Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『初恋』キャストのヤスの彼女・ジュリ役はベッキー【演技評価とプロフィール】

  • Writer :
  • 谷川裕美子

映画『初恋』は2020年2月28日より全国公開!

日本での公開に先駆けて、2019年9月27日から全米で公開されました映画『初恋』。

監督を務めるのは『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』『十三人の刺客』『クローズZERO』などで知られ、海外でも高く評価されている三池崇史。

主人公の孤高のボクサー役を、映画『ふがいない僕は空を見た』やドラマ『デスノート』『僕たちがやりました』の演技派・窪田正孝が演じます。

共演には大森南朋、染谷将太、内野聖陽ら実力派俳優陣が集結。

この記事では、ジュリ役を演じるベッキーについて詳しくお伝えしていきます。

映画『初恋』の作品情報


(C)2020「初恋」製作委員会

【日本公開】
2020年(日本映画)

【監督】
三池崇史

【脚本】
中村雅

【キャスト】
窪田正孝、大森南朋、染谷将太、小西桜子、ベッキー、三浦貴大、藤岡麻美、顏正國、段鈞豪、矢島舞美、出合正幸、村上淳、滝藤賢一、ベンガル、塩見三省、内野聖陽

【作品概要】

本作の主人公である孤高のボクサー・レオを演じるのはドラマ『デスノート』(2015)『僕たちがやりました』(2017)や映画『ふがいない僕は空を見た』(2012)『HiGH&LOW』シリーズで知られる人気俳優、窪田正孝。

裏社会とつながりのある刑事を演じるのは『ヘルタースケルター』(2012)『まほろ駅前狂騒曲』(2014)『アウトレイジ 最終章』(2017)など幅広いジャンルの作品にて存在感を発揮する大森南朋。

マフィアの若いメンバー・加瀬に扮するのは、園子温監督作品『ヒミズ』(2012)でヴェネツィア国際映画祭マルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞し、『ヒミズ』と『悪の教典』(2012)で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した染谷将太。

他にもドラマ「きのう何食べた?」(2019)でおなじみ、大河ドラマから舞台まで活躍する内野聖陽、『犬神家の一族』(2004)『嫌われ松子の一生』(2006)『この世界の片隅に』(2018)の塩見三省など、豪華俳優たちがマフィアメンバーを演じています。

加えてベッキー、三浦貴大、小西桜子、滝藤賢一、ベンガルらが共演。

監督を務めるのは、ベネチア国際映画祭コンペティション部門で上映された『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』『十三人の刺客』や、『DEAD OR ALIVE』『クローズZERO』などで知られ、海外でも高く評価されている三池崇史。

プロデューサーを務めるのは巨匠ベルナルド・ベルトルッチの『ラストエンペラー』(1987)、デヴィッド・クローネンバーグの『裸のランチ』(1991)『危険なメソッド』(2011)を製作したジェレミー・トーマス。

本作は第72回カンヌ国際映画祭「監督週間」に選出されました。

映画『初恋』のあらすじ


(C)2020「初恋」製作委員会

両親の顔も知らない孤独な青年・葛城レオ。

現在はボクサーで、期待の若手として注目されています。

しかしある日、負けるはずのない相手のパンチをくらってそのまま失神。病院で検査を受けた彼は脳腫瘍と診断され、余命は長くないことを宣告されます。

絶望して夜の街を徘徊するレオ。その場にいた占い師に占ってもらうと、「まだ若いし、あなたは健康そのもの」と大外れなことを言われます。

一方、モニカという少女が、父の借金の代わりにマフィアに売春をさせられ、自身も薬物中毒で苦しんでいました。

アンダーグラウンドの世界に足を突っ込んでいる刑事の大伴と繁華街を歩いていたモニカは、幻覚を見て走り出し、レオとすれ違います。

「助けて」という声を聞き取ったレオは、大伴にパンチを食らわせますが、彼の警察手帳を見て焦ります。

レオを「リュウジくん」と呼ぶモニカ。訳のわからないままレオはモニカと二人で逃げ出しますが…。

映画『初恋』ジュリ役はベッキー

参考映像:『のだめカンタービレ最終楽章 後編』(2010)

映画『初恋』でジュリ役を演じるベッキーは1984年3月6日生まれのタレント、女優、歌手。神奈川県出身。サンミュージックプロダクション所属。

イギリス人の父を持つハーフ。

夫は元プロ野球選手でプロ野球指導者の片岡治大です。

14歳の頃に下着モデルオーディションに参加し、現事務所社長に見いだされ芸能界入り。

児童向け番組『おはスタ』のマスコットのおはガールの一員としてデビューしました。その後、バラエティを中心に活躍。

2016年「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音との不倫をスクープされ、一時休業しました。

2016年BSスカパー!『FULL CHORUS』でレギュラー復帰します。

女優としても長く活動しており、2018年には『くノ一忍法帖 蛍火』で主演を務めました。

そのほか、映画『エイトレンジャー2』『のだめカンタービレ 最終楽章 前編/後編』、ドラマ『これは経費で落ちません!』『マッチング・ラブ』など数多くの話題作に出演しています。

映画『初恋』ジュリはどんな役?


(C)2020「初恋」製作委員会

ベッキー演じるジュリはマフィアの一員であるヤスの彼女。

見た目に反してとても純粋ですが、一度キレたら止まらない性格です。

ベッキーの演技力の評価は

参考映像:『くノ一忍法帖 蛍火』(2018)

バラエティでの人気タレントとして知られるベッキー。一方で女優としても、以前から経験を積み重ねてきました。

スキャンダル発覚でテレビ出演が減ってしまいましたが、そんな中で女優としての才能を磨き続けています。

2018年にはBSジャパンのドラマ『くノ一忍法帖 蛍火』で時代劇初主演を務め、撮影中に2針縫うけがをしながらも果敢に役に挑みました。

共演の高橋光臣は、けがをしても立ち回りを怖がらずにすぐ現場復帰したベッキーに驚き、先頭に立って作品を引っ張っていく彼女に背中を押されたと語っています。

また、同じく共演した木下ほうかは、ベッキーが撮影中一人だけ離れていて、声もかけられないくらい怖かったそうです。「彼女の“命懸け”を見た。きっといいシーンになっていると思う」とコメントしています。

2019年には、多部未華子主演のNHKドラマ『これは経費で落ちません!』に悪女役で出演し、大きな話題となりました。

ベッキーが演じた有本は、社内の決まり事を無視するわがままな秘書。

はまり役と高く評価され、以前よりも魅力的な女性になったと言われるまでになりました。

好感度の高いタレントとして知られていたベッキーですが、苦い経験を経たことでひとクセある女性を演じられるようになったのかもしれません。

タレントのマツコ・デラックスは、なんと2014年時点で「ベッキーは本当は悪女顔。悪女役で出ている時は本当に演技がうまい」とコメント。ベッキーの才能をズバリ見抜いていました。

2019年12月からの連続ドラマ『悪魔の弁護人 御子柴礼司 -贖罪の奏鳴曲-』にも出演予定。順調な女優活動を続けています。

本作『初恋』に出演できることとなり、とても嬉しかったと語るベッキー。

以前バラエティのロケでカンヌの会場を歩き、「いつか私もここを歩く!」と言った経験があるそうです。結果、本作はカンヌ国際映画祭の監督週間に選出され、こういった形でカンヌに関われて夢のようだとコメントしています。

ベッキーの公式SNSの紹介

ベッキーの公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。

まとめ

(C)2020「初恋」製作委員会

日本での公開に先駆けて、2019年9月27日から全米で公開された話題作『初恋』。

『オーディション』『十三人の刺客』『クローズZERO』などで知られ、海外でも高く評価されている巨匠・三池崇史が監督を務めます。

余命宣告を受けた天才ボクサーが、アンダーグラウンドの世界で体験した濃密な一晩を描きます。

主人公の天才ボクサー役には、映画『東京喰種 トーキョーグール』やドラマ『デスノート』の人気実力派俳優・窪田正孝。

共演にも大森南朋、染谷将太、内野聖陽らビッグネームが並び、大きな期待が寄せられています。

近年女優として精力的に活動するベッキーが、純粋さを持つマフィアの恋人役で登場します。

豪華な監督・キャストで贈る映画『初恋』は、2020年2月28日より全国ロードショーです。








関連記事

新作映画ニュース

映画『子供はわかってあげない』あらすじ/公開日/上映館。キャスト上白石萌歌の演技力評価とプロフィール

映画『子供はわかってあげない』は2021年8月20日より全国ロードショー 数々の漫画賞を受賞した田島列島の傑作コミックを原作とした映画『子供はわかってあげない』が2021年8月20日より全国公開、テア …

新作映画ニュース

映画『ゾンビランド:ダブルタップ』あらすじとキャスト。公開日は11月22日に決定し予告編も解禁!

『ヴェノム』監督×『デッドプール』脚本! 彼らがすっかり“超一流”となって帰ってきました。 ウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグ、アビゲイル・ブレスリン、エマ・ストーンらアカデミー賞俳優たち、 …

新作映画ニュース

今週公開おすすすめ映画と試写会プレゼント情報【Cinemarche掲載ガイド】

あなたと映画の結び目。すこしだけツウ好みな映画webマガジン「Cinemarche」 映画感想レビュー&考察サイト「シネマルシェ」で掲載している最新情報をまとめてご紹介! ⑴今週末に劇場公開 …

新作映画ニュース

D.O.映画『スウィング・キッズ』の公開日は2月21日に決定し予告編も解禁!華麗なタップダンスで舞う

ビートルズやデヴィッド・ボウイの楽曲が華やかに彩る アジア全土で絶大な人気を誇るK-POPグループ“EXO”のメインボーカルを務め、また韓国で大ヒットを記録した「神と共に」二部作をはじめ、俳優としても …

新作映画ニュース

ベトナム映画最新の2作品で現在と歴史を知る!『漂うがごとく』『ベトナムを懐(おも)う』が3月公開へ

日越国交樹立45周年記念のイベント「ベトナム映画祭2018」で上映された『漂うがごとく』と『ベトナムを懐(おも)う』が、3月23日(土)より新宿K’s Cinema にて公開することが決定しました! …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学