Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/05/18
Update

映画『クローブヒッチ・キラー』感想評価とレビュー考察。結末の展開が読めない連続殺人事件の真相に俳優チャーリー・プラマーの演技が光る|サスペンスの神様の鼓動41

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

サスペンスの神様の鼓動41

映画『クローブヒッチ・キラー』は2021年6月11日(金)より新宿武蔵野館ほかロードショー予定!!

10年前に、ある小さな町で起きた未解決事件「巻き結び(クローブヒッチ)連続殺人事件」。

この事件の真相に挑む、16歳の少年タイラーが、あまりにも衝撃的な真実に直面するサスペンススリラー『クローブヒッチ・キラー』。

殺人鬼を題材にした作品なのですが、残虐な描写がほとんどありません。

しかし計算された演出が、静かな恐怖を生み出している、本作の魅力をご紹介します。

小さな町の幸せな家庭で生まれ育った16歳の少年タイラーが、10年前に町を震撼させた未解決事件の真相に迫るサスペンススリラー。

主人公のタイラーを演じたチャーリー・プラマーは『ゲティ家の身代金』(2017)で誘拐される富豪の孫を演じたことで話題になり、続く『荒野にて』(2019)で「第74回ヴェネチア国際映画祭マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)」を受賞した注目の俳優です。

タイラーの父親ドンに『ザ・シークレット・サービス』(1993)などの映画からTVドラマシリーズまで、幅広い活躍を見せている実力派の俳優ディラン・マクダーモット。

タイラーと共に事件の真相に挑む少女カッシを『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(2019)でマンソン・ファミリーのケイティ役で印象に残る演技を見せた、マディセン・ベイティが演じています。

【連載コラム】『サスペンスの神様の鼓動』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『クローブヒッチ・キラー』のあらすじ

(C)CLOVEHITCH FILM, LLC 2016 All Rights Reserved

信仰を重んじる小さな町で生まれ育った16歳の少年タイラー。

現在は静かで平和な町ですが、10年前に10人の女性が犠牲になるという恐ろしい連続殺人事件が発生しました。

被害者は全員体を縛られた状態で殺害され、現場に必ず巻き結びされたロープが残っていたことから「巻き結び(クローブヒッチ)連続殺人事件」と呼ばれます。

結局、犯人は逮捕されないまま、事件は未解決となってしまいます。

そして、10人目の被害者を境に、何故か犯行が止まっていました。

町では、毎年被害者の追悼式が開催されていましたが、タイラーにとっては生まれる前の事件のため、他人事です。

タイラーは貧しくも、幸せな家庭に暮らしています。

特に父親のドンは家族に優しく、ボーイスカウトの団長も務め、町でも信頼の厚い人物です。

ある時タイラーは、ドンの車に乗って夜のデートに出かけます。

ですが、車内に拘束された女性の写真があったことで、タイラーは変態扱いされてしまい、その噂が同級生の間に広まってしまいます。

身に覚えの無い写真が、車内にあったことに納得のいかないタイラーはドンを疑い、ドンが趣味の工作を楽しむ為の小屋に潜入します。

そこで、タイラーは猟奇的なポルノや不穏なポラロイド写真を見つけてしまい、ある物がキッカケで「巻き結び連続殺人事件」の犯人は、ドンではないかという疑いを持つようになります。

タイラーは、自身と同じように「巻き結び連続殺人事件」の真相を追う少女カッシに協力を求めます。

事件の「真実」を追い求めるタイラーとカッシが、最後に目撃する衝撃の「事実」とは?

