Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『孤狼の血LEVEL2』キャストの綿船陽三役は吉田鋼太郎。演技評価とプロフィール!

  • Writer :
  • 谷川裕美子

映画『孤狼の血LEVEL2』は2021年8月20日より全国ロードショー

白石和彌監督による『孤狼の血』の続編、松岡桃李主演の『孤狼の血LEVEL2』が2021年8月20日より全国公開されます。

『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』『彼女がその名を知らない鳥たち』の俊英・白石和彌監督が、広島の架空都市を舞台に警察とやくざの攻防戦を過激に描いた柚月裕子原作の『孤狼の血』の続編『孤狼の血LEVEL2』。

本作でも白石和彌が監督を務め、前作で新人刑事として登場した松坂桃李演じる日岡秀一を主人公に、オリジナルストーリーが展開します。

鈴木亮平をはじめ、吉田鋼太郎、村上虹郎、西野七瀬、中村梅雀、滝藤賢一、中村獅童、斎藤工、早乙女太一らが豪華俳優陣が脇を固めます。

この記事では綿船陽三役の吉田鋼太郎について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『孤狼の血LEVEL2』の作品情報


(C)2021「孤狼の血 LEVEL2」製作委員会

【公開】
2021年(日本映画)

【監督】
白石和彌

【キャスト】
松坂桃李、鈴木亮平、吉田鋼太郎、村上虹郎、西野七瀬、中村梅雀、滝藤賢一、中村獅童、斎藤工、早乙女太一

【作品情報】

日本アカデミー賞をはじめ数々の映画賞を獲得した『孤狼の血』の続編『孤狼の血LEVEL2』。

前作に続いて『日本で一番悪い奴ら』『彼女がその名を知らない鳥たち』の白石和彌が監督を務めます。

原作は、柚月裕子の『孤狼の血』シリーズ三部作。本作は原作では描かれていないオリジナルストーリーとなっています。

目的のためには手段を選ばない一匹狼の刑事・日岡を演じるのは、前作から引き続き松坂桃李。

『新聞記者』でアカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞するなど活躍目覚ましい松坂が、前作の役所広司から主演を引き継ぎます。

共演には鈴木亮平、吉田鋼太郎、村上虹郎、西野七瀬、中村梅雀、滝藤賢一、中村獅童、斎藤工、早乙女太一ら超豪華俳優陣が集結。

暴力と狂気がはびこる街を舞台に、刑事、暴力団ほかさまざまな人々による壮絶なバトルロイヤルが幕を開けます。

映画『孤狼の血LEVEL2』のあらすじ


(C)2021「孤狼の血 LEVEL2」製作委員会

暴力組織の抗争に巻き込まれ伝説のマル暴の刑事・大上がこの世を去ってから3年。

呉原市では彼の遺志を継いで、刑事の日岡が広島の裏社会を治めていました。

日岡の前に立ちはだかったのは、刑務所から出所してきた上林組組長・上林成浩。

悪魔のような上林によって、呉原の危うい秩序が崩れていき…。

スポンサーリンク

映画『孤狼の血LEVEL2』綿船陽三役は吉田鋼太郎

参考映像:『劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』(2019)

映画『孤狼の血LEVEL2』で綿船陽三役を演じる吉田鋼太郎は1959年1月14日生まれの俳優、演出家。東京都出身。ホリプロ・ブッキング・エージェンシー所属。

小学生時代6年間を大阪で過ごした後、東京都日野市で育ちました。

全寮制高校在学中、劇団雲のシェイクスピア喜劇『十二夜』に感動して役者を志します。

大学でシェイクスピア研究会公演『十二夜』で初舞台を踏んだ後、大学を中退。

劇団四季に6カ月在団。シェイクスピア・シアター、劇工房ライミング、東京壱組を経て1997年に演出家の栗田芳宏と共に劇団AUNを結成しました。

シェイクスピアやギリシア悲劇など海外古典作品を演じられる役者として認められるようになり、蜷川幸雄作品に多数出演。

2016年から、逝去した蜷川監督の後継として『彩の国シィエクスピア・シリーズ』2代目芸術監督に就任しています。

2013年大ヒットドラマ『半沢直樹』、2014年NHK連続テレビ『花子とアン』の出演でブレイク。

映像作品への出演が増え、ドラマ『東京センチメンタル』では主演を務めました。

ドラマ『おっさんずラブ』で主人公・はるたんを溺愛する乙女な部長を演じて大ブレイク。

そのほか映画『カイジ ファイナルゲーム』『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』『参度目の殺人』、ドラマ『カラマーゾフの兄弟』『今日から俺は!!』『THE GOOD WIFE/グッドワイフ』『SUITS/スーツ2』など多数話題作で活躍。

映画『孤狼の血LEVEL2』綿船陽三はどんな役?


(C)2021「孤狼の血 LEVEL2」製作委員会

吉田鋼太郎演じる綿船陽三は広島仁正会の会長。

尾谷組との十数年に渡る長き抗争に終止符を打ちました。

経営手腕に長けており、巨大組織を束ねています。

スポンサーリンク

吉田鋼太郎の演技力の評価は

参考映像:『カイジファイナルゲーム』(2020)

第一線のシェイクスピア俳優として名高い舞台俳優・吉田鋼太郎。

高い演技力を評価されており、読売演劇大賞優秀男優賞、紀伊国屋演劇賞、芸術選奨文部科学大臣賞など、数々の演劇賞を受賞しています。

厳しいことで知られた故・蜷川幸雄に才能を認められ、『タイタス・アンドロニカス』で主演に抜擢されたほか、数々の作品に出演

遺志を受け継ぎ、『彩の国シェイクスピア・シリーズ』2代目芸術監督に就任しました。

蜷川ファミリーの藤原竜也や小栗旬と交流が深く、年下から学ぶことは多いと語っています。映像に活躍を広げたのも、彼らからの後押しがあったからだそうです。

NHK朝ドラ『花子とアン』では石炭王・嘉納伝助役を無骨で悲哀に満ちた魅力ある男として演じ、視聴者の心に強い印象を残しました。

硬派な演技を演じる一方で、社会現象を巻き起こした大ヒットコメディドラマ『おっさんずラブ』では、乙女のように恋に純粋な黒澤部長を演じて大ブレイク。

主人公の青年はるたんに純愛を捧げる中年男性をコミカルかつ切なく演じ切り、世の女性の心をつかみました。

この作品でコンフィデンスアワード・ドラマ賞やザテレビジョンドラマアカデミー賞ほか数々のドラマ賞で助演男優賞を受賞しています。

ヤクザのようなコワモテから、『今日から俺は!!』の振り切ったギャグコメディまで見事に演じられる実力派です。

本作『孤狼の血LEVEL2』では、ヤクザ『広島仁正会』会長・綿船陽三役で参戦。

吉田自身は、クレイジーで抜群に面白い前作『孤狼の血』の続編に出られると聞いてワクワクし、気合を入れないといけないと思ったそうです。

貫禄がありながらもユーモラスな芝居も出来、緩急があってとても演じ甲斐があったと語っています。

吉田鋼太郎の公式SNSの紹介

吉田鋼太郎の公式SNSは残念ながらみつけられませんでした。

まとめ


(C)2021「孤狼の血 LEVEL2」製作委員会

柚月裕子原作の大ヒット映画『孤狼の血』の続編となる『孤狼の血LEVEL2』。

前作に続いて『日本で一番悪い奴ら』『彼女がその名を知らない鳥たち』の白石和彌が監督を務め、オリジナルストーリーが展開します。

一匹狼の刑事・日岡を演じるのは、前作に続いて松坂桃李。役所広司が演じた前作主人公の大上から主演を引き継ぎます。

シリーズ初参戦となる吉田鋼太郎が、広島仁正会の会長・綿船陽三を迫力たっぷりに演じます。

鈴木亮平、村上虹郎、西野七瀬、中村梅雀、滝藤賢一、中村獅童、斎藤工、早乙女太一ら超豪華俳優陣が顔を揃えます。

注目の映画『孤狼の血LEVEL2』は、2021年8月20日よりロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

『戦場のメリークリスマス4K』『愛のコリーダ』劇場公開日/上映館。大島渚代表作がデジタルリマスターで蘇る!

鮮烈かつ、鮮明によみがえる。 大島渚監督、伝説の2作品が最後の大規模ロードショー。 ゴダール、スコセッシ、ノーラン、アリ・アスターらがリスペクトした大島渚監督史上、最大のヒット作と最大の問題作が鮮やか …

新作映画ニュース

谷川俊太郎がイゾール・ミュルトリエを絶賛!映画『アマンダと僕』公開日と予告編・本ビジュアル解禁

映画『アマンダと僕』公開日は2019年6月22日(土)! © 2018 NORD-OUEST FILMS – ARTE FRANCE CINÉMA 第75回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門でマジッ …

新作映画ニュース

映画『渇愛の果て、』キャスト/内容紹介。野生児童の有田あんがコロナ禍で上演中止の舞台を映像化!

妊娠、出産、障がい…出生前診断に女優たちが斬り込む。 野生児童主宰の有田あんが脚本・監督を務める長編映画、『渇愛の果て、』の制作が、2020年7月現在進行中です。 有田あん初の長編映画でも …

新作映画ニュース

山崎貴や松平光冬らが映画『彼らは生きていた』に絶賛のコメント。ピージャクのイマジネーションに感服!

ロッテントマトにて驚異の100%獲得。 名匠ピーター・ジャクソン監督が手掛けた画期的な第一次世界大戦ドキュメンタリー映画『彼らは生きていた』がいよいよ2020年1月25日(土)よりシアター・イメージフ …

新作映画ニュース

シン仮面ライダー|キャストは池松壮亮と浜辺美波。サイクロン号・蜘蛛男などの“シン”の姿も発表

庵野秀明監督作『シン・仮面ライダー』 メインキャストと新プロモーション映像がついに解禁! 『シン・ゴジラ』『シン・エヴァンゲリオン劇場版』『シン・ウルトラマン』に続く新たな“シン”映画として2023年 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学