Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/10/29
Update

映画『ゴヤの名画と優しい泥棒』あらすじ/キャスト/公開日。実話の事件を基にしたロジャー・ミッシェル監督の長編遺作が日本に上陸!

  • Writer :
  • 星野しげみ

ロンドン・ナショナル・ギャラリーで起きた実話の名画盗難事件が映画化に。

ロンドン・ナショナル・ギャラリーで起きた、フランシスコ・デ・ゴヤの名画「ウェリントン公爵」盗難事件。

事件の犯人は、60 歳のタクシー運転手ケンプトン・バントン。彼はゴヤの絵画を“人質”に取り、イギリス政府に対して身代金を要求します。それは、名もなきタクシー運転手の人生を懸けた大勝負だったのです。


(C)PATHE PRODUCTIONS LIMITED 2020

イギリス中を巻き込んだ、笑いと涙溢れる感動の実話が、2021年9月に逝去したロジャー・ミッシェル監督の長編遺作『THE DUKE』として映画化され、この度、邦題を『ゴヤの名画と優しい泥棒』として、2022年2月25日(金)より、TOHOシネマズ シャンテ他にて全国公開することが決定しました。邦題・公開日が、初解禁情報です。

スポンサーリンク

映画『ゴヤの名画と優しい泥棒』について

参考:『ゴヤの名画と優しい泥棒』公式ツイッター

本作は、実話のフランシスコ・デ・ゴヤの名画「ウェリントン公爵」盗難事件を映画化したものです。

タクシー運転手が起こした事件の真相は、約50年後に明かされます。イギリス中を巻き込んだ、笑いと涙溢れる感動実話を、『ノッティングヒルの恋人』(1999)のロジャー・ミッシェル監督が手掛けました。

主人公ケンプトンを演じたのは、ユーモアとウィットに溢れる演技を披露するジム・ブロードベント。『アイリス』(2001)でアカデミー賞助演男優賞を受賞し、「ハリー・ポッター」シリーズや、『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』(2011)、「パディントン」シリーズなど数多くの作品に出演するイギリスを代表する名優です。

妻役には、女優ヘレン・ミレン。『クィーン』(2006)でアカデミー賞やゴールデングローブ賞はじめ数々の賞で主演女優賞を受賞、近年も『黄金のアデーレ 名画の帰還』(2015)や「ワイルド・スピード」シリーズなどの作品にも出演。彼女の放つ圧倒的な存在感は、長年連れ添った夫婦のドラマに重厚感を持たせています。

さらに、『ダンケルク』(2017)でも好演しているフィオン・ホワイトヘッドが息子役を演じ、そのフレッシュな魅力も見逃せない作品です。

映画『ゴヤの名画と優しい泥棒』の作品情報

【日本公開】
2022年(イギリス映画)

【原題】
THE DUKE

【監督】
ロジャー・ミッシェル

【キャスト】
ジム・ブロードベント、ヘレン・ミレン、フィオン・ホワイトヘッド、アンナ・マックスウェル・マーティン、マシュー・グード

スポンサーリンク

映画『ゴヤの名画と優しい泥棒』のあらすじ

世界中から年間600万人以上が来訪する美術館・ロンドン・ナショナル・ギャラリー。

13世紀後半から、20世紀初頭までの間の2300点以上の貴重なコレクションを揃え「英国の至宝」と称えられています。

1961年、そこでスペイン最大の画家と謳われるフランシスコ・デ・ゴヤの「ウェリントン公爵」盗難事件が起こりました。

この美術館の長い歴史の中で唯一にして最大の事件の犯人は、60歳のタクシー運転手ケンプトン・バントン。

彼はゴヤの絵画を人質に取り、イギリス政府に対して身代金を要求しました。

テレビが唯一の娯楽だった時代のことです。その身代金を寄付してイギリスの公共放送であるBBCの受信料を無料にすることで、孤独な高齢者たちの生活を助けようとしたのです。

しかし、事件にはもう一つの隠された真相がありました。約50年後に明かされる、イギリス中を巻き込んだ“優しい嘘”とはー?!

まとめ


(C)PATHE PRODUCTIONS LIMITED 2020

実話の名画盗難事件を基にした映画『THE DUKE』。邦題を『ゴヤの名画と優しい泥棒』として、2022年2月25日(金)より、TOHOシネマズ シャンテ他にて全国公開されます。

事件の犯人は、名も無き60歳のタクシー運転手。自分の人生をかけてまでして、イギリス政府に訴えかけたものとは何だったのでしょう。

一人の男性の人生をかけた‟優しい嘘”が、観る者すべての心を爽やかな気持ちに包み込んでくれる作品です。

監督を務めたのは、ロジャー・ミッシェル。今後の待機作に、エリザベス2世の素顔に迫ったドキュメンタリー『Elizabeth』(2022)が控えていますが、2021年9月に逝去し、本作が長編遺作となりました。

『恋とニュースのつくり方』(2011)、『私が愛した大統領』(2013)、『ウィークエンドはパリで』(2014)などに通ずるテンポの良い上質な作風は本作でも健在で、人と人との温かな触れ合いを描きだしています

関連記事

新作映画ニュース

インド映画『パドマーワト女神の誕生』あらすじとキャスト。公開日とディーピカーが美しいポスタービジュアル解禁

インド映画史上最大級の製作費で描く、究極の映像美 16世紀に生み出されたインド古来の伝記を、インド映画史上最大級の製作費を費やした絢爛豪華な映像美で描く『パドマーワト 女神の誕生』(原題:Padmaa …

新作映画ニュース

【2020年3月6日〜3月7日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。 チョッとだけツウ好みな映画WEBマガジン【Cinemarche:シネマルシェ】 (C)Cinemarche 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネマ …

新作映画ニュース

映画『グランパ・ウォーズ』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。デニーロが新作“おじいちゃんと僕の宣戦布告”を体当たりで熱演!

『タクシードライバー』『ディア・ハンター』『ゴッドファーザー PARTⅡ』 アカデミー賞俳優ロバート・デ・ニーロ主演 爺さんと孫が部屋とプライドをかけて全面戦争!家族と近所を巻き込んだ大騒動へと発展し …

新作映画ニュース

映画『不倫ウイルス』の長谷川徹監督による『第1回映像演技ワークショップ』の開催決定!脚本家による読解力アップ講義と、監督視点からの演技レッスンを学ぶ

未来ある才能を発掘!『第1回映像演技ワークショップ』の初回講師に長谷川徹監督が立つ。 才能を秘めた映画監督、俳優を募る映像演技ワークショップ『脚本読解力アップ講義と実践的な演技レッスン』を2022年9 …

新作映画ニュース

映画『FUNAN フナン』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。実体験を基に描く感動のアニメーション!

第42回アヌシー国際アニメーション映画祭で見事グランプリを獲得! 今はただ進むしかない、わずかな希望を頼りに―。 ドゥニ・ドー監督自身の母親の体験を基に、クメール・ルージュの支配とカンボジアの人々の抵 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学