Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/07/12
Update

映画『レリック 遺物』感想解説と評価考察レビュー。結末まで“老いの恐怖”を描いたサスペンススリラーを張り巡らされた「予兆」から読み解く|サスペンスの神様の鼓動44

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

サスペンスの神様の鼓動44

映画『レリック -遺物-』は、2021年8月13日(金)よりシネマート新宿ほかにて全国公開

森に囲まれた家で、1人暮らしをしていた老女エドナが突然失踪した事で、恐怖の連鎖が始まるサスペンススリラー『レリック  -遺物-』。

本作が長編デビュー作となる新人監督、ナタリー・エリカ・ジェームズが、認知症によって変わり果てた祖母の姿にショックを受けた事から、誰もが避けて通れない「老い」の恐怖を、独自の解釈で描いています。

家族をテーマにした、この独特の作品に、俳優ジェイク・ギレンホールや、『アベンジャーズ』シリーズの監督としても知られる、ルッソ兄弟がプロデューサーに加り、全米興行収入ランキングで、3週間連続の1位になった話題作です。

老女エドナの娘ケイと、孫娘サムの視点を中心に、静かながらも確実に訪れる「老い」の恐怖を描いた『レリック  -遺物-』は、観客に「嫌な予感」を抱かせる「恐怖の予兆」が連続する作品です。

今回は、本作の「恐怖の予兆」に注目しながら、作品の魅力をご紹介いたします。

【連載コラム】『サスペンスの神様の鼓動』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『レリック -遺物-』のあらすじ


(C)2019 Carver Films Pty Ltd and Screen Australia
森に囲まれた家で、1人暮らしをしている老女エドナ。

彼女は、ある晩を境に失踪してしまいます。

エドナの娘ケイと、孫娘サムのは、エドナの捜索の為に彼女の自宅を訪ねます。

エドナの自宅には、生活に関する様々なメモが家中に貼り付けられており、ケイとサムは、エドナが認知症に苦しんでいた事実に直面します。

ケイは地元の警察官にも協力してもらい、エドナの捜索を開始しますが、一向に手掛かりが見つかりません。

ケイとサムが、エドナの捜索を諦めかけた時、突然エドナが帰宅します。

エドナは、ケイとサムの事も覚えており、意識と記憶もハッキリしていますが、何故か失踪した日の事だけは、頑なに話そうとしません。

また、エドナの胸に大きなあざが残っており、ケイは心配しますが、エドナは「何でもない」とケイを突き放します。

さらに、エドナは自宅に戻って以降、突然人が変わったかのように凶暴になったり、独り言をつぶやくようになったりと、情緒不安定な面を見せるようになります。

ケイは、エドナが変わってしまったのは「寂しさが原因」と考え、エドナを孤独にしていた事を後悔し、娘として寄り添おうとします。

またサムは、エドナの部屋にある納屋に、不気味な気配を感じるようになります。

エドナは納屋に鍵をかけ、この場所を嫌っていたようでした。

独自に納屋のことを調べるようになったサムは、ある恐怖に迷い込んでしまいます。

サスペンスを構築する要素①「豹変していくエドナの恐怖」


(C)2019 Carver Films Pty Ltd and Screen Australia
『レリック -遺物-』は、自宅に1人でいたエドナが、突然失踪するところから物語が始まります。

その後、エドナの娘ケイと、孫娘サムが自宅を訪れ、エドナの捜索が開始されます。

手掛かりがないまま、ケイとサムは不安な日々を過ごしますが、突然エドナが帰宅します。

帰宅したエドナは、サムの誕生日を覚えていたり、自分でお茶を用意するなど、意識はハッキリしているのですが「何故、失踪したのか?」の質問には答えず、胸に謎のあざが残っています。

エドナの自宅には、いたる所に不気味な黒いしみが残っているのですが、エドナの胸のあざは、この黒いしみに似ているのです。

さらに、エドナが胸のあざを気にする場面があるので、エドナ自身、このあざに心当たりがあるのでしょう。

帰宅して以降、エドナはケイには母親、サムには祖母として接しますが、突然、人が変わったかのように凶暴になります。

エドナの変化はそれだけではなく、誰もいない部屋で、1人で誰かと会話をするようになります。

もともと認知症の疑いがあったエドナが、どんどん変わり果てていき「別の誰か」になっていく恐怖が、ケイとサムの目線で描かれています。

スポンサーリンク

サスペンスを構築する要素②「『あいつ』とは何者なのか?」


(C)2019 Carver Films Pty Ltd and Screen Australia
『レリック -遺物-』は、豹変していくエドナの姿と、その様子に戸惑うケイとサムの苦しい心中が、物語の主軸になります。

では、何故エドナは変わってしまったのでしょうか?

