Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/02/21
Update

映画『甘いお酒でうがい』あらすじ/キャスト/公開日。原作本はシソンヌじろうで大九明子が映像化!

  • Writer :
  • 石井夏子

松雪泰子、11年ぶりの映画主演作。

40代独身OL川嶋佳子のちょっぴり後ろ向きだけどポジティブな517日の物語。

『勝手にふるえてろ』の大九明子監督による最新作『甘いお酒でうがい』が、2020年9月25日(金)から、ヒューマントラストシネマ渋谷、テアトル新宿ほかにて公開されることが決定いたしました。

松雪泰子、11年ぶりの映画主演作にして、黒木華共演作です。

お母さんでも、奥さんでもない、大人の女性を主人公にした映画を撮りたいと思っていた」と大九監督が語った本作の魅力についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『甘いお酒でうがい』について

(C)2019 吉本興業

映画『甘いお酒でうがい』の原作は、2014年に第7回キングオブコントで王者に輝いたお笑い芸人シソンヌじろうが、ネタの中で長年演じてきた代表的キャラクターである“川嶋佳子”がもし日記を書いたら…と執筆された同名小説『甘いお酒でうがい』

じろうは、原作のみならず、本作の脚本も手掛けています。

じろう本人も「自分の中の女性が勝手に書いている」と公言するほど、日記の中のエピソードは女性が共感するものばかり。

監督は『勝手にふるえてろ』や『美人が婚活してみたら』などで人生を上手く渡り歩き切れていない女性を撮らせたら右に出る者がいない大九明子

原作の中から、大九監督とじろうが選りすぐったエピソードが映像化されました。


映画『甘いお酒でうがい』のキャスト紹介

(C)2019 吉本興業

主人公の40代独身OL・川嶋佳子(かわしまよしこ)を演じるのは『余命』(2009)以来、11年ぶりの映画主演を果たす松雪泰子

強烈なキャラクターから子供をもつ母まで幅広い役柄を演じてきたベテラン女優・松雪泰子が、日常の中に散りばめられている小さな喜びにそっと寄り添って生きる女性を演じています。

佳子にとって何気ない日常の中で一番幸せな時間を過ごせる同僚・若林ちゃんには『凪のお暇』ほかで今や女性に絶大な人気を誇る黒木華。本作を観た女性は「若林ちゃんのような後輩が欲しい!」と切望するのは必至です。


(C)2019 吉本興業

佳子の生活に大きな変化をもたらす、ふた回り年下の岡本くん役を、20歳ながら『ホットギミック ガールミーツボーイ』ほかで唯一無二の存在感を放つ若手個性派俳優の清水尋也が、フレッシュに、そして愛らしく演じています。

スポンサーリンク

映画『甘いお酒でうがい』の場面写真


(C)2019 吉本興業

解禁された本作の場面写真たち。

まさに“甘いお酒でうがい”するかのような川嶋佳子や、世代を越えた親友のような佳子と若林ちゃん年下男子・岡本くんとの恋愛展開が気になるカットなど、本作の世界観が伝わってくる場面写真です。

映画『甘いお酒でうがい』の作品情報


(C)2019 吉本興業

【日本公開】
2020年(日本映画)

【原作】
川嶋佳子(シソンヌじろう)『甘いお酒でうがい』(KADOKAWA 刊)

【監督】
大九明子

【脚本】
じろう(シソンヌ)

【キャスト】
松雪泰子、黒木華、清水尋也

スポンサーリンク

映画『甘いお酒でうがい』のあらすじ


(C)2019 吉本興業

ベテラン派遣社員として働く40代独身OLの川嶋佳子は、毎日日記をつけていました。

撤去された自転車との再会を喜んだり、変化を追い求めて逆方向の電車に乗ったり、踏切の向こう側に思いを馳せたり、亡き母の面影を追い求めたり…。

彼女の一番の幸せは会社の同僚である若林ちゃんと過ごす時間。

そんな佳子に、ある変化が訪れます。

それは、ふた回り年下の岡本くんとの恋の始まりでした。

まとめ


(C)2019 吉本興業

ちょっぴり後ろ向きだけれどポジティブに生きる川嶋佳子の日常は、平凡だけれどちょっぴり切ないことも、そして嬉しいことも。

公開初日決定を受け、主演の松雪泰子は「佳子の言葉は、不思議な心地よさを感じるユーモアと40代の女性が持つ孤独と悲哀が、優しいリズムで、日記として語られていきます」と語っています。

穏やかな優しい映像美で、観る人の心に束の間の平穏をもたらす本作をお見逃しなく。

映画『甘いお酒でうがい』は2020年9月25日(金)から、ヒューマントラストシネマ渋谷、テアトル新宿ほかにて
全国公開
です。





映画『甘いお酒でうがい』感想とレビュー評価。原作はお笑い芸人シソンヌの「じろう」が架空のOL・川嶋佳子の名で著した517日の物語

関連記事

新作映画ニュース

【グリーンイメージ国際環境映像祭2020】開催日は2月21日から3日間で日比谷図書文化館コンベンションホールにて上映!

第7回グリーンイメージ国際環境映像祭は2020年2月21日(金)~23日(日)開催。 2020年2月21日(金)~23日(日)開催の第7回グリーンイメージ国際環境映像祭。 環境をキーワードに、アニメー …

新作映画ニュース

パク・ボヨンとキム・ヨングァンが語る。韓国でヒットした恋愛映画『君の結婚式』メイキング映像解禁

『君の結婚式』新場面写真&メイキング映像到着 2019年3月1日(金)より公開となる韓国映画『君の結婚式』の新場面写真&メイキング映像が到着しました。 本作は、高校時代の出会いから大学、就活を経て新米 …

新作映画ニュース

500ページの夢の束|スター・トレックの知識半端ない本編映像解禁!

ダコタ・ファニングと『JUNO/ジュノ』『マイレージ、マイライフ』 のプロデューサーが贈るハートフルストーリー。 『500ページの夢の束』は、9月7日(金)より新宿ピカデリーほか公開。 この度、主人公 …

新作映画ニュース

映画『護られなかった者たちへ』キャストの清原果耶は円山幹子役!演技力の評価とプロフィール解説

映画『護られなかった者たちへ』は2021年10月1日に全国公開 中山七里のミステリー小説『護られなかった者たちへ』を瀬々敬久監督が実写映画化。 佐藤健が主演を務めるほか、阿部寛、清原果耶、倍賞美津子、 …

新作映画ニュース

映画『素晴らしき、きのこの世界』内容/公開日/上映館。ドキュメンタリーで菌類に迫ったおすすめ作が日本上陸!

奥深く、あまりにも美しい。 怪しげな小宇宙、きのこワールドへようこそ。 ナショナルジオグラフィックやディズニーネイチャーのドキュメンタリー作品を手掛け、タイムラプス映像のパイオニアと言われる映像作家ル …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学