Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『いちごの唄』ネタバレ感想とあらすじ。銀杏BOYZの歌詞のように愛にあふれた温かな世界観

  • Writer :
  • もりのちこ

恋に落ちてメタモルフォーゼ。
だいじょばないけど、だいじょうぶだよ。

『雪の華』「ひよっこ」の人気脚本家・岡田惠和と、ロックバンド「銀杏BOYZ」の峯田和伸が共同名義で執筆した小説『いちごの唄』が映画化となりました。

「銀杏BOYZ」の楽曲にのせ、不器用な男の子の全力の恋が巻き起こす奇跡に、ほっこり心が温かくなる青春映画です。

「銀杏BOYZ」のファンにはもちろん、多くの方に見て欲しい映画『いちごの唄』を紹介します。

スポンサーリンク

映画『いちごの唄』の作品情報


(C)2019「いちごの唄」製作委員会

【日本公開】
2019年(日本映画)

【原作】
岡田惠和 峯田和伸

【監督】
菅原伸太郎

【キャスト】
古舘佑太郎、石橋静河、和久井映見、光石研、清原果耶、小林喜日、大西利空、泉澤祐希、恒松祐里、しゅはまはるみ、渡辺道子、ポール・マグサリン、山崎光、蒔田彩珠、吉村界人、岸井ゆきの、峯田和伸、宮本信子、麻生久美子、みうらじゅん、田口トモロヲ、宮藤官九郎、曽我部恵一、やついいちろう、今立進、村井守、赤坂真之介、yucco

【作品概要】
ロックバンド「銀杏BOYZ」の楽曲からインスパイアされた脚本家の岡田惠和が、ボーカル峯田和伸と共作した小説『いちごの唄』を映画化。監督は『泣くな、はらちゃん』『ど根性ガエル』など、岡田惠和とテレビドラマでタッグを組んできた菅原伸太郎監督。本作が長編映画初監督となりました。

主演のコウタ役は、バンド「The SALOVERS」のボーカル、古舘佑太郎が務めます。天の川の女神こと千日(ちか)役には、NHK連続テレビ小説「半分、青い。」で注目をあつめた実力派女優・石橋静河が登場です。共演には、宮本信子、和久井映見、光石研と豪華キャストのほか、みうらじゅん、宮藤官九郎、曾我部恵一など、アーティスト仲間たちの個性豊かな出演者にも注目です。

映画『いちごの唄』のあらすじとネタバレ


(C)2019「いちごの唄」製作委員会
電子レンジが軽快に回っています。チンの音を待ちわびて中を覗きこむ男、笹沢コウタは、レンジの中で回されている冷凍食品の工場で働いています。

ここは「こはる荘」。猫が勝手に部屋に上がり込み、隣の住人はロックを愛する謎の女アケミ。おんぼろアパートだけど、コウタは気に入っているようです。

「おはよう、環七。夏が来るね」。高円寺の環七通りをいつものように出勤するコウタ。今日は、七夕です。

七夕は、コウタにとって特別な日でした。中学の頃親友だった伸二が、事故で亡くなった日。今年はあれから10年目の命日です。

コウタは工場からの帰り道、七夕の飾りつけで賑わう商店街で、「天の川の女神」に遭遇します。

「天の川の女神」とは、伸二とコウタが名付け崇めていたマドンナ、クラスメイトの天野千日(ちか)のことです。

偶然の再開にパニくるコウタ。「あーちゃん!七夕の日に会うなんて!伸二君の命日だし!」興奮が治まらないコウタに、「中学ぶり。あーちゃんって呼んでたの!?」、千日は至って冷静です。

離れがたいコウタは、近くにあったラーメン屋に誘います。割り箸を割るのが苦手で、自分の話に笑ってくれる千日に、コウタは舞い上がり話が止まりません。

2人は暗くなるまで環七通りを散歩します。別れの時、コウタは「来年のこの日も会えないかな?」と提案します。

「ありがとう、生きていける。今日会った場所でまた来年」。千日は寂しそうに微笑み、確かにそう言いました。単純に喜ぶコウタは、商店街を歌い踊りながら帰るのでした。

コウタはカレンダーの七夕の日に赤丸を付け、指折り数えて待ちます。中学の思い出が蘇ります。

ゆるやかな坂を自転車に乗り、雄たけびを上げながら走りぬける伸二。コウタは伸二に惹かれ、自転車の後を追います。

伸二の乗る自転車は坂道の突き当りにあるキャベツ畑に自転車ごと飛び込びました。「世界に勝った気になるよ。君もやってみる?」。伸二は、コウタの唯一の親友になりました。

伸二はそのキャベツ畑のある児童養護施設「いちご園」で育ちました。両親の顔を知らない伸二は、園長の元で優しい少年に成長していました。

伸二はいつも言っていました。「キャベツ畑より、いちご畑にしようよ。ラズベリーフィールドはビートルズのジョン・レノンが育った場所なんだ」。コウタは、伸二から沢山のことを教えてもらいました。

そして、伸二は「天の川の女神、あーちゃん」を、交通事故から守り亡くなります。

長い冬を超え、また夏がやってきました。千日に偶然あった七夕の日から、一年が経とうとしています。

7月7日、七夕の日。コウタは昨年と同じTシャツを着て、同じ場所で千日を待ちます。そのTシャツは、中学の頃伸二が着ていたTシャツでした。

やってくる千日。2人は同じラーメン屋に入ります。店主もどこか嬉しそうです。

代り映えしない日常と、少しのハプニングを、コウタは一生懸命、千日に話します。相変わらず、割り箸を割るのが苦手な千日は、今日も寂しそうに笑っています。

「また来年」。そう切り出す千日に、頷くことしか出来ないコウタ。「また来年」。

「もっと、あーちゃんのこと知りたい。僕はあーちゃんが好きなのか?伸二君、ごめんなさい」。心の声は止まりませんでした。

以下、『いちごの唄』ネタバレ・結末の記載がございます。『いちごの唄』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019「いちごの唄」製作委員会
その年、日本では東日本大震災が起こります。コウタの働く工場では、炊き出しのボランティアに向かいました。

コウタは被災地でひとりの少女と出会います。家族を亡くした彼女は、避難所でひとり眠れぬ夜を過ごしていました。

「何か出来る事はないかな?」。コウタは、少しでも彼女の力になりたい一心です。「音楽が欲しい」。少女の願いに、コウタは持っていたウォークマンをあげました。

そのウォークマンは、隣の住人アケミが、バンド活動を諦め実家に帰る際に、コウタにあげたものでした。入っている曲は、「バカ、シネ、ジゴク」と叫び歌うものばかりでしたが、落ち込むコウタを勇気づけてくれたものでした。

千日と会う3回目の七夕の日です。コウタと千日は、いつものラーメン屋にいました。ラーメンの腕を磨き待っていた店主も嬉しそうです。

震災の話をするコウタに千日は「良いことしたね、コウタ君。笹沢コウタ君、ありがとう」と、お礼を言うのでした。

そんな千日にコウタは思わず「あーちゃんは、大丈夫なの?」と、何気ない心配の言葉をかけます。コウタにとって千日はあの頃の「天の川の女神」のままでした。不幸なんて似合わないと思っていたのかもしれません。

