Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/06/25
Update

映画『五億円のじんせい』キャストの謎の運転手・丹波役は森岡龍【演技力の評価とプロフィール】

  • Writer :
  • YUMIKO

ちょっとだけボクの話を聞いてくれませんか!
映画『五億円のじんせい』は、2019年7月20日(土)よりユーロスペースほかにて公開!

オリジナル企画、出演者、ミュージシャンをオーディションで選出しながら作品を完成させるという挑戦的な取り組み「NEW CINEMA PROJECT」。

そこで第一回グランプリを受賞した映画『五億円のじんせい』が、2019年7月20日(土)よりユーロスペースほかにて公開されます。

日本映画界の新たな息吹を感じさせるフレッシュな監督・脚本家・そしてキャストで贈る本作。

この記事では、闇バイトを斡旋する謎の運転手・丹波役を演じる森岡龍について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『五億円のじんせい』の作品情報


(C)2019 「五億円のじんせい」NEW CINEMA PROJECT

【公開】
2019年(日本映画)

【監督】
文晟豪(ムン・ソンホ)

【脚本】
蛭田直美

【主題歌】
ZAO「みらい」

【キャスト】
望月歩、山田杏奈、森岡龍、松尾諭、芦那すみれ、吉岡睦雄、兵頭功海、小林ひかり、水澤紳吾、諏訪太朗、江本純子、坂口涼太郎、平田満、西田尚美

【作品概要】

監督は短編映画『ミチずレ』(2014)の文晟豪(ムン・ソンホ)。

脚本は『女の機嫌の直し方』(2019)の蛭田直美です。

望月歩が本作で映画初主演し、“五億稼がなければならない”主人公を瑞々しく演じました。

物語のキーパーソンを演じるのは映画『ミスミソウ』の主演が印象深い山田杏奈。

サブキャストには山田杏奈、兵頭功海、小林ひかりのほか、西田尚美、森岡龍、平田満、松尾諭、水澤紳吾、芦那すみれ、諏訪太郎ら実力派が勢ぞろいしました。

映画『五億円のじんせい』のあらすじ


(C)2019 「五億円のじんせい」NEW CINEMA PROJECT

幼い頃に、善意の募金五億円により心臓手術に成功し、命を救われた少年、高月望来。

健康に成長し17歳になった望来は、五億円にふさわしい自分であろうとして周囲からの期待を引き受け、マスコミに晒される、窮屈な青春を送っていました。

ある日、とある出来事をきっかけにSNSで自殺を宣言したところ、見知らぬアカウントから「死ぬなら五億円返してから死ね」というメッセージが届きます。

夏休み、家を飛び出し、五億円の“借金”を返して自由になるための旅に出る望来。

そして、様々な人と出会い、事件に巻き込まれながら、思わぬ発見が彼を待っていて…。

スポンサーリンク

映画『五億円のじんせい』謎の運転手・丹波役は森岡龍

参考映像:『ニュータウンの青春』(2012)

映画『五億円のじんせい』で闇バイトを斡旋する謎の運転手・丹波役を演じる森岡龍は1988年2月15日生まれの俳優、映画監督。東京都出身。マイターン・エンターテイメント所属。

多摩美術大学造形表現学部映像演劇学科卒業後、2004年に映画『茶の味』でデビュー。

大学在学中からぴあフィルムフェスティバルに入選するなど、映画監督としても活動しています。

2012年監督作品『ニュータウンの青春』では、PFFアワード2011エンタテインメント賞、第16回釜山国際映画祭The Window on Asian Cinema部門招待作品となりました。

2016年には映画『エミアビのはじまりとはじまり』で前野朋哉と漫才コンビ役で主演。劇中の「エミアビ」のコンビ名でM-1グランプリ2016に出場し、予選の1回戦を突破しました。

そのほか映画『舟を編む』『PARKS パークス』『密使と番人』、ドラマ『義母と娘のブルース』『カルテット』など数多くの人気作品に出演しています。

映画『五億円のじんせい』謎の運転手・丹波はどんな役?


