Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/11/13
Update

稲垣吾郎/二階堂ふみ/手塚眞が映画『ばるぼら』舞台挨拶に登壇!配信で全国65劇場にて生中継

  • Writer :
  • 石井夏子

映画『ばるぼら』公開記念舞台挨拶決定!

手塚治虫禁断の問題作を実写化した稲垣吾郎、二階堂ふみW主演映画『ばるぼら』。

映画『ばるぼら』は、2020年11月20日(金)よりシネマート新宿、ユーロスペースほか全国公開されます。

国内最大級の映画レビューサービス・Filmarksが発表した2020年11月公開映画期待度ランキングにて第2位を獲得し、本予告の再生回数は150万回を突破するなど、公開前から大きな話題を呼んでいる本作。

公開を記念して、11月21日(土)に、公開記念舞台挨拶をライブビューイングにて実施することが決定しました。

舞台挨拶の模様は、全国65館の劇場にて生中継!この度主演を務めた稲垣吾郎、二階堂ふみと手塚眞監督が登壇を予定しています。

チケットは11月18日(水)より各劇場オンラインサイトと劇場窓口にて発売開始予定です。

スポンサーリンク

映画『ばるぼら』舞台挨拶概要

(C)2019『ばるぼら』製作委員会

【開催日程】
2020年11月21日(土)

【開催時間】
①11:45〜の回(上映後登壇)
②15:00〜の回(上映前登壇)

【登壇者】
稲垣吾郎、二階堂ふみ、手塚眞監督(予定)

【チケット発売日時】
2020年11月18日(水)
・劇場オンライン販売:11月18日(水)深夜0時=11月17日(火)24時
・劇場窓口:オープン時間より

※詳細は『ばるぼら』公式サイトまたは、各劇場HPをご覧下さい。一部、劇場オンライン販売の無い劇場が御座います。
※本作はR15+指定作品です。15歳以上の方がご覧いただけます。

ライブビューイング実施劇場(予定)

(C)2019『ばるぼら』製作委員会

【北海道/東北地方】
ユナイテッド・シネマ札幌、フォーラム八戸、フォーラム盛岡、イオンシネマ名取、MOVIE ON やまがた、フォーラム福島、ポレポレシネマズいわき小名浜

【関東地方】
イオンシネマ守谷、フォーラム那須塩原、イオンシネマ高崎、MOVIX三郷、イオンシネマ浦和美園、イオンシネマ春日部、イオンシネマ羽生、ユナイテッド・シネマわかば、ユナイテッド・シネマ ウニクス上里、イオンシネマ幕張新都心、USシネマちはら台、シネマート新宿、MOVIX昭島、イオンシネマ板橋、イオンシネマ多摩センター、イオンシネマむさし村山、ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場、立川シネマシティ、イオンシネマみなとみらい、イオンシネマ港北ニュータウン、イオンシネマ茅ヶ崎、イオンシネマ座間

【中部地方】
イオンシネマ新潟南、JMAX THEATER とやま、イオンシネマ御経塚、イオンシネマ金沢フォーラス、アイシティシネマ、イオンシネマ各務原、シネプラザサントムーン、伏見ミリオン座、MOVIX三好、イオンシネマ名古屋茶屋、イオンシネマ岡崎、イオンシネマ常滑、イオンシネマ豊田KiTARA、ユナイテッド・シネマ豊橋18、

【近畿地方】
イオンシネマ東員、イオンシネマ津南、イオンシネマ京都桂川、なんばパークスシネマ、MOVIX堺、イオンシネマりんくう泉南、ユナイテッド・シネマ岸和田、MOVIX八尾、MOVIXあまがさき、イオンシネマ和歌山、

【中国/四国地方】
イオンシネマ岡山、MOVIX倉敷、MOVIX周南、イオンシネマ綾川

【九州地方】
イオンシネマ戸畑、イオンシネマ福岡、ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13、ユナイテッド・シネマ長崎、イオンシネマ熊本、宮崎キネマ館、天文館シネマパラダイス、ユナイテッド・シネマ PARCO CITY 浦添

キャスト・スタッフの登壇会場は無観客にて実施いたします。
ライブビューイング実施劇場にキャスト・スタッフ登壇の予定はございません

スポンサーリンク

映画『ばるぼら』の作品情報

(C)2019『ばるぼら』製作委員会

【日本公開】
2020年(日本映画)

【原作】
手塚治虫

【監督・編集】
手塚眞

【撮影監督】
クリストファー・ドイル、蔡高比

【キャスト】
稲垣吾郎、二階堂ふみ、渋川清彦、石橋静河、美波、大谷亮介、ISSA、片山萌美/渡辺えり

【映倫区分】
R15+

【作品概要】
異常性欲に悩まされている耽美派小説家・美倉洋介を『半世界』(阪本順治監督)『海辺の映画館―キネマの玉手箱』(大林宣彦監督)の稲垣吾郎が演じました。

芸術家のミューズであり自堕落な生活を送る謎の女・ばるぼらをNHK連続ドラマ小説『エール』でヒロインとして出演中の二階堂ふみが演じます。

共演陣には渋川清彦、石橋静河、美波ら国内外で活躍する豪華俳優陣が集結。

監督は手塚治虫の実子であり『白痴』(ヴェネチア国際映画祭 デジタルアワード受賞)『ブラックキス』(東京国際映画祭 招待作品)など独特の映画美学により国際的に評価される手塚眞。

撮影監督にはウォン・カーウァイ監督作品等の映像美で知られるクリストファー・ドイルを招きました。

映画『ばるぼら』のあらすじ

(C)2019『ばるぼら』製作委員会

人気小説家美倉洋介は、新宿駅の片隅でホームレスのような酔払った少女ばるぼらに出会い、つい家に連れて帰ります。

大酒飲みでだらしないばるぼらでしたが、美倉はなぜか奇妙な魅力を感じて追い出すことができません。

彼女を手元に置いておくと不思議と美倉の手は動きだし、新たな小説を創造する意欲がわき起こるからです。

ばるぼらはあたかも芸術家を守るミューズのようでした。

その一方、美倉はエロティックで異常な幻覚に悩まされるようになり、次第に彼の周囲は現実離れしてゆきます。

ついに美倉はばるぼらとの結婚を決意しますが、それは同時に破滅への入口で…。

スポンサーリンク

まとめ

(C)2019『ばるぼら』製作委員会

手塚治虫が1970年代に『ビッグコミック』(小学館)に連載し、禁断の愛とミステリー、芸術とエロス、スキャンダル、オカルティズムなど、様々なタブーに挑戦した大人向け漫画『ばるぼら』を、実子である手塚眞が映像化した本作。

映画『ばるぼら』は、2020年11月20日(金)よりシネマート新宿、ユーロスペースほか全国公開されます。

主演を務めた稲垣吾郎、二階堂ふみと、手塚眞監督が登壇予定の公開記念舞台挨拶を、11月21日(土)に、ライブビューイングにて実施します。

全国65館の劇場にて生中継で行われる舞台挨拶を、ぜひお見逃しなく。

チケットは11月18日(水)より各劇場オンラインサイトと劇場窓口にて発売開始予定です。





関連記事

新作映画ニュース

『母さんがどんなに僕を嫌いでも』映画公開日決定!太賀&吉田羊の画像新たに解禁

©2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会 俳優太賀&吉田羊による『母さんがどんなに僕を嫌いでも』の公開日は、11月16日に決定! さらに演技派キャストの熱演が光る場面画像も新たに …

新作映画ニュース

アイネクライネナハトムジークの音楽主題歌は斉藤和義。プロフィールと過去作の評価解説も

映画『アイネクライネナハトムジーク』が2019年9月20日より全国ロードショー! 『アヒルと鴨のコインロッカー』『重力ピエロ』など数多くの作品が映像化されている大人気ベストセラー作家・伊坂幸太郎。 伊 …

新作映画ニュース

ジャック・オーディアール映画が第44回セザール賞にもノミネート!話題の西部劇『SISTERS BROTHERS』とは

『SISTERS BROTHERS(原題)』が第44回セザール賞にて4冠 2019年7月にTOHOシネマズシャンテ他全国ロードショーされる映画『SISTERS BROTHERS(原題)』。 ジャック・ …

新作映画ニュース

大島優子が映画『生きちゃった』で不倫!?女優として演技力がむきだしになった石井裕也監督最新作とは

大島優子、追加出演情報解禁。 「剥き出しの裸になって演じるのは初めての経験」 日本映画界を牽引する石井裕也監督のオリジナル脚本による最新作『生きちゃった』が2020年秋に公開予定となりました。 主演を …

新作映画ニュース

『メビウスの悪女』『ワーニング』あらすじ/キャスト/予告編動画。夏のホラー秘宝まつり2020も日本や韓国の話題作そろい踏み!

「観客参加型のホラー映画祭」が2020年も開催。 夏の風物詩となりつつある「ホラー秘宝まつり」。 2020年も東京、名古屋、大阪の3都市で『夏のホラー秘宝まつり2020』同時開催されます。 このたび、 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP