Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/11/24
Update

映画『Eggs 選ばれたい私たち』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。卵子提供を題材に女性の生き方を描く

  • Writer :
  • 石井夏子

結婚も出産もしなくても、子どもができるとしたら?

2018年タリン・ブラックナイツ映画祭出品作品『Eggs 選ばれたい私たち』。

(C)「Eggs 選ばれたい私たち」製作委員会

映画『Eggs 選ばれたい私たち』が、2021年4月2日(金)よりテアトル新宿、4月9日(金)よりテアトル梅田ほかにて全国順次公開することが決定しました。

公開決定に併せてメインビジュアル・場面写真、そして川崎僚監督のコメントも解禁となります。

スポンサーリンク

映画『Eggs 選ばれたい私たち』について

(C)「Eggs 選ばれたい私たち」製作委員会

監督は、オムニバス映画『SEASONS OF WOMAN』が池袋シネマ・ロサにて12月19日(金)より公開になるほか、文化庁委託業務「ndjc2019:若手映画監督育成プロジェクト」にて35mフィルムにて撮影された短編映画『あなたみたいに、なりたくない。』(2019/出演・阿部純子、小島聖ほか)を制作するなど、いま活躍目覚ましい川崎僚。

これが初長編となる本作では、自身の女性としての経験や体験を織り交ぜなら、結婚や出産を希望していない30歳目前の女性、そしてレズビアンの女性という対照的な2人の人物を通して、社会から求められる女性像と実像のずれに悩みながらも、それでも「母になりたい」と願う彼女たちを等身大に描いてみせました。

本作は、2018年タリン・ブラックナイツ映画祭で日本映画唯一のコンペティション作品に選出。同年の招待上映作品「万引き家族」とともに、日本の社会問題を扱った話題作となりました。

映画『Eggs 選ばれたい私たち』のメインビジュアル

(C)「Eggs 選ばれたい私たち」製作委員会

この度、公開決定と同時にお披露目されたメインビジュアルは、主演の純子演じる寺坂光恵(左)と葵役の川合空(右)がじっとカメラをみつめているスチールを採用。

産みたくない。けど、残したい。」と彼女たちの心情を反映したようなキャッチコピーが添えられています。

スポンサーリンク

川崎僚監督のコメント

(C)「Eggs 選ばれたい私たち」製作委員会

日本は経済的に恵まれているのに、精神的には豊かな国ではありません。
特に女性は昔から「結婚して、子どもを産むのが一番の幸せだ」とされており、女性が働くのが当たり前になった今でも「産まない女性」の生き方は強く非難されています。
卵子の減少を原因に「30歳」が女性の賞味期限だと言われることも多く、タイムリミットすれすれの20代後半の女性たちは、自分の生き方に自信が持てずにいます。
「産めるのに、産まない」という選択肢をしている私の生き方は間違ってるのか…。
そう悩むなか、エッグドナーという題材に巡り会い、この作品が完成しました。
私や周りの友達の、ありのままの本音を全て曝け出した作品です。

川崎僚監督のプロフィール

川崎僚監督のツイッター

本作『Eggs 選ばれたい私たち』にて脚本と監督を務めた川崎僚は、1986年11月17日生まれ。大分県出身。早稲田大学第二文学部卒業。

在学中に演劇・映像の理論を学び、卒業後は女優へ。その後、シナリオライターに移行し、プロットライターとして映画・ドラマの企画開発に携わる。

2013年4月に映画制作を学ぶためニューシネマワークショップを受講。その後、短編映画の監督を続け数々の国内映画祭に参加。

2018年には初長編映画『Eggs 選ばれたい私たち』にて、国際映画祭連盟登録のタリン・ブラックナイツ映画祭に参加。『万引き家
族』とともに日本映画代表作として紹介され、海外映画祭デビューを果たした。

2019年は、文化庁委託業務『ndjc2019:若手映画監督育成プロジェクト』にて製作実地研修の参加監督に選抜。

35mフィルムにて撮影された短編映画『あなたみたいに、なりたくない。』(出演:阿部純子、小島聖ほか)は 2020年2月に劇場公開された。

映画『Eggs 選ばれたい私たち』の作品情報

(C)「Eggs 選ばれたい私たち」製作委員会

【日本公開】
2021年(日本映画)

【監督・脚本】
川崎僚

【テーマ曲】
「あお」小林未季

【キャスト】
寺坂光恵、川合空、三坂知絵子、新津ちせ、湯舟すぴか、みやべほの、見里瑞穂、斉藤結女、荒木めぐみ、鈴木達也、生江美香穂、高木悠衣、森累珠、加藤桃子、すズきさだお、松井香保里

スポンサーリンク

映画『Eggs 選ばれたい私たち』のあらすじ

(C)「Eggs 選ばれたい私たち」製作委員会

子どものいない夫婦に卵子を提供するエッグドナー(卵子提供者)に志願した独身主義者の純子。

そのドナー登録説明会で、偶然、従姉妹の葵に再会し、彼女がレズビアンであることを知ります。

恋人に家を追い出された葵は、純子の家に転がり込み、2人の少し奇妙な共同生活が始まりました。

エッグドナーに選ばれれば、ハワイやマレーシアなどの海外で卵子を摘出し、謝礼金がもらえます。

選ぶのは、子供を希望する夫婦。そして、エッグドナーには30歳までという年齢制限があります。

わずか数カ月で30歳を迎える純子は、それでもドナー登録をすることに決めました。

純子と葵は、どちらが選ばれるかという期待と不安を感じながらも、いつしか「遺伝子上の母になりたい」という同じ目的に向かって<選ばれる>為に、新たな生活を始めようとし…。

まとめ

(C)「Eggs 選ばれたい私たち」製作委員会

産まなくても「母になりたい」と願い、彼女たちはこれからも生きていく…。

2020年11月16日にマスコミ各紙で報じられたように、夫婦以外の第三者から卵子や精子の提供を受けて生まれた子どもの親子関係を民法の特例で定める生殖補助医療の関連法案を、野党5会派が国会に提出するなど、法整備の動きがようやく始まってきています。

この社会状況の中で、何らかの事情で産めない、あるいは産まない選択をし、それでも母になることを希求する女性たちの切なる想いを掬い取った本作に是非ともご期待ください。

映画『Eggs 選ばれたい私たち』は、2021年4月2日(金)よりテアトル新宿、4月9日(金)よりテアトル梅田ほかにて全国順次公開です。

関連記事

新作映画ニュース

映画『マイ・ブックショップ』あらすじと感想レビュー。イザベル・コイシェ監督の最新作の見どころ

本を通して得られるものは、知識だけではないのです。 (C)2017 Green Films AIE, Diagonal Televisio SLU, A Contracorriente Films S …

新作映画ニュース

『The Worst Person In The World』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。第94回アカデミー賞 脚本賞、国際長編映画賞ノミネートされた異彩を放つラブストーリー

カンヌ国際映画祭<女優賞>受賞をはじめ各国賞レースでも注目 世界3大映画祭のひとつであるカンヌ国際映画祭で、主演のレナーテ・レインスヴェが女優賞を受賞したのを皮切りに、異彩を放つラブストーリーとして世 …

新作映画ニュース

塚本晋也監督『鉄男』30周年記念リレー上映!アップリンク吉祥寺にて8月9日より開催

鉄男30周年記念リレー上映『鉄男』『鉄男ⅡBODY HAMMER』 アップリンク吉祥寺にバトンが到着! 塚本晋也監督『鉄男』30周年記念特集上映がアップリンク吉祥寺にて2019年8月9日(金)より1週 …

新作映画ニュース

韓国映画『ディヴァイン・フューリー/使者』あらすじ/キャスト/公開日。パク・ソジュンがアクションで新たな魅力を発揮!

若き格闘家とベテラン神父が悪に挑む 新次元エクソシズム・アクション・エンターテイメント。 本国で大ヒットを記録し、日本でもテレビドラマ『未満警察 ミッドナイトランナー』としてリメイクされた大ヒットポリ …

新作映画ニュース

【大阪アジアン映画祭2021】オープニングは『映画をつづける』/クロージングは『アジアの天使』に決定!

オープニング作品とクロージング作品が発表! 2021年で16回目を迎える大阪アジアン映画祭。この度、オープニング作品とクロージング作品が発表されました。 オープニング作品に、香港映画界の巨匠、アン・ホ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学