Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/05/22
Update

【一般試写会プレゼント】映画『さよなら、退屈なレオニー』5組10名様ご招待!6月4日(火)にブロードメディア・スタジオ月島試写室にて

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

映画『さよなら、退屈なレオニー』は、2019年6月15日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー。

2018年東京国際映画祭にて上映され、輝きを放つ若手キャストに贈られる「ジェムストーン賞」を受賞した『さよなら、退屈なレオニー』

カナダでスマッシュヒットを記録した『さよなら、退屈なレオニー』は、自分がやりたいことも自分の居場所もみつからない、カナダの小さな街に住む17歳の少女レオニーの物語。

新鋭監督のセバスチャン・ピロットは、2013年の前作『The Dismantling』では、カンヌ国際映画祭「SACD」や、トロント国際映画祭「国際映画批評家連盟賞」を受賞するなど、カナダ映画界の新世代として注目を集めています。

映画『さよなら、退屈なレオニー』は、2019年6月15日(土)より、新宿武蔵野館ほか全国順次公開されますが、映画公開に先立ち、東京で開催される一般試写会へ5組10名様をご招待いたします!

スポンサーリンク

映画『さよなら、退屈なレオニー』とは


(C)CORPORATION ACPAV INC. 2018

2018年カナダでスマッシュヒットを記録した『さよなら、退屈なレオニー』は、自分がやりたいことも自分の居場所もみつからない、カナダの小さな街に住む17歳の少女レオニーの物語です。

監督はカナダ映画界の新世代として注目を集めるセバスチャン・ピロット。ヒロインのレオニーを演じるのはカレル・トレンブレイ。

2015年のトロント映画祭で「未来を担うひとり」に選ばれ、2018年東京国際映画祭で(原題『蛍はいなくなった』として)上映され、輝きを放つ若手キャストに贈られる「ジェムストーン賞」を受賞するなど、すでに日本の映画ファンも魅了しています。

カレル・トレンブレイが魅せる少女ならではの、心の揺れ動きを体現した表情や行動をみせる様子に、誰もが憶えがある“思春期のひとつの姿”です。

きっと映画ファンならずとも女性なら、何か心の底をキュンとつかまれること間違いなしです。

映画『さよなら、退屈なレオニー』の一般試写会プレゼント情報

一般試写会の情報


(C)CORPORATION ACPAV INC. 2018

【開催日時】
2019年6月4日(火) 18:30開場/19:00開映(上演時間96分)

【場所】
ブロードメディア・スタジオ月島試写室(中央区月島1-14-7旭倉庫2F)

【アクセス】
東京メトロ有楽町線・都営地下鉄大江戸線「月島駅」7番出口より徒歩5分

試写会の応募受付


(C)CORPORATION ACPAV INC. 2018

【応募方法】
たくさんのご応募ありがとうございました。当選は発送をもって代えさせていただきます。

【応募締切】
2019年5月30日(木)の23時59分まで有効

【当選者数】
5組10名様

【抽選・当選発表】
厳正なる抽選のうえ、当選者を決定致します。また当選者の発表は個人情報の保護のため、当選者ご本人への発送をもって代えさせていただきます。

*応募はお1人様1回に限り有効です。複数回の応募は無効となる場合がございますのでご注意ください。

スポンサーリンク

映画『さよなら、退屈なレオニー』の作品情報


(C)CORPORATION ACPAV INC. 2018

【公開】
2019年6月15日(土)(カナダ映画)

【原題】
La disparition des lucioles

【脚本・監督】
セバスチャン・ピロット

【キャスト】
カレル・トレンブレイ、ピエール=リュック・ブリラント、フランソワ・パピノー、マリー=フランス・マルコット

【作品概要】
カナダ映画の新鋭監督セバスチャン・ピロットが自ら脚本を手がけ、大人と少女の狭間で自分の居場所もみつからず、いら立ちを抱える17歳のひと夏の成長を描いた青春映画。

2018年に第31回東京国際映画祭「ユース」部門で「蛍はいなくなった」のタイトルで上映され、主演のカレル・トレンブレイがジェムストーン賞を受賞。

映画『さよなら、退屈なレオニー』のあらすじ


(C)CORPORATION ACPAV INC. 2018

カナダ・ケベックの海辺の街で暮らす17歳の少女、レオニー。

高校卒業を一ヶ月後に控えながら、どこかイライラした毎日を送っていました。

退屈な街を飛び出したくて仕方ないけれど、自分が何をしたいかわからない。口うるさい母親も気に入らないが、それ以上に母親の再婚相手のことが大嫌いでした。

そんなレオニーが唯一、頼りにしているのは離れて暮らす実の父親だけでした。

そんなある日、レオニーは街のダイナーで年上のミュージシャン、スティーヴと出会います。

どこか街になじまない雰囲気を纏うスティーブに興味を持ったレオニーは、なんとなく彼にギターを習うことにしました。

夏が過ぎていくなか、あいかわらず、口論が絶えない家庭、どこか浮いている学校生活、黙々とこなす野球場のアルバイト、それから、暇つぶしで始めたギター。

毎日はつまらないことだらけだが、レオニーのなかで少しずつ何かが変わり始めていた…。

スポンサーリンク

まとめ


(C)CORPORATION ACPAV INC. 2018

本作『さよなら、退屈なレオニー』は、今の世の中に居場所が見つけられない若者たち、そして大人たちにささやかな勇気を与
えてくれるひと夏の青春映画です。

また、2018年の東京国際映画祭で上映された際には、輝きを放つ若手キャストに贈られる「ジェムストーン賞」を、ヒロインのレオニー役を瑞々しく演じたカレル・トレンブレイが受賞しています。

映画『さよなら、退屈なレオニー』は、2019年6月15日(土)より、新宿武蔵野館ほか全国順次公開されますが、映画公開に先立ち、東京で開催される一般試写会へ5組10名様をご招待

一般試写会プレゼントに、ぜひふるってご応募ください

関連記事

新作映画ニュース

『アイネクライネナハトムジーク』キャストの美奈子役は貫地谷しほり【演技力の評価とプロフィール】

映画『アイネクライネナハトムジーク』が2019年9月20日より全国ロードショー! 『アヒルと鴨のコインロッカー』『重力ピエロ』など数多くの作品が映像化されている大人気ベストセラー作家・伊坂幸太郎。 伊 …

新作映画ニュース

映画監督・道本咲希トークイベントと上映会情報「映画とおはなしとブレイクタイム」vol.2

ちば映画祭&cafe STAND present 映画とおはなしとブレイクタイムvol.2開催! 映画をもっと身近に、もっと気軽に、もっと楽しく、もっと深く! カフェを会場に、映画をより身近に、作品を …

新作映画ニュース

ドキュメンタリー映画『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』が近日劇場公開。田部井一真が知られざる関係に迫る!

南米ウルグアイの元大統領ホセ・ムヒカと日本をつなぐものとは? “世界でいちばん貧しい大統領”と呼ばれた元ウルグアイ大統領、ホセ・ムヒカ。 (C)2020「ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ …

新作映画ニュース

4DX上映の映画館情報『スカイスクレイパー』香港のザ・パールで大暴れ!パニックアクション超大作

超高層ビルからのスリル満点のアクションが4DXシアターで炸裂! 映画『スカイスクレイパー』の4DX版が、9/21(金)より公開です。 「4DXシアターが火の海になる」救出不可能!?な特別映像をお届けし …

新作映画ニュース

【試写会プレゼント】やまなみ工房の映画『地蔵とリビドー』を10組20名様ご招待(10/2・3 イメージフォーラム)

2018年11月、シアター・イメージフォーラムにてロードショーが決定している映画『地蔵とリビドー』。 上映に先立ち、10月2日(火)、3日(水)にシアター・イメージフォーラムにて行われるマスコミ試写会 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP