Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメ映画

Entry 2017/09/15
Update

『コードギアス総集編Ⅰ興道』あらすじと来場者特典!【谷口悟朗監督】

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

谷口悟朗監督の代表作として名高い、あのアニメが遂に再始動…

一大ムーブメントを築き上げた「コードギアス」シリーズの原点!劇場にて括目せよ!

スポンサーリンク

1.劇場アニメ『コードギアス 反逆のルルーシュI 興道(こうどう)』とは

『コードギアス 反逆のルルーシュ』劇場版3部作のティザービジュアル


(c)SUNRISE/PROJECT L-GEASS Character Design (c) 2006-2008CLAMP・ST

劇場アニメ『コードギアス 反逆のルルーシュI 興道(こうどう)』は、2006年10月より放送の『コードギアス 反逆のルルーシュ』と、2008年4月より放送の『コードギアス 反逆のルルーシュR2』の全50話がベースとなっています。

さらに、そこに新たなるパートを追加させたことで全編を再構させた劇場3部作の第1弾です。

かつてのオリジナルスタッフ!そしてオリジナルキャストを再集結させて、全編にフルに新たにアフレコを敢行させます。

2.『コードギアス 反逆のルルーシュI 興道』のあらすじ


(c)SUNRISE/PROJECT L-GEASS Character Design (c) 2006-2008CLAMP・ST

黒の皇子ルルーシュ再誕…

母親は何者かによって命を奪われしまい…。

父親である神聖ブリタニア帝国皇帝に国を追われることとなる忘却の皇子ルルーシュ。

神聖ブリタニア帝国に占領された日本―エリア11で、ルルーシュは正体を隠しながら暮らしていました。

母親を亡き者にされ、妹ナナリーの目と足の自由を奪った神聖ブリタニア帝国の打倒をもくろみます。

謎の美少女C.C.から絶対遵守の力・ギアスを授けられたことにより、黒の皇子ルルーシュの野望が今解き放たれる…。

10年の時を経て、華麗なるピカレスクロマン再び!

スポンサーリンク

3.劇場アニメ『コードギアス 反逆のルルーシュI 興道』の見どころ


(c)SUNRISE/PROJECT L-GEASS Character Design (c) 2006-2008CLAMP・ST

2006年から放送を開始した『コードギアス 反逆のルルーシュ』は、その直後から熱狂的ファンの支持を受けて、2000年代を代表する大ヒット・アニメとなりました。

そして、2008年に続編『コードギアス 反逆のルルーシュR2』の放送が始まると、主人公ルルーシュの壮絶な人生を描ききり、多くのコードギアス・ファンを納得をさせ堂々たる完結を迎えました。

演出を務めたのは、『無限のリヴァイアス』『プラネテス』など、日本アニメ界の重鎮の谷口悟朗

シリーズ構成に『OVERMANキングゲイナー』などの大河内一楼を迎えたことで、『プラネテス』に続いて大河内一楼と谷口悟朗は再タッグが実現したことでも熱いファンの支持を受けます。

キャラクターデザイン原案は『カードキャプターさくら』などで幅広いファンから人気のある漫画家集団CLAMP。

また、実力派アニメーターとして、『勇者王ガオガイガー』を制作した木村貴宏がアニメーション用デザインをまとめ上げました。

何よりも、戦闘シーンで重要な役割を果たすロボット・ナイトメアフレームは、『ストリートファイターII』などで知られる安田朗が原案を行い、アニメーション用デザインのメインアニメーターには中田栄治が務めます。

スポンサーリンク

4.谷口悟朗監督のプロフィール

谷口悟朗(たにぐちごろう)は、1966年10月18日に愛知県日進市で生まれたアニメーション監督、プロデューサー。

日本映画学校(現・日本映画大学)テレビ演出ゼミ卒業。

映画監督を目指していた谷口悟朗ですが、卒業制作では『東京ビジターズ』のプロデューサーを務め、テアトル新宿のレイトショーで上映されるなどしたそうです。

また学校を在学していた当時、編集ゼミで講師を務めていた掛須秀一と出会います。

掛須秀一はテレビアニメ『美味しんぼう』などや、1987年公開の映画『ゴンドラ』など知られ、アニメーション編集に至って第一人者と呼ばれる掛須秀一からJ.C.STAFFを紹介されて入社したそうです。

1989年制作のOVAである『アーシアン』で制作進行に参加。その後、制作デスクとなり『風魔の小次郎シリーズ』や『暗黒神伝承 武神』等を担当しました。

1991年放映のテレビアニメ『絶対無敵ライジンオー』に参加。当初は設定制作部であったが、同作品の総集編(第45話「発表!防衛組大百科!!」)で初の演出を果たします。

