Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/02/26
Update

映画『アボカドの固さ』あらすじ/キャスト/公開日。実話を基にフィクションの失恋物語へ昇華!

  • Writer :
  • 石井夏子

第41回 ぴあフィルムフェスティバル アワード入選(ひかりTV賞)。
第20回 TAMA NEW WAVE ある視点部門入選。

第41回ぴあフィルムフェスティバル コンペティション部門PFFアワード2019にてひかりTV賞、第20回TAMA NEW WAVE ある視点部門入選と自主映画ながら高い評価を得た映画『アボカドの固さ』。

映画『アボカドの固さ』が2020年9月19日(土)より渋谷・ユーロスペースにて劇場公開されることが決定いたしました。

あわせてチラシビジュアルと予告編が解禁されましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

映画『アボカドの固さ』について

映画『アボカドの固さ』

本作の主人公・俳優の前原瑞樹(まえはらみずき)は5年間付き合った彼女から距離を置きたいと言われるも、どうにかヨリを戻したい一心で周囲の人に失恋相談をしては嘆く日々。

1ヶ月後に迎える自身の25歳の誕生日までは彼女からの連絡を待つと決めますが、待てど暮らせど、彼女からはなんの音沙汰もなく…。

本作はそんな、代わり映えのしない、けれども何かが決定的に変わってしまった男の「愛と執着の30日間」を描きました。

主人公・前原瑞樹を演じるのは、劇作家の平田オリザが主宰する劇団 “青年団”所属の俳優・前原瑞樹本人

彼が実際に経験した失恋を下敷きに、フィクションを混ぜ込み構想が練り上げられました。自身の記憶が生々しく残る東京・明大前〜下高井戸で、かつての自分を演じ直します。

2020年2月現在放送中のNHKよるドラ『伝説のお母さん』でクウカイ役を演じて注目を集める前原。多くの舞台出演する傍ら、『友だちのパパが好き』『あの日々の話』『ウィーアーリトルゾンビーズ』など様々なジャンルの映画にも出演する実力派俳優です。

映画『アボカドの固さ』

監督は、是枝裕和や三宅唱に映画を学び、本作が長編処女作となる26歳の俊英・城真也。優しく寄り添うのでなく、かといって完全に突き放すわけでもなく、失恋男のどうしようもない日常を醒めた目で見つめます。

PFFアワード2017入選作品の中編映画『さよなら、ごくろうさん』への出演をきっかけに、監督の才能に惚れ込んだ前原がラブコールを送り、本企画が実現

ロロ、ワワフラミンゴなどの注目舞台に出演する多賀麻美をはじめ、小野寺ずる、並木愛枝など、舞台や映画で活躍する実力派俳優が脇を固めます。

音楽を担当したのはD.A.N.の櫻木大悟。また、4人組ロックバンドTaiko Super Kicks が主題歌「感性の網目」を書き下ろしました。

映画『アボカドの固さ』のチラシビジュアル

映画『アボカドの固さ』

今回公開されたチラシビジュアルは、幸せだった頃の恋人たちのたわいもない光景と、熟れたアボカドの種から発芽する花のイラストがどこか噛み合わない怪しさを放っています。

スポンサーリンク

歌人・俵万智の推薦コメント

映画『アボカドの固さ』

本作は、俵万智の短歌「アボカドの固さをそっと確かめるように抱きしめられるキッチン」から着想を得て“アボカド”を映画のモチーフにしたとのことで、俵万智から以下のようにコメントが届きました。

大のアボカド好きから言わせてもらうと、アボカドの食べごろを見極めるのは、とても難しい。熟れぐあいは、そっと触れて想像するしかない。人と人との関係も、またそうだ。
前原君は、まだ固い実を前のめりに味わおうとしたり、せっかくのタイミングを逃したり、熟れすぎの危うさに無頓着だったりする。イタくて愛おしい数々のエピソード。でも、はじめからの達人なんて、いないのだ。人類がどんなに進化しても、アボカドは(つまり恋愛は)、食べて失敗してみないとわからない。
もどかしさや切なさを感じながらも、ラストの超ささやかな笑顔から、私は温かなものを受け取った。俵万智(歌人)

