Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2018/10/15
Update

映画『アンダー・ザ・シルバーレイク』ネタバレ感想と評価。あらすじから都市伝説の謎を解く

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

ロサンゼルスの街、シルバーレイクで発生した女性失踪事件を追う、1人の若者が直面する謎を描いた映画『アンダー・ザ・シルバーレイク』。

都市伝説をテーマにした、本作をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『アンダー・ザ・シルバーレイク』の作品情報


(C)2017 Under the LL Sea, LLC

【公開】
2018年10月13日(アメリカ映画)

【原題】
Under the Silver Lake

【監督】
デヴィッド・ロバート・ミッチェル

【キャスト】
アンドリュー・ガーフィールド、ライリー・キーオ、トファー・グレイス、ゾーシャ・マメット、キャリー・ヘルナンデス、パトリック・フィッシュラー、グレース・バン・パタン、ジミ・シンプソン

【作品概要】
2015年に超低予算ながらも、全米で大ヒットしたホラー映画『イット・フォローズ』を監督した奇才、デヴィッド・ロバート・ミッチェルがロサンゼルスの闇を描いた作品。

主演に「アメイジング・スパイダーマン」シリーズや『沈黙 サイレンス』『ハクソー・リッジ』などの、注目作への出演が続いている、アンドリュー・ガーフィールド。

映画『アンダー・ザ・シルバーレイク』あらすじとネタバレ


(C)2017 Under the LL Sea, LLC
セレブやアーティストたちが暮らすロサンゼルスの街、シルバーレイク。

この街で暮らすサムは、ミュージシャンのカートコバーンに憧れ、女優を目指す年上の彼女と交際していますが、仕事をしておらず収入がありません。

家賃滞納による強制退去の危機を前にしても、サムは気にする様子が無く、昼間から隣人の女性を双眼鏡で覗いていました。

サムは同じ敷地内に住む金髪の美女、サラに一目ぼれします。

ある日、本屋に出かけたサムは、さまざまな都市伝説を紹介している同人誌「アンダー・ザ・シルバーレイク」を見つけます。

作者に興味を持ったサムは、本屋の店員に「アンダー・ザ・シルバーレイク」の作者を紹介してもらう約束をします。

自宅に戻ったサムは、サラの飼っている犬が外にいるのを目にし、犬に餌を与えていた事で、サムはサラに声をかけられます。

サラの自宅に招かれたサムは、2人の時間を過ごしますが、サラのルームメイトが帰宅した事で部屋から追い出されます。

「もう少し一緒にいたい」と望むサムに、サラは「明日の午後、また来てほしい」とお願いします。

サムはサラの家から出る際に、部屋の中に海賊の姿をした、怪しげな男がいるのを目撃します。

帰宅し、「アンダー・ザ・シルバーレイク」を読み始めるサム、本には最近街中で多発している「犬を殺す男」の都市伝説が書かれていました。

次の日、約束通りサラの家を訪ねたサムですが、部屋の中は空になっていました。

管理人から、サラ達が夜中に引っ越した事を伝えられたサム、「よくある話だ」と言われますが、サムは納得ができません。

サムは、サラが住んでいた空になった部屋に忍び込み、棚に置かれていたサラの写真を手に入れます。

すると、誰かが部屋の中に入って来た為、サムは素早く窓から脱出します。

部屋の中に入って来た女性はすぐに退室、中の状況を伺っていたサムは、扉の裏にひし形が2つの、奇妙なマークが描かれている事に気付きます。

サラの部屋から出て行った女性を尾行したサムは、女性が友人と合流し、海賊姿の男に袋を渡している所を目撃します。

そのまま女性が友人たちと入っていったホテルに、サムも潜入します。

ホテルの屋上では、パーティーが開催されており、人気バンドの「イエスとドラキュラの花嫁」がライブを開催し、体中にバルーンを付けた美女が踊っていました。

そこで、友人であるアレンと会ったサムは、行方不明になっている資産家、セブンスの娘であるミリセントが、パーティーに参加している事を伝えられます。

そこへ「イエスとドラキュラの花嫁」のメンバーから、ソロライブの告知を受けたサムは、チケットになるクッキーを渡されます。

