Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

映画『潜入者』あらすじとキャスト!ブライアンクランストン演技評価も

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

アメリカの「麻薬戦争」史上最も大胆にして最も成果を上げた潜入捜査作戦!

そのロバート・メイザー本人による原作の回顧録を映画化した映画『潜入者』。

およそ5年間に及んだ危険な潜入捜査の実態を演じた名優ブライアン・クランストンのプロフィールとともにご紹介します。

スポンサーリンク

1.映画『潜入者』の作品情報

【公開】
2017年(イギリス映画)

【監督・製作】
ブラッド・ファーマン

【キャスト】
ブライアン・クランストン、ダイアン・クルーガー、ジョン・レグイザモ、エイミー・ライアン、オリンピア・デュカキス、ベンジャミン・ブラット、ユール・バスケス、エレナ・アナヤグロ

【作品概要】
アメリカの麻薬捜査史上、もっとも大胆で、かつ成果を上げたと言われる潜入捜査に参加したロバート・メイザーが、作戦の実態を事細かに描いた回顧録を映画化。

主演はテレビシリーズ「ブレイキング・バッド」で知られ、「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」でアカデミー主演男優賞にノミネートされたブライアン・クランストン。

2.映画『潜入者』のあらすじ


(C)2016 Infiltrator Films Limited

1980年代、史上最大とも言われる犯罪帝国を築きあげた、コロンビアの麻薬王パブロ・エスコバル。

当時アメリカに流通するドラッグのほとんどが、彼の組織を経由したものだと言われていました。

その事態を重く捉えたアメリカ政府は、エスコバルの犯罪帝国を根絶やしにするため、息の根を止めるため、ベテラン捜査官のロバート・メイザーらによる作戦を実行させます。

架空の大富豪に仕立てあげたメイザーを組織に侵入させ、内部から組織崩壊させるという、あまりにも大胆不敵な潜入捜査だった…。

スポンサーリンク

3.映画『潜入者』の原作と脚本にみられる類似映画

ブライアン・クランストンの類似な印象持った映画①
『カンバセーション…盗聴…』(1974)

この映画の原作はロバート・メイザーの回顧録。

史上最も大胆にして最も成果を上げたと言われる、「アメリカの麻薬戦争」に潜入捜査作戦に参加した実体験を基にしたものです。

それを脚本家のエレン・ブラウン・ファーマンが映画ようにシナリオを書き上げました。

主演を務めるブライアン・クランストンはシナリオを読んだ印象について、「名作を読んでいるような感じがした。『カンバセーション…盗聴…』、『フレンチ・コネクション』、はたまた『大統領の陰謀』のような感性がある。サスペンスの要素もあり、危険な要素もあり、そして発見もある」とコメントを寄せました。

ブライアン・クランストンの類似な印象持った映画②
『フレンチコネクション』(1971)

また、クランストンは実在した潜入捜査官メイザーのキャラクターが驚異的と語りながら、「英雄的な男なんだよ。それに、正しいことをやろうと尽力したひとりの男がいた、というアイディアそのものが好きだ。彼の国を、そして社会を良くしよう、と。そしてそれをするために、彼は悪人たちと近づき仲良くならなければならなかった」とその魅力を語りました。

ブライアン・クランストンの類似な印象持った映画③
『大統領の陰謀』(1976)

ブライアン・クランストンが『潜入者』との類似をあげた過去作の3作品の1つである映画『カンバセーション…盗聴…』は、1974年製作のアメリカ映画。フランシス・フォード・コッポラ監督が、製作と脚本も兼任した作品。

主演はジーン・ハックマン主演で殺人計画に巻き込まれる盗聴プロフェッショナルの心理的な恐怖を描いた秀作。サスペンス映画として高く評価されています。

また、2つ目の1971年制作のアメリカ映画『フレンチコネクション』も主演は同じくジーン・ハックマン。監督はウィリアム・フリードキンが務め、原作はロビン・ムーアによる同名のノンフィクション小説。

第44回米国アカデミー賞に8部門でノミネートされ、作品賞、 監督賞、 主演男優賞、 脚色賞、編集賞の5部門を受賞した70年代アメリカ映画の名作です。

さらに、3つ目の『大統領の陰謀』は、1976年制作のアメリカ映画で、アラン・J・パラク監督がダスティン・ホフマンとロバート・レッドフォード出演で、ウォーターゲート事件を調査したワシントン・ポストの2人のジャーナリストの手記を元に描いた映画。

この作品は第49回米国アカデミー賞では8つのノミネーションを受け、脚色賞、録音賞、美術賞、また、助演男優賞ジェイソン・ロバーズが受賞の4部門で受賞した作品です。

このように過去作にも劣らないロバート・メイザー本人の体験を、リアルに余すことなく書き記した実話の映画化だからこそ、極限的な緊張感を演じきった名優ブライアン・クランストンの男の生き様も過去の名作同様に見られる作品です。

4.ロバート・メイザーが評価したブライアン・クランストン


(C)2016 Infiltrator Films Limited

主人公ロバート・メイザー本人を演じたのは、大人気テレビドラマ『ブレイキング・バッド』にて、4度のエミー賞に輝いた実力派のブライアン・クランストン。

2016年に『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』ではアカデミー主演男優賞にノミネートされるなど、遅咲きの大ブレイクを果たした名優です。

クランストンは役作りのために実際にメイザー本人と面会をしました。

メイザーは、クランストンについて、「ブライアンは天才だよ。僕の役がブライアン・クランストンになるとは思わなかったけど、最初に言葉を交わした時から、彼がいろいろなレベルで物事を考えているのは明らかだった。俳優としてだけじゃなく、全体を見るんだ。彼は俳優であり、脚本家であり、監督であり、このプロジェクトに関わったすべての人にとってカリスマ的な存在だった」とクランストンについて絶賛しています。

スポンサーリンク

5.名優ブライアン・クランストンの演技力の秘密


(C)2016 Infiltrator Films Limited

ブライアン・クランストン(Bryan Cranston)は、1956年3月7日にアメリカ・カリフォルニア州ハリウッドで生まれの俳優、声優、演出家

カノガ・パーク高校卒業した後、警察官になりたいと志しを持つが、短大在学中に俳優志望に転向。グラナダ劇場の舞台でデビューします。

父はジョー・クランストンも俳優でしたが、アルコール依存症のクランストンと母、兄カイル・エドワード・クランストン(俳優)、妹を捨て、家を出て行ってしまいました。

その時の嫉妬や怒りなどの苦境こそがクランストンの演技力の原石であると、自身で自伝の中で語っています。

また、そのような父親ジョー・クランストンでしたが、クランストンに宛てた手紙には最も幸せだったのは息子たちがいたことだったようです。

2008年から2013まで続いた人気のテレビドラマ『ブレイキング・バッド』について、BBC放送のニュースでインタビューを受けた際に、ベットで娘の死を前にする演技についてこのように述べています。

感情移入するために役柄や演じている女優ではなく、実際の娘のテイラー・デアデン(俳優)を亡くなってしまうことを思い感情を入れたこと語りました。

クランストンは自身の人生経験や家族を大切に思いなことを俳優として活かすことこそ、自己役割だと考えているようです。

そんな彼ですから、『潜入者』の実在するメイザーを演じる際にも本人と話して観察し、また、自己経験お引き出しからも何を持ち出して演じたに違いありませんね。

まとめ


(C)2016 Infiltrator Films Limited

『潜入者』で監督を務めたのは新鋭ブラッド・ファーマン。彼はマシュー・マコノヒー主演の『リンカーン弁護士』にて、その手腕を高く評価された俊英の監督。

公開は2017年5月13日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開されます。

ぜひ、犯罪実録物を熱く演じる名優ブライアン・クランストンを劇場にて、お見逃しなく!

関連記事

サスペンス映画

サイレントトーキョーのラストどんでん返し解説!伏線は須永役の中村倫也とサンドウィッチ⁈

映画『サイレント・トーキョー』は2020年12月4日(金)より公開。 秦建日子の著作『サイレント・トーキョー And so this is Xmas』が、佐藤浩市、石田ゆり子、西島秀俊らの豪華キャスト …

サスペンス映画

『ファーストラヴ』映画原作小説ネタバレと感想。結末の解説と事件の真相も調査

映画『ファーストラヴ』は 2021年2月11日(木・祝)ロードショー。 第159回直木賞を受賞した島本理生の同名小説『ファーストラヴ』が映画化。2021年2月11日(木・祝)にロードショーされます。 …

サスペンス映画

【ネタバレ】ザリガニの鳴くところ|結末あらすじ感想と評価を解説。原作本格ミステリ小説の映画化で“謎めいた湿地の娘”の生き方を描く

ディーリア・オーエンズの大ベストセラーを リース・ウィザースプーン製作で映画化! ノースカロライナ州の湿地帯で、一人の青年の変死体が発見されます。 犯人として疑われたのは、街中で“湿地の娘”と呼ばれ差 …

サスペンス映画

【ネタバレ考察】ザリガニの鳴くところ|タイトル意味×犯人の正体解説から見える“人間の入る余地のないソコ”

真相は、初恋の中に沈む──。 全世界にて累計1500万部を超える大ヒットを記録した動物学者ディーリア・オーエンズによる小説を映画化した『ザリガニの鳴くところ』。 ノースカロライナ州の湿地帯で発見された …

サスペンス映画

韓国映画『鬼手』感想考察とレビュー評価。囲碁棋士のリベンジ復讐談を描く『神の一手』のスピンオフ作品

映画『鬼手』は2020年8月7日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほかにて全国順次ロードショー! 「人生は二つに一つ。遊び場になるか、生き地獄になるか」囲碁の世界に身を投じた男たちの、生々しい …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学