Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

韓国映画『工作 黒金星と呼ばれた男』あらすじとキャスト。日本公開オリジナルポスターのビジュアル解禁!

  • Writer :
  • 中村綾子

カンヌ国際映画祭執行委員長も称賛!

第71回カンヌ国際映画祭ミッドナイトスクリーニングに公式招待された韓国映画『工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』が2019年7月19日(金)よりシネマート新宿ほかで全国ロードショーすることが決まりました!

カンヌ国際映画祭執行委員長であるティエリー・プリモが「ウェルメイドな映画、強烈ですごい映画」と称賛した本作。

日本公開が決定し、オリジナルポスターも解禁になりましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

映画『工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』について

ⓒ 2018 CJ ENM CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED

本作は、1992年に実在していたスパイ黒金星(ブラック・ヴィーナス)の姿を描いたサスペンスドラマです。

北朝鮮の核開発をめぐって朝鮮半島の緊張状態が高まるなか、北への潜入捜査を命じられた黒金星(ブラック・ヴィーナス)。

彼による緊迫感溢れる工作活動と、命を賭けてまで尽くした祖国の闇に気づき苦悩する姿が描かれています。

派手なアクション、目まぐるしい追撃戦など、我々がよく知るハリウッドのスパイ映画のアクションヒーローとは一線を画す、徹底的に熾烈なまでの心理戦を描いた新たなスパイ映画です。

そんな本作に個性と演技力を兼ね備えた韓国を代表する俳優たちが結集しました。

『哭声/コクソン』(2016)『アシュラ』(2016)など、韓国ジャンル映画において忘れることのできない俳優ファン・ジョンミンが対北工作員の黒金星(ブラック・ヴィーナス)を演じています。

北朝鮮の最高位層の人物リ・ミョンウン役には名優イ・ソンミン。映画やドラマ問わず彼が演技をした瞬間、観客がキャラクターの存在理由を信じてしまうと言われています。

韓国の国家安全企画部(現在の国家情報院)室長として工作戦の総責任者のチェ・ハクソンを演じるのはチョ・ジヌ。これまでの出演作品とは一味違った姿で挑みました。

北朝鮮の国家安全保衛部の要員チョン・ムテクを演じるチュ・ジフンは、ファン・ジョンミンと『アシュラ』以来の共演。本作では北と南という敵対関係で再会します。

監督は『群盗』(2014)『悪いやつら』(2012)のユン・ジョンビン。

『工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』は、第27回釜日映画賞にて最優秀作品賞、美術賞のほか脚本賞、主演男優賞、助演男優賞を受賞

また第55回大鐘賞映画祭では美術賞と主演男優賞、第2回ザ・ソウル・アワーズでは映画部門大賞、第2回韓中国際映画祭では監督賞と作品賞を受賞するなど韓国映画界の賞を総なめにした作品です。

映画『工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』日本オリジナルポスター

ⓒ 2018 CJ ENM CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED

誰も知らなかった南と北の裏の裏の裏”、“北に潜入した工作員の見た祖国の闇には、驚愕の真実が隠されていたー”というコピーと共に、実話に基づく衝撃作を引っ張っていく4人のキャラクター全員が異なる場所をみつめています。

彼らの視線の先には何があるのか、そして彼らはどこへ向かっているのか…。

圧倒的な存在感がじわじわと漂うビジュアルから、スタイリッシュで緊張感あふれる本作への期待が高まります。

スポンサーリンク

映画『工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』の作品情報

【日本公開】
2019年(韓国映画)

【原題】
공작

【監督】
ユン・ジョンビン

【キャスト】
ファン・ジョンミン、イ・ソンミン、チョ・ジヌン、チュ・ジフン

【作品概要】
実在していたスパイ黒金星(ブラック・ヴィーナス)の姿を描いたサスペンスドラマ。

監督は『群盗』(2014)『悪いやつら』(2012)のユン・ジョンビンが務めました。

ファン・ジョンミンが対北工作員の黒金星を演じ、イ・ソンミン、チョ・ジヌン、チュ・ジフンと言った韓国の実力派俳優が脇を固め、物語の説得力を高めています。

映画『工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』のあらすじ

1992年の朝鮮半島。北朝鮮の核開発をめぐって南北の緊張状態が高まっていました。

そんな中軍人だったパク・ソギョンは北の核開発の実態を探るため、コードネーム黒金星(ブラック・ヴィーナス)として北朝鮮に潜入する命令を受けます。

パクは事業家に扮し、3年にもおよぶ慎重な工作活動を行っていました。

努力の末、パクは北朝鮮の対外交渉を一手に握るリ所長の信頼を得ることに成功。

さらに北朝鮮の最高国家権力である金正日と会うチャンスをものにします。

しかし1997年、韓国の大統領選挙をめぐる祖国と北朝鮮の裏取引によって、自分が命を賭けた工作活動が無になることを知り、激しく苦悩するパク。

果たして彼は祖国を裏切るのか、それとも国が彼を切り捨てるのか。

また北朝鮮はパクの工作に気づくのでしょうか…。

スポンサーリンク

まとめ

『タクシー運転手 約束は海を越えて』(2017)や『1987、ある戦いの真実』(2017)など、実話に基づく映画の製作が増えた韓国映画界にとって、深く切り込んだともいえる映画『工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』。

本作は2018年の韓国映画界の賞レースの話題を一気にさらっていきました。

北朝鮮と韓国の関係が多少緩和状態とはなっていても、深く追求できないことは様々あります。

そんな中でこの衝撃作は、国際社会での朝鮮半島関係に一石を投じるものになるかもしれません。

オリジナルポスターのコピーにあるような、驚愕の真実とは一体何か?南北の裏の裏の裏とは?

皆さんが劇場で確かめてみてください。

映画『工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』は7月19日(金)よりシネマート新宿ほかで全国ロードショー!

ぜひお見逃しなく!

関連記事

新作映画ニュース

【映画グッズプレゼント】『ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち』の直記ペンを5名様に

カンザス~NY間1,600 kmを直線ネットワークでつなぐ実話プロジェクトが映画化! 0.001秒に一生を懸けた男たちの物語。 アメリカンドリームを掴むために0.001秒の短縮に一生を懸けた熱き男たち …

新作映画ニュース

松浦りょう・曽田陵介らで無料動画を配信!ドラマ『追いかけてキス3』の亀山睦実監督が新シーズンで描く胸キュンな恋愛とは

「触れられない時代のあたらしいキス」を探そう。 『いなくなれ、群青』や『劇場版パタリロ!』等を制作したノアド株式会社のオリジナルSNSドラマコンテンツ『追いかけてキス』のシーズン3が制作中です。 SN …

新作映画ニュース

映画『ハリウッド1969 シャロン・テートの亡霊』あらすじとキャスト。女優殺害事件をインタビューから紐解く!

カルト教団マンソン・ファミリーによる斬殺事件から50年、 女優シャロン・テートの最後の日々を描いた衝撃作! 映画『ハリウッド1969 シャロン・テートの亡霊』が2019年8月30日(金)よりヒューマン …

新作映画ニュース

映画『Dinerダイナー』キャストのブタ男役は金子ノブアキ。演技力の評価とプロフィール

店主も客も、全員殺し屋の<ダイナー(食堂)>を舞台に繰り広げられる衝撃のサスペンス映画『Diner ダイナー』が2019年7月5日に公開されます。 原作は平山夢明による人気小説。第28回日本冒険小説教 …

新作映画ニュース

【映画公開記念プレゼント】バイオレンス・ボイジャー特製トートバック&宇治茶監督サイン入りプレスシート。抽選10名様にガクブル((((;゚Д゚))))贈答

映画『バイオレンス・ボイジャー』は2019年5月24日(金)より全国ロードショー! 劇画とアニメーションを融合した表現技法「ゲキメーション」によって宇治茶監督が描く、バイオレンスそしてグロテスクに満ち …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学