その理由は、作中で明確に語られることは無いのですが、それを解き明かす為のヒントが、さまざまな場面に張り巡らされています。

これが本作の特徴である「恐怖の予兆」です。

中でも、エドナが家中に貼ったメモ。

メモの内容は「ドアの鍵をかける」「水道を止める」というような、生活に関係のある内容が多いのですが、中には「あいつに気を付けろ」という意味深なメモも残されています。

エドナは帰宅して以降「あいつが来る」と事あるごとに口にしており、「あいつ」を恐れていることが分かります。

「あいつ」が何者かは不明ですが、本作は注意して見てみると、さまざまな場面に、謎の黒い人影が映りこんでいるのです。

部屋の隅や、鏡の中、ケイの背後など、いたる箇所に映りこむ、この人影は「あいつ」と何か関係があるのでしょうか?

さらにケイは、何度も悪夢を見るのですが、不気味なこの悪夢は、実はラストシーンに繋がる、重要な情報となります。

不気味な人影とケイの悪夢。

この2つの要素が「あいつ」の正体を探る、重要な手掛かりになります。

ですが「あいつ」の解釈に関しては、人それぞれ違いがあるかもしれません。

サスペンスを構築する要素③「2つの恐怖が進行するクライマックス」


(C)2019 Carver Films Pty Ltd and Screen Australia
『レリック -遺物-』は、物語の後半は、変わり果てていくエドナに直面するケイと、エドナの住む家の秘密を探るサムの、2つのエピソードが同時進行していきます。

それぞれのエピソードが進行していき、辿り着く本作のクライマックスは、ケイとサムが直面する、2つの恐怖が同時進行していきます。

ここまで、観客に「嫌な予感」を与えていた「恐怖の予兆」が、実際の恐怖となって2人に襲いかかります。

変わり果てていく母親に直面したケイは、最後にある決断をくだします。

そして迎えるラストシーンは、誰もが避けることの出来ない「老い」を、独特の表現で描いています。

老いていくことは、本人にとっても恐怖ですが、直面する家族にとっても、これほど恐ろしいことは無いのです。

スポンサーリンク

映画『レリック -遺物-』まとめ


(C)2019 Carver Films Pty Ltd and Screen Australia
『レリック -遺物-』は、何かが起きそうな「恐怖の予兆」が作中に張り巡らされた作品です。

黒い影や不気味なメモの他、何気ない会話も、ラストシーンに繋がる伏線になっています。

監督ナタリー・エリカ・ジェームズが「愛する人が自分の一部を失っていき、ゆっくりと他人になっていく様子を見ることは、ある意味で死よりも嫌なことです。」と語る「老い」の恐怖。

本作では「決して避けることの出来ない『老い』の恐怖に、対抗するには何が必要か?」というメッセージも込めており、それが反映されたラストシーンとなっています。

怖いだけではなく「家族」という存在について、いろいろ考えさせる作品です。

次回のサスペンスの神様の鼓動は…

次回も、魅力的な作品をご紹介します。お楽しみに!


関連記事

連載コラム

映画『ペリカン・ブラッド』あらすじと感想評価レビュー。心理サスペンスとミステリーの手法で社会問題に提起|2020SKIPシティ映画祭11

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020エントリー・カトリン・ゲッベス監督作品『ペリカン・ブラッド』がオンラインにて映画祭上映 埼玉県・川口市にある映像拠点の一つ、SKIPシティにておこなわれるデジタ …

連載コラム

【女性におすすめ】2020年映画ランキングベスト5で泣ける胸キュンから見るべき話題作まで《シネマダイバー:石井夏子選》

2020年の映画おすすめランキングベスト5 選者:シネマダイバー石井夏子 日常生活すらままならない状況になってしまった2020年。 中でも、映画や舞台や音楽など、エンターテインメント業は軒並み中止や延 …

連載コラム

映画『オールド』ネタバレあらすじ感想と結末考察。謎解きタイムスリラーをM・ナイト・シャマランが仕掛ける“恐怖”|サスペンスの神様の鼓動46

サスペンスの神様の鼓動46 リゾートホテルにバカンスへ来た4人家族が、ホテルのマネージャーに勧められた、プライベートビーチを訪れたことで遭遇する、不可解な恐怖を描いた映画『オールド』。 本作で監督と脚 …

連載コラム

講義【映画と哲学】第12講「愚か者とその愚行:映画に愚行の魅力を見る。」

講義「映画と哲学」第12講 日本映画大学教授である田辺秋守氏によるインターネット講義「映画と哲学」。 (C) 1994 by Paramount Pictures. 第12講では、J. S.ミル『自由 …

連載コラム

【映画ロボコン2020公開記念】オリジナルがんばれ×リメイク燃えろの感想考察と内容評価。過去作のキャラクターがダイナミックに復活|邦画特撮大全69

連載コラム「邦画特撮大全」第69章 2020年7月31日に公開予定の映画『がんばれいわ!!ロボコン』。石ノ森章太郎原作の人気キャラクター“ロボコン”が、20年ぶりに復活するのです。 発表されたスタッフ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学