千日は、コウタに怒りをぶつけます。「私は君が思っているような女じゃないよ。わかってないね」。千日は、初めて自分のことを話します。

千日と伸二は「いちご園」で一緒に育った仲でした。伸二は寂しがる千日を可愛がってくれました。「千日はお姫様なんだよ、いつか迎えの人が来て、幸せになるんだ」。

8歳のとき養子に貰われていった千日は、中学で伸二と再会したにも関わらず、知らない振りをしてしまいます。捨て子ということを隠したかった気持ちもありました。

伸二は千日の気持ちを汲み、話しかけることはありませんでした。しかし、あの交通事故の日、伸二は千日をかばい、嬉しそうに微笑みかけ死んでいきました。

「私には女神なんて言われる価値はない。私のせいで、しんちゃんは死んじゃった。車も自転車も怖くて、これからもどうしていいのか分からないの」。千日は、あの日から動けずに苦しんでいました。

「今日で最後にしよう」。千日はコウタの前から姿を消しました。

何もかも手に着かないほど落ち込むコウタの所に、震災で知り合った少女が訪ねてきます。

「お礼を言いたくて」。手元に戻ってきたウォークマンからは、やっぱり不似合いなロックが流れていました。

ある日、コウタは偶然にも千日の姿を見つけます。彼氏らしき男を送り出す千日の顔は、誰が見ても寂しそうでした。

たまらず男の後を追い、怒りをぶつけるコウタ。「あなたは、あーちゃんを命がけで守れるのかよ。なんであんな顔させるんだよ」。殴りかかるコウタ。

反対に殴られ撃沈です。ボロボロになったコウタは泣きながらコンビニのおでんを食べるのでした。

千日は、久しぶりに故郷に帰っていました。偶然会った「いちご園」の園長に誘われ、お茶をすることに。

思いつめているような千日に園長は、千日の名前の由来を話します。「千の日とは、ずっとずっとという意味よね。あなたのお母さんが付けたのよ。幸せになってもいーんじゃない」。

伸二とコウタが駆け下りていた坂の上に、自転車に乗った千日の姿がありました。

そこにまたもや偶然にやってきたコウタ。コウタもまた、ずっと乗っていなかった自転車に乗っていました。満面の笑みのコウタは、前歯が一本抜けています。

「どうしたの歯?あっ、商店街で弱いのに殴りかかってきた奴・・・って」。笑う千日は、どこか吹っ切れているようでした。

「乗り越えよっかな。駆け下りてやろっかなって。あの頃楽しそうだったし。隣にいてくれたら嬉しいな」。千日の誘いを嬉しく思うコウタ。2人は一緒に駆け下ります。

「わぁー!」。そして、飛び込んだ先はキャベツ畑ではなく、一面のいちご畑でした。「ラズベリーフィールドだ!」。立て看板には、伸二の名前がありました。

日本名は「千日紅」。花言葉は「永遠の愛」。伸二から千日への愛のメッセージでした。「マセガキめ」。千日は本当に幸せそうに笑うのでした。

電子レンジが、チンと音をたて温めが終わりました。覗き込んでいたコウタ。後ろのカレンダーには、赤丸の日が増えていました。もう七夕を待たなくても良いのです。

スポンサーリンク

映画『いちごの唄』の感想と評価


(C)2019「いちごの唄」製作委員会
映画『いちごの唄』は、銀杏BOYZの歌詞の世界のように、不器用だけど愛にあふれた温かな世界が広がっていました。その愛は映画の細部にも見られます。

主人公のコウタが、千日に会う時、必ず来ている同じTシャツ。そのTシャツは、亡くなった親友・伸二が着ていたTシャツでした。伸二にも千日を会わせてあげたいという、コウタの想いが伝わってくるようでした。

そして、純粋すぎて不器用なコウタを、優しく見守る家族にも愛を感じます。音楽を通して息子と会話をしたい父の滑稽な姿に笑いながら、感動します。

また、コウタと千日を、七夕の日に見守るラーメン屋の店主。演じているのは、銀杏BOYZの峯田和伸です。

ラーメンの味をイマイチと言われ、いじけながらも、2人が気になり応援していく姿に、ほっこりさせられます。はやっていなそうなラーメン店に、最後にはお客が増えているのも嬉しい。

