Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/09/20
Update

映画『ヘルボーイ(2019)』あらすじと感想レビュー評価。マイク・ミニョーラとニール・マーシャルが召喚するヒーローとは⁈|シニンは映画に生かされて19

  • Writer :
  • 河合のび

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第19回

はじめましての方は、はじめまして。河合のびです。

今日も今日とて、映画に生かされているシニンです。

第19回にてご紹介させていただく作品は、ニール・マーシャル監督による人気アメコミ「ヘルボーイ」シリーズの映画化作品『ヘルボーイ』。

かつてギレルモ・デル・トロ監督によって二度映画化を果たした地獄のヒーローが、さらにパワーアップして帰ってきました。

【連載コラム】『シニンは映画に生かされて』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ヘルボーイ』の作品情報


(C)2019 HB PRODUCTIONS, INC.

【日本公開】
2019年9月27日(アメリカ映画)

【原題】
Hellboy

【原作】
マーク・ミニョーラ

【監督】
ニール・マーシャル

【脚本】
アンドリュー・コスビー

【プロデューサー】
ローレンス・ゴードン、ロイド・レヴィン

【キャスト】
デヴィッド・ハーバー、ミラ・ジョヴォヴィッチ、イアン・マクシェーン、サッシャ・レイン、ダニエル・デイ・キム

【作品概要】
マイク・ミニョーラ原作の同名人気コミックシリーズを、『ドッグ・ソルジャー』『ディセント』などで知られるニール・マーシャル監督が映画化。

地獄から召喚された悪魔の子にして「地獄生まれ・地球育ち」のヒーロー・ヘルボーイの活躍と葛藤、そしてその出生に秘められていた更なる秘密を描きます。

デル・トロ版のロン・パールマンに代わってヘルボーイを演じるのは、SFホラードラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』でブレイクしたデビッド・ハーバー。

監督・主演のみならず、本作では『ヘルボーイ』をよりダークに描くためにもスタッフ・キャストを一新。原作者であるミニョーラを監修に招き製作された、パワーアップした新たな映画『ヘルボーイ』が誕生しました。

映画『ヘルボーイ』のあらすじ


(C)2019 HB PRODUCTIONS, INC.

人類への復讐心から地上を魔物の世界へ変えようと企む“ブラッドクイーン”こと最強の魔女・ニムエ(ミラ・ジョヴォヴィッチ)。

極秘機関「超常現象調査防衛局(B.P.R.D.)」の最強エージェントにして、人間に育てられた悪魔の子・ヘルボーイ(デヴィッド・ハーバー)は地球を守るべく決死の戦いを挑むが、彼女の魔力により世界を滅亡させてしまうほどのパワーを手にいれてしまいます。

世界は終焉を迎えるのか。そして、ヘルボーイの運命は。

やがてバトルは天変地異へとエスカレートし…。

スポンサーリンク

更なる地獄へ、更なる深奥へ


(C)2019 HB PRODUCTIONS, INC.

1994年、アメコミ作家であったマイク・ミニョーラが米・ダークホースコミックスにて第一作を発表。以後現在に至るまで、多くのファンに愛されてきた“嫌われ者”のヒーロー・ヘルボーイと『ヘルボーイ』シリーズ。

ギレルモ・デル・トロ監督による2004年の映画『ヘルボーイ』、2008年の映画『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』は『ヘルボーイ』/アメコミファンだけでなく様々な人々に観られ、ヘルボーイの認知度と人気度を拡大した作品として知られています。

2006年の『パンズ・ラビリンス』にて世界的な評価を獲得し、2017年の『シェイプ・オブ・ウォーター』では第90回アカデミー賞にて作品賞など4部門を、第75回ゴールデングローブ賞にて2部門を受賞したデル・トロ監督。

ただでさえ多くのファンに愛され続けている原作コミックに対し、彼の代表作でもあるデル・トロ版『ヘルボーイ』二部作がさらに積み重ねた「映画化のハードル」は、映画化において10年以上の空白の期間を生み出すには十分な理由だったと言えます。

けれども2019年に公開されるマーシャル版映画『ヘルボーイ』は、そんなハードルを「ぶっ壊す」ことができる作品であることを劇場に訪れた人々は目の当たりにするでしょう。

魔女・ニムエをはじめ、魑魅魍魎の魔性・魔物の数々が街と人々をことごとく蹂躙し、辺りは火と血と肉に塗れる。神話・伝説で語り継がれてきた地獄が現実世界に出現する、文字通りの“地獄絵図”を、本作ではデル・トロ版よりもさらに過激に、さらに残酷に描きます。


(C)2019 HB PRODUCTIONS, INC.

また本作では、ヘルボーイの“生まれ”にまつわる原作コミックにおいても重要なエピソードが取り上げられています。

デル・トロ版映画『ヘルボーイ』では「第二次世界大戦期、敗戦濃厚だったナチスが形勢逆転を狙って怪僧ラスプーチンの手を借りて“ラグナロク計画”を実行。米軍の突入によって計画は阻止されたものの、魔界の門を開けていたために赤ん坊だったヘルボーイが地球に迷い込んでしまった」という、ヘルボーイが地球にやって来た経緯を描きました。

そして地獄から蘇ったラスプーチンによる新たなる計画をヘルボーイたちが阻止するのが主なストーリーでしたが、デルトロ版映画『ヘルボーイ』では「そもそもヘルボーイはどうやって生まれたのか?」「ヘルボーイの“生みの親”は誰なのか?」については深く触れられていませんでした。

一方マーシャル版映画『ヘルボーイ』では、ヘルボーイ出生の秘密の更なる深奥へとストーリーを突き進めてゆきます。

より過激に、より残酷に進化した描写によって原作コミックの世界観をより忠実に、よりダークに再現する。そして「嫌われ者のヒーローが何故生まれたのか?」を描く。

それこそが、2008年以来10年以上もの間“飢え”を強いられてきた『ヘルボーイ』ファンが待ち望んでいた、更なる進化と深化を遂げた映画『ヘルボーイ』の全容なのです。

ニール・マーシャル監督の“本領発揮”


(C)2019 HB PRODUCTIONS, INC.

この度公開される映画『ヘルボーイ』を手がけたニール・マーシャル監督。「何故彼が起用されたのか?」という問いへの答えは、彼のこれまでのフィルモグラフィを見れば一目瞭然です。

まずはじめに、2002年に公開された彼の長編監督デビュー作『ドッグ・ソルジャー』。「とある陸軍小隊がスコットランドの森で訓練をしていた最中に伝説の怪物“人狼”に遭遇する」というそのストーリーは、多少違いはあれどマーシャル版映画『ヘルボーイ』におけるダイミョウ少佐の過去を彷彿とさせます。また「スコットランド」という舞台設定も少なからず一致しています。

2005年に公開され一躍マーシャル監督の名を世に広めたヒット作『ディセント』には、ヨーロッパ世界で長きに渡って伝承されてきた悪しき精霊“ゴブリン”に酷似した、洞窟に潜み暮らす醜悪な化物たちが出現。その姿はマーシャル版映画『ヘルボーイ』で描かれている魑魅魍魎たちと重なります。

この二作だけでも、マーシャル監督がヨーロッパ世界の伝説・伝承に基づく怪物たちを描くための“経験”が豊富であることは十分理解できます。


(C)2019 HB PRODUCTIONS, INC.

さらに注目すべきは、原作コミック通り、マーシャル版映画『ヘルボーイ』は5世紀末のブリテン(イギリス)を舞台とする《アーサー王伝説》と『ヘルボーイ』が交わることで生まれ、それが映画全体の世界観となっているという点です。

マーシャル監督は2010年に公開した『センチュリオン』(日本未公開)にて、古代ローマ時代のブリテンを舞台に映画を制作しました。時代設定は西暦117年と《アーサー王伝説》より以前ではありますが、“古きイギリス”をマーシャル監督は『ヘルボーイ』以前から描いていたのは明白です。

そして何よりも見逃せないのが、日本でもネット配信・衛生放送にて驚異的なヒットを記録したファンタジー戦記ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』にて培った実績でしょう。

彼が演出を手がけた第2シーズン・第9話『ブラックウォーターの戦い』と第4シーズン・9話『黒の城の死闘』は、“GOT”ファンであれば誰もが記憶している人気エピソードであり、特に『黒の城の死闘』はマーシャル監督を2014年のプライムタイム・エミー賞監督賞・ドラマ部門にノミネートさせるほどの高視聴率を記録しました。

ヨーロッパ世界の伝説・伝承に登場する怪物や異種族、魔法などが当たり前に存在する。そして人間を含めたあらゆる種族が王国を築き、甲冑を纏い、剣、弓矢などの古き武器を手に取って他国との戦争を繰り広げる。

それはまさに、アーサー王率いる人間の軍団と魔女・ニムエが率いる魔族の軍団が引き起こしたかつての戦争と重なります。

怪物の描写のみならず、“騎士と魔族の戦い”を描くことすらも経験し評価されてきたマーシャル監督。彼が新たなる映画『ヘルボーイ』の監督に抜擢されたのは、積み重ねてきた経験と実績にとってはもはや必然の事象といっても過言ではないでしょう。

果たして、マーシャル監督は自身の経験と実績によって、どのような映画『ヘルボーイ』を描くのか。『ヘルボーイ』/アメコミファンのみならず、“GOT”ファン、ひいてはファンタジー作品が好きなあらゆる方にその成果を見届けていただきたいです。

スポンサーリンク

ニール・マーシャルのプロフィール


(C)2019 HB PRODUCTIONS, INC.

1970年生まれ、イングランド出身。

11歳の時に『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』(1981)を観たのを機に映画監督を目指し始め、スーパー8mmフィルムを使って映画制作を開始。

1989年、ニューカースルポリテクニック(現在のノーザンブリア大学)の映画学部に進学。その後8年間はフリーランスの編集技師として映画制作の現場に携わりました。

2002年に『ドッグ・ソルジャー』で監督デビュー。2006年にはホラー映画『ディセント』がヒットし、一躍その知名度は上がりました。

ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』では人気エピソードとなった『ブラックウォーターの戦い』(第2シーズン・第9話、2012)と『黒の城の死闘』(第4シーズン・9話、2014)の監督を務め、“シリーズ中最も映画的なエピソード”と評されたほか、プライムタイム・エミー賞監督賞・ドラマ部門にもノミネートされました。

まとめ


(C)2019 HB PRODUCTIONS, INC.

デル・トロ監督が先駆けた映画『ヘルボーイ』からの更なる進化と深化のために始動した、新たなる映画『ヘルボーイ』を再召喚する計画。

その計画の成功のために参加した“魔術師”は、「ヨーロッパ世界の怪物伝説」と「騎士と魔族と魔法の世界」を映像によって描くノウハウを確固たる評価を引き連れながらも培ってきたニール・マーシャルだけではありません。

原作者であり『ヘルボーイ』の生みの親であるミニョーラは、コミック作家としての顔を持つ脚本家のアンドリュー・コスビーによる脚本執筆に深く携わり、脚本におけるヘルボーイが原作の世界観に忠実に描かれているかのチェックを続けました。

それだけでなく、コミックからの映画化の中で少なからず生じてしまう設定や世界観のズレを別エピソードにおける描写の挿入によって修復、マーシャル版映画『ヘルボーイ』の世界観を違和感を抱かせる余地さえ与えない盤石たるものにしました。


(C)2019 HB PRODUCTIONS, INC.

デル・トロ版映画『ヘルボーイ』の制作においても、『ヘルボーイ』を誰よりも深く知る生き字引として多大なる協力を果たしてきたミニョーラ。

そんな彼の協力を得たことでヘルボーイの再召喚を成し遂げたマーシャル監督は、更なる進化と深化を果たした、最も暴力的で魅力的な映画『ヘルボーイ』を生み出したのです。

一体、新生映画『ヘルボーイ』は劇場に訪れた観客たちにどれほどの恐怖と感動を与えてくれるのでしょうか。その答えは、もうすぐ明らかにされます。

映画『ヘルボーイ』は2019年9月27日(金)より、TOHOシネマズ日比谷ほか全国にてロードショー公開されます。

次回の『シニンは映画に生かされて』は…


(C)2019「閉鎖病棟」製作委員会

次回の『シニンは映画に生かされて』では、2019年11月1日(金)より公開の映画『閉鎖病棟』をご紹介させていただきます。

もう少しだけ映画に生かされたいと感じている方は、ぜひお待ち下さい。

【連載コラム】『シニンは映画に生かされて』記事一覧はこちら




関連記事

連載コラム

映画「パージ」シリーズの評価と考察。スリラーにおさまらないSF映画としての社会風刺とは|SF恐怖映画という名の観覧車15

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile015 “SF”映画では社会に対する風刺を強く描いた作品が多く、技術の進歩に対し技術を使う社会や人間への疑心が浮き彫りになるジャンルと言えます。 …

連載コラム

映画『ドミノ/復讐の咆哮』ネタバレあらすじと感想。ラストはデ・パルマの演出が光る三つ巴の追走劇|サスペンスの神様の鼓動29

サスペンスの神様の鼓動29 こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 今回ご紹介する作品は、同僚の …

連載コラム

映画『二宮金次郎』あらすじと感想。小田原を出て功績を挙げた尊徳の人間性|シニンは映画に生かされて9

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第9回 はじめましての方は、はじめまして。河合のびです。 今日も今日とて、映画に生かされているシニンです。 第9回でご紹介する作品は、約200年前、600以上の村 …

連載コラム

映画『ドリラー・キラー マンハッタンの連続猟奇殺人』あらすじと感想レビュー。伝説のカルト作品でアベル・フェラーラが演じた狂気|夏のホラー秘宝まつり:完全絶叫2019⑦

2019年8月23日(金)より、キネカ大森ほかで開催される「第6回夏のホラー秘宝まつり2019」。 日本映画界夏恒例のホラー作品上映イベント「夏のホラー秘宝まつり」。厳選された上映作品の中に、名作ホラ …

連載コラム

映画『カニバ / パリ人肉事件38年目の真実』感想レビュー。ラスト30分は衝撃と恍惚が控える|だからドキュメンタリー映画は面白い21

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第21回 1981年に前代未聞の猟奇殺人事件を起こした男の、知られざる現状とは――。 今回取り上げるのは、2019年7月12日(金)よりヒューマントラス …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP