Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/09/09
Update

黒沢あすかが映画『積むさおり』の演技力で主演女優賞受賞!喜びのコメントと予告編の紹介も

  • Writer :
  • 石井夏子

“失敗できない”夫婦、関係崩壊までのカウントダウン。
観る者の聴覚を刺激する体感型サスペンス。

2019年11月2日(土)より新宿K’s cinemaほかにて全国順次公開される映画『積むさおり』

 ©「積むさおり」製作委員会

この度、アメリカ・サンタアナで開催のHorrible Imaginings Film Festival短編部門において、黒沢あすかが主演女優賞を受賞しました。

黒沢あすか本人からの喜びのコメントも到着、併せて予告編、場面写真もご紹介します。 

スポンサーリンク

Horrible Imaginings Film Festivalとは?

参考:Horrible Imaginings Film Festivalのインスタグラム

Horrible Imaginings Film Festivalとは、2009年にカリフォルニア州サンディエゴで設立された映画祭です。

映画上映、多様なパネル、パーティーなどを複数日にわたって開催し、ホラーやSF、ファンタジーなどのジャンルの最新映画を上映。

過去10年間で、750以上の作品を審査し、8,000人以上の参加者が訪れる、ジャンル映画の祭典です。

2019年度は8月30日から9月1日の3日間にかけて開催されました。

黒沢あすかの主演女優賞受賞コメント

 ©「積むさおり」製作委員会

主演女優賞を受賞でき、とても嬉しいです。

家庭を持ち子育てをする日々を送っていると、自分のことよりも、息子達の成長を喜ぶことが増えていましたから、受賞の一報を聞いても少しの間、大喜びしていいのかな? 

いいんだよね?イェーイッ!の3段階を踏むことになりました。

そろそろ50才に手が届こうという年令での受賞。

女優としての道のりを振り返り、これまで出会った方々や、携わらせていただいた作品への敬意をあらためて噛みしめています。

HORRIBLE IMAGININGSの皆さまと『積むさおり』関係者の皆さまには感謝の気持ちでいっぱいです。

気をつけないと犬のようにはしゃぎまくってしまう私です。

でももう少しだけ、飛び跳ねさせてください。

数年ぶりの喜びですから。

スポンサーリンク

映画『積むさおり』の予告編

本作の予告編は、バツイチ同士の夫婦、さおりと慶介の穏やかな日常から始まります。

犬の散歩で訪れた森で、“穴”を見つけたさおりは、以来、夫・慶介のささやかな言動ひとつひとつが気に障るように。

能面のように凍りついて行くさおりの表情と、粗暴さが誇張されて行く慶介の対比に息を飲む予告編となっています。

映画『積むさおり』の作品情報


©「積むさおり」製作委員会

【日本公開】
2019年(日本映画)

【監督・脚本・編集】
梅沢壮一

【キャスト】
黒沢あすか、木村圭作

【作品概要】
妻さおりを演じるのは、園子温監督作『冷たい熱帯魚』(2010)や、マーティン・スコセッシ監督作『沈黙 サイレンス』(2016)の>実力派女優、黒沢あすか。

夫役には『クライングフリーセックス』(2018)の木村圭作が扮します。

監督を務めたのは、特殊メイクアーティストとして、数々の映画やTVに参加し、黒沢の夫でもある梅沢壮一です。

スポンサーリンク

映画『積むさおり』のあらすじ


 ©「積むさおり」製作委員会

間もなく結婚5周年を迎えるバツイチ同士の夫婦、さおりと慶介。

ある日、さおりは犬の散歩中、積み枝の前に見たことのない穴を発見します。

風が起こり、音が吸い込まれるような不可思議な体験をするさおり。

それ以来耳鳴りが起こり、さらには夫の立てる些細な音にも敏感になってしまいました。

夫や仕事に不満を抱えることなく暮らしていた日々が一変、気づかぬうちに積み重なっていた鬱屈が頭をもたげ始めます。

まとめ

 ©「積むさおり」製作委員会

予告を見ると、女優賞受賞も納得の黒沢あすかの佇まい。微細に変化していく彼女の表情から目が離せません。

夫の事が不快に感じるのは、彼の問題か、それともさおり自身の問題なのか。

夫婦が一度は通る道を、梅沢壮一監督が新たな視点で描き出します。

黒沢あすか、木村圭作主演作『積むさおり』は、2019年11月2日より(土)新宿K’s cinemaほか全国順次公開です。


関連記事

新作映画ニュース

映画『グッドバイ』キャストの青木保子役は緒川たまき【演技評価とプロフィール】

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇』は2020年2月14日より全国公開! 『走れメロス』、『人間失格』などの代表作を発表し、2019年に生誕110年を迎えた昭和の文豪・太宰治。 太宰治の未完の遺 …

新作映画ニュース

映画『異端の鳥』あらすじ/キャスト/公開日/特報予告編。原作本はホロコーストの本質を描いた発禁の書

第76回ヴェネツィア国際映画祭ユニセフ賞受賞。 第92回アカデミー賞チェコ代表作品。 ホロコーストの本質に迫る、美しくも残酷な異端の問題作が日本に上陸します。 2019年のヴェネツィア国際映画祭におい …

新作映画ニュース

森崎ウィン「東南アジア映画の巨匠たち」オープニングセレモニーに登壇!上映は7月10日まで開催

特集上映「東南アジア映画の巨匠たち」は2019年7月4日から7月10日にかけて開催中! 国際交流基金アジアセンターと公益財団法人ユニジャパン(東京国際映画祭)が共催し、躍進が目覚ましい東南アジア映画界 …

新作映画ニュース

映画『朝が来る』キャストは永作博美と井浦新。2020年初夏に公開の感動ミステリー!

“主要キャスト解禁” 日本映画史に新たに刻まれる傑作の布陣が明らかに! 実の子を授かることが叶わず、特別養子縁組により、男の子を家族に迎えた夫婦。中学生で妊娠し、断腸の思いで子どもを手放すことになった …

新作映画ニュース

映画『楽園』キャストの湯川紡役は杉咲花【演技力の評価とプロフィール】

映画『楽園』は2019年10月18日より全国公開。 『悪人』『怒り』など映像化が続くベストセラー作家・吉田修一。 その最高傑作と評される『犯罪小説集』が、『64-ロクヨン-』を大ヒットさせた名匠・瀬々 …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP