Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/08/09
Update

映画『ファンファーレが鳴り響く』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。笠松将×祷キララが青春スプラッタームービーに挑戦!

  • Writer :
  • 石井夏子

主演・笠松将×ヒロイン・祷キララ

「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019」でグランプリを受賞した新悦・森田和樹監督の新作映画『ファンファーレが鳴り響く』。

2020年9月18日(金)から開催される「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2020」の特別招待作品となることが決まっています。

この度、本作『ファンファーレが鳴り響く』が10月17日(土)より新宿K’s cinemaを皮切りに、横浜シネマジャック&ベティ(神奈川)、名古屋シネマスコーレ(愛知)、第七藝術劇場(大阪)などでの上映が決定。

また、ポスタービジュアルが解禁となりました。

スポンサーリンク

映画『ファンファーレが鳴り響く』について

参考動画:『されど青春の端くれ』(2019)

映画『ファンファーレが鳴り響く』は、吃音症によりいじめを受ける高校生・神戸明彦(笠松将)が、殺人欲求を抱えたクラスメイト・七尾光莉(祷キララ)とともに、殺人を犯しながら逃亡するスプラッター青春群像劇です。

『されど青春の端くれ』で2019年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019にてグランプリ&シネガーアワード(批評家賞)の二冠を受賞した森田和樹監督の待望の最新作となります。商業作品デビューとなる森田監督の人生を投影する作品となりました。

主演は『デイアンドナイト』、『ラ』、『花と雨』などの話題作に次々と出演する笠松将、ヒロインに『左様なら』『アイネクライネナハトムジーク』『楽園』など、存在感のある役柄を演じることに定評がある祷キララ

その他、川瀬陽太、黒沢あすか、大西信満、日高七海、上西雄大、木下ほうかなど、日本映画を支えてきた役者たちが脇を固めます。

主題歌は話題のシンガーソングライターのsachi.が完全書き下ろしで新曲『美しい人生』を発表しました。

森田和樹監督のコメント

学歴も誇れるものも無い自分が映画を撮り始めて、5年目でやっと長編が撮れました。
それは不格好で歪で自分よがりかもしれません。
ただ、主演の笠松将さんとヒロインの祷キララさん含め出演して下さった沢山の素晴らしい俳優の皆様と、撮影スタッフの皆様と、作り上げたこの映画の撮影は紛れもなく人生の中で1番濃い日々で、その一瞬一瞬を一生残したい気持ちでいっぱいでした。
そして出来た映画を観たらエネルギーに満ち溢れていました。
コロナで大変な時期ではありますが、劇場で観て頂けたら幸せです。

森田和樹監督のプロフィール

本作『ファンファーレが鳴り響く』にて脚本と監督を務めた森田和樹は、2015年にニューシネマワークショップに入学し1年間映画を学びました。

ニューシネマワークショップ在籍時の実習作品『春を殺して』が新人監督映画祭短編部門・準 グランプリや函館港イルミナシオン映画祭・実行委員会特別賞等の全国の多数映画祭に入選・受賞を果たします。

初長編『されど青春の端くれ』でゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019にてグランプリ&シネガーアワードの二冠を受賞。

スポンサーリンク

映画『ファンファーレが鳴り響く』の作品情報


(C)「ファンファーレが鳴り響く」製作委員会

【日本公開】
2020年(日本映画)

【監督・脚本】
森田和樹

【主題歌】
sachi.『美しい人生』

【キャスト】
笠松将、祷キララ、黒沢あすか、川瀬陽太、日高七海、上西雄大、大西信満、木下ほうか

映画『ファンファーレが鳴り響く』のあらすじ

高校生の明彦(笠松将)は、鬱屈した日々を過ごしていました。

持病の吃音症が原因でクラスメイトからイジメられ、家族にその悩みを打ち明けられないどころか、厳格な父親(川瀬陽太)からは厳しく叱咤され、母親(黒沢あすか)からは憐れんで過度な心配をされ、脳内で空想の神を殺しなんとか自身を保っている状態。

そんなある日、明彦はクラスメイトの才色兼備な女子生徒・光莉(祷キララ)が野良猫を殺している現場に偶然居合わせてしまいます。

光莉は、生理の時に見た自分の血に興味を駆られ、他者の血を見たい欲求を持っていたんです。

光莉は「イジメてくる奴らを殺したいと思わない?」と明彦に問いかけます。

その日から明彦の中で、何かが変わりました。

明彦は、自身が学校でイジメられていることをホームルーム中に訴えます。

そのせいで明彦はさらにイジメグループから追い回されることになり、街中逃げ回りますが、ついに追いつめられてしまいました。

しかしそこで、光莉がまた野良猫を殺していたんです。

そしてそのナイフで、光莉はなんと明彦をイジメている同級生を殺してしまい…。

二人はその現実から逃げるように都会へと向かいます。

その最中に出会う、汚い大人たちをさらに殺していき、二人の血に塗れた逃亡劇は確実に悲劇に向かっていくのでした…。

スポンサーリンク

まとめ

2020年9月18日(金)からオンラインで開幕する「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2020」の特別招待作品に決定している本作が、劇場公開決定。

映画『ファンファーレが鳴り響く』は2020年10月17日(土)より新宿K’s cinemaを皮切りに、横浜シネマジャック&ベティ(神奈川)、名古屋シネマスコーレ(愛知)、第七藝術劇場(大阪)などで全国順次ロードショーです。





関連記事

新作映画ニュース

安室透も体験『名探偵コナン ゼロの執行人』4DX劇場情報。入場者プレゼントも超豪華!

©2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会 体感型プレミアムシアター4DXで『名探偵コナン ゼロの執行人』10月19日(金)から3週間限定で上映スタート。 4DX上映でスリル、アクション、サスペンス …

新作映画ニュース

映画『ジュリアン』グザヴィエ・ルグラン監督がキャストに込めた名作へのオマージュとは

© 2016 – KG Productions – France 3 Cinéma Julien-movie.com 家族の関係を描いた繊細な人間ドラマでありながら、張り詰めた緊張感が観る …

新作映画ニュース

『犬も食わねどチャーリーは笑う』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。主題歌はネバーヤングビーチ(never young beach)の楽曲「こころのままに」

主題歌を書き下ろした安部勇磨が本作の音楽も担当! 香取慎吾が『凪待ち』以来3年ぶりに主演を務め、今や日本映画界に欠かせない女優となった岸井ゆきのがヒロインとして共演、市井昌秀が監督・オリジナル脚本を手 …

新作映画ニュース

韓国ノワール映画『毒戦 BELIEVER』予告編完成!2019年日本公開の全員クセ者のキャラに惹きこまれる

姿なき麻薬王を追うマトリが潜入した〈狂人区〉。 そこで見た驚愕の真実とは? 韓国で『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』『デッドプール2』を押さえ初登場第1位を記録し、傑作『新しき世界』(2013 …

新作映画ニュース

映画『ホムンクルス』の原作者は山本英夫!おすすめのカルト的人気を誇る漫画家のプロフィール解説

サイコミステリー『ホムンクルス』は2021年4月2日公開 山本英夫原作の国民的カルト漫画を、『呪怨』シリーズ、『犬鳴村』など国内外で活躍する日本ホラー界の巨匠・清水崇監督が綾野剛を主演に迎え実写化した …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学