サスペンスを構築する要素①「町を震撼させた連続殺人の謎」

(C)CLOVEHITCH FILM, LLC 2016 All Rights Reserved

かつて、小さな町を震撼させた連続殺人事件の真相に、16歳の少年タイラーが挑む『クローブヒッチ・キラー』。

タイラーは、もともと連続殺人事件に全く興味を持っていませんでしたが、ある事がキッカケで、自分の父親であるドンを、事件の真犯人と疑うようになります。

その後、タイラーは連続殺人事件の情報を集めている少女カッシから、犠牲者や犯行現場の情報を得るようになります。

何も知らなかったタイラーが、徐々に連続殺人事件の詳細を知っていくのが前半の主な展開なのですが、知れば知るほど、この連続殺人事件は不可解なのです。

犯行現場に、必ずロープが巻き結びされていた事から「巻き結び連続殺人事件」と呼ばれているこの未解決事件。

犯行の特徴として、犠牲となった女性10人が全員体を縛られた状態で、首を絞められて窒息死していることです。

カッシは「犯人は自分の性的欲求を満たす為に、犯行を行った」と推測し、現場に必ず残されている、巻き結びされたロープについて「警察を挑発している」と考えています。

さらに「巻き結び連続殺人事件」の最大の謎である、突然犯行が止まったことに関して、カッシは「今は休んでいるだけ」と、また犯行が始まる可能性を危惧しています。

タイラーが、ドンを疑うようになった最初のキッカケは、拘束された女性の写真が、車の中に落ちていたことです。

さらにドンは、ボーイスカウトの団長も務めており、ロープの扱いには慣れています。

タイラーは「巻き結び連続殺人事件」のことを知れば知る程、ドンへの疑惑が強くなっていきます。

「信頼していた父親が、実は殺人鬼かもしれない」タイラーが抱いた疑惑が、次々と確証に変わっていく恐ろしい展開が、作品前半の主軸となっています。

スポンサーリンク

サスペンスを構築する要素②「理想的な父親ドンの『不自然さ』」

(C)CLOVEHITCH FILM, LLC 2016 All Rights Reserved

タイラーが「巻き結び連続殺人事件」の真犯人として疑うようになる、父親のドン。

ドンは陽気な性格で、ボーイスカウトの団長を務める程、町の住人から信頼されている男です。

家庭では料理や家事を率先して行い、妻を助ける良き夫です。

タイラーにも友人のように対等に接しており、過保護な母親に内緒で、タイラーにお酒を飲ませたり、銃の撃ち方を教えたりするなど、少し危険なことも経験させてくれる楽しい父親です。

まさに理想の夫であり父親と呼べるドンですが、その全てが逆に不自然で、嘘くさく感じてしまいます。

特に印象的なのが、ドンは常に冗談を言っているような陽気な性格ですが、怒りや悲しみなどの感情を、表に出さないという点です。

言動には心が無いように見えてしまい、常に浮かべている笑顔は、本来の自分を偽る為の仮面のように感じます。

さらに、タイラーには、ドンから家庭内で禁止された2つの事項があります。

「ドンが趣味を楽しむための小屋には入らない」「インターネットを勝手に使わない」

この禁止事項は、何を意味するのでしょうか?

サスペンスを構築する要素③「表と裏の視点から暴かれる真実」

(C)CLOVEHITCH FILM, LLC 2016 All Rights Reserved

『クローブヒッチ・キラー』は、前半はタイラーの視点で物語が展開しますが、上映開始1時間ほどで、ある別の視点に切り替わります。

タイラーの視点が表とすれば、後半は裏の視点になっており、おぞましい真実が判明します。

そして、表と裏の視点が合わさったラスト20分では「巻き結び連続殺人事件」への決着が描かれています。

タイラーとカッシが直面する「巻き結び連続殺人事件」の衝撃的な真相だけでなく、タイラーがどのように事件を終わらせるのか?が終盤の見どころとなっており、ここに本作のメッセージが込められています。

スポンサーリンク

映画『クローブヒッチ・キラー』まとめ

(C)CLOVEHITCH FILM, LLC 2016 All Rights Reserved

小さな町を襲う、過去に起きた連続殺人事件と言えば『ハロウィン』(1978)や「エルム街の悪夢」シリーズなど、殺人鬼が現れるスラッシャー映画を連想しがちです。

しかし『クローブヒッチ・キラー』は「信頼していた父親が、実は殺人鬼かもしれない」という、普通であれば考えたくもない疑惑が恐怖を生み出しており、作中に血が飛び散るような残酷描写も、殺人鬼に追いかけられる緊迫した展開も無いのですが、計算された静かな恐怖が充満された作品となっています。