(C)2019 「五億円のじんせい」NEW CINEMA PROJECT

森岡龍が演じる丹波は、主人公の望来に闇バイトを斡旋する謎の運転手。

純粋すぎる望来に初めて会った時から「君、面白いね…」と呟き続けます。

闇の世界の人物ながら、望来に対してはとてもやさしく、絶対絶命のピンチに陥った時にも望来を助けにとんでいきます。

「優しくしてやりたくなるヤツと、そうでないヤツがいるだけだ。君はやさしくされて生き残るタイプだ」

その丹波の言葉に救われた望来は、「そういうタイプにしてくれてありがとう」と母に感謝を言って和解します。

丹波は望来の純粋さを大事に思い、まっとうな世界へと返しますが…。

スポンサーリンク

森岡龍の演技力の評価は

参考映像:『エミアビのはじまりとはじまり』(2016)森岡龍 × 前野朋哉 インタビュー

16歳で映画『茶の味』でデビューした森岡龍。長いキャリアを持ち、2010年からは才能ある石井裕也監督作品『川の底からこんにちは』『ハラがコレなんで』『舟を編む』など数多く出演しています。

ドラマでも『天皇の料理番』『義母と娘のブルース』『カルテット』など多数の人気作に出演。知る人ぞ知る名バイプレーヤーです。

映画監督としても活躍。多摩美術大学映像演劇学科に在学中に、ぴあフィルムフェスティバルに入選経験があります。

監督作品代表作は、PFFアワード2011エンタテインメント賞、第16回釜山国際映画祭The Window on Asian Cinema部門招待作品となった『ニュータウンの青春』のほか、『つつましき生活』『硬い恋』があります。

本作『五億円のじんせい』では、主人公の望来に闇バイトを斡旋する謎の運転手・丹波を演じます。

森岡は、闇の世界の住人らしい凄みを表現しながらも、飄々とした抜け感を持ち、どこかユーモラスな空気を醸し出しています。

望来の「愛される性質」を見抜き、常に力になる丹波。

丹波の存在が、望来という少年の魅力をさらに輝かせています。

森岡龍の公式SNSの紹介

【森岡龍の公式Instagram】

森岡龍の公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。

まとめ


(C)2019 「五億円のじんせい」NEW CINEMA PROJECT

「NEW CINEMA PROJECT」にて400本の候補作の中からグランプリを受賞した映画『五億円のじんせい』。

本作は7月の公開に先立ち、2019年3月15日(金)より開催される第一回愛媛国際映画祭のコンペティション部門にて上映が決定しています。

かつて五億円の募金で命を救われた主人公の望来が、死ぬための闇バイトで見つけた、命の本当のねだん。

望来に闇バイトを斡旋するものの、彼の純粋さに惚れてまっとうな世界へと導く謎の運転手・丹波を魅力的に演じる森岡龍の演技に注目です。

フレッシュな監督・脚本家・そしてキャストで贈る映画『五億円のじんせい』は、2019年7月20日(土)よりユーロスペースほかにて公開です。

関連記事

新作映画ニュース

映画『ベル・カント とらわれのアリア』予告編と場面写真紹介。テロリストの心を揺さぶる歌とは

Amazonベスト・ブック・オブ・ザ・イヤーに輝くベストセラー小説を日米豪華キャストで映画化。 話題作『ベル・カント とらわれのアリア』が2019年11月15日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほかにて …

新作映画ニュース

【大林宣彦監督の訃報】最新作の映画公開を前に逝去『海辺の映画館-キネマの玉手箱』

昨年(2019年)11月、文化功労者に選ばれた映画作家・大林宣彦氏が、2020年4月10日に82歳で死去。 肺がんのため東京都世田谷区の自宅で4月10日(金)19時23分に、息を引き取りました。 葬儀 …

新作映画ニュース

【TAAF2020】東京アニメアワードフェスティバル開催日は3月13日より!宮野真守ナレーションの告知映像も発表

TAAF2020は3月13日(金)から16日(月)まで開催。 東京アニメアワードフェスティバル実行委員会及び一般社団法人日本動画協会は、2020年3月に開催される、 国際アニメーション映画祭「東京アニ …

新作映画ニュース

【東京国際映画祭2020情報】開催時期と会場は?劇場上映をメインに「観客賞」と「TOKYOプレミア」を新たな形で実施

第33回東京国際映画祭の実施について。 2020年の第33回東京国際映画祭は、2020年10月31日から11月9日まで開催するべく準備が進められています。 (c)2020 TIFF オンラインだけでな …

新作映画ニュース

映画『いちごの唄』キャストの笹沢コウタ役は古舘佑太郎。演技力の評価とプロフィール

映画『いちごの唄』は2019年7月5日(金)より、新宿ピカデリーほか全国ロードショー! 数々の名作映画やドラマを手掛けてきた脚本家の岡田惠和と「銀杏BOYZ」の峯田和伸が紡ぐ、青春と恋の物語『いちごの …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP