Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/04/12
Update

「16」と10年。遠く。|映画公開日/上映館。池袋シネマロサにて1週間限定レイトショーが決定

  • Writer :
  • 石井夏子

「人は生まれ変わることはできないのか?」という問いから生まれた「再生」の物語。

映画『「16」と10年。遠く。』が、2021年5月15日(土)より池袋シネマ・ロサにて公開が決定しました。

三つの朝』『アンチポルノ』『シスターフッド』『ふたり』『海辺の途中』などに出演、ヌードモデル・女優として活躍する兎丸愛美と、
『COCKROACH』『多日想果』で数多くの映画祭に入選し話題を呼んだ大門嵩による、男女W主演作品となります。

監督・脚本は本作が劇場公開デビューとなる川延幸紀。

上映へ向けたクラウドファンディングでは目標金額の1,000,000円を達成した話題作が、この春スクリーンに登場します。

スポンサーリンク

映画『「16」と10年。遠く。』について

(C)Backlight Film Co.

本作は、東京と新潟を舞台に、高校時代と26歳の2つの時間軸が交差する10年越しの「再生」のストーリー。

200kmの距離を往復し1年間に渡って撮影された本作では、鮮やかな四季の中、孤独と共に彩りを失っていく幼馴染の男女の心が繊細に描かれていきます。

(C)Backlight Film Co.

「10年を経て失ったもの」と「10年間抱え続けたもの」。高校時代のイノセンスとその喪失を見事に演じきったのは、俳優から監督、プロデューサーなど映像業界で幅広く活動する大門嵩。

ヒロイン雪那を演じるのは、19歳当時「自分にしかないものを残すため遺影を撮った」という兎丸愛美。雪那の「生まれ変わりたい」という気持ちに自分自身を重ねたという等身大の演技も見所です。

映画『「16」と10年。遠く。』の作品情報

(C)Backlight Film Co.

【日本公開】
2021年(日本映画)

【監督・脚本】
川延幸紀

【キャスト】
大門嵩、兎丸愛美、三江彩花、森脇なな、金子寧々、奥居元雅、大山真絵子、真柴幸平、森恵美、壱の木成、齋藤博之、宇田川さや香、赤松真吾、藤入鹿、花、細川佳輝、白奈里渉、真衣、村松えり、水沢有礼、佐田淳、田村宗慈、ぱいぱいでか美

スポンサーリンク

映画『「16」と10年。遠く。』のあらすじ

(C)Backlight Film Co.
中学三年生の冬に両親が他界し、地元の大地主に養子として引き取られた雪那(ゆきな)は、高校生活が始まると同時に学校を休みがちになります。

雪那の異変に気付いた幼馴染の同級生・馨(かおる)は、雪那を取り巻く現実を知り自分の無力さに苛まれていました。

16歳の夏。田舎町を少し外れた夕暮れの道路で、雪那は交通事故に遭ってしまいます。彼女が目を覚ましたと聞き病院に駆けつけた馨が目にしたのは、記憶を失った幼馴染の姿。

他愛ない会話が弾む休み時間。いつもと同じメンバーで過ごす放課後。当たり前に続くはずだった時間が二人に訪れることはありませんでした。

(C)Backlight Film Co.

10年の歳月が経った冬の東京。喪失感と後悔を胸に秘めたまま、一人暮らしていた馨は、偶然雪那と再会。

「私と一緒に、嘘をついてくれませんか?」

全てを抱えたまま生きてきた青年が、全てを忘れてしまった幼馴染と再び故郷へ帰ります。ひとつの嘘と共に…。

まとめ

(C)Backlight Film Co.

東京に加え、新潟県南魚沼市、十日町市を主な舞台に、新潟フィルムコミッションの全面協力の元、1年間を通して撮影が行われた本作。

鮮やかな四季の中、孤独と共に彩りを失っていく幼馴染の男女の心が繊細に描かれていきます。

兎丸愛美と、大門嵩のW主演映画『「16」と10年。遠く。』は、2021年5月15日(土)〜5月21日(金)に、池袋シネマ・ロサにて1週間レイトショーです。




関連記事

新作映画ニュース

映画『元カレとツイラクだけは絶対に避けたい件』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。上空を舞台にしたサバイバルスリラー

『ロスト・バケーション』の制作陣が放つ、脅威の体験! 海を舞台に人喰いサメとの死闘を描き話題を呼んだ大ヒットサバイバル映画『ロスト・バケーション』(2016)の制作陣が、今度は空を舞台に再びスリリング …

新作映画ニュース

映画『初恋』キャストの悪徳刑事・大伴役は大森南朋【演技評価とプロフィール】

映画『初恋』は2020年2月28日より全国公開! 日本での公開に先駆けて、2019年9月27日から全米で公開されました映画『初恋』。 監督を務めるのは『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』『十三人の刺客』 …

新作映画ニュース

【劇場鑑賞券プレゼント】映画『左様なら』を5組10名様ご招待。上映は9月6日公開!

映画『左様なら』は2019年9月6日(金)よりアップリンク吉祥寺にて公開! MOOSIC LAB 2018長編部門にて初公開され、観客の圧倒的な支持を集めた『左様なら』。 新進気鋭の女性監督・石橋夕帆 …

新作映画ニュース

シネマディスカバリーズ1周年企画!独占配信映画『クローゼット』『カラガラ』などおすすめ作品を見る

インディペンデント映画の配信サービス「CINEMA DISCOVERIES」(シネマディスカバリーズ)を提供するシネマディスカバリーズ株式会社は、2020年4月にサービスをスタートし、1周年を迎えまし …

新作映画ニュース

映画『Dinerダイナー』キャストのスキン役は窪田正孝。演技力の評価とプロフィール

店主も客も、全員殺し屋の<ダイナー(食堂)>を舞台に繰り広げられる衝撃のサスペンス映画『Diner ダイナー』が2019年7月5日に公開されます。 原作は平山夢明による人気小説。第28回日本冒険小説教 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学