Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2020/05/20
Update

映画『甘いお酒でうがい』感想とレビュー評価。原作はお笑い芸人シソンヌの「じろう」が架空のOL・川嶋佳子の名で著した517日の物語

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

映画『甘いお酒でうがい』は2020年9月25日(金)から公開。

お笑いコンビ「シソンヌ」のじろうが、長年コントで演じてきたキャラクターを主人公に、何気ない日常を送りながらも、何処か風変わりで少し後ろ向きな、川嶋佳子の517日の物語が描かれている映画『甘いお酒でうがい』

キャストに松雪泰子が主人公の佳子を演じ、若林ちゃんを黒木華、佳子が好意を寄せる岡本くんを清水尋也が演じています。

日常の中に潜む、何気ない部分にスポットを当てた、独特のユーモアと、心地よいテンポで語られる、映画『甘いお酒でうがい』の魅力をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『甘いお酒でうがい』の作品情報


(C)2019吉本興業

【公開】
2020年公開(日本映画)

【原作】
川嶋佳子(シソンヌじろう)

【脚本】
じろう

【監督】
大九明子

【キャスト】
松雪泰子、黒木華、清水尋也、古舘寛治、前野朋哉、渡辺大知、レイザーラモンRG、佐藤貢三、中原和宏、小磯勝弥、坂本慶介、鈴木もぐら

【作品概要】
40代OLの日常を日記風に綴った小説を、原作者のじろう自身が脚本を担当し、『勝手にふるえてろ』(2017)など、女性が主人公の映画を、多く手掛けて来た大九明子監督が映像化。

主人公の川嶋佳子を、2006年の映画『フラガール』で「日本アカデミー賞優秀主演女優賞」を受賞するなど、数多くの作品に出演している松雪泰子。

佳子の後輩、若林ちゃんを、2014年の山田洋次監督作品『小さいおうち』で、「ベルリン国際映画祭銀熊賞」に輝くなど、高い評価を受けている黒木華。

佳子の、ふた周り年下の後輩岡本くんを、「ちはやふる」3部作や、2017年の『ミスミソウ』など、数々の話題作に出演している清水尋也が演じています。

映画『甘いお酒でうがい』のあらすじ


(C)2019吉本興業
ある会社で、派遣社員として働く40代独身の川嶋佳子。

彼女は、日々の出来事を日記につけており、その日記は誰にも見せる予定も、後から見返すつもりもない日記です。

「撤去された自転車と、1週間ぶりに再会して嬉しかった」
「道で1人で話をしているおじさんと、心の中で会話していた」

など、何気ない中にも風変わりな内容の日記を書き続ける佳子、特に会社の後輩である若林ちゃんと過ごす、幸せな時間を大切にしていました。

ある時、佳子は若林ちゃんの後輩である、ふた周り年下の岡本くんと出会い、新たな恋が始まります。

何気ない日常に、少し変化が加わった佳子が綴る、517日の物語の行方は……?

スポンサーリンク

映画『甘いお酒でうがい』感想と評価


(C)2019吉本興業
ベテランの派遣社員として働く川嶋佳子が、自身の日常を綴った日記を映像にした『甘いお酒でうがい』。

「1週間ぶりに再開した自転車のベルを鳴らすと、嬉しそうに聞こえた」

「ビンゴ大会で一番最初に当選したけど、恥ずかしくて声が出せなかった」

「毎日に変化を出したくて、会社帰りに逆方向の電車に乗ってみた」など、日常の悲哀に満ちた佳子の日記は、ユーモラスに見えますが、決して笑える部分を前面に出した内容ではなく、淡々と生きる毎日に潜む、どこか可笑しい出来事の連続となっています。

明らかに、誰でも経験している事を描いている訳ではないのに、何故か「何か分かる」と思えてしまうエピソードの連続で、淡々とした語り口も心地よく、だんだんと佳子の日常に引き込まれていく作品となっています。

大九明子監督が、じろう脚本の作品を手掛けるのは、2018年の『美人が婚活してみたら』に続き2度目となります。

『美人が婚活してみたら』は、婚活をテーマに、独身の主人公タカコと、親友で既婚者のケイコの目線を通して、現代における結婚という制度についての、問題定義を投げかけた作品です。

結婚そのものが目的になっているタカコに対し、結婚したからこその孤独と辛さを知るケイコが、怒りを爆発させるクライマックスは、お互いの立場の違いから罵り合いが始まる、ハードな展開が印象的でした。

『甘いお酒でうがい』は『美人が婚活してみたら』とは、全く違う作風となっていますが「現代社会を生きる女性の、新たな価値観」という点において、両作には共通のテーマが込められています。

『甘いお酒でうがい』の佳子は40代で独身、特に友人に恵まれている訳ではなく、後輩の若林ちゃんと食事に行く事が、唯一の楽しみとなっています。

ここだけ見ると「寂しい女性」と感じるかもしれませんが、本作では佳子を「寂しい可愛そうな女性」ではなく、孤独や寂しさと上手に付き合っている、何にも依存しない大人の女性として描かれています。