その後、「エルドランシリーズ」「ガンダムシリーズ」「勇者シリーズ」などの演出を手がけます。

1998年に『ONE PIECE 倒せ!海賊ギャンザック』で遂に監督デビューを果たしました。

代表作にあげられる作品には『無限のリヴァイアス』『スクライド』『プラネテス』『ガン×ソード』『コードギアス 反逆のルルーシュ』などがあります。

ガン×ソード』予告編(2005)

5.『コードギアス 反逆のルルーシュI 興道』の劇場舞台挨拶


(c)SUNRISE/PROJECT L-GEASS Character Design (c) 2006-2008CLAMP・ST

劇場公開初日となる2017年10月21日は、東京・新宿バルト9ほか、都内の3つ劇場で舞台挨拶を実施します。

舞台に登壇するのはキャストの福山潤、ゆかな、小清水亜美をはじめ、谷口悟朗監督も登場します。

翌日10月22日は愛知と大阪にて、福山潤、櫻井孝宏、谷口悟朗監督による舞台挨拶が行われます。

現在はチケットや時間などの詳細はまだ公表されておらず、後日発表予定となっています。

公式サイト:http://www.geass.jp/L-geass/about.php

6.『コードギアス 反逆のルルーシュI 興道』の来場者特典

『コードギアス 反逆のルルーシュI 興道』第1週来場者特典のピクチャードラマDVD「仮面告白大会」


(c)SUNRISE/PROJECT L-GEASS Character Design (c) 2006-2008CLAMP・ST

劇場アニメーション『コードギアス 反逆のルルーシュI 興道』の公開を記念して、全6週にわたって週替わりの来場者特典を配布するそうです。

【Ⅰ 興道:来場者特典】

第1週来場者特典(配布期間:2017年10月21(土)~27日(金))

ピクチャードラマDVD「仮面告白大会」:脚本:大河内一楼、監修:谷口悟朗

第1週の特典はピクチャードラマDVD「仮面告白大会」に決定したようです。

谷口悟朗監督が監修、大河内一楼が脚本を担当したDVDドラマになっています。

もちろん、数量限定なので各劇場に足を運んだ際に、直接劇場でお尋ねてみることをお薦めいたします。

※お一人様、1回のご鑑賞につき1つのお渡しとなります。
※いずれも数量限定のため、配布期間中であっても無くなり次第終了となります。

★第2週目以降は追って当サイトでお知らせ致します。

まとめ

総集編の第1部『コードギアス 反逆のルルーシュI 興道』は、10月21日よりロードショー。

第2部『コードギアス 反逆のルルーシュII 叛道(はんどう)』は、2018年2月。

第3部『コードギアス 反逆のルルーシュIII 皇道(おうどう)』は、2018年5月に公開される予定です。

また、今劇場公開に合わせてた記念として、テレビシリーズ全50話の再放送も決定!

こちらは10月1日よりBS11にて開始です。

一大ムーブメントを築き上げた「コードギアス」シリーズの原点!劇場にて括目せよ!

ぜひ、お見逃しなく!

スポンサーリンク

関連記事

アニメ映画

映画メアリと魔女の花あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

「スタジオジブリ」の志を受け継ぐアニメーションスタジオ「スタジオポノック」による待望の第1回長編作品。 『借りぐらしのアリエッティ』と『思い出のマーニー』を手掛けた米林宏昌監督による『メアリと魔女の花 …

アニメ映画

メアリと魔女の花Huluオリジナル番組で杉咲花たちが感想を語る!

映画『メアリと魔女の花』7月8日(土)全国公開直前! オリジナル・ミニ番組を7月3日(月)よりHuluの見どころを豪華出演者&制作陣が語るオリジナル・ミニ番組を7月3日(月)よりHuluにて、5日間連 …

アニメ映画

ひつじのショーン展広島美術館の開催期間と混雑情報まとめ

アードマン・アニメーションズ設立40周年記念「ひつじのショーン展」が、2017年7月15日から広島県立美術館にて開催されます。 『ひつじのショーン』は、もちろんですが!人気作品『ウォレスとグルミット』 …

アニメ映画

崖の上のポニョ|あらすじネタバレと感想!ラスト考察キスの真相は

“生まれてきてよかった”や“子どもの頃の約束は、永遠に忘れない”などのキャッチコピーで、2008年に公開された宮崎駿監督の劇場アニメ『崖の上のポニョ』。 海沿いの街を舞台に人間になりたいことを願った魚 …

アニメ映画

ラスコー展の魅力と見どころ!洞窟壁画は世界最古の映画館!?

隠れた線刻がライトで浮かび上がる壁画展示(イメージ) © SPL Lascaux international exhibition いよいよ今週末の2017年2月18日(土)と19日(日)が最終開催と …

映画専門サイトライター募集中