Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『パラサイト』キャストの貧困の娘ギジョン役はパク・ソダム【演技評価とプロフィール】

  • Writer :
  • YUMIKO

第72回カンヌ国際映画祭“最高賞”パルムドール&第92回アカデミー賞作品賞受賞作『パラサイト 半地下の家族』は2020年1月10日より全国公開!

第72回カンヌ国際映画祭最高賞パルムドール受賞に加え、第92回アカデミー賞でも作品賞、監督賞、脚本、国際長編映画賞(旧外国語映画賞)の4部門に輝き大きな注目を集めたポン・ジュノ監督最新作『パラサイト 半地下の家族』が、2020年1月10日よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開。

『吠える犬は噛まない』『殺人の追憶』『グエムル-漢江の怪物-』など数々のヒット作で知られ、これまでも高く評価されてきたポン・ジュノ監督。

カンヌ国際映画祭では、クエンティン・タランティーノ、ペドロ・アルモドバル、ジム・ジャームッシュ監督らの並みいる話題作を抑え、審査員満場一致の決定で、韓国映画として史上初となるパルムドール受賞に輝きました。

アカデミー賞でも外国語映画として史上初となる作品賞を受賞したほか、最多4部門を受賞する快挙を成し遂げました。

公開が始まった世界各国でも動員記録を塗り替える爆発的な盛り上がりをみせています。

全員失業中、“半地下”住宅で暮らす貧しい一家の長男が、IT企業を経営する超裕福な一家の家庭教師になったことから、次第に想像を遥かに超える悲喜劇へと展開していく本作。

相反する2つの家族を軸に、いま世界が直面している貧富格差を痛烈に批判しつつ、コミカルさやサスペンス感など交え、圧倒的エンターテインメント性を持たせた物語で描き切りました。

主演を務めるのは、名優ソン・ガンホ。ジュノ監督とは『スノーピアサー』『グエムル -漢江の怪物-』『殺人の追憶』に続く4度目のタッグとなります。

イ・ソンギュン、チョ・ヨジョン、チェ・ウシクらが共演。

この記事では、貧乏なキム一家の娘・ギジョン役を演じるパク・ソダムについて詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『パラサイト 半地下の家族』の作品情報


(C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

【日本公開】
2020年(韓国映画)

【監督】
ポン・ジュノ

【脚本】
ポン・ジュノ、ハン・ジヌォン

【キャスト】
ソン・ガンホ、イ・ソンギュン、チョ・ヨジョン、チェ・ウシク、パク・ソダム、イ・ジョンウン、チャン・ヘジン、チョン・ジソ、チョン・ヒョンジュン、パウ・ソジュン

【作品概要】

第72回カンヌ国際映画祭最高賞パルムドール受賞、及び第92回アカデミー賞作品賞、監督賞、脚本、国際長編映画賞(旧外国語映画賞)の4部門を受賞したブラック・コメディ。

『殺人の追憶』(2003)『グエムル-漢江の怪物-』(2006)のポン・ジュノが監督を務め、同2作に出演したポン・ジュノ組常連のソン・ガンホが主演しました。『最後まで行く』『ソニはご機嫌ななめ』イ・ソンギュン、『後宮の秘密』チョ・ヨジョン、『オクジャ/okja』『新感染 ファイナル・エクスプレス』のチェ・ウシクら実力派の面々が共演しています。

映画『パラサイト 半地下の家族』のあらすじ


(C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

全員失業中で、その日暮らしの生活を送る貧しいキム一家。

夫のキテクは職を持たず、皆で宅配ピザの箱を折る内職で生活しています。

長男ギウは、ひょんなことからIT企業のCEOである超裕福なパク氏の家へ、家庭教師の面接を受けに行くことになります。

そして、兄に続き、妹のギジョンもジェシカという偽名で、美術教師として豪邸に足を踏み入れます。

そこへ、パク家の主人のドンソクが帰宅しますが…。

スポンサーリンク

映画『パラサイト 半地下の家族』ギジョン役はパク・ソダム

参考映像:『プリースト 悪魔を葬る者』(2015)

映画『パラサイト 半地下の家族』で貧乏一家の娘であるギジョン役を演じるパク・ソダムは1991年9月8日生まれ。大韓民国の女優。アーティストカンパニー所属。

高校在学中に、ミュージカル『グリース』を観たことをきかっけに演劇に興味を持つようになります。

オーディションを経ていくつかの独立映画に出演。女優としての道を進み始めました。

韓国芸術総合学校演劇院を卒業後に、『スティール・コールド・ウィンター~少女~』で長編映画デビュー。

その後『殺されたミンジュ』『京城学校:消えた少女たち』『愛のタリオ』に出演。

『プリースト 悪魔を葬る者』では悪霊に悩まされる少女を熱演。数々の映画賞を受賞しています。

そのほか観客動員数1300万人を超えるヒットとなった『ベテラン』や『王の運命-歴史を変えた八日間-』『プロミス~氷上の女神たち~』など多数話題作で活躍中。

2016年『ビューティフル・マインド~愛が起こした奇跡~』でドラマ初主演を飾り、その後も『シンデレラと4人の騎士』にて主演。

2019年本作『パラサイト 半地下の家族』の主人公一家の長女・ギジョン役に抜擢され、個性的な演技をみせました。傑作の重要なピースとしての大きな役割を果たしています。

映画『パラサイト 半地下の家族』ギジョンはどんな役?