辛い事があれば、お酒の力を借りる事もありますが、泥酔する事は無く、お酒を嗜む程度です。

時には会社帰りに立ち寄ったバーで出会った、知らない男と一夜を共にする事もあり、佳子は人生の遊びを方を心得た、大人の女性という印象です。

ですが、佳子は自身の日常に疑問を感じるようになり、心の奥底では変化を求めるようになります。

そんな佳子が、ふた周り年下の岡本くんと出会います。

後半の物語の主軸は、岡本くんとのエピソードが中心になりますが、ここでも、決してドラマチックな、過剰なラブストーリーにはならず、あくまで佳子の日常として淡々と進められています。

しかし、淡々とした展開が、逆に恋愛の、リアルな苦しさの部分を浮き彫りにしていますので、その点にも注目して下さい。

人には、さまざまな人生観があって、それぞれのフィルターを通して日常を見ています。

他人にとっては「可愛そう」と感じる事も、本人は全く気にしていなかったり、逆に「幸せだろうな」と感じる事が、本人にとっては苦痛に感じているかもしれません。

『美人が婚活してみたら』の、結婚観はまさにそうで、独身女性と結婚した女性とでは、確実に捉え方が違います。

『甘いお酒でうがい』では、少し風変わりな佳子のフィルターを通して、日常を体験する事が出来ます。

これまで、考えもしなかった人生の捉え方や、逆に「こんな事を考えるのは、自分だけじゃなかったのか」という発見もあるでしょう。

何も起きない日常を、淡々と描いているからこそ、気が付けば引き込まれてしまうという、本当に不思議な作品となっています。

まとめ


(C)2019吉本興業
『甘いお酒でうがい』は、40代女性の日常が描かれている作品です。

こういった作品では多い、結婚や出産が大きなテーマにはなっておらず、自分の人生を楽しんでいる、大人の女性が描かれています。

失礼な話ではありますが、男性は40代で未婚の女性に出会うと「結婚しないのかな?」と思ってしまいますが、原作と脚本を担当した、じろうは「結婚も子供もいなくて、でもしゃべると面白いっていう。そういう人の方が輝いて見える、っていうのが自分の中にありましたね」と語っています。

本作の主人公、川嶋佳子は大人の女性ではありますが、天真爛漫で無邪気な部分もあり「可愛らしい」と思えてしまうキャラクターです。

他人から見ると、寂しくて可哀そうに感じるかもしれませんが、佳子のフィルターを通して体感する日常は、淡々とした中にもユーモアが潜む、新たな発見の毎日のように見え、とても充実しているように感じます。

固定観念に縛られ、古い決めつけた考え方で他人を見るのは、価値観が多様化した現代においては、本当にばかばかしい事ですね。

また、本作で綴られる佳子の日記は、男性目線と女性目線、両方の「面白い」感覚を持つじろうならではの、独特のユーモアに溢れた世界観になっているので、女性はもちろん男性も楽しめる作品となっています。

映画『甘いお酒でうがい』は、2020年9月25日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、テアトル新宿ほかにて
全国公開
です。



関連記事

ラブストーリー映画

黒島結菜映画『プリンシパル 恋する私はヒロインですか?』あらすじとキャスト紹介

2018年2018年3月3日(土)よりTOHOシネマズほか全国ロードショー中の『プリンシパル 恋する私はヒロインですか?』。 いくえみ綾による人気少女漫画『プリンシパル』が遂に待望の実写化! 「好き」 …

ラブストーリー映画

映画『夜空はいつでも最高密度の青色だ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

“悪い予感だらけの今日と明日が、少しだけ、光って見えた。” 優しくてぶっきらぼうな、最高密度の恋愛映画『夜空はいつでも最高密度の青色だ』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『夜空は …

ラブストーリー映画

趣里映画『生きてるだけで、愛。』あらすじとキャスト。原作の魅力とは

劇作家・演出家・小説家などマルチな活躍を見せながら、数々の作品発表を行い、芥川賞受賞作家でもある本谷有希子の恋愛小説を映画化。 映画『生きてるだけで、愛。』は、2018年秋より新宿ピカデリーほか全国ロ …

ラブストーリー映画

野村周平映画『純平、考え直せ』あらすじとキャスト。上映劇場情報も

映画『純平、考え直せ』は9月22日(土)より、新宿シネマカリテ、シネ・リーブル池袋ほか全国順次公開。 直木賞作家・奥田英朗の人気小説がまさかの実写化! 主演は『ちはやふる』、『帝一の國』などで知られる …

ラブストーリー映画

映画『聖なるもの』感想と考察。岩切一空の向こう側の構造と系譜とは

映画『聖なるもの』は、4月13日(土)より、ポレポレ東中野ほか全国順次ロードショー! 岩切一空監督の渾身の一作となる本作のキャッチコピーは、“フェリーニ meets 庵野秀明!?”。 庵野監督といえば …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学