Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/09/03
Update

映画『ストレイ・ドッグ』感想と評価考察。ニコールキッドマン最新作で演じた女刑事の“野良犬根性”と娘への愛|映画という星空を知るひとよ20

  • Writer :
  • 星野しげみ

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第20回

オスカー女優のニコール・キッドマンが刑事役に初挑戦! ある事件で心をむしばまれた女性刑事が、忌まわし過去と向き合う姿を描いたサスペンスノワール『ストレイ・ドッグ』をご紹介します。

ニコール・キッドマンが酒浸りの中年女性刑事という荒んだ役どころを熱演し、ゴールデングローブ賞の主演女優賞にノミネートされた作品です。

監督は『ガール・ファイト』『ジェニファーズ・ボディ』のカリン・クサマ。

ニコール・キッドマン主演映画『ストレイ・ドッグ』は、2020年10月23日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほかにて全国順次ロードショーです。

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ストレイ・ドッグ』の作品情報

(C)2018 30WEST Destroyer, LLC.

【日本公開】
2020年(アメリカ映画)

【原題】
DESTROYER

【監督】
カリン・クサマ

【脚本】
フィル・ヘイ&マット・マンフレディ

【キャスト】
ニコール・キッドマン、トビー・ケベル、タチアナ・マズラニー、セバスチャン・スタン

【作品情報】
サスペンスノワール『ストレイ・ドッグ』。監督は日系女性監督のカリン・クサマです。ミシェル・ロドリゲスを主役に抜擢した『ガールファイト』(2000)で鮮烈にデビュー。その年のサンダンス映画祭、カンヌ映画祭、ドーヴィル映画祭など各国映画祭で絶賛され、数多くの映画賞を受賞しています。

主演は『ある少年の告白』(2018)『スキャンダル』(2019)などの作品に出演のニコール・キッドマン、共演にトビー・ケベル、タチアナ・マズラニー、セバスチャン・スタン。

映画『ストレイ・ドッグ』のあらすじ

(C)2018 30WEST Destroyer, LLC.

陽ざしがまぶしいロサンゼルス。ハイウェイの下の停められた車の中で1人の女が目を開けます。

彼女の名前はエリン・ベル。ロサンゼルス市警のベテラン女性刑事です。

エリンは若き日の美しさはすでに遠い過去のものとなり、酒に溺れ、同僚や別れた夫、16才の娘からも疎まれる孤独な人生を送っていました。

そして今も……。エリンはそっと車を降りると、放水路のそばへ向かいました。そこに立つ鉄塔の下、男女2人の刑事が腹ばいで倒れている男の射殺体を見下ろしています。

同僚らに近寄ったエリンは状況を聞きますが、2人はお前に居られると面倒だと署に戻るように促します。

エリンは死体の傍らにある38口径の拳銃と紫の染料に染まった紙幣に目に留めました。

「犯人を知ってる」。謎めいた言葉を呟き現場を後にしたエリン。

実は、エリンはかつては潜入捜査官でした。

17年前にFBI捜査官クリスとともに砂漠地帯に巣食う犯罪組織への潜入捜査を命じられ、そこで取り返しのつかない過ちを犯して捜査が失敗に終わるという、最悪の事態を招きました。

その罪悪感が今なお彼女の心を蝕み続けているのです。

ある日、そんなエリンの元に差出人不明の封筒が届きます。封筒の中身は紫色に染まった1枚のドル紙幣。それは17年前の事件で、行方をくらました主犯者からの挑戦状でした。

「奴が戻った」。かつての上司にポツリとつぶやくエリン。

エリンの脳裏に忘れようとしても忘れられない苦い記憶が蘇り、主犯者に対するはらわたを焼き尽くすような激しい怒りがこみ上げてきました。

過去に決着をつけるため、犯人を追う野良犬(ストレイ・ドッグ)と化したエリンは、灼熱の荒野へと車を走らせました。

スポンサーリンク

映画『ストレイ・ドッグ』の感想と評価

(C)2018 30WEST Destroyer, LLC.

『ストレイ・ドッグ』はカリン・クサマ監督が手掛けました。主人公は、自身の過ちと向き合い、その行いに対して責任を果たそうとする女刑事のエリン・ベル。演じているのは、ニコール・キッドマンです。

ニコール・キッドマンの新境地

最近は『スキャンダル』(2019 )『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディ』(2017)など、問題作への積極的な出演が続くニコールですが、今回はさらに思い切った役どころとなりました。

酒に溺れ、私生活も破綻した女性の中年刑事という汚れ役。美人女優というこれまでのイメージが覆るかもしれないキャラクターですが、ニコール・キッドマンは特殊メイクを施して顔かたちを変え、激しい暴力シーンや銃撃戦にも臆せずに演じ切ります。

特に注目したのは刑事ならではの格闘場面。復讐のために17年前の事件の主犯者を追うエリンは、その主犯者と現在共謀して悪事を働く女・ペトラの銀行襲撃現場に遭遇します。

逃げるペトラに追いついたエリンは、激しく殴りあいをし、その場は修羅場と化します。大量に流血したペトラを、エリンはずるずると引きずるようにして引き立て、車のトランクに放り込みました。

180㎝といわれるニコール・キッドマンの長身が映えるシーンですが、男性同士の格闘のようなキレのよいカッコ良さはありません。

ふらふらもたつく足どりや肩で息する様子など、いかにも女同士という感じの争いです。

ですが、渾身の力で車のトランクにペトラを投げ込むエリンに、“どうしてもやり遂げなければならない”という執念が見られ、仕事への責任感と復讐に対する想いがいかに重い物かが伺われました。

カリン・クサマ監督が目指すフィルム・ノワール

カリン・クサマは本作で、アメリカ映画の伝統的ジャンルの一つであるフィルム・ノワールに初挑戦しました。

フィルム・ノワールは、虚無的・悲観的・退廃的な指向性を持つ犯罪映画ですから、どうしても暗い印象が付きまといます。が、クサマは自分のイメージするエリン刑事を描きつつ、“直射日光下のノワール”を目指そうとしました。

その一端として、犯罪多発地帯を含むロサンゼルス全域をオール・ロケ地に……。実際の大都市の荒んだ裏の顔を敢えて登場させて、リアル感を演出しています。

カリン・クサマがもう一つ、この作品で強調したのは、エリンが16歳の娘の母であるということ。

ただのくたびれた刑事の復讐劇だけで終わらせず、事件の真相を追い求める刑事の執念とともに、16歳になった娘との葛藤に苦しむ母の姿も描き出しました。

それは、このような映画のジャンルでは見られない異質かつ新鮮な試みです。

地味でみすぼらしく、自分勝手と思われても仕方のない主人公・エリンのキャラクターに加えられた“母娘の葛藤”!

仕事に熱心な母を疎んじBFと遊びまわる娘を心配するエリン。

これによって、復讐に生きる女刑事でも母親なんだと、エリンに対する親近感を覚え、人物にも深みが増しました。

複雑な人生を歩むエリンを体当たりで演じたニコール・キッドマンと、エリンという人物を生み出したカリン・クサマ監督。

2人のタッグによって完成した『ストレイ・ドッグ』は、『L.A.大捜査線/狼たちの街』(1985)、『ハートブルー』(1991)、『ヒート』(1995)、『ドライヴ』(2011)など、ロサンゼルスを舞台にした数多くの犯罪映画に連なる現代版フィルム・ノワールとなりました。

まとめ

責任感と復讐に燃える1人の女性の過酷な運命を描いた『ストレイ・ドッグ』。

カリン・クサマ監督渾身の野心作であり、ニコール・キッドマンも含めて、2人の新たなる代表作となるのに違いありません。

ニコール・キッドマンは、ストレイ・ドッグ(野良犬)と称される薄汚れた中年の女刑事役に取りくみ、体当たり的な演技に絶賛が相次ぎました。

その結果として、2019年ゴールデングローブ賞・主演女優賞にノミネートされ、チャレンジ精神と演技力は改めて高く評価されました。

エリンの心の内面の苦悩を見事に捉えたニコール・キッドマンは、外面に特殊メイクを使用することでキャスティングにも成功しています。

特に女優の命とも思われる顔のメイクは必見! あのニコール・キッドマンのお肌が……と、観た方は、人生に疲れ切ったボロボロの中年女性と化した彼女の肌メイクにさぞかし驚かれることでしょう。

ニコール・キッドマン主演映画『ストレイ・ドッグ』は、2020年10月23日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほかにて全国順次ロードショーです。

次回の連載コラム『映画という星空を知るひとよ』もお楽しみに。

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら




関連記事

連載コラム

『生まれてよかった』あらすじ感想評価と内容解説。韓国映画が大阪アジアン映画祭にて受賞“来るべき才能賞”の快挙!|OAFF大阪アジアン映画祭2021見聞録5

第16回大阪アジアン映画祭「来るべき才能賞」受賞作 『生まれてよかった』 2021年3月14日(日)、第16回大阪アジアン映画祭が10日間の会期を終え、閉幕しました。グランプリと観客賞をダブル受賞した …

連載コラム

映画『B/B』あらすじと感想評価レビュー。多重人格障害をミステリーとコメディの巧みなバランス感覚で描く|2020SKIPシティ映画祭13

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020エントリー・中濱宏介監督作品『B/B』がオンラインにて映画祭上映 埼玉県・川口市にある映像拠点の一つ、SKIPシティにて行われるデジタルシネマの祭典が、2020 …

連載コラム

『スパイダーマン』ライミ版からアメイジング。そしてMCU版へ|キャラクター映画史1

連載コラム「キャラクター映画史」第1回 今ではアメコミ映画って何って聞くと、頭に思い浮かぶ存在となったスパイダーマンですが、実は映画化までは一筋縄にはいきませんでした。 (C)Marvel Studi …

連載コラム

映画『アドリフト』感想とレビュー解説。実話サバイバルとして「41日間の漂流」を絶望と執念で戦う|SF恐怖映画という名の観覧車97

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile097 今週の当コラムは、実話を基にした恐怖と希望の映画『アドリフト 41日間の漂流』(2020)をご紹介させていただきます。 「SF」でも「ホ …

連載コラム

ホラー映画『カウントダウン』ネタバレ感想考察と結末までのあらすじ。あらすじと解説。余命が分かる携帯アプリの謎に立ち向かう姉妹の絆|サスペンスの神様の鼓動37

サスペンスの神様の鼓動37 こんにちは「Cinemarche」のシネマダイバー、金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 今 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学