Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/01/10
Update

韓国映画『ブリング・ミー・ホーム』あらすじ。キャストのイ・ヨンエ14年ぶりのスクリーン復帰作!

  • Writer :
  • 石井夏子

『親切なクムジャさん』のイ・ヨンエが14年ぶりにスクリーン復帰。

このたび、『親切なクムジャさん』(パク・チャヌク監督/2005)以来、14年ぶりのスクリーン復帰を果たしたイ・ヨンエの主演作『ブリング・ミー・ホーム 尋ね人』の日本公開が決定しました。


(c) 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

映画『ブリング・ミー・ホーム(原題)』は2020年9月18日(金)より、新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開されます。

本記事では主演女優イ・ヨンエのプロフィールや、本作の作品情報についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

主演女優イ・ヨンエのプロフィール

参考:イ・ヨンエのインスタグラム

本作にて主演を務めたイ・ヨンエ(이영애)は、1971年1月31日生まれの韓国ソウル特別市出身の女優です。

幼い頃からモデルとして活動していましたが、大学卒業後の1993年、SBSのドラマ『お宅の夫はいかがですか』で女優としてデビュー。高く評価され、1994年のSBS演技大賞で新人賞を受賞しました。

映画『JSA』(2000)や、ドラマ『宮廷女官チャングムの誓い』(2003)によって、日本でも圧倒的な知名度を誇るようになります。

2005年のパク・チャヌク監督作『親切なクムジャさん』では、それまでの清楚なイメージを覆す役を演じ、韓国最大の映画の祭典である青龍映画賞や、シッチェス・カタロニア国際映画祭で最優秀女優賞を受賞、名実ともに韓国を代表する俳優となりました。

2009年に結婚、その後出産、子育てのため芸能活動を休止していた時期もありましたが、14年の時を経て映画のスクリーンにカムバック。

記念すべき復帰作に選んだのが、本作『ブリング・ミー・ホーム(原題)』です。

映画『ブリング・ミー・ホーム(原題)』について

参考:イ・ヨンエのインスタグラム

この投稿をInstagramで見る

#나를찾아줘 끝까지 응원부탁드려요🙇‍♀️❤

이영애(@leeyoungae0824)がシェアした投稿 –

本作でイ・ヨンエは、6年前に失踪した息子を探し続ける母親役を熱演、韓国映画として初登場1位を獲得。(Box Office Mojo 調べ)

また、本国公開前にはトロント国際映画祭に招待され、海外の新人監督作品を紹介するディスカバリー部門でワールドプレミアを迎えました。

「予測不能な仕掛けに満ち、巧妙に練られた脚本!観客はシートで微動だに出来ない!」といった高評価を得ています。

監督と脚本を務めたのは、新鋭キム・スンウ。本作で、韓国映画界に爪跡を残す鮮烈なデビューを飾りました。

スポンサーリンク

映画『ブリング・ミー・ホーム(原題)』のティザービジュアル

本記事冒頭に掲載した、解禁されたティザービジュアル。

「愛する息子のために、母はどこまで強くなれるのか?」というコピーとともに、涙を流しながらも力強い視線をむけるイ・ヨンエが大きく映し出された、インパクトのあるビジュアルです。

愛する息子を6年間探し続ける母の強さを感じさせる一方で、息子の失踪に悲しみや辛さを抑えきれない様子も表れ、複雑な役を繊細に演じきったイ・ヨンエのブランクを感じさせない魅力に溢れています。

映画『ブリング・ミー・ホーム』の作品情報

【日本公開】
2020年(韓国映画)

【原題】
나를 찾아줘(英題:BRING ME HOME)

【監督・脚本】
キム・スンウ

【キャスト】
イ・ヨンエ、ユ・ジェミョン、イ・ウォングン、パク・ヘジュン

スポンサーリンク

映画『ブリング・ミー・ホーム』のあらすじ

ジョンヨン(イ・ヨンエ)の息子には知的障碍があり、6年前に行方不明になりました。

息子を探し続けるジョンヨンは、ある日、行方不明の息子が島の漁村にいるという情報を手に入れます。

ジョンヨンは息子を見つけるために漁船へ向かいますが…。

まとめ

参考:イ・ヨンエのインスタグラム

プライベートでも母となったイ・ヨンエのスクリーン復帰作『ブリング・ミー・ホーム』。

2019年に日本でも公開されスマッシュヒットを記録した『工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』のユン・ジョンビン監督からは、「イ・ヨンエはカムバックに正しい映画を選んだ。この映画はあなたを虜にし、心を溶かしてしまうだろう。」という称賛のコメントが寄せられています。

映画『ブリング・ミー・ホーム(原題)』は2020年9月18日(金)より、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショーです。


関連記事

新作映画ニュース

映画『トルーマン・カポーティ 真実のテープ』イーブス・バーノー監督インタビュー!「天才作家もひとりの人間だった」

映画『トルーマン・カポーティ 真実のテープ』は2020年11月6日より公開。 『ティファニーで朝食を』(1958)、『冷血』(1966)など多くの傑作小説を残した20世紀アメリカ文学界を代表する作家ト …

新作映画ニュース

映画『MOTHER マザー』キャスト阿部サダヲは内縁の夫・川田遼役を演じる【演技評価とプロフィール】

2020年7月3日公開の長澤まさみ主演映画『MOTHER マザー』キャスト紹介 母と息子。ひとつの殺害事件。実話をベースに描く感動の衝撃作『MOTHER マザー』が2020年7月3日(金)よりTOHO …

新作映画ニュース

映画『めんたいぴりり』あらすじとキャスト。江口カン監督のエンタメ性の高さに博多華丸と富田靖子が挑む

博多華丸と富田靖子がダブル主演を務めた映画『めんたいぴりり』が、2019年1月18日(金)より、新宿バルト9ほか全国公開。 日常で何気なく食べている「明太子」。そこには、成功の陰にあった知られざる家族 …

新作映画ニュース

仲代達矢と大林宣彦監督に特別功労賞授与が決定!【東京国際映画祭2019】

第32回東京国際映画祭は2019年10月28日(月)~11月5日(火)の9日間にて開催。 東京国際映画祭は、永年の国内外を含めた映画界への貢献が目覚ましい方々へ贈る “特別功労賞”を、俳優の仲代達矢と …

新作映画ニュース

『凱里ブルース』映画本編動画/上映館。注目のビーガン監督作から話題のワンシークエンスショットを紹介!

『ロングデイズ・ジャーニー』のビー・ガン監督がその名を知らしめた初長編が待望の日本公開。 2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開予定の映画『凱里ブルース』。 中国新世 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学