Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/08/28
Update

イラン映画『少女は夜明けに夢をみる』あらすじ。上映公開日が11月2日に決定した少女更生施設のドキュメンタリー

  • Writer :
  • 石井夏子

無垢な魂は、悲しみの羽をもつ。
残酷な世界で、愛を乞う叫びに心震えるドキュメンタリー。

イランの少女更生施設を舞台に、強盗、殺人、薬物、売春といった罪を犯した少女たちの物語に光をあて、第66回ベルリン国際映画祭 アムネスティ国際映画賞を受賞したドキュメンタリー映画『少女は夜明けに夢をみる』(原題:Royahaye Dame Sobh/英題:Starless Dreams)の劇場公開が決定しました。

2019年11月2日(土)より岩波ホールほか、全国順次ロードショーとなる本作。

作品の詳細や、公開に先駆けて寄せられたコメントをご紹介致します。

スポンサーリンク

映画『少女は夜明けに夢をみる』について

©Oskouei Film Production

監督はイランを代表するドキュメンタリー作家のメヘルダード・オスコウイ。撮影許可に7年もの歳月をかけ、施設で過ごす少女たちの繊細な内面に丁寧に分け入り、その本源的な“痛み”を深い共感をこめて描き出します。

社会と断絶された空間で、無邪気な表情をみせる少女たち。

しかし、自分の犯した罪と、人生の悲しみを思う時、少女たちの瞳からは自然と涙が溢れ出します。

家族に裏切られ、社会に絶望してもなお、家族の愛を求め、社会で生きていかざるをえない少女たち。

「見えない存在(インビジブルピープル)」として疎外されてきた少女たちとオスコウイ監督が築き上げた強固な信頼関係と親密な時間から生まれた崇高なドキュメンタリーです。

映画『少女は夜明けに夢をみる』へのコメント

©Oskouei Film Production

公開に先駆け、本作に寄せられたコメントをご紹介します。

寮美千子(作家・奈良少年刑務所元講師)

誰にも助けてもらえない「ISOLATE(孤独)」な状態が、 少女たちを犯罪に追い詰めている。
世界中、きっとどこでも同じだ。犯罪の陰には悲しみがある。
そのことを知ってほしい。

鈴木大介(文筆業)

更生・矯正が必要なのは少女たちなのか?それが必要なのは、彼女らを「正」ではない行為に追いやった環境や社会ではないのか。

傷つき道を失った少女たちに、大人がしてやれるのは「あなたは悪くない。悪かったのはあなたではなかった」と、繰り返し語りかけてあげることでしかない。日本から7500km離れたイランで撮られたこのドキュメンタリーを通じて、改めてそのことを痛感した。

杉山春(ルポライター)

社会構造のひずみは、最も立場の弱い者の上に現れる。日本でもイランでも。
この作品は、どこにでも社会の歪みにより深い裂け目が広がっていること。
そして、その裂け目を繕おうと努力している人たちがいることを伝えてくれる。

スポンサーリンク

映画『少女は夜明けに夢をみる』の作品情報

©Oskouei Film Production

【日本公開】
2019年(イラン映画)

【原題】
Royahaye Dame Sobh(英題:Starless Dreams)

【監督】
メヘルダード・オスコウイ

映画『少女は夜明けに夢をみる』のあらすじ

©Oskouei Film Production

雪が黒い土や建物を覆う、クリスマス前の少女更生施設。

雪が降り積もり、無邪気に雪合戦に興じる、あどけない少女たち。

その表情は、ここが高い塀に囲まれ、厳重な管理下におかれた更生施設であることを感じさせないほど瑞々しく見えます。

やがて少女たちが施設に入ることになった背景が、彼女たち自身の言葉によって、解き明かされていきます。

むごい虐待に耐えかねて、父親を殺してしまった少女。叔父の性的虐待からのがれて、家出をし、生きるために犯罪を繰り返す少女。幼くして母となり、その夫に強要され、ドラッグの売人となった少女…。

義父や叔父による性的虐待にさいなまれ、あるいはクスリよって崩壊した家庭は、少女たちにとって安息の場所ではありえないんです。

スポンサーリンク

映画『少女は夜明けに夢をみる』の映画祭受賞歴


©Oskouei Film Production

世界各国の映画祭に出品され、高い評価を得ている本作。

その輝かしい受賞歴の一部をご紹介します。

第66回ベルリン国際映画祭(ドイツ)/ジェネレーション部門 アムネスティ国際映画賞
第13回トゥルーフォルス映画祭(アメリカ)/トゥルービジョンアワード
第19回フルフレームドキュメンタリー映画祭(アメリカ)/グランプリ、インスピレーションアワード
第13回クロノグラフ国際ドキュメンタリー映画祭(モルドバ)/グランプリ、女性特別賞、撮影賞
第4回シネマインスニーカーズ映画祭(ポーランド)/スペシャルメンション
ニューディレクターズ映画祭(ポルトガル)/観客賞、名誉賞
第10回アジア太平洋映画賞ベストドキュメンタリー賞

まとめ


©Oskouei Film Production

ストリートにも家庭にも自らの居場所がない少女たち。

少女たちの罪の深さと、人間の罪深さとを、その心の嗚咽が問いかけます

イランの少女更生施設を舞台に、罪を犯した少女たちの物語に光をあてたドキュメンタリー映画『少女は夜明けに夢をみる』は2019年11月2日(土)より岩波ホールほか、全国順次ロードショーです。

©Oskouei Film Production

関連記事

新作映画ニュース

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇』あらすじ。キャストは大泉洋と小池栄子で公開日は2020年2月14日!

昭和の文豪・太宰治の未完の遺作『グッド・バイ』がコメディとして映画化! 『走れメロス』、『人間失格』などの代表作を発表し、2019年に生誕110年を迎えた文豪・太宰治。 ©2019『グッドバイ』フィル …

新作映画ニュース

映画『五億円のじんせい』キャストの特殊清掃員・土屋役は坂口涼太郎【演技力の評価とプロフィール】

ちょっとだけボクの話を聞いてくれませんか! 映画『五億円のじんせい』は、2019年7月20日(土)よりユーロスペースほかにて公開! オリジナル企画、出演者、ミュージシャンをオーディションで選出しながら …

新作映画ニュース

原爆が題材の映画『ひろしま』など5作品を特集上映!シネマハウス大塚にてMシネマ13弾開催

Mシネマ13弾 ひろしま特集上映 8月22日(土)~28日(金)シネマハウス大塚にて。 映画配給会社㈱ミカタ・エンタテインメントが、自社が手掛ける上映イベント「Mシネマ」の第13弾として“ひろしま”特 …

新作映画ニュース

陽月華映画『かぞくわり』あらすじとキャスト。劇場公開の初日舞台挨拶リポート

奈良を舞台にした家族と歴史ファンタジーが融合を見せた映画『かぞくわり』は2019年1月19日より有楽町スバル座、TOHOシネマズ橿原ほか全国順次ロードショー。 日本で最も古い歴史を持つ奈良に住む、平 …

新作映画ニュース

映画『いちごの唄』キャストの笹沢コウタ役は古舘佑太郎。演技力の評価とプロフィール

映画『いちごの唄』は2019年7月5日(金)より、新宿ピカデリーほか全国ロードショー! 数々の名作映画やドラマを手掛けてきた脚本家の岡田惠和と「銀杏BOYZ」の峯田和伸が紡ぐ、青春と恋の物語『いちごの …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP