Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2023/05/31
Update

映画『遠いところ』あらすじ/公開日。映画初主演となる花瀬琴音のインタビュー&場面写真解禁!

  • Writer :
  • 大塚まき

『すずめの戸締り』に大抜擢された注目女優・花瀬琴音が主演デビュー!

沖縄のコザを舞台に、幼い息子と夫との3人暮らしをする17歳のアオイ(花瀬琴音)が社会の過酷な現実に直面する姿を描いた『遠いところ』。

第56回カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭 [クリスタル・グローブ・コンペティション部門]に出品、Variety誌が“貧困にあえぐ日本の性差別を、痛烈に告発する。溝口健二的な現代悲劇。”と激賞しました。

映画『遠いところ』は、2023年6月9日(金)沖縄先行、7月7日(金)より全国公開となります。

この度、沖縄に生きる17歳のアオイを瑞々しく演じ世界から絶賛された花瀬琴音のオフィシャルインタビュー&場面写真が到着しました。

映画『遠いところ』について


(C)2022 「遠いところ」 フィルムパートナーズ

主人公アオイを演じるのは、昨年『すずめの戸締り』への出演で話題を呼び、本作が映画初主演となる花瀬琴音。東京出身の彼女が、撮影の1ヶ月前から現地で生活し、“沖縄で生まれ育った若者”アオイを体現します。

アオイの友人、海音には映画初出演となる石田夢実、夫のマサヤには『衝動』(2021)の佐久間祥朗が起用され、花瀬琴音と同様に撮影1ヶ月前から現地入り、沖縄・コザで実際に体感した生活感溢れるリアルな演技を披露しています。

監督は、長編デビュー作『アイムクレイジー』(2019)で、第22回富川国際ファンタスティック映画祭NETPAC賞(最優秀アジア映画賞)に輝いた工藤将亮

長編3作目のオリジナル作品『遠いところ』は、4年に渡り沖縄で取材を重ね脚本を執筆、全編沖縄での撮影を敢行しました。

日本公開に先立ち、第56回カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭で最高賞を競うコンペティション部門に日本映画として10年ぶりに正式出品、約8分間のスタンディング・オベーションを受けました。

さらに第23回東京フィルメックス[コンペティション部門 観客賞受賞]、第44回カイロ国際映画祭 [インターナショナル・パノラマ部門]、第53回インド国際映画祭(ゴア)[シネマ・オブ・ザ・ワールド部門]、ヨハネスブルグ映画祭など、海外映画祭で高く評価されています。

花瀬琴音のオフィシャルインタビュー

オーディションを経て主演が決定した花瀬は、沖縄での1ヶ月の滞在期間で一番初めに役作り取として取り組んだのは、沖縄の言葉を習得することでした。

とにかく“聞く”ことを徹底し、地元の方からも沖縄出身と間違えられるほどまで上達させた彼女は、「聞き馴染みのある標準語や関西弁を一切遮断して、ラジオなどでとにかく沖縄弁をたくさん聞いてとにかく現地の方と話すことを心がけました。聞いて、口に出して、聞いて口に出して、それの繰り返しでなんとか方言を身につけました」と説明します。

役作りへの徹底ぶりはそれだけに留まらない。アオイの心情に寄り添うため、「なるべく人に頼らない。助けを求めない、自分の気持ちを話さない」ように自分自身を追い込みました。

東京で心配して連絡をくれるお母さんや友達にも、一切連絡をとりませんでした。それはアオイが後半につれて追い込まれていく中で、誰にも言えない。頼れない。助けを求められないという状況に少しでも寄り添いたかったからです」と述懐します。

体当たりで臨んだ演技が世界の観客たちを魅了、高く評価されました。

花瀬が演じたアオイは17歳でキャバクラで働く一児の母。自分とは全く違う環境に生きるヒロインを演じるために、水商売をしながら子供を育てる人や、離婚したくてもできない人たちの話に耳を傾けた花瀬は、「『遠いところ』の台本を見て、自分の話のようだと話す方が沢山いました」と、本作が描くリアルを感じとりました。

そして、アオイが2歳の息子、健吾に対して抱く母としての強い愛情表現は、「それぞれの環境の中で、子供を想う母の気持ちを強く感じていました。若くても、遊びたくても、大変でも、心の真ん中にあるものは子供なんだということは、私がお話を聞いた方々が教えてくれたことでした」と彼女たちから多くのことを学び、演技の質を磨き上げていったと語っています。

映画『遠いところ』の場面写真


(C)2022 「遠いところ」 フィルムパートナーズ

この度解禁となった場面写真は、17歳で過酷な現実を突きつけられるアオイの場面写真3点です。最初の一枚は、夜の沖縄であまりにも辛い現実に途方に暮れ、遠くを見つめるアオイの姿をとらえています。キャバクラで働く17歳の彼女は疲れ果てている様子が切り取られています。


(C)2022 「遠いところ」 フィルムパートナーズ

続いて、顔をアザだらけにしたアオイが弁護士事務所を訪れた場面。実は、仕事を辞めてから働こうとしない夫のマサヤが暴力を振るうようになり、顔のアザの原因は夫の家庭内暴力だったのです。しかも、飲食店で酔ったマサヤが暴力事件を起こし、アオイは被害者への示談金の支払いを迫られていました。

最後の一枚は、誰にも助けを求めることができず絶望に淵にいるアオイの背中が痛切なカット。キャバクラで働けなくなり収入を断たれたアオイは俯いて途方に暮れています。彼女の隣には何も知らない幼い息子の健吾が寄り添っている。幼い母と息子の姿が痛切に胸を打つカットとなっています。

ただ「普通に生きたい」と願いながらも、厳しい現実から逃げることすらできない彼女が最後に選んだ未来とは。

決して目を背けてはならない現実を描く『遠いところ』を、是非、劇場でご覧ください。

映画『遠いところ』の作品情報


(C)2022 「遠いところ」 フィルムパートナーズ

【日本公開】
2023年(日本映画)

【監督・脚本】
工藤将亮

【キャスト】
花瀬琴音、石田夢実、佐久間祥朗、長谷川月起、松岡依都美

映画『遠いところ』のあらすじ

沖縄県・コザ。17歳のアオイは、夫のマサヤと幼い息子の健吾(ケンゴ)と3人暮らし。

おばぁに健吾を預け、生活のため友達の海音(ミオ)と朝までキャバクラで働くアオイだったが、建築現場で働いていた夫のマサヤは不満を漏らし仕事を辞め、アオイの収入だけの生活は益々苦しくなっていく。

マサヤは新たな仕事を探そうともせず、いつしかアオイへ暴力を振るうようになっていました。そんな中、キャバクラにガサ入れが入り、アオイは店で働けなくなります。

悪いことは重なり、マサヤが僅かな貯金を持ち出し、姿を消してしまいます。仕方なく義母の由紀恵(ユキエ)の家で暮らし始め、昼間の仕事を探すアオイでしたがうまくいかず、さらにマサヤが暴力事件を起こし逮捕されたと連絡が入り、多額の被害者への示談金が必要になります。

切羽詰まったアオイは、キャバクラの店長からある仕事の誘いを受けますが……。

まとめ


(C)2022 「遠いところ」 フィルムパートナーズ

沖縄市のコザを舞台に、幼い息子と夫との3人暮らしをする17歳のアオイが、社会の過酷な現実に直面する姿を描く『遠いところ』。

主人公アオイを演じる花瀬琴音は、2020年-2021年開催された総勢600名を越す沖縄、東京オーディションで主演に抜擢された新星です。

東京生まれ・東京育ちである彼女が、沖縄在住の方々から見ても、違和感なく“沖縄で生まれ育った若者”に見えるアオイを体当たりで演じ、内に秘めた怒りと野生的な存在感溢れる演技が高く評価され海外メディアからも絶賛されました。

『遠いところ』が描くのは沖縄の局地的な社会問題ではなく、日本中のどこでも今まさに起こっている問題です。

今を生きるすべての人に見つめてほしい次世代に残してはいけない問題を描く映画『遠いところ』は、2023年6月9日(金)沖縄先行、2023年7月7日(金)全国公開となります。

関連記事

新作映画ニュース

アブストラクトSFホラー『NEW RELIGION』あらすじ/キャスト。イギリス最大のジャンル映画祭でワールドプレミア決定!瀬戸かほ記念コメントも

アブストラクトSFホラー『NEW RELIGION』、ついに解禁! 2023年の劇場公開を目指す映画『NEW RELIGION』が、このたび2022年度のロンドン・フライトフェスト映画祭でのワールドプ …

新作映画ニュース

『ゆりに首ったけ』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。吉川流光×山下徳久×藤公太×大沢真一郎が主演・プロデューサーの予測不能なノンストップ恋愛コメディ

おっさんたちの必死な想いを描いた恋の会話劇! 吉川流光、山下徳久、藤公太、大沢真一郎の俳優4人が主演・プロデューサーを務め、『カメラを止めるな!スピンオフ「ハリウッド大作戦!」』『イソップの思うツボ』 …

新作映画ニュース

《動画で見る小林竜樹インタビュー》映画『横須賀綺譚』東日本大震災の風化や記憶の改ざんはあってはならない

話題の映画『横須賀綺譚』は、いよいよ、2020年8月29日(土)より、大阪・シアターセブン、兵庫・元町映画館での公開スタート! 大塚信一監督の劇場デビュー作品となる映画『横須賀綺譚』は、7月に東京・新 …

新作映画ニュース

映画『ゾンビランド ダブルタップ』日本語吹替版の声優キャスト解説と見どころ紹介

ゾンビランド誕生から10年。 新たにパワーアップして再び集結! アカデミー賞俳優たちに『ヴェノム』監督、『デッドプール』脚本家の“超一流”が集結し、再びゾンビ社会の幕開けです。 映画『ゾンビランド:ダ …

新作映画ニュース

ルトガー・ハウアー映画『ヒッチャー』あらすじ/公開日/上映館。サイコスリラーの伝説のリマスター版がロードショー!

恐怖の殺人ヒッチハイカーからは逃げられない。 乗せたら最期、死のドライブが始まる…。 2019年7月に75歳でこの世を去った名優ルトガー・ハウアーが、謎の殺人ヒッチハイカー役として怪演し話 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学