Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/06/24
Update

2021年本命最恐ホラー映画『レリック-遺物-』の核心が明かされる!日本版予告編動画をYouTubeで見る

  • Writer :
  • 大塚まき

ゴッサム賞作品賞ノミネート、ナショナル・ボード・オブ・レビュー トップ10インディペンデント映画。

全米興収ランキング3週連続第1位。2020年の映画賞を席巻した年間No.1ホラー、恐怖の核心が明らかに!


(c)2019 Carver Films Pty Ltd and Screen Australia

映画『レリック -遺物-』が、2021年8月13日(金)よりシネマート新宿ほかにて全国公開されます。

公開に先駆け、日本版予告編と場面写真があわせて解禁となります。

スポンサーリンク

映画『レリック -遺物-』とは?


(c)2019 Carver Films Pty Ltd and Screen Australia

本作は、ジェイク・ギレンホールと『アベンジャーズ』製作群が認めた新人監督、ナタリー・エリカ・ジェームズの戦慄のデビュー作です。

監督自身が、子供時代に毎夏をすごした母の故郷・日本を久しぶりに訪れた際、大好きだった祖母が認知症によって変わり果てていたことに強いショックを受け、それが本作の出発点となっています。

完成した作品は認知症によって「失われゆく記憶」を発端とした、悪夢のような恐怖の連鎖が3世代の女性を襲います。

恐怖の連鎖を中心に据えながらも、家族の関係性やジェンダー問題なども巧みに反映。

ホラーの枠に収まることなく、スリラーやパニック、ソリッドシチュエーション、ヒューマンドラマに至るまでジャンルの垣根を飛び越えて「誰も予想できない衝撃のラストに悲鳴と涙が止まらない」と、怒涛の仕掛けと展開を続けてゆきます。

『ババドック 暗闇の魔物』『へレディタリー/継承』に続くホラー映画の新たなる金字塔を打ち立てました。

映画『レリック -遺物-』の予告編


この度解禁された予告編では、失踪した1人暮らしの老女を探しに、娘と孫が森の中に佇む彼女の住居を訪ねる場面で幕を開けます。

やがて老女は突然家に戻ってきますが、その様子はどこかおかしく不気味に映ります。

「あれがいる。ベッドの下…」老女は“家に入ってきた何か”について2人に話しますが、普通ではありえないその話の内容は、にわかに信じがたくも、どこか恐ろしい

果たして老女が見ている光景はただの認知症による幻なのか、それとも…。

「<老い>という怪物が、怖い。」衝撃的なキャッチコピーとともに、やがて予告編は映画の持つ圧倒的恐怖を垣間見る怒涛のクライマックスへ

そこでは老女の姿は変わり果て、家の壁はぐるぐると回転しながら怯える孫に襲いかかっていきます。

一体この3世代の女性たちの身に、何が起きているのか!?本編を楽しみにせざるを得ない、恐ろしくも美しい予告編に仕上がっています。

スポンサーリンク

映画『レリック -遺物-』の作品情報


(c)2019 Carver Films Pty Ltd and Screen Australia

【日本公開】
2021年(オーストラリア・アメリカ合作映画)

【原題】
RELIC

【監督】
ナタリー・エリカ・ジェームズ

【脚本】
ナタリー・エリカ・ジェームズ、クリスチャン・ホワイト 

【キャスト】
エミリー・モーティマー、ロビン・ネヴィン、ベラ・ヒースコート

映画『レリック -遺物-』のあらすじ


(c)2019 Carver Films Pty Ltd and Screen Australia

森に囲まれた家でひとり暮らしをする老女エドナが突然姿を消します。

娘のケイと孫のサムが急いで向かうと、誰もいない家には、エドナが認知症に苦しんでいた痕跡がたくさん見受けられました。

そして2人の心配が頂点に達した頃、突然エドナが帰宅します。

しかし、その様子はどこかおかしく、まるで知らない別の何かに変貌してしまったかのようでした。

サムは母とともに、愛する祖母の本当の姿を取り戻そうと動き出しますが、変わり果てたエドナと彼女の家に隠された暗い秘密が、2人を恐怖の渦へと飲み込んでゆき…。

スポンサーリンク

まとめ


(c)2019 Carver Films Pty Ltd and Screen Australia

日系女性監督、ナタリー・エリカ・ジェームズのデビュー作にして、驚異の傑作ホラー『レリック -遺物-』。

認知症を患う1人暮らしの老女と彼女の住む家が豹変…駆けつけた娘と孫が目にした、恐るべき秘密とは一体!?

『レリック -遺物-』は、2021年8月13日(金)よりシネマート新宿ほかにて全国ロードショーです。


関連記事

新作映画ニュース

映画『マーウェン』あらすじとキャスト。実話を基にしたロバート・ゼメキス監督作が7月19日公開!

ロバート・ゼメキス監督が知られざる感動の実話を映画化! (C)2018 UNIVERSAL STUDIOS 「バック・トゥ・ザ・フューチャー」『フォレスト・ガンプ 一期一会』のロバート・ゼメキス監督が …

新作映画ニュース

映画『シキ』あらすじ/キャスト。吉村界人と福田沙紀で熊本を舞台に山口龍大朗監督が贈る“再生物語”

都会に疲れた男が熊本県の美しい景色に魅了される。 吉村界人主演の短編映画『シキ』が、2023年夏に劇場公開となり、間もなく公開となる映画『人』の山口龍大朗監督と再タッグ。 この度、ティザービジュアル、 …

新作映画ニュース

実在の文豪の晩年を描いた映画『シェイクスピアの庭』予告編紹介!家族との絆を取り戻すまで

『シェイクスピアの庭』は3月6日より全国順次公開。 没後400年以上を経て、今もなお愛され続ける幾多の名作を世に送り出した英国の偉大な文豪、ウィリアム・シェイクスピア(1564年-1616年)。 (C …

新作映画ニュース

深田晃司監督が講師を務める「デフアクターズ・コース2022」を開催。日本初の表現者育成講座の対象はろう者・難聴者の方へ

深田晃司監督のろう者・難聴者を対象にした「デフアクターズ・コース2022」が開催! 映画『コーダ あいのうた』(2021)や『エターナルズ』(2021)、『サウンド・オブ・メタル~聞こえるということ~ …

新作映画ニュース

古川登志夫がキャラを演じ分けた予告動画紹介!『シッチェス映画祭2020』はロブゾンビ新作ホラーも上映

衝撃の映像が露わに! レジェンド古川登志夫が語る、衝撃の予告編が完成。 スペインで毎年開催されるシッチェス映画祭の上映作から厳選した作品を日本で上映する「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクショ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学