Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/03/12
Update

映画『トゥルーノース』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。北朝鮮の強制収容所で生き抜く家族を3Dアニメーションで描く!

  • Writer :
  • 大塚まき

それでも、生きていくー。世界の映画祭で絶賛された衝撃の物語。

生存者証言を参考に、北朝鮮強制収容所の内情を描きつつ、過酷な環境で生きていく家族とその仲間たちが生き抜いていく姿を3Dアニメーションで描いた衝撃の感動作『トゥルーノース』が誕生しました。


(C)2020 sumimasen

その映画『トゥルーノース』は、2021年6月4日(金)よりTOHOシネマズシャンテほかにて全国公開されます。

あわせて、衝撃の予告編ならびにポスタービジュアルが解禁となりました。

スポンサーリンク

映画『トゥルーノース』について


(C)2020 sumimasen

本作は、各国の映画祭で話題となり、レオナルド・ディカプリオも激賞したドキュメンタリー映画『happy-しあわせを探すあなたへ』(2012)のプロデューサーを務めた清水ハン栄治の初監督作品

在日コリアン4世であり、幼い頃から帰還事業で北朝鮮に渡航後に消息を絶った人たちの話を聞いていた監督が、実際に収容体験をもつ脱北者や元看守などにインタビューを行い10年もの歳月をかけて作り上げました。

音楽監督はディズニー長編アニメ映画『ムーラン』(1998)のマシュー・ワイルダーが担当。

強制収容所内の恐るべき実態を描きつつ、家族愛、仲間との絆・ユーモア、死にゆく者への慈しみの心情などが、実写ではなく、あえて優しいタッチの寓話的なアニメーションで描かれた本作は感動と評判を呼び、アニメ映画の世界最高峰を選ぶ権威あるアヌシー国際アニメーション映画祭「長編コントルシャン部門」にノミネート

またワルシャワ国際映画祭・審査員特別賞、ナッシュビル映画祭・長編アニメ部門グランプリ、韓国のプチョン国際アニメーション映画祭長編部門の特別賞を受賞するなど海外の映画祭を席捲、2020年の第33回東京国際映画祭「ワールド・フォーカス部門」では正式上映され話題となりました。

映画『トゥルーノース』の予告編

この度解禁となった予告編は、「12年前、私は母国から亡命しました。これは私の家族の物語です」とカメラに向かって語りかける男性の言葉から始まります。

1995年北朝鮮・平壌、両親と幸せに暮らしていた主人公ヨハンは、突然父が政治犯の疑いで逮捕され、母と妹ミヒとともに悪名高き強制収容所に送還されてしまいます。

「お母さん心配しないで。僕が母さんとミヒを守る」とヨハンは決意しますが、飢えと極寒の中、「お前らは皆使い捨てなんだよ」と過酷な労働を強いられます。

そんな生存競争の生活が何年も続き、ヨハンは次第に優しい心を失っていきます。母は「誰が“正しい”とか―“間違っている”じゃないの。“誰になりたいか”を自分に問いなさい」と言い残して息を引き取りました。

それでもヨハンは生き抜くために自分を取り戻していく姿が切り取られた予告映像となっています。

スポンサーリンク

映画『トゥルーノース』のポスタービジュアル


(C)2020 sumimasen

この度あわせて解禁されたポスタービジュアルには、「それでも、生きていく。」というコピー、そして高い壁がそびえる場所に立ち、遥か遠くの空を自由に飛ぶ鳥を見つめる後ろ姿が配されています。

映画『トゥルーノース』の作品情報


(C)2020 sumimasen

【日本公開】
2021年(日本・インドネシア合作映画)

【監督・脚本】
清水ハン栄治

【音楽】
マシュー・ワイルダー

【声のキャスト】
ジョエル・サットン、マイケル・ササキ、ブランディン・ステニス、エミリー・ヘレス

スポンサーリンク

映画『トゥルーノース』のあらすじ


(C)2020 sumimasen

1960年代の帰還事業で日本から北朝鮮に移民したパク一家は、平壌で幸せに暮らしていましたが、突然父が政治犯の疑いで逮捕。

家族全員が突如悪名高き政治犯強制収容所に送還されてしまします。

過酷な生存競争の中、主人公ヨハンは次第に純粋で優しい心を失い、他人を欺く一方、母と妹は人間性を失わずに生きようとします。

そんなある日、愛する家族を失うことがきっかけとなり、ヨハンは絶望の淵で「生きる」意味を考え始めます。

やがてヨハンの戦いは他の者を巻き込み、収容所内で小さな革命の狼煙が上がり…。

まとめ


(C)2020 sumimasen

生存者証言を参考に清水ハン栄治監督が10年もの歳月をかけて作り上げた本作は、世界の映画祭で絶賛されました。

北朝鮮強制収容所という世界で最も過酷な場所で、希望を捨てずに生き抜こうとする者たちを3Dアニメーションで描いた衝撃の感動作がいよいよ公開されます。

映画『トゥルーノース』は、2021年6月4日(金)よりTOHOシネマズシャンテほかにて全国ロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

映画『アボカドの固さ』あらすじ/キャスト/公開日。実話を基にフィクションの失恋物語へ昇華!

第41回 ぴあフィルムフェスティバル アワード入選(ひかりTV賞)。 第20回 TAMA NEW WAVE ある視点部門入選。 第41回ぴあフィルムフェスティバル コンペティション部門PFFアワード2 …

新作映画ニュース

映画『楽園』キャストの田中善次郎役は佐藤浩市【演技力の評価とプロフィール】

映画『楽園』が2019年10月18日より全国で公開。 『悪人』『怒り』など映像化が続くベストセラー作家・吉田修一。 その最高傑作と評される『犯罪小説集』が、『64-ロクヨン-』を大ヒットさせた名匠・瀬 …

新作映画ニュース

【大阪アジアン映画祭2020情報】オープニング上映は『夕霧花園』 /クロージングは『蒲田前奏曲』に決定!

第15回大阪アジアン映画祭開催情報 オープニング作品、クロージング作品決定! 2020年3月6日(金)から3月15日(日)まで開催される第15回大阪アジアン映画祭。 (c)大阪アジアン映画祭 オープニ …

新作映画ニュース

林海象新作映画『BOLT』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。永瀬正敏が原発事故の作業員を演じる人間ドラマ!

林海象監督7年ぶりの新作、ついに劇場公開。 第22回上海国際映画祭パノラマ部門正式招待、京都国際映画祭2019に特別招待され、劇場公開が待ち望まれていた林海象監督7年ぶりの新作映画『BOLT』。 本作 …

新作映画ニュース

陽月華映画『かぞくわり』あらすじとキャスト。劇場公開の初日舞台挨拶リポート

奈良を舞台にした家族と歴史ファンタジーが融合を見せた映画『かぞくわり』は2019年1月19日より有楽町スバル座、TOHOシネマズ橿原ほか全国順次ロードショー。 日本で最も古い歴史を持つ奈良に住む、平 …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学