アボカドと同様に、触れて想像してみないとわからない大切なものたち。

誰もが体験したことのある、痛みや甘さを劇場で追体験してみてはいかがでしょうか・

映画『アボカドの固さ』の作品情報

映画『アボカドの固さ』

【日本公開】
2020年(日本映画)

【監督・脚本・編集】
城真也

【脚本】
山口慎太朗、前原瑞樹

【キャスト】
前原瑞樹、多賀麻美、長谷川洋子、小野寺ずる、空美、並木愛枝、兵藤公美、山口慎太朗、西上雅士、日下部一郎

スポンサーリンク

映画『アボカドの固さ』のあらすじ

映画『アボカドの固さ』

ある日突然、5年付き合った恋人・清水緑に別れを告げられた俳優・前原瑞樹。

どうにかヨリを戻したい一心で、周囲に失恋相談をして回り、ひとまずは1ヶ月後に迎える25歳の誕生日まで待つと決めます。

しかし、待てど暮らせど緑からはなんの音沙汰もありません。

復縁への淡い期待を抱きながら右往左往する男の<愛と執着の30日間>。

まとめ

映画『アボカドの固さ』

誰しもが経験したことのある“失恋”というプライベートな出来事を非常にリアルに描いた本作は、人間が持つ救いようの無い傲慢さや弱さを映し出し、失った愛を求めて執着する男の姿には可笑しみすら感じさせます。

その姿はまさに過去の、もしくは今の自分かもしれないと思わせるリアルな演出と演技が見どころです。

映画『アボカドの固さ』はユーロスペースほかにて2020年9月19日(土)より順次ロードショー

関連記事

新作映画ニュース

映画『仮面病棟』の監督は木村ひさし【作品評価とプロフィール】

映画『仮面病棟』は2020年3月6日より全国公開! 『屍人荘の殺人』の木村ひさしが監督をつとめ、現役医師でもある作家・知念実希人のミステリー小説を実写映画化した『仮面病棟』が2020年3月6日より全国 …

新作映画ニュース

映画試写会プレゼント『あの頃、君を追いかけた』25組50名様ご招待【9/27よみうりホール】

台湾で200万人を動員する大ヒットを記録した青春映画『あの頃、君を追いかけた』が舞台を日本に移し、オリジナル作品の瑞々しさを受け継ぎつつ、新たに生まれ変わりました。 主演・山田裕貴×ヒロイン・齋藤飛鳥 …

新作映画ニュース

【シッチェス映画祭2019】上映作品とイベント情報。10月より全国順次公開の祭典予告編が解禁!

震えて、怯えて、泣き叫べ! 1968年に創設された「シッチェス映画祭」は、スペイン・バルセロナ近郊の海辺のリゾート地シッチェスで毎年10月に開催されている映画祭。 SF、ホラー、サスペンスなどのジャン …

新作映画ニュース

映画『リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ』日本公開日/上映館/本編動画。名曲誕生の瞬間を捉えたドキュメンタリー

世界を牽引するバンド“オアシス”のリアム・ギャラガー その成功と挫折、ソロアーティストとしての復活までを克明に映す。 英国ロックバンドのトップを走り、伝説となったバンド「オアシス」のメンバー、リアム・ …

新作映画ニュース

フォン・シャオガン監督が美しさを絶賛!映画『芳華-Youth-』本編映像とインタビュー解禁

4000万人が涙した、美しく切ない青春ラブストーリー ヴェネチア、トロントなど数々の映画賞を獲得した巨匠、フォン・シャオガン監督。 フォン・シャオガン監督の映画『芳華-Youth-』が、2019年4月 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP