Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』上映館/日本公開日。名曲の裏話やクラプトンのインタビューから再評価するドキュメンタリー!

  • Writer :
  • 大塚まき

製作総指揮はマーティン・スコセッシ、ロン・ハワード。
音楽界の超大物たちのインタビューと当時の貴重な映像の数々で贈るドキュメンタリー。

2019年トロント国際映画祭オープニング作品として選出された映画『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』。

世代を超えて全ての音楽ファンの心に響く感動作が誕生しました。


(c)Robbie Documentary Productions Inc. 2019

ボブ・ディランをはじめ、音楽史に偉大な足跡を残したミュージシャンたちから尊敬される、ロック史上最も重要なバンド「ザ・バンド」の結成から解散までを追ったドキュメンタリー映画『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』が、2020年10月23日(金)より角川シネマ有楽町、渋谷WHITE CINE QUINTOほか全国順次公開されることが決定

また、公開決定にあわせて日本版ポスタービジュアルが解禁されました。

スポンサーリンク

映画『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』について


(c)Robbie Documentary Productions Inc. 2019

1976年11月25日、サンフランシスコのウィンターランド・ボールルーム。

激動の70年代後半に、一つのバンドがその活動に終止符を打ちました。

彼らの名は「ザ・バンド」。ボブ・ディランをはじめ、音楽史に偉大な足跡を残したミュージシャンたちから尊敬される、ロック史上最も重要なバンドの一つです。

本作はギターのロビー・ロバートソンが2016年に綴った自伝を元に、バンドの誕生から“ビッグピンク”でのレコーディング、メンバー達の熱い友情と軋轢、そして伝説的解散ライブ「ラスト・ワルツ」までの才能、幸運、苦悩、狂気が横溢する創造の旅路を追ったドキュメンタリー

製作総指揮をマーティン・スコセッシ、ロン・ハワードが担当しました。

ザ・バンドを敬愛する大物ミュージシャンたちが特別ゲストとして登場。

若き日にザ・バンドの初アルバム「ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク」を聴いてショックを受けたと語るのが、ボスの愛称で知られるアメリカン・ロックの雄、ブルース・スプリングスティーン

一方、“ギターの神様”、エリック・クラプトンは彼らの音にほれ込み、ウッドストックに出向いて、グループへの加入を切望したことを告白します。

他にもソウルフルな歌声で知られるヴァン・モリソン、ザ・ビートルズの元メンバー、故ジョージ・ハリソン知性派ミュージシャンのピーター・ガブリエルベテラン・ブルースマンのタジ・マハール等、音楽界の重鎮たちが次々に顔を見せ、ザ・バンドのオリジナルな魅力を振り返ります。

また、当時、ウッドストックに住んでいたボブ・ディランとの特別な友情やセッションの様子も描かれています。

映画『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』のポスタービジュアル


(c)Robbie Documentary Productions Inc. 2019

このたび解禁された日本版ポスタービジュアルでは、ザ・バンドの5人が寄り添った写真に「音楽も仲間も心から愛していた」というコピーが添えられています。

ロビー・ロバートソンが「あまりにも美しい関係だった」と語る5人の絆が、過去の映像を通じてよみがえる本作にふさわしいビジュアルに仕上がっています。

スポンサーリンク

映画『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』の作品情報


(c)Robbie Documentary Productions Inc. 2019

【日本公開】
2020年(カナダ・アメリカ合作映画)

【原作】
「ロビー・ロバートソン自伝 ザ・バンドの青春」

【原題】
ONCE WERE BROTHERS:ROBBIE ROBERTSON AND THE BAND

【監督】
ダニエル・ロアー

【製作総指揮】
マーティン・スコセッシ、ロン・ハワード

【キャスト】
ロビー・ロバートソン、リック・ダンコ、リヴォン・ヘルム、ガース・ハドソン、リチャード・マニュエル、マーティン・スコセッシ、ボブ・ディラン、ブルース・スプリングスティーン、エリック・クラプトン、ピーター・ガブリエル、ジョージ・ハリスン、ロニー・ホーキンス、ヴァン・モリソン、タジ・マハール

映画『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』のあらすじ


(c)Robbie Documentary Productions Inc. 2019

「ザ・バンド」の誕生から“ビッグピンク”でのレコーディング、メンバー達の熱い友情と軋轢、そして伝説的解散ライブ「ラスト・ワルツ」までの才能、幸運、苦悩、狂気が横溢する創造の旅路を追ったドキュメンタリー。

ザ・バンドを敬愛するブルース・スプリングスティーン、エリック・クラプトンら音楽界の超大物たちのインタビューに加え、当時の貴重な映像も映し出されます。

スポンサーリンク

まとめ


(c)Robbie Documentary Productions Inc. 2019
これ以上の顔ぶれは他では考えられないほど、贅沢な出演陣となっている本作『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』。

音楽史上で最もスリリングな瞬間に触れることもできる貴重な映像は、「ザ・バンド」ファンのみならず、全ての音楽ファンを魅了することでしょう。

ドキュメンタリー映画『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』は、2020年10月23日(金)より角川シネマ有楽町、渋谷WHITE CINE QUINTOほか全国順次ロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

亀山睦実監督の新作映画『12ヶ月のカイ』のキャストに中垣内彩加と工藤孝生が決定!

人間とヒューマノイド、生まれるはずのない新しい《いのち》が二人にもたらすものとは? 短編映画『恋はストーク』、中編映画『ゆきおんなの夏』そして長編映画『マイライフ、ママライフ』と、着実に映画クリエイタ …

新作映画ニュース

韓国映画『飛べない鳥と優しいキツネ』あらすじとキャスト。前売り鑑賞券の購入特典の紹介も

映画『飛べない鳥と優しいキツネ』は、2019年1月19日シネマート新宿、シネマート心斎橋で公開決定。 © 2018 LOTTE CINEMA ARTE & FILM CORPORATION W …

新作映画ニュース

お笑いコントライブYouTube生配信!そんたくズ結成3周年記念は“過激な毒笑アートが魅力”

2020年開催の「岡本太郎現代美術大賞」が認めたコントがあった! 若手コント芸人「そんたくズ」がYouTubeを使い生配信する、コンビ結成3周年記念コントライブが、まもなく生配信されます。 そんたくズ …

新作映画ニュース

【フレディ・M・ムーラー特集】映画『山の焚火』など代表作が劇場上映!デジタルリマスターで蘇る

スイスの巨匠フレディ・M・ムーラーの伝説の傑作。 35年の歳月を経てデジタルマイスターでスクリーンに蘇る。 映画史に燦然と輝くフレディ・M・ムーラー監督の“山”映画の三部作「マウンテン・トリロジー」が …

新作映画ニュース

映画『ミッドナイトスワン』キャストの服部樹咲(みさき)は草彅剛と同居する少女・一果役を熱演【演技評価とプロフィール】

2020年9月25日より公開予定の映画『ミッドナイトスワン』キャスト紹介。 主演・草彅剛(くさなぎつよし)、内田英治(うちだえいじ)監督によるオリジナル脚本作品『ミッドナイト スワン』。 (C)202 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP