Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/09/06
Update

映画『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ』あらすじとキャスト。ビーガン監督が3Dワンシークエンスで紡ぐ映像美

  • Writer :
  • 石井夏子

映画史上初の後半60分、驚異の3D・ワンシークエンスショット映像!

2015年、長編映画『凱里ブルース』で映画界に衝撃的なデビューを飾った中国映画界・新時代の旗手ビー・ガン監督

監督待望の第2作目で、すでに世界中で高い評価を得ている『ロングデイズ・ジャーニー、イントゥ・ナイト(原題)』が、『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ』の邦題で、2020年2月28日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷、新宿ピカデリー、シネ・リーブル梅田ほかにて全国順次公開されることが決定しました。

場面写真と、2020年4月にシアター・イメージフォーラム他で公開されるデビュー作『凱里ブルース』とコラボしたキャンペーン動画も解禁されましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ』について


©️2018 Dangmai Films Co., LTD, Zhejiang Huace Film & TV Co., LTD – Wild Bunch / ReallyLikeFilms

本作は2018年のカンヌ国際映画祭ある視点部門で初上映された後、トロント国際映画祭、サンセバスチャン国際映画祭、ニューヨーク映画祭など、世界の名だたる映画祭で絶賛され、中華圏映画のアカデミー賞とされる金馬奨でも撮影・音楽・音響の3部門を受賞

中国本土での興行では、近年のアート系映画の成功例と言われたジャ・ジャンクー監督の『帰れない二人』の10億円を遥かに凌ぐ41億円の大ヒットを記録。

さらにアメリカでも、現在まで20週を超えて続映されており、2019年公開の中国映画としては異例のロングランヒットとなっています。

本作の見どころ


©️2018 Dangmai Films Co., LTD, Zhejiang Huace Film & TV Co., LTD – Wild Bunch / ReallyLikeFilms

本作の見どころは、何と言っても後半部分に仕掛けられた、映画史上初とも言える「上映の途中から展開される3Dのワンシークエンスショット」という演出

物語の中盤で劇中の主人公が映画館に入り、現実と記憶と夢が交錯する世界に入ると同時に、観客も3Dメガネを装着しそれを追体験できるんです。

それはビー・ガン監督独自の詩的で美しい映像表現と深く結びつき、これまでの3D映画でも決して味わえなかった、未知の映像体験と世界観が広がっています。


©️2018 Dangmai Films Co., LTD, Zhejiang Huace Film & TV Co., LTD – Wild Bunch / ReallyLikeFilms

中華圏を代表する豪華なキャスティングも見のがせません。

自分の過去を辿り迷宮の世界を彷徨う男を演じるのは、『長恨歌』のファン・ジエ

主人公を翻弄する運命の女を演じるのは『ラスト、コーション / 色・戒』のタン・ウェイ

また、キーパーソンとなる二人の女性をシルヴィア・チャンが演じています。

ビー・ガン監督作日本公開記念動画

なお本作に合わせ、これまで未公開だったビー・ガン監督の長編デビュー作『凱里ブルース』も、2020年4月にシアター・イメージフォーラム他での公開が決定しています。

新旧2作品の公開を記念して、“Begun, Bi Gan”と題したキャンペーン動画も公開されました。

スポンサーリンク

ビー・ガン監督のプロフィール

画像:ビー・ガン監督


©️2018 Dangmai Films Co., LTD, Zhejiang Huace Film & TV Co., LTD – Wild Bunch / ReallyLikeFilms

本作の監督ビー・ガン(Bi Gan・毕赣)は1989年6月4日中国・貴州省凱里市生まれの映画監督・脚本家・詩人です。

2013年の短編作品「金剛經」(Diamond Sutra)が第19回香港IFVA賞ニューフェース部門特別賞を受賞。

2015年『凱里ブルース』(路邊野餐)で長編デビュー。同作が国際的にも高い評価を獲得し、第68回ロカルノ国際映画祭新進監督賞、仏・第37回ナント三大陸映画祭熱気球賞、台湾・第52回金馬獎最優秀新人監督賞を受賞するなど、多くの映画祭に招待され、世界各国で公開されるに至りました。

長編第2作目となる本作では、ウォン・カーウァイの『欲望の翼』、タルコフスキーの『ストーカー』、デヴィッド・リンチの『マルホランド・ドライブ』、ヒッチコックの『めまい』などの映画作家とその作品との共通点を指摘する批評家が続出し、中国新時代の潮流の中にあって、その旗手的な存在として大きな注目を集めています。

これまでに中国本土では短編2作・長編2作が公開されています。

映画『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ』の作品情報


©️2018 Dangmai Films Co., LTD, Zhejiang Huace Film & TV Co., LTD – Wild Bunch / ReallyLikeFilms

【日本公開】
2020年(中国・フランス合作映画)

【原題】
Long Day‘s Journey into Night(地球最后的夜晩)

【監督】
ビー・ガン

【キャスト】
ファン・ジエ、タン・ウェイ、シルヴィア・チャン

スポンサーリンク

映画『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ』のあらすじ


©️2018 Dangmai Films Co., LTD, Zhejiang Huace Film & TV Co., LTD – Wild Bunch / ReallyLikeFilms

ルオ・ホンウは、何年もの間距離を置いてきた故郷・凱里(かいり)へ、父の死を機に帰還しました。

そこでは幼馴染 白猫の死を思い起こすと同時に、彼の心をずっと捉えて離れることのなかった、ある女のイメージが付き纏います。

自分の名前を、香港の有名女優と同じワン・チーウェンだと名乗った彼女。

ルオはその女の面影を追い、現実と記憶と夢が交錯するミステリアスな旅に出て…。

まとめ


©️2018 Dangmai Films Co., LTD, Zhejiang Huace Film & TV Co., LTD – Wild Bunch / ReallyLikeFilms

中国では、たった1日で41億円の興行記録を樹立し、アート系映画として空前絶後の大ヒットとなった本作。

彗星の如く現れた中国の若き鬼才ビー・ガン監督作品『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ』は2020年2月28日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷、新宿ピカデリーほかにて全国順次公開です。

ご期待ください。

関連記事

新作映画ニュース

【2020年1月17日〜18日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。 チョッとだけツウ好みな映画WEBマガジン【Cinemarche:シネマルシェ】 (C)Cinemarche 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネマ …

新作映画ニュース

映画『小さなバイキング ビッケ』あらすじ/キャスト/公開日。伊藤沙莉がアニメ声優で主演のワンピースが影響を受けた名作とは?

進め!夢と希望の大海原へ! 完全オリジナルストーリーで贈る、新しい冒険と、新しいビッケの物語。 日本で最高視聴率20.5%を記録し、尾田栄一郎『ONE PIECE』のモチーフにもなった名作アニメ『小さ …

新作映画ニュース

映画スウィンダラーズ|AFTERSCHOOLナナのセクシーな詐欺師の本編映像公開!

アジア各国で絶大な人気と知名度を誇るヒョンビンが、初めて詐欺師を演じた話題作『スウィンダラーズ』が、7月7日(土)より全国ロードショー。 詐欺師だけをダマす詐欺師5人とエリート検事による予測不可能な犯 …

新作映画ニュース

女優エリザベス・デビッキが映画『ブレス あの波の向こうへ』で少年を誘惑!インタビュー映像も解禁

サーフィンを通して成長する美しき少年たちの姿。 俳優サイモン・ベイカーが監督も務めた映画『ブレス あの波の向こうへ』が2019年7月27日(土)より新宿シネマカリテほか全国順次公開されます。 本作で美 …

新作映画ニュース

映画『どうにかなる日々(2020)』あらすじ/声優キャスト/公開日。主題歌をクリープハイプが担当!

青春群像劇の名手・志村貴子原作。 主題歌・劇伴音楽はクリープハイプが担当! 志村貴子による様々な恋模様を淡く繊細に描いたオムニバス漫画『どうにかなる日々』(太田出版刊)。 (C)志村貴子/太田出版・「 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP