Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/11/22
Update

映画『ワンピースFILM RED』公開日解禁!谷口悟朗監督による新作特報は“赤髪”と“歌声”がキーワード

  • Writer :
  • 星野しげみ

『ONE PIECE FILM RED』が2022年8月6日(土)に公開決定!!

“国民的コミック”として絶大な人気を博す週刊少年ジャンプでの連載開始から、24年を超えた超人気コミック『ONE PIECE』(尾田栄一郎・著/集英社刊)。

テレビアニメでも、2021年11月に1000話の放送に到達した人気シリーズです。1000話の放送内にて、原作者・尾田栄一郎が総合プロデューサーを務めるファン待望の「ONE PIECE FILM」シリーズ第4弾劇場版最新作『ONEPIECE FILM RED』の公開が発表されました。

あわせて、特報・ティザービジュアルが解禁となりました。

FILMシリーズ4作目となる作品『ONE PIECE FILM RED』は、2022年8月6日(土) 全国ロードショー!!

スポンサーリンク

映画『ONE PIECE FILM RED』について

原作者であり、総合プロデューサーでもある尾田栄一郎が贈る FILMシリーズ第4弾『ONE PIECE FILM RED』。

「コードギアス」シリーズの谷口悟朗が監督として参戦し、新たな「ONE PIECE」を描き出します。

シリーズ15作目、『FILM STRONG WORLD』『FILM Z』『FILM GOLD』に続くFILMシリーズ4作目となる作品『ONE PIECE FILM RED』の公開が2022年8月6日(土)に決定しました!

監督を務めるのは、人気アニメ「コードギアス」シリーズや『スクライド』(2001)『プラネテス』(2003)『revisionsリヴィジョンズ』(2018)『バック・アロウ』(2021)などで、国内外から高い評価を得ている谷口悟朗です。

「ジャンプ・スーパー・アニメツアー‘98」の中で放送された『ONE PIECE』初のアニメ作品『ONE PIECE 倒せ!海賊ギャンザック』(1998)で監督デビューした谷口悟朗が、今作で23年ぶりに『ONE PIECE』へ戻り、シリーズへ新たな風を吹き込みました。

脚本は、映画『キングダム』(2019)や『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(2021)そして『ONE PIECE FILM GOLD』でも脚本を務める黒岩勉。

解禁された超ティザービジュアルには、尾田栄一郎がデザインをした映画オリジナルキャラクターが描かれています。

“真っ赤”な背景に、ヘッドセットマイクをつけ、空に向かって歌うこのキャラクターの詳細は一切明かされておりません。

さらに一緒に解禁となった超特報映像では、古い楽譜から五線譜・音符があふれだし、物語のカギを握る映画オリジナルキャラクターが映し出されます。

ラストにはルフィが冒険に出るきっかけとなった“赤髪のシャンクス”も登場し、“新たな伝説の始まり”を予感させる出来映えです。

「歌声、赤髪」というコピーに、本作『ONE PIECE FILM RED』ではどんな物語が紡がれるのか期待が高まります。

監督:谷口悟朗のコメント

かつての船友から、また遊ぼう!と肉を食べながら声をかけられたら誰だって行くでしょう? 今回、私が本当に久々に関わらせていただくことになった理由はそういうことです。できれば私にとって『ONE PIECE』とはどういうものだったのかを見つめ直し、その答えを自分なりに少しでも出したいなと思っています。今までのものとは少し違うところもあるかも知れませんが、その分、今まで見たことがない『ONE PIECE』を表現したい。むろん、これまでのTVシリーズや映画を無視するつもりはありません。これだけの歴史を紡いできたアニメの『ONE PIECE』。そこを基礎として、脚本の黒岩さんをはじめとするスタッフたちの力を借りて、新しい可能性を見出していきたいと思っています。

スポンサーリンク

脚本:黒岩勉のコメント

総合プロデューサー・尾田栄一郎! 監督・谷口悟朗! あとは脚本さえちゃんとしていれば絶対に面白くなる座組! 結果、出来上がったものを読んだ尾田さんから「脚本、素晴らしいです!」という言葉をいただけたので、なんとか役目は果たせたと思います。2年間かけて、尾田さんや谷口監督と話し合い、少しずつゴールに近づいていく過程は、本当に一つの船に乗って冒険しているようで夢のような日々でした。みんなの力を結集して紡ぎ出した物語です。きっと多くの人の心に刺さる素晴らしい映画になるはず。楽しみにお待ちください!

映画『ONE PIECE FILM RED』の作品情報


(C)尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会

【日本公開】
2022年(日本映画)

【原作・総合プロデューサー】
尾田栄一郎

【脚本】
黒岩勉

【監督】
谷口悟朗

スポンサーリンク

まとめ

参考:『ONE PIECE FILM RED』公式ツイッター

プロデューサー尾田栄一郎が贈る 待望のFILMシリーズ第4弾! 「コードギアス」シリーズの谷口悟朗監督作品『ONE PIECE FILM RED』が、2022年8月6日(土)公開決定です。

今作で23年ぶりに『ONE PIECE』を手掛けた谷口悟朗監督によって、シリーズへの新たな風が吹き込まれたとも言えます。

ヘッドホンをつけて空に向かって歌う謎のキャラ、赤い背景、そして「歌声、赤髪」のコピー。解禁された情報全てが、“新たな伝説の始まり”を予感させます。

麦わらの一味にどんな試練が待ち受けて、一体どんな冒険が紡がれるのか。「赤髪」に隠された秘密とは? 

今まで見たことがない『ONE PIECE』の登場に期待は高まります。

映画『ONE PIECE FILM RED』は、2022年8月6日(土) 全国ロードショー!!


関連記事

新作映画ニュース

『典座 -TENZO-』カンヌ映画祭にて富田克也監督と僧侶が舞台挨拶に登壇!海外版特報予告も解禁

禅を世界へそして未来へつなぐ渾身の物語。 本日はビーチにて海外メディアや動画撮影などの取材を受けています。#カンヌ映画祭 #Tenzo pic.twitter.com/io823g6aeE &mdas …

新作映画ニュース

映画『クシナ』キャスト廣田朋菜インタビュー動画。監督や共演者と過ごした舞台裏を語る

映画『クシナ』は2020年7月24日(金)よりアップリンク渋谷ほか全国順次公開。 鹿宮(カグウ)役の廣田朋菜インタビュー動画 女だけが暮らす山奥の集落を舞台へ、人類学者の女性が現れた事で、村に暮らす母 …

新作映画ニュース

佐藤浩市や江口洋介らが映画『一度も撃ってません』追加キャストに!公開日は2020年7月3日(金)と決定し予告編も解禁

笑ってぐっとくる! おすすめ映画ナンバーワン! 石橋蓮司、大楠道代、岸部一徳、桃井かおり出演による阪本順治監督作映画『一度も撃ってません』。 (C)2019「一度も撃ってません」フィルムパートナーズ …

新作映画ニュース

劇場版『パラレルスクールDAYS』高橋ひかる&甲斐翔真ら舞台挨拶に登壇。完成披露試写会リポート

さらなる盛り上がりを目指して、登壇者全員が意気込み © SoftBank Corp. All rights reserved. YouTubeで配信中の人気ドラマを映画化、深い味わいを見せる純粋なラブ …

新作映画ニュース

ワールド・エクストリーム・シネマ201​8|作品あらすじと上映日程

「ワールド・エクストリーム・シネマ201​8」が10月13日(土)~10月26日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷にて開催が決定しました! いよいよ5周年を迎えたWECにて上映される個性豊かな4作品を …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学