この恐怖の根本には、例え家族といえど信頼できなくなってしまった、人間関係における現代社会の問題点があるように感じ、作中でタイラーの家族は一家団欒の時間を重視しているのですが、これが逆に嘘くさく不自然に感じるのも、本当に心が通じ合っているように見えないからでしょう。

また、10代の思春期の頃は、家族から距離を置きたくなる時期でもあり、本作はそういった、10代の目線で語られる、ジュブナイル映画としての特徴もあります。

主人公タイラーは、16歳という多感な年頃の為、これまでとは違う、家族を一歩引いた視点で見るようになっている部分があるのですが、これは誰しも心当たりがあるのではないでしょうか?

当初は協力関係だったタイラーとカッシが、徐々に恋愛関係になっていく様子も、ジュブナイル映画としての本作の見どころになっています。

殺人鬼を扱った映画でありながら、残酷描写は無く、表と裏の2つの視点で「巻き結び連続殺人事件」の恐怖と真相を描いた本作は、かなり計算された作品となっています。

ラストにタイラーが下す決断に関して、賛否が分かれるところでしょう。

ですが、人間関係が希薄になりながらも、やはりコミュニティの中でしか生きていけない、人間の悲しくも残酷な部分を描写しており、この決断を通して、タイラーが確実に成長した事が分かる、見事なラストシーンであると言えます。

「巻き結び連続殺人事件」のおぞましい真実と、タイラーの成長を是非ご覧ください。

映画『クローブヒッチ・キラー』は2021年6月11日(金)より新宿武蔵野館ほかロードショー予定!!

次回のサスペンスの神様の鼓動は…


(C)2020. 1483, INC. ALL RIGHTS RESERVED.
父親の死後、1本の鍵を託された地方検事ローレンが遭遇する恐怖を描いた『インヘリタンス』をご紹介します。




関連記事

連載コラム

映画『GEEK BEEF BEAT』あらすじ感想と評価解説。ラッパーの狐火を主演に鳥皮ささみ監督が脳内でラップにする男と家族の絆を描く|インディーズ映画発見伝19

連載コラム「インディーズ映画発見伝」第19回 インディペンデント映画をメインに、厳選された質の高い映画を動画配信するサービス「CINEMA DISCOVERIES」。 2021年3月にサイトがリニュー …

連載コラム

映画『バオバオ フツウの家族』あらすじと感想レビュー。LGBT運動の先進国がみせた新たな台湾ムービーの魅力|銀幕の月光遊戯 43

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第43回 映画『バオバオ フツウの家族』が、2019年9月28日(土)より新宿K’s cinemaを皮切りに全国順次公開されます。 赤ちゃんが欲しい2組の同性カップルの姿を …

連載コラム

ザ・キャビン監禁デスゲーム|ネタバレ結末感想とあらすじ解説。ラストの最後まで誰が犯人で何が真実なのか分からない⁈|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー47

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第47回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞す …

連載コラム

『ブラックミラー シーズン2 時の”クマ”、ウォルドー』考察とネタバレあらすじ。政治選挙を風刺した切れ味鋭いオムニバスドラマ|SF恐怖映画という名の観覧車112

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile112 3週に亘り題材とさせていただいている、イギリスのSFオムニバスドラマ「ブラックミラー」シリーズも今回のコラムで遂にシーズン2最終話となり …

連載コラム

映画『魔女の密約』ネタバレ感想レビューと結末あらすじ。悪魔・魔女ホラー再ブームの先駆け的作品|未体験ゾーンの映画たち2021見破録28

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」第28回 世界の各国のホラー映画、今やブームの魔女・悪魔が登場する作品も紹介する「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」。第28回で紹介するのは『魔女 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学