展示し、画家として、映画人として、演劇に通じた趣味人として――さまざまな芸術を越境する「複雑かつ多面的な個性をもった表現者」として甲斐荘を再定義します。

衣裳展示の見どころ


『旗本退屈男 謎の暗殺隊』衣裳、東映京都撮影所 (C)東映(映画公開:1960年、監督:松田定次、製作・配給元:東映株式会社、衣裳着用者:市川右太衛門)

芝居を愛し、人間の形の美を超えた生命の美を捉えたいと考えた甲斐荘の後半生は、古今の美術や衣裳風俗に関する見識を買われ、時代劇映画の風俗考証で花開きます。

そして画家ならではのセンスで、美男美女たちが演じるドラマを彩る華やかな衣裳のデザインを手がけました。

1953年、ベネチア映画祭において、銀獅子賞を獲得した巨匠・溝口健二監督の『雨月物語』で風俗考証を担当した甲斐荘自身がアカデミー賞衣裳部門にノミネートされ、映画界で一躍脚光を浴びました。

特に市川右太衛門の代表作「旗本退屈男」シリーズ(1950年~1963年)では右太衛門の期待に応え、1956年に映像がカラーになると共に豪華絢爛な衣裳を数多くデザインし、東映は多額の予算を投じて衣裳を制作しました。

展覧会では「旗本退屈男」シリーズ19領の衣裳に加えて、大友柳太朗の『鳳城の花嫁』(1957年)、『丹下左膳』(1958年)、大川橋蔵『新吾十番勝負』(1959年)、そして市川右太衛門の息子である北大路欣也『徳川家康』(1965年)など、東映時代劇作品の貴重な衣裳、計27領が展示されます。

開催概要


『旗本退屈男 謎の大文字』衣裳、東映京都撮影所 (C)東映(映画公開:1959年、監督:佐々木康、製作・配給元:東映株式会社、衣裳着用者:市川右太衛門)

【会期】
2023年7月1日(土)〜2023年8月27日(日)
会期中、展示替えをおこないます[前期7/1~7/30、後期8/1~8/27]

【会場】
東京ステーションギャラリー
東京都千代田区丸の内1-9-1(JR東京駅 丸の内北口 改札前)

【開催時間】
10:00~18:00(金曜日~20:00) *入館は閉館30分前まで

【休館日】
月曜日[7/17,8/14,8/21は開館]、7/18(火)

【観覧料】
一般1,400(1,200)円 高校・大学生1,200(1,000)円 中学生以下無料
*( )内は前売料金[6/1~6/30オンラインチケットで販売]
*障がい者手帳等持参の方は100円引き[介添者1名は無料]

【チケット販売】
前売券・当日券/オンラインチケット  
当日券/当館1階入口

【主催】
東京ステーションギャラリー[公益財団法人東日本鉄道文化財団]、
日本経済新聞社

【協賛】
高砂香料工業

【特別協力】
東映、東映太秦映画村

【協力】
国際日本文化研究センター、京都日本文化資源研究所
※都合により開催内容が変更になる場合があります。
※本展は、京都国立近代美術館で開催(2023/2/11~4/9)の「開館60周年記念 甲斐荘楠音の全貌 絵画、演劇、映画を越境する個性」の巡回展です。内容は一部異なります。

※詳しくは、東京ステーションギャラリーの公式サイトをご覧ください。

まとめ

甲斐荘の知られざる後半生を物語る、昭和の銀幕を彩った映画衣裳が目白押し。映画ファンにとっては、往年のスターが着用した実物の衣裳を目の当たりに出来るまたとない機会です。

ぜひ足をお運びください!

企画展「甲斐荘楠音の全貌 絵画、演劇、映画を越境する個性」は、2023年7月1日(土)から東京ステーションギャラリーにて開催です。

関連記事

新作映画ニュース

映画『リヴァプール、最後の恋』あらすじとキャスト。感動の実話ラブストーリー

イギリスの俳優ピーター・ターナーが1987年に発表した同名の回顧録を映画化した『Film Stars Don’t Die in Liverpool』。 日本公開に向けて邦題を『リヴァプール、最後の恋』 …

新作映画ニュース

辻美優(elfin’)映画『セカイイチオイシイ水~マロンパティの涙』あらすじとキャスト。実話のフィリピンの精水事情を描く

国境を越え、過去を乗り越えた友情の絆「フィリピン水道建設プロジェクト」。 感動の実話を映画化! 日本とフィリピン両国のボランティア達の献身により、戦争の傷を乗り越え9年もの歳月を費やし完成した、フィリ …

新作映画ニュース

『メイキング・オブ・モータウン』映画本編動画がYouTubeで解禁!スティーヴィーワンダーの貴重映像も

13才のスティーヴィー・ワンダーが初の全米シングル1位を獲得した貴重映像。 伝説の音楽レーベル「モータウン」創設者のベリー・ゴーディJr.が、引退直前に初めて密着を許可した、ドキュメンタリー映画『メイ …

新作映画ニュース

映画『まぼろしの市街戦』リバイバル上映劇場情報。4Kデジタル修復版の予告編解禁

フランスの名匠フィリップ・ド・ブロカ監督の代表作! 映画『まぼろしの市街戦』(4Kデジタル修復版)は10月27日(土)新宿K’s cinema他にて公開です。 他に類のない卓越したユーモアたっぷりに戦 …

新作映画ニュース

映画版『柴公園』あらすじ。渋川清彦らキャストがドラマから飛び出しラブストーリーが展開!

公園ダベリエンターテインメント (C)2019「柴公園」製作委員会 2019年6月14日(金)全国のイオンシネマ、シネマート新宿ほかにて公開される映画版『柴公園』。 柴犬連れの中年男性3人が、公園で会 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学