ホテルのパーティーから帰る夜道、サムは「アンダー・ザ・シルバーレイク」の作者から連絡を受け、会って話をする約束をします。

電話を切った直後から、サムは背後に何者かの気配を感じるようになります。

帰宅したサムは、恋人に「アンダー・ザ・シルバーレイク」の新刊を読ませます。

フクロウの仮面を付けた全裸の女性が、男性を殺害する都市伝説が紹介されていますが、恋人は理解を示しません。

恋人の態度に怒りを感じたサムは、「この世の中は誰かに操られており、成功者に都合の良い世の中になっている」と持論を展開、恋人は呆れた様子で出て行きます。

次の日の朝、目を覚ましたサムは、あるニュース映像を目にします…。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『アンダー・ザ・シルバーレイク』ネタバレ・結末の記載がございます。『アンダー・ザ・シルバーレイク』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

それは、資産家のセブンスが事故死し、現場では、一緒に車に乗っていた女性3人の死体が発見されたというニュースです。

そして、ニュース映像に映された捜査員が持っていたのは、サラが被っていた物と同じ帽子でした。

サラが死亡した可能性を感じながらも、約束通り「アンダー・ザ・シルバーレイク」の作者を尋ねるサム。

作者はサムを家に招き、「広告に仕掛けられたサブリミナル効果」「1ドル札の秘密」などの都市伝説をサムに伝え、サムがサラの部屋で見たひし形2つの奇妙なマークは「放浪者の暗号」だとサムに教えます。

また作者は自分は狙われていて、24時間自宅内をカメラで監視している事を伝え、その部屋を見せます。

サムはその部屋で、作者が「全ての謎を解明する道具」と信じている宝探しキットを見せられます。

その日の夜、「イエスとドラキュラの花嫁」のライブに出かけたサムは、入り口でチケットのクッキーをかじる事を求められ、一口でクッキーを食べます。

ライブ会場では、「イエスとドラキュラの花嫁」のレコードが配られており、会場にいたアレンから「このレコードにはメッセージが隠されている」と伝えられます。

サムはアレンと別れた後、パーティー会場でサラの部屋に侵入していた女性を発見します。

逃げ出した女性を追いかけますが、チケットのクッキーを一口で食べた事で、気分が悪くなり途中で倒れてしまいます。

次の日の朝、目が冷めたサムは自宅に戻り、「イエスとドラキュラの花嫁」の曲に隠されたメッセージを探します。

あらゆる方法を試し、メッセージを探り出したサム。

そのメッセージは「ディーンをなでた後に、ニュートンの下で待て」という内容でした。

早速、ハリウッドサインのある山に向かい、ジェームズ・ディーンの銅像の頭をなでて、ニュートンの像の前で待機していると、そこに現れたのは、「ホームレスの王」を名乗る汚らしい男でした。

「ホームレスの王」に目隠しをされ、ある場所に連れて行かれたサムは、途中から1人で洞窟の中を進む事になります。

そして、進んだ先にあったのは、ベッドなどの家具が置かれている地下施設でした。

地下施設から出たサムは、その夜に近所の映画上映会に参加、そこで映画に出ていた女優と知り合います。

そして、女優たちが乗車した車に、海賊姿の男が乗っているのをサムは目撃します。

次の日、「アンダー・ザ・シルバーレイク」の作者を訪ねたサムは、警察官から「彼は自殺した」と聞かされます。

突然の事に納得がいかないサムは、警察官が立ち去った後に、作者の住んでいた住居に侵入、監視カメラの映像を見ます。

そこには、フクロウの仮面を付けた、全裸の女が歩いている姿が映っていました。

恐怖を感じたサムは、作者が残した宝探しキットを持って逃げ出します。

その夜、宝探しキットの謎を解明しようとしていたサムは、気分転換にデリヘル嬢を呼びます。

サムの部屋に来たのは、上映会で知り合った女優で、サムはシルバーレイクに住む、大物ソングライターが開催したパーティーで、サラを見たと聞かされます。

次の日、サムは「イエスとドラキュラの花嫁」と接触する為に、チェスパーティーに潜入し、「イエスとドラキュラの花嫁」のボーカルに暴行を加え、「何故、レコードにメッセージを入れたのか?」と尋問します。