ラーメン屋に、ブロンソンズのみうらじゅんと田口トモロヲが食べに来ている!?おやじのラーメンの腕があがったのか!?と、想像も膨らみます。

コウタが返り討ちにあい、ボロボロになってたどり着いたコンビニの店員役には、麻生久美子。偶然の再会を果たすきっかけとなった先輩役に宮藤官九郎と、皆が一生懸命なコウタを応援しているようでした。

銀杏BOYZにゆかりのあるアーティストが隠れキャラとして多数登場しているのを探すのも楽しみです。

主人公コウタを演じた「The SALOVERS」のボーカル古舘佑太郎も、青春時代、銀杏BOYZの曲に発狂した一人だそうで、役を演じる喜びが伝わってきました。

そんな熱くなる男どもを、クールにしめる石橋静河の存在が、物語の千日の役に重なり、すごくはまり役に感じました。

そして何と言っても、この映画に欠かせないのが音楽です。「漂流教室」「ぽあだむ」「愛してるってゆってよね」「恋は永遠」などなど、銀杏BOYZの名曲がずらりと登場します。

銀杏BOYZのファンはもちろん、初めて聞く人も心揺さぶられるはずです。放送禁止用語ギリギリ?いや、ラジオでは流されない曲から、なんでこんなにピュアなの!と驚愕する楽曲まで、銀杏BOYZのロックを体感してください。

まとめ


(C)2019「いちごの唄」製作委員会
ロックバンド「銀杏BOYZ」の歌詞の世界を、脚本家の岡田惠和が描き出した映画『いちごの唄』を紹介しました。

子どもの頃の楽しい思い出、初めての恋、悲しい別れ、現実の厳しさ。全力で生きた時間は、永遠なんだ。

銀杏BOYZの世界観のように、こんちきしょうだけど愛にあふれた青春映画いちごの唄』。

ロマンチックなラストにきっと思うはずです。「峯田よ、こんちきしょう!」

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『凪の海』ネタバレ感想と評価考察。早川大介監督が描くヒューマンドラマとは

早川監督が描く、静かな漁村に展開する複雑な人間ドラマの映画『凪の海』 愛媛県宇和島市の漁村を舞台に、兄の葬式の為に帰省した圭介と、その周囲の人々のドラマを描いた映画『凪の海』。 本作が長編デビュー作と …

ヒューマンドラマ映画

映画『Noise ノイズ』感想評価と内容解説。20代の松本優作監督が切り取る現代社会の問題点

映画『Noise ノイズ』は、2019年3月1日からテアトル新宿ほかので順次公開 立場の違う若者3人が、それぞれの理由で集まる街、秋葉原。 若者たち、その周囲の大人の視点から、現代社会のの問題点を問い …

ヒューマンドラマ映画

映画『ある殺人、落葉のころに』三澤拓哉を支えるウォン・フェイパン(黄飛鵬)とは

日本と香港の若き才能が集いクランク・インした映画『ある殺人、落葉のころに』。 冬空の下、神奈川県の大磯で行われるロケーション現場では、三澤組のスタッフたちの間に日本語、英語、中国語の掛け声が飛び交って …

ヒューマンドラマ映画

【悪と仮面のルール】主題歌(Uru/追憶のふたり)の歌詞と発売日は?

ミュージシャンUruの新曲「追憶のふたり」が、玉木宏主演で映画化した『悪と仮面のルール』主題歌に決定しました。 また、映画『悪と仮面のルール』は2018年1月13日より全国公開されtます。 今回はアー …

ヒューマンドラマ映画

映画『愛と青春の旅だち』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【リチャード・ギア×デブラ・ウィンガー】

人は変われる。 自分を信じ諦めず進むその先に、幸せが待っている。 1982年製作、リチャード・ギア主演の映画『愛と青春の旅だち』を紹介します。 士官養成学校生の友情と恋を描いたこの作品は、35年以上経 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学