(C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

パク・ソダム演じるギジョンは、貧乏キム一家の長女。

美大を目指しているものの予備校に通うお金がなく、スキルだけが上達しています。

兄のギウが身分を偽って、大豪邸を持つIT社長宅の家庭教師になった後、一緒に美術家庭教師として勤め始めますが…。

スポンサーリンク

パク・ソダムの演技力の評価は

参考映像:『王の運命-歴史を変えた八日間-』(2015)

若手実力派女優として知られ、多くの話題作で活躍中のパク・ソダム。

『プリースト 悪魔を葬る者』では悪霊に悩まされる少女を、名優キム・ユンソクや人気俳優カン・ドンウォンを相手に熱演。

丸刈りにして役に挑むという徹底した役作りと、高い演技力で絶賛されました。

この作品で、第21回春史大賞映画祭新人女優賞、第52回百想芸術大賞、第37回青龍映画賞助演女優賞を始め、そうそうたる映画賞を総ナメしています。

本作『パラサイト 半地下の家族』では、富豪のパク一家に取り入り、信頼を勝ち得ていく賢さあふれるギジョン役をさすがの演技でみせて観客を魅了。

カンヌ国際映画祭パルムドール賞や、アカデミー賞作品賞を獲得する大きな原動力となりました。

パク・ソダム自身も、2019年のシアトル映画批評家協会最優秀アンサンブル賞、2020年第26回全米映画俳優組合賞映画部門キャスト賞を受賞しています。

オスカー女優シャーリーズ・セロンもソダムの演技を絶賛するコメントを送っています。

まとめ


(C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

カンヌ映画祭パルムドールとアカデミー賞でダブル受賞を果たし、大きな旋風を巻き起こした傑作『パラサイト 半地下の家族』

『殺人の追憶』『グエムル-漢江の怪物-』など数々のヒット作で知られ、高く評価されてきたポン・ジュノが監督を務めます。

半地下の家暮らしの貧しい家族の長男が、超裕福な一家の家庭教師になったことから起きる悲喜劇を、ユーモアとスリルを交えて味わい深いエンターテインメント作品に仕上げました。

主演を務めるのは、韓国を代表する名優ソン・ガンホ。ジュノ監督とは4度目の共演となり、息のあった素晴らしい演技をみせています。

イ・ソンギュン、チョ・ヨジョン、チェ・ウシクら実力派俳優が集結しています。

実力派女優パク・ソダムが演じる、頭の回転が速くて逞しいキム家の長女・ギジュン役に要注目です。

豪華な監督とキャストで贈る映画『パラサイト 半地下の家族』は、2020年1月10日より全国ロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

映画『オンネリとアンネリのふゆ』あらすじとキャスト。北欧の夢のようなクリスマスをふたりの少女とともに

映画『オンネリとアンネリのふゆ』は、2018年11月24日 YEBISU GARDEN CINEMA ほか全国順次公開。 フィンランドで長く愛され続けるマリヤッタ・クレンニエミの児童文学原作の『オンネ …

新作映画ニュース

映画『グッドバイ』キャストの永井キヌ子役は小池栄子【演技評価とプロフィール】

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇』は2020年2月14日より全国公開! 『走れメロス』、『人間失格』などの代表作を発表し、2019年に生誕110年を迎えた昭和の文豪・太宰治。 太宰治の未完の遺 …

新作映画ニュース

映画『マックイーン:モードの反逆者』天才ファッションデザイナーの生涯に迫るドキュメンタリー

ファッション界の反逆児と呼ばれたアレキサンダー・マックイーン。 恋をするように服を作り、命まで捧げた、ドラマより劇的な人生に迫るドキュメンタリー映画『マックイーン:モードの反逆者』は4月5日(金)より …

新作映画ニュース

染谷将太が映画監督を務めた『ブランク』あらすじ。渋谷ユーロスペースで過去作と共に一挙上映

『きみの鳥はうたえる』や『空海-KU-KAI-美しき王妃の謎』で演技派として実力を見せる俳優の染谷将太。 © Yamaguchi Center for Arts and Media [YCAM] 染谷 …

新作映画ニュース

【2019年9月6日〜7日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。 すこしだけツウ好みな映画WEBマガジン「Cinemarche」 (C)Cinemarche 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネマルシェ)」で掲載 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP