Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/03/23
Update

映画『エンボク』あらすじ/キャスト/公開日。秋乃ゆにが援助交際の女子高生として過激シリーズ初参戦!

  • Writer :
  • 石井夏子

“援助交際撲滅運動”略して“エンボク”シリーズ第4弾。
シリーズ史上、最も過激で不埒な衝撃描写。

この度、2001年の第1作以降シリーズ全3作が作られた過激映画シリーズが、10年を経て装いも新たに誕生しました。

映画『エンボク』

「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019」コアファンタ部門にてワールドプレミア上映され、話題を呼んだ映画『エンボク』がついに2020年7月3日より公開されます。

この度、本作のポスタービジュアルと場面写真が解禁されました。

スポンサーリンク

映画『エンボク』について

参考動画:シリーズ3作目『STOP THE BITCH CAMPAIGN』予告編

主演・遠藤憲一の伝説的怪演が話題になり 2001年の第1作以降シリーズ全3作が作られた過激映画シリーズ「援助交際撲滅運動」が、10年を経て装いも新たに『エンボク』として誕生しました。

本作は、 自分の夢を叶えるため援助交際を繰り返す女子高生・愛美が、援助交際で女子高生をおびき出し、犯してはサイトに晒すという“援助交際撲滅運動” を行う元性犯罪者3人とSNSを通じて出会い、壮絶な運命を辿っていく物語

主演の女子高生・愛美を演じるのは、ドラマ『俺のスカート、どこ行った?』『すじぼり』などで大注目の秋乃ゆに。孤独を抱えながら自らの夢を叶えるための手段として援助交際を繰り返す女子高生を激しいバイオレンス、セックスシーンを通して熱演します。

さらに、お笑いのみならず、今や映画、テレビドラマで俳優として大活躍する板尾創路が、援助交際が原因で自分の家族を失った悲しい過去を抱える警察官・熊切を演じました。その他、山本浩二、酒井健太郎など個性派俳優が脇を固めます。

原作は『殺し屋1』『ホムンクルス』の山本英夫と『天然少女萬』のこしばてつやの人気コミック。監督は前3作に続き鈴木浩介がメガホンを取り、
脚本は『HiGH&LOW THE WORST』の増本庄一郎が務めます。

映画『エンボク』のポスタービジュアル

映画『エンボク』

この度、『エンボク』のポスタービジュアルが完成しました。

主人公の愛美(秋乃ゆに)が物憂げな表情を浮かべ、さらにその後ろには、自由を奪われ、拘束された彼女の姿が確認できます。物語の中で巻き起こる、激しい波乱を予感さるポスタービジュアルです。

スポンサーリンク

主題歌は“いま一番脱げるシンガーソングライター”藤田恵名

藤田恵名

本作の主題歌は“いま一番脱げるシンガーソングライター”の藤田恵名が担当します。

最新作『月が食べてしまった』のミュージックビデオが現時点で250万回再生を超えるなど話題沸騰中の藤田恵名。

本作のために作られた最新オリジナル楽曲『エンドロール』が物語を駆り立てます。

映画『エンボク』の作品情報

映画『エンボク』

【日本公開】
2020年(日本映画)

【原作】
山本英夫、こしばてつや『援助交際撲滅運動』

【監督】
鈴木浩介

【脚本】
増本庄一郎

【主題歌】
藤田恵名『エンドロール』

【キャスト】
秋乃ゆに、山本浩司、酒井健太郎、田中瑛祐、野々宮ミカ、諏訪太朗、吉牟田眞奈、板尾創路

スポンサーリンク

映画『エンボク』のあらすじ

ごく普通な生活を送っているかのように見える女子高生・愛美は、自分の夢を叶えるため援助交際によってお金をためる裏の顔を持っていました。

一方、悲惨な過去を持つ警察官熊切は元性犯罪者の国本、木口、大島の三人の出所後の面倒を見ています。

しかし、三人は熊切の目の届かないところで、援助交際で女子高生をおびき出し、犯してはサイトに晒すという“援助交際撲滅運動”を繰り返していたんです。

そして、援助交際 SNS を通して愛美と国本が出会う時、血と地獄の物語が幕を開ける…。

まとめ

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019コアファンタ部門にて正式招待を受けた映画『エンボク』がついに劇場公開です。

シリーズ史上、最も過激で不埒な衝撃描写の本作、お見逃しないよう。

映画『エンボク』は2020年7月3日(金)よりシネマート新宿にて2週間限定レイトショーです。

関連記事

新作映画ニュース

20代若手女優の円井わんによる無料配信『コウキの雨鳴き』あらすじ/キャスト。注目のドラマ動画をYouTubeで見る!

監督西川達郎×俳優円井わん 若手コンビによる完全リモート企画の連続モキュメンタリードラマ始動! 映画『向こうの家』で2019年ええじゃないかとよはし映画祭でグランプリを受賞した監督・西川達郎が、新たに …

新作映画ニュース

映画『Diner ダイナー』キャストのブロ役は武田真治。演技力の評価とプロフィール

店主も客も、全員殺し屋の<ダイナー(食堂)>を舞台に繰り広げられる衝撃のサスペンス映画『Diner ダイナー』が2019年7月5日に公開されます。 原作は平山夢明による人気小説。第28回日本冒険小説教 …

新作映画ニュース

『罪の声』小説あらすじネタバレ。犯人9人は映画化キャストで誰になるのか⁈【予想解説】

これがフィクションなのか!? 昭和の未解決事件が、圧倒的リアリティで蘇る。 (C)2020「罪の声」製作委員会 1984年(昭和59年)。阪神を中心に起こった昭和の未解決事件「グリコ・森永事件」。 江 …

新作映画ニュース

深田晃司・福永朱梨とドラマ『本気のしるし』無料イッキ見上映会!8月22日にアテネフランセで開催【ちば映画祭2020情報】

ちば映画祭inアテネ・フランセ文化センターvol.2 千葉県初上映の若手映画監督の作品上映をメインの作品を上映しているちば映画祭。 2020年8月22日(土)に、アテネ・フランセ文化センター(東京都千 …

新作映画ニュース

映画『ロックンロール・ストリップ』あらすじ。木下半太監督の長編デビュー作品が2020年公開!

木下半太の自伝的小説が映画化決定! 作家で俳優の木下半太の自伝的小説『ロックンロール・ストリップ』(小学館文庫・刊)が、原作者の木下半太自らが監督を務め、2020年に映画化することが決定しました。 ( …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP