Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/04/22
Update

映画『「16」と10年。遠く。』感想評価と内容解説。兎丸愛美が体現する自分探しを乗り越えた「強い嘘」の奇跡|映画道シカミミ見聞録55

  • Writer :
  • 森田悠介

連載コラム「映画道シカミミ見聞録」第55回

こんにちは、森田です。

今回は、2021年5月15日(土)より池袋シネマ・ロサにて1週間限定公開される映画『「16」と10年。遠く。』を紹介いたします。

兎丸愛美と大門嵩が演じる幼馴染たちが10年越しの時を紡ぎ、互いの再生を目指すストーリー。

その時空を象徴するある小道具に注目し、過去と現在が交差する物語の輪郭をとらえていきます。

【連載コラム】『映画道シカミミ見聞録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『「16」と10年。遠く。』のあらすじ


(C)Backlight Film Co.

東京でフリーライターをしている馨(大門嵩)は、故郷の新潟で幼馴染の雪那(兎丸愛美)と過ごした日々を忘れられずに生きています。

中学3年生の冬。両親を亡くした雪那は地元の大地主に養子として引き取られ、高校入学後は学校を休みがちになります。

馨は徐々に雪那を取り巻く過酷な状況を知るようになり、無力感を抱えつつも、彼女との淡い交流をつづけていきます。

雪解けを迎えた季節とともに、彼らにもつかの間の安らぎが訪れた矢先、雪那は交通事故に遭って記憶を失ってしまいます。

10年後。取材先で雪那と偶然再会した馨は、彼女からある依頼を受けます。“一緒に、嘘をついてほしい”というのです。

それは「雪那の記憶が戻ったふりをし、2人で里帰りをする」というものでした。

ある「嘘」と、「16」歳の記憶、そして「10」年後の現在が、混濁する意識のように交差しながら進行する本作。

一見すると複雑な印象を受けるこの物語を読み解く鍵は、実はプロローグに巧みに示されています。

冒頭では、かつての雪那を想起させる高校生・楓(森脇なな)との出会いが描かれているのですが、そこでのやりとりに本筋への導入となるヒントが散りばめられているのです。

時間・空間・交換の記号

(C)Backlight Film Co.

馨は養護施設の取材を引き受け、あるきっかけでそこの入所者である楓と知り合います。

それは馨が川沿いの遊歩道で食べていたカップラーメンを、その場に居合わせた楓がねだったことでした。

これが、本編につながるすべての出発点となります。

時間の記号=カップ麺

楓は一口すするや否や、麺が伸びていることを不満げに指摘するのですが、このように麺は時間とともに「変化」する道具として登場します。

なかには“縮れ麺”もあるでしょうが、まさに伸びたり、縮んだりする麺は相対的(心理的)な時間の流れを象徴するものです。

ただ、基本的には時間と同様に不可逆的であり、一度伸びた麺(進んだ時間)を元に戻すことはできません。

これは馨の抱えている喪失感や、帰郷後の雪那との道行きを考えるうえでも、非常に示唆的な記号として機能しています。

場所の記号=河川敷

このやりとりが「川沿い」でなされることも見逃せないポイントです。

彼岸と此岸という言葉にあらわされるように、川はあの世とこの世の「境界」に位置づけられ、本作の内容に即せば“生死”や“記憶”そして“過去と現在”の曖昧な境目を象徴しています。

なお、河原は新潟のシーンでも重要な場所になっており、そこでの思い出が上記のような馨の食生活に影響を与えています。

これらをまとめると、カップ麺は本作の時間を操り、河川敷はその空間を担っているといえるでしょう。

時空の交換

また、カップ麺が「交換」の道具に用いられている点も注目すべきです。

カップ麺を平らげてしまった楓は、後日、おなじ場所でおなじ銘柄のカップ麺を馨に差し出します。

時間と空間が物に託されたことで、物理的にそれを与えたり、返したりすることができる演出になっています。

このことにより、時空のみならず世代を超えて紡がれていく物語の可能性――楓に象徴される私たち自身の救済――も仄めかされています。

スポンサーリンク

物語の枠

(C)Backlight Film Co.

主題のすべてが詰まったプロローグ(馨と楓の行為)の分析をつづけます。

カップ麺から言葉の交換に視点を移してみますと、フレームにある特徴が確認できます。

それは2人が会話するショットでは、「カット割り」をせずに「フォーカス送り」で発話者を示している点です。

つまり、発話ごとにカットを割るのではなく、同一のショットに2人が収まり、発話のたびに焦点が前後に送られていきます。

同一ショットでの会話はさして珍しくありませんが、画のすべてに焦点があうパンフォーカスでもなく、なんとも不思議な感覚にとらわれます。

ぼやけながら手前と奥を行き来する画面そのものの存在感が際立ち、まるで観るもの自身の記憶にも揺さぶりをかけてくるようです。

また、川延監督は本作をとおして“一人ひとりが自分を見つけるような瞬間”を届け、“自身の物語の一部”になることができたら嬉しいと語っています。

フォーカス送りの多用は、前後する記憶という効果に加え、“一人称のまなざしをもって彼らの物語を擬似的に体験してほしい”という意図が込められているのかもしれません。

喪失感の本質

(C)Backlight Film Co.

では、その「物語」の中心をみていきましょう。

馨と雪那の記憶の原風景にはブナ林があり、めぐる季節のなかで何度も登場する大切なスポットになっています。

辺り一面に生い茂った木々は、一度すべて伐採されて新しく育ったものだといい、それが第二の人生を歩まざるを得なかった雪那の状況と重なることは、想像に難くありません。

実際に雪那はそこで自分が“空っぽ”であることや、どこから来て、どこに向かっているのかわからないという不安を吐露します。

一方、このことは記憶の有無にかかわらず、誰にでも当てはまる普遍的な悩みです。たとえ記憶を失っていなくても、人間の性として雪那たちはどこかの段階で「自分探し」をしていたことでしょう。

ここから、本作においても大事なことは記憶を復元することではなく、生きるに値する物語を見つけることだとわかります。

あるいは“喪失”してしまったのは、「自分」ではなく「物語」だといえます。だからこそ本作では「嘘」が求められるのです。

そのためには一度、古い物語を解体しなくてはなりません。復活の前には「死」があります。同様にブナ林のエピソードも「再生」のための伐採ととらえるべきです。

“本当の自分”は生まれ育った場所にも、過去の時間にもいない。強いて言えば、その時々の「選択」だけが唯一「自分」の片鱗を示すものです。

ゆえに、その真偽にかかわらず、雪那が生きるために下したある決断は、したたかな尊さをもって胸を打つのです。

スポンサーリンク

強い嘘

(C)Backlight Film Co.

時空をさまよい、遠く、たどり着いたのは、誰かのためにつく“優しい嘘”ではなく、自分のためにつく“強い嘘”です。

柔らかで静謐な画とは裏腹に、芯が通って、自律的な姿が浮かび上がる本作は、驚きと共感をもって迎えられることでしょう。

映画『「16」と10年。遠く。』は、2021年5月15日(土)より池袋シネマ・ロサにて1週間限定公開。ぜひ「私の物語」として疑似体験してみてください。

【連載コラム】『映画道シカミミ見聞録』記事一覧はこちら




関連記事

連載コラム

Netflixドラマ『アンビリーバブル』ネタバレ感想。実話・実際の事件を第1〜3話まであらすじ解説|海外ドラマ絞りたて10

連載コラム 海外ドラマ絞りたて 『アンビリーバブル たった1つの真実』第10回 本コラムは、たくさんあるドラマの中で、何を見ようか迷っている読者に参考にして頂こうと企画されました。 今回は、Netfl …

連載コラム

『仮面ライダーW』感想と考察。登場人物や設定で石ノ森章太郎と東映作品へのリスペクト満載|邦画特撮大全62

連載コラム「邦画特撮大全」第62章 先日放送から10周年をむかえた『仮面ライダーW』(2009~2010)。仮面ライダーシリーズの中でもいまだに高い人気を誇る作品で、現在は続編である漫画『風都探偵』が …

連載コラム

映画『影踏み』ネタバレ感想とレビュー評価。タイトルの意味から読み解く【真壁の過去と吉川聡介殺害の真相】|サスペンスの神様の鼓動24

こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 今回紹介するのは、『半落ち』や『64-ロクヨン-』など、 …

連載コラム

【2019年公開映画】邦画・洋画・アニメの期待のSFホラー作品とは?『ITイット』や大人気シリーズ続編に目が離せない|SF恐怖映画という名の観覧車30

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile030 新年あけましておめでとうございます。 ©︎Cinemarche 初詣や親戚回り、もしくは家でゆっくり寝正月となっても頭から離れないのは映 …

連載コラム

映画『i-新聞記者ドキュメント』感想とレビュー評価。森達也監督が望月衣塑子を多面的に見つめた眼差し|TIFF2019リポート33

第32回東京国際映画祭・日本映画スプラッシュ『i-新聞記者ドキュメント-』 2019年にて32回目を迎える東京国際映画祭。令和初となる本映画祭が2019年10月28日(月)に開会され、11月5日(火) …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学