Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2021/06/27
Update

映画『復讐者たち』感想レビューと内容解説。ユダヤの史実を基に知られざるナチス殺害計画が展開する

  • Writer :
  • 松平光冬

ユダヤ人たちによるドイツ人殺害計画を描いた実録サスペンス

映画『復讐者たち』が、2021年7月23日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、シネクイントほかで全国公開されます。

ホロコーストを生き延びたユダヤ人たちが実際に行ったナチス残党への復讐計画を描いた、実録サスペンスドラマ。

「目には目を、歯には歯を」の誓いの元、600万ものドイツ人を標的にした者たちが招く結末とは?

スポンサーリンク

映画『復讐者たち』の作品情報

(C)2020 Getaway Pictures GmbH & Jooyaa Film GmbH, UCM United Channels Movies, Phiphen Pictures, cine plus, Bayerischer Rundfunk, Sky, ARTE

【日本公開】
2021年(ドイツ、イスラエル合作映画)

【原題】
Plan A

【監督・脚本】
ドロン・パズ、ヨアヴ・パズ

【製作】
スカディ・リス、アブラハム・ピルヒ、ヒリック・ミハエリ、シャロム・アイゼンバフ

【製作総指揮】
モリー・コナーズ、アマンダ・バウワーズ、ジェーン・オスター、ヴィンセント・モラーノ

【編集】
エイナット・グラサー・ザーヒン

【キャスト】
アウグスト・ディール、シルヴィア・フークス、マイケル・アローニ、イーシャイ・ゴーラン、オズ・ゼハビ

【作品概要】
ホロコーストを生き延びたユダヤ人たちによる復讐計画の行方を描いたサスペンスドラマ。

イスラエル製ホラー『エルサレム』(2016)、『ザ・ゴーレム』(2019)を手がけてきたドロンとヨアブのパズ兄弟が、生存者への取材を基に監督、脚本を担当。

主なキャストは、『イングロリアス・バスターズ』(2009)、『名もなき生涯』(2019)のアウグスト・ディール、『ブレードランナー2049』(2017)、『蜘蛛の巣を払う女』(2019)のシルビア・フークスです。

映画『復讐者たち』のあらすじ


© 2020 Getaway Pictures GmbH & Jooyaa Film GmbH, UCM United Channels Movies, Phiphen Pictures, cine plus, Bayerischer Rundfunk, Sky, ARTE

1945年、敗戦直後のドイツ。

ホロコーストを生き延びたユダヤ人のマックスは、収容所で離れ離れになった妻子がナチスに殺されたことを知り、復讐を決意します。

やがて、ナチス残党を密かに処刑しているユダヤ旅団に合流したマックスは、より過激な報復活動をするユダヤ人組織「ナカム」の存在を知ります。

ナカムは、ドイツ人600万人を標的にした驚くべき復讐計画「プランA」を企てていました。

ナカムを危険視する旅団兵士のミハイルに協力する形で、彼らに接触したマックス。

ナカムの女性メンバー、アンナと心を通わせていくうち、マックスは自らの内にくすぶっていた復讐の怨念を再び燃え上がらせていき…。

スポンサーリンク

映画『復讐者たち』の感想と評価

今明かされるユダヤの民によるナチスへの復讐

第二次世界大戦において、連合国がナチスドイツを降伏させた1945年5月8日をもって自由の身となったユダヤの民たち。

戦史上では迫害される存在としか見られていなかった彼らですが、その中には、加害者ナチスへの復讐を目的とする者たちがいたことをご存知でしょうか。

本作『復讐者たち』はそうした、武装したパレスチナのユダヤ人によって編成されるユダヤ旅団を主とする、ナチス狩り部隊にスポットを当てています。

妻子を殺されたフランス人医師が一人で復讐に臨む『追想』(1975)や、その『追想』のファンを自認するクエンティン・タランティーノ監督によるバイオレンス劇『イングロリアス・バスターズ』など、ユダヤ人がナチスに復讐する「ポエティック・ジャスティス(詩的正義)」作品は過去にもありますが、本作は、実際に“目には目を、歯には歯を”の復讐計画に関わった生存者たちからの証言を基にしています。

監督のドロンとヨアヴのパズ兄弟は、1948年建国のユダヤ人国家・イスラエル出身。

『エルサレム』(2016)、『ザ・ゴーレム』(2019)とユダヤの歴史を起源とするスリラーを手がけてきた2人にとって、本作は同胞たちがたどってきた知られざる戦史に立ち返る内容となりました。

『追想』(1975)

ナチスを狩る者がナチスに

妻子がナチスに殺されたことを知った主人公マックスは、ナチス残党を密かに処刑するユダヤ旅団の兵士ミハイルと出会い、行動を共にすることに。

そんな中、旅団よりもはるかに過激な報復活動を実行する組織「ナカム(ヘブライ語で「復讐」の意)」に遭遇します。

ナカムは、元ナチスのみならず一般のドイツ人に対しても憎悪をたぎらせており、ニュルンベルクで大規模な復讐計画を企んでいました。

イスラエル建国に動くミハイルにとって、ナカムの行動はユダヤ人のイメージ失墜につながる――その意向を汲んだマックスは、スパイとしてナカムのメンバーに参加します。

ここで重要なのは、ナカムのターゲットが罪のないドイツ人にも及んでいるという点です。

すなわち、ドイツ人を無差別に殺そうと企むナカムは、ユダヤ人を問答無用に殺していたナチスと同化することを意味します。

ドイツ人への復讐を生きる目的とした彼らと同行するうちに、マックスもまた、過激行動にのめり込むこととなるのです。

まとめ


(C)2020 Getaway Pictures GmbH & Jooyaa Film GmbH, UCM United Channels Movies, Phiphen Pictures, cine plus, Bayerischer Rundfunk, Sky, ARTE

ナカムの女性メンバー、アンナは言います。「裁判による正義を待つ時間はない」

マックスやユダヤ旅団、そしてナカムの面々は、「正義」という名目でドイツ人を私的に裁こうとします。

しかし彼らはやがて、血を流さない最大の復讐方法を見出すこととなります。

ドイツ司法においては、長らく曖昧にされてきたナチ戦犯の訴追は、1980年代に入りようやく本格化。

さらに2011年刊行の法廷サスペンス小説『コリーニ事件』(2020年に映画化)がきっかけで、過去の戦争犯罪を洗い出して再検討するシステムも構築され、より法の名の下における「正義」が執行されるようになったのです。

これまで公になることのなかった、ユダヤ人による秘められた史実を通して、「復讐とは、正義とは何か?」を突き詰めて考えてみるのもいいかもしれません。

『復讐者たち』は、2021年7月23日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、シネクイントほかで全国公開


関連記事

サスペンス映画

映画『鳩の撃退法』事件の犯人と真相はどこに?土屋太鳳扮する編集者の鳥飼なほみが真実の追求にのりだす

映画『鳩の撃退法』は、2021年8月27日(金)全国公開予定 映画『鳩の撃退法』は、藤原竜也、土屋太鳳、風間俊介、西野七瀬、豊川悦司らの豪華キャスト陣を、『原宿デニール』(2015)のタカハタ秀太監督 …

サスペンス映画

【ネタバレ罪の声】実際の事件とキツネ目の男など犯人の人物関係を解説。望はなぜ現れなかったかの理由も

映画『罪の声』は2020年10月30日(金)より全国ロードショー公開! 「戦後最大の未解決事件」「日本初の劇場型犯罪」と称された実在の事件を基に、元新聞記者である塩田武士が執筆・発表した同名ベストセラ …

サスペンス映画

映画アローンALONE|あらすじとキャスト。地雷を踏んだ主人公の悪夢52時間を描く

地雷を踏んでしまい、一切の身動きを封じられた米軍兵の、悪夢のような52時間を描いた映画『ALONE/アローン』。 映画『ALONE/アローン』のあらすじと、キャストのアーミー・ハマー演じる人間の極限を …

サスペンス映画

映画『ヴィレッジ』ネタバレ考察と評価解説。シャマラン監督おすすめの“悲しい過去”を閉じ込めた「理想郷の真実」

「語ってはならぬ物」との協定で平和が約束された村。小さな掟破りが増幅させる恐怖と愛する者を守りたい、無垢な勇気が起こす奇跡の物語。 映画『ヴィレッジ』を手掛けたのは、M・ナイト・シャマラン監督。『シッ …

サスペンス映画

映画『十二人の死にたい子どもたち』10番セイゴ役は坂東龍汰。演技力とプロフィール紹介

『天地明察』で知られるベストセラー作家の冲方丁(うぶかた・とう)の小説を原作とした映画『十二人の死にたい子どもたち』が2019年1月25日に公開されます。 演出は『イニシエーション・ラブ』『トリック』 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学