Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Netflix映画『ホイールマン』ネタバレあらすじと感想考察。フランク・グリロの車主体の異色のカーサスペンス!

  • Writer :
  • 糸魚川悟

NETFLIX映画『ホイールマン -逃亡者-』

アクション映画の主演や大作映画への出演によって「アクション俳優」というイメージの強い俳優フランク・グリロ。

しかし、『ポイント・ブランク -この愛のために撃て-』(2019)で見せたように、粗暴でありながら家族を思いやる気持ちの強さも感じさせる彼の「演技」も強い魅力を放っています。

今回はそんなフランク・グリロが主演し、全編がほぼワンシチュエーションで展開する異色のカーサスペンス映画『ホイールマン -逃亡者-』(2017)を、ネタバレあらすじを含めてご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

映画『ホイールマン -逃亡者-』の作品情報

Netflix ホイールマン -逃亡者-

【原題】
Wheelman

【配信】
2017年(Netflix限定配信)

【監督】
ジェレミー・ラッシュ

【キャスト】
フランク・グリロ、ケイトリン・カーマイケル、ギャレット・ディラハント、ウェンディ・モニツ、スレイン

【作品概要】
『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014)からブロック・ラムロウ役として「アベンジャーズ」シリーズに出演したフランク・グリロが主演を務めたサスペンス映画。

ドラマシリーズ「シェキラ!」でのゲスト出演時のパフォーマンスで高い評価を受け賞に輝いた、ケイトリン・カーマイケルが共演を務めました。

映画『ホイールマン -逃亡者-』のあらすじとネタバレ

夜の街、逃がし屋の男(ホイールマン)は調達屋から車を受け取ります。

「目立たない車」を指定したはずなのに、車体が黒でトランクが赤の「BMW E46」であることに憤慨しますが、今更変える時間もなく仕方なく車に乗り込みます。

計画の立案者であるクレイに電話が繋がらず、13歳の娘ケイティが外出の許可を求める電話をホイールマンにかけて来ますが、ホイールマンはケイティに外出してはいけないと言い電話を切ります。

タトゥー屋の前でベン・オクリと名乗る黒人の男と「クソッタレ(mother fucker)」と名乗るモヒカンの男を車に乗せたホイールマンは車を走らせます。

「クソッタレ」は終始ホイールマンに名前を聞こうと話しかけますが、ホイールマンは仕事以外の会話はしたくないと拒否し、そのまま車は銀行へとたどり着きます。

ベンと「クソッタレ」は銃火器で武装し銀行を襲撃し、ホイールマンは逃走の準備のため車の中で待機します。

その時、州外の電話からホイールマンの電話に着信があり、ホイールマンが通話をすると男の声で「俺が誰か分かるか」と聞かれます。

ホイールマンは一瞬でその男がクレイを雇い銀行強盗の計画を立案させた「雇い主の男」であることを理解。

雇い主の男はホイールマンが倉庫火災の罪で3年間刑務所に入っていたことや、その時に出来た借金を返済するためにこの仕事を請け負ったことを知っており、「実行犯の2人がトランクに金を詰めた時点で車を発進させ2人を置き去りにしろ」とホイールマンに命令します。

ホイールマンは冗談だと受け止めていましたが、雇い主の男が実行犯の2人にホイールマンの射殺を命じていると言うとホイールマンは実行犯の2人がトランクに金を入れた時点で車を発進させ2人を置き去りにしました。

路地に車を停めると、雇い主の男はホイールマンに金を数えさせ、チャンドラー駅に行くように指示します。

その間、ホイールマンは非通知でホイールマンの電話に着信をかけてくる「非通知の男」から「お前とクレイを殺す」と脅迫されます。

クレイから電話があり、雇い主の男の指示に従い逃げたことや、自身が雇い主の男にハメられている可能性があることをホイールマンは伝えますが、クレイは雇い主の男がジェファーソン通りに住んでいることしか知らず、目的すら知らない状況でした。

チャンドラー駅に近づき雇い主の男からの着信に出るホイールマンは、雇い主の男から「倉庫に行き、品物と金を交換しろ」と求められます。

しかし、その現場には多数の武装した男たちが待ち構えており、「品物」が「麻薬」であることを察したホイールマンは現場から急いで離れます。

逃走の途中、トンネルの中で1台のバイクがホイールマンの車を尾行していることに気が付きます。

非通知の男から電話があり、ホイールマンとクレイを2人とも殺害すると告げられると、車を尾行してきたバイクの男がホイールマンに発砲を始めます。

ホイールマンは自身の運転技術でバイクの男を事故に追い込み、難を逃れました。

クレイとの電話の最中、ホイールマンがクレイに教えていない「目的地がチャンドラー駅だったこと」をクレイが話したことで、ホイールマンはクレイが雇い主の男の計画を知っていたことを感じ取ります。

クレイのアジトに殴り込み、クレイを連れ出したホイールマンは彼から雇い主の男と今回の依頼の真実を聞きだしました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ホイールマン -逃亡者-』のネタバレ・結末の記載がございます。『ホイールマン -逃亡者-』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

雇い主の男は新勢力のギャングであり、今回のクレイへの依頼は旧勢力のギャングによる銀行強盗を失敗に追い込むことでした。

ホイールマンは旧勢力のギャングによる銀行強盗に加担した上で、雇い主の男の指示によってその金を持ち逃げし、雇い主の男の目論見通りに事を進めてしまっていたのです。

ホイールマンを殺すと脅し、バイクの男を送り込んで来た「非通知の男」はメンツをつぶされた旧勢力のギャングのリーダーでした。

クレイは雇い主の男から大金が貰えるこの仕事を軽い気持ちで受けたものの、旧勢力のギャングに永遠に命を狙われるようになったことに気づき錯乱。

クレイは銃を取り出し、ホイールマンともみ合いになると、自身を撃ち抜き死亡してしまいます。

雇い主の男から電話があり、金を渡すように求められるホイールマン。

雇い主の男はさらにホイールマンの家族の存在も知っていると脅します。

ホイールマンはすぐさまケイティに電話をかけ、自身のポルシェに乗り指定の駐車場まで逃げるように言います。

次に、前妻でありケイティの母親でもあるジェシカに電話をかけるホイールマンでしたが、電話の途中にジェシカが複数の男に攫われてしまう声が聞こえます。

雇い主の男は興奮したように声を荒げると、奪った金とケイティを引き換えにするとホイールマンを脅迫。

その時、非通知の男からも電話があります。

非通知の男は旧勢力のギャングのリーダーであるだけでなくホイールマンが刑務所にいる間、家族を養うために金を借りていた相手でもありました。

非通知の男は金を返さないとホイールマンの命を奪うと脅しますが、ホイールマンの置かれた状況を聞くうちにホイールマンに同情的になり、金を渡し雇い主の男との会合場所を教えれば新勢力のギャングを始末すると言います。

雇い主の男に金を渡すと連絡し、指定した会合場所を非通知の男に教えるホイールマン。

道中、置き去りにした「クソッタレ」に襲われるホイールマンは返り討ちにした後に、金を詰めたバッグに発信機がついていることに気づきます。

ケイティの待つ駐車場に行き、ケイティと合流したホイールマンはケイティと共に愛車のポルシェに乗り換えます。

車を走らせ、雇い主の男との会合場所付近についたホイールマンはケイティに車を運転して親戚の家へに逃げるように言うと彼女と別れます。

車を運転するケイティはホイールマンの言葉に逆らい、ホイールマンと雇い主の男の会合が見える場所に車を移動させます。

雇い主の男と会ったホイールマンは、ジェシカを解放させると火をつけたバッグを雇い主の男に投げ、相手の動揺を見計らい逃走。

自身の母が現場に居ることと目の前で起きたことに動揺するケイティでしたが、深呼吸し気を落ち着かせると車を走らせホイールマンを車に乗せます。

追手を振り切り、ジェシカは既に安全な場所に逃げたと言うホイールマンと運転を代わると、ホイールマンは非通知の男からかかってきた電話に出て、会合現場に雇い主の男を連れていくから待機しろと言います。

ホイールマンは発砲しながら追いかけてくる雇い主の男の乗る車を引きつけつつ、街を一周し元の会合現場を通り過ぎると、仲間と共に待機していた非通知の男が雇い主の男の乗る車を発砲します。

四方八方から銃撃を受けた雇い主の男の乗る車は停車し、旧勢力のギャングは車の中にいる男たちを引きずり下ろし全員を射殺。

その様子を見届けたホイールマンは、「非通知の男」だった旧勢力のギャングのリーダーに金の入ったバッグを渡すとケイティと共にその場を去ります。

ジェシカの待つレストランに辿り着いたホイールマンとケイティ。

ホイールマンはレストランには入らずケイティがレストランに入っていく様子をただ見つめていました。

スポンサーリンク

映画『ホイールマン -逃亡者-』の感想と評価

カメラが主人公の乗る車からほとんど離れない異色のカーサスペンス映画『ホイールマン -逃亡者-』

借金を返すために強盗の計画に逃がし屋として参加した主人公の男。

しかし、その計画は横やりによって予想もしない方向へと進んでいき、主人公はあらゆる勢力から追われることになります。

通常であれば展開に空間と言う足枷のついてしまう「ワンシチュエーション」映画ですが、本作は舞台が「移動する車」。

そのため、何が起きているのかが見当もつかない主人公と同様のサスペンス性たっぷりの緊迫感を味わえると共に、いつどこから誰が襲ってくるのか分からない恐怖感、そしてカーアクションの高揚感も楽しむことが出来ます。

「ワンシチュエーション」という足枷を様々なプラスの要素に変換させた、異色かつ秀逸なサスペンス映画でした。

まとめ

いかがでしたか。

全ての物語が車内で完結する『オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分』(2015)とも類似する本作。

ヒューマンドラマに振り切った『オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分』とサスペンス性に振り切った『ホイールマン -逃亡者-』。

ワンシチュエーション映画好きの方は、両作の違いをその目で見比べてみることをオススメ致します

映画『ホイールマン -逃亡者-』は映像配信サービス「Netflix」より独占配信中です。


関連記事

サスペンス映画

『サスペリア2』ネタバレあらすじとラスト結末の感想。ホラー映画の巨匠ダリオアルジェント監督が描いたショッキング描写満載の秀作

思い込みが記憶をすり替えた、連続殺人の真の犯人像とは? 映画『サスペリア2』は、『ゾンビ』(1978)、『フェノミナ』(1985)を手掛けた、イタリアンホラーの巨匠ダリオ・アルジェント監督による、サス …

サスペンス映画

映画『ナチス第三の男』ネタバレ感想評価と結末あらすじ。実話原作を基にハイドリヒ暗殺計画の真実と現実を探る

「ナチス第三の男」暗殺をめぐる真実の物語。 第二次世界大戦中、冷徹極まりない手腕から「金髪の猛獣」と呼ばれたナチス親衛隊No.2のラインハルト・ハイドリヒ。 映画『ナチス第三の男』は、ナチス政権内にて …

サスペンス映画

映画エルELLE|動画フルを無料視聴!PandoraやDailymotion紹介も

映画『エル ELLE』のフル動画を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していきます! ↓今すぐ『エル ELLE』の動画を無料で見るならU-NEXT!↓ なお、当記事でご紹介している映画『エル ELLE …

サスペンス映画

映画『ダークウォーターズ』あらすじネタバレと感想。デュポン事件を告発した弁護士ロバート・ビロットの信念

映画『ダーク・ウォーターズ (原題:Dark Waters) 』2019年11月北米公開 映画『ダーク・ウォーターズ (原題:Dark Waters) 』は、巨大企業デュポンの不法行為をたった1人で暴 …

サスペンス映画

キアヌリーヴス映画『ブルー・ダイヤモンド』あらすじと感想評価。丁寧な人間ドラマも見どころ

映画『ブルー・ダイヤモンド』は、2019年8月30日(金)から全国公開。 ロシアを舞台に、ロシアンマフィアとの取引に挑む男の、危険な駆け引きを描いた映画『ブルー・ダイヤモンド』。 ダイヤモンドにだけ魅 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学