Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

『アウトレイジ3最終章』ネタバレ感想と評価!北野武監督次回作は

  • Writer :
  • 馬渕一平

大人気「アウトレイジ」シリーズの最新作にして最終作がついに公開!

様々な分野で活躍する才人・北野武監督の『アウトレイジ 最終章』をご紹介します。

以下、あらすじや結末が含まれる記事となりますので、まずは『アウトレイジ 最終章』の作品情報をどうぞ!

スポンサーリンク

1.映画『アウトレイジ 最終章』の作品情報


(C)2017「アウトレイジ 最終章」製作委員会

【公開】
2017年(日本映画)

【監督・脚本・編集】
北野武

【キャスト】
ビートたけし、西田敏行、大森南朋、ピエール瀧、松重豊、大杉漣、塩見三省、白竜、名高達男、光石研、原田泰造、池内博之、津田寛治、金田時男、中村育二、岸部一徳

【作品概要】
『アウトレイジ』シリーズは、北野武監督が初めて手掛けたシリーズプロジェクトで、裏社会の男たちの抗争を描いた究極のバイオレンス・エンターテインメント。

2010年に『アウトレイジ』、2012年に『アウトレイジ ビヨンド』が公開され、シリーズ累計興収22億円超を記録した超人気シリーズ。

そんな『アウトレイジ』シリーズが、前作から5年の月日を経て、ついに最終章を迎えます。

大友を慕う韓国・済州島グループの市川役に大森南朋、花菱会の花田役にピエール瀧、同・若頭補佐・森島役に岸部一徳、花菱会の新会長・野村役に大杉漣、花田の手下・丸山役に原田泰造、関東の組織「山王会」木村組・吉岡役に池内博之らがシリーズ初参戦!!

前作に引き続き出演することが発表されているビートたけし(大友役)、西田敏行(花菱会・西野役)、塩見三省(同・中田役)、白竜(張会長の側近・李役)、名高達男(山王会・白山役)、光石研(同・五味役)、松重豊(警視庁・繁田役)ら豪華強面の面々と共に、全員暴走!

遂に全面戦争勃発!!

2.映画『アウトレイジ 最終章』のあらすじとネタバレ


(C)2017「アウトレイジ 最終章」製作委員会

《関東【山王会】 vs関西【花菱会】》の巨大抗争後、大友は韓国に渡り、日韓を牛耳るフィクサー張会長の下にいました。

そこに、韓国出張中の【花菱会】花田がトラブルを起こし、張会長の手下を殺してしまいます。

これをきっかけに、《韓国【フィクサー】 vs関西【花菱会】》一触即発の様相を呈する中、【花菱会】では内紛が勃発。

そんな中、大友が日本に戻ってきます…。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『アウトレイジ 最終章』結末の記載がございます。『アウトレイジ 最終章』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

花田はその揉め事を若頭補佐・中田に相談し、二人で張に謝罪しに行きます。

しかし、張は3千万円を受け取るどころか、さらに3千万円を持たせて中田と花田を追い返しました。

その揉め事を利用して花菱会会長・野村は、中田に花菱会若頭・西野を始末しろと命じます。

ところが、西野と同じく野村を認めていなかった中田は西野の方へと寝返り、西野は一時的に殺されたふりをしました。

張の手下に命を狙われた野村は焦り、張の暗殺を花田に命じますが、暗殺は失敗。

一連の騒動の方をつけるため、日本に帰国した大友は花菱会の幹部たちを次々に殺害していきます。

一方の西野はその大友を利用し、会長の野村を殺害することに成功しました。

そして、思惑通り花菱会の新会長に就任。

さらに、大友は手下の仇を取るために花田を殺害、兄弟分の盃を交わした木村を殺した山王会の元組員をも