ボーカルは、人に歌えと言われて渡された曲である事を白状し、サムは大物ソングライターが関わっていると感じます。

映画女優の案内で、大物ソングライターの屋敷を訪れたサムですが、ソングライターはサラを知らず、夢に憧れてロサンゼルスに来た、サムの想いを馬鹿にして笑います。

怒ったサムは、屋敷内にあった、カートコバーンが使用していたギターで、ソングライターを殴り殺してしまいます。

サラへの手がかりが無くなり、呆然とするサムは、偶然見かけたコヨーテの後を追いかけて、あるパーティー会場に辿り着きます。

パーティー会場で、ミリセントに話しかけたサムは、セブンスの謎を追いかけている事を伝えます。

サムはミリセントと貯水池にでかけ、セブンスが残した腕輪を受け取りますが、その直後にミリセントが射殺されます。

自宅へと逃げ帰ったサムは、自分の部屋の中でフクロウの仮面を付けた、全裸の姿の女性を目撃します。

次の日の朝、セブンスが残した腕輪に暗号が書かれている事に気付いたサムは、チェスやゲームのマップを使用して暗号を解読、導き出された山奥へ向かいます。

山奥には、1つだけ民家が建っており、その中には白衣姿の老人と3人の女性がいました。

3人の女性の1人が、サラの部屋で見かけた女性と同じである事に気付いたサムは、真相を聞き出そうとします。

老人たちは、現世から離脱して次の世界を目指している団体で、サムが目撃した地下施設も、次の世界へ進む為の施設でした。

サラは、セブンスと一緒に、次の世界へ進む為の地下室に入っており、1度入ると2度と抜け出す事が出来ません。

サムは老人の計らいで、サラとテレビ電話をします。

サムが自分を探していた事を知ったサラは、涙を流しますが、サムにお礼を伝えて電話を切ります。

サラが生きている事を突き止めたサムは、民家から出ようとしますが力が入らなくなり倒れます。

そこへ「ホームレスの王」が現れ、サムは「ホームレスの王」に、地下へ監禁されますが「この事は絶対に喋らない」と約束をして外の世界に戻ります。

自宅に戻ったサムは、向かいに住んでいる中年女性の部屋を突然訪ねます。

そして、強制退去を執行する為に、自分の部屋に踏み込んだ管理人の姿を見つめます。

スポンサーリンク

映画『アンダー・ザ・シルバーレイク』感想と評価


(C)2017 Under the LL Sea, LLC
多くのクリエイティブな若者やセレブが暮らす街、「シルバーレイク」を舞台にした本作は、かなり個性的で変わった作品です。

デビッド・ロバート・ミッチェル監督が、ロサンゼルスの丘に建っている屋敷の不可解さから着想を得て、作り上げられた本作は、都市伝説を主体にしながら、我々の生活の中にある隠された「何か」を、浮き彫りにしようとしています。

作中に登場する海賊姿の男や、フクロウの仮面を付けた全裸の女など、何気ない日常に隠された不可解さが表現されていて「とにかく、何かがおかしい」と観客に思わせる事で、作品全体から漂う「怪しさ」が強調されています。

また、登場人物を少し引いた目線で描いており、主人公のサムに関して、一切の背景が語られていません。

サムは何を目指していて、どうやって生活しているのかなど、分からない部分が多いのです。

物語の途中で、サムが「人生の失敗編を、生きている気がする」と語るシーンから、何かに挫折した事は分かりますが、その詳細も不明です。

また物語中盤まで、ほとんどサムの妄想で話が展開する為、物語の終着点にも不安を感じながら観賞しました。

しかし、これは「何者にもなれていない人」の物語なのです。

映画のラストの展開は、唐突に感じる人もいるかもしれませんが、現実に起きている可能性も否定できません。

それは、セレブにしか分からない事ですから。

デビッド・ロバート・ミッチェル監督は、ロサンゼルスに何年も住んだ経験から、成功したセレブが住むエリアと、生活に苦しむエリアの存在する「分断された街」であると感じたそうです。

この作品は、一般の目から見ると不可解に感じる、ロサンゼルスセレブの奇怪な面に、デビッド・ロバート・ミッチェル監督が出した1つの答えと言えます。

作品内で、謎に対する明確な結論は出されておらず、観賞する人によって違う「発見」や「答え」のある映画となっています。

まとめ


(C)2017 Under the LL Sea, LLC
本作に出てくる都市伝説を理解すると、さらに世界観を楽しむことができます。

作中で冒頭から出てくる「犬殺し」の話は、アメリカでは有名な都市伝説で、サムがレコードに隠された暗号解く為に逆再生するのは、「リバース・スピーチ」と呼ばれる都市伝説です。

また、物語中盤に出てくる「全てのヒット曲を作ったソングライター」も元ネタがあり、短期間でギターの腕前が上達した、ロバート・ジョンソンが「クロスロードで悪魔と契約した」という話から、音楽業界を牛耳る男の都市伝説が生まれたと言われています。

本作は他にも、ヒッチコック作品などの古い映画へのオマージュや、テレビゲーム「ゼルダの伝説」が謎を解くヒントになっているなど、ポップカルチャーが多数登場し、詳しい人ほど陥る罠も作中に張られているようです。

とにかく奇妙な映画ではありますが、この独特の世界観を1度ぜひ体験してみてください。

関連記事

サスペンス映画

映画『ヴィレッジ』ネタバレ考察と評価解説。シャマラン監督おすすめの“悲しい過去”を閉じ込めた「理想郷の真実」

「語ってはならぬ物」との協定で平和が約束された村。小さな掟破りが増幅させる恐怖と愛する者を守りたい、無垢な勇気が起こす奇跡の物語。 映画『ヴィレッジ』を手掛けたのは、M・ナイト・シャマラン監督。『シッ …

サスペンス映画

映画『鵞鳥湖の夜』ネタバレ考察と評価解説。シスターフッドなラストが意外性も相まって忘れがたい秀作

『鵞鳥湖の夜』は2020年9月25日(金)より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町&渋谷ほかにて公開! 『薄氷の殺人』(2014)でベルリン国際映画祭金熊賞、銀熊賞(男優賞)をダブル受賞した中 …

サスペンス映画

『六月の蛇』動画無料視聴はHulu!ネタバレあらすじと感想レビュー

世の中には奇妙な映画がたくさんあり、そういった映画はラストが非常に暗かったり、異常に難解だったりすることが多いと思われます。 『野火』の監督・塚本晋也の過去作には、明らかに万人受けしなさそうなジャンル …

サスペンス映画

映画『鵞鳥湖の夜』あらすじと感想レビュー。ディアオイーナン監督が描いたノワール的サスペンス。

『鵞鳥湖の夜』は2020年9月25日(金)より新宿武蔵野館、HTC有楽町&渋谷ほかにて公開。 中国の気鋭監督ディアオ・イーナン監督が『薄氷の殺人』(2014)からの5年ぶりとなる待望の映画『 …

サスペンス映画

映画『十二人の死にたい子どもたち』10番セイゴ役は坂東龍汰。演技力とプロフィール紹介

『天地明察』で知られるベストセラー作家の冲方丁(うぶかた・とう)の小説を原作とした映画『十二人の死にたい子どもたち』が2019年1月25日に公開されます。 演出は『イニシエーション・ラブ』『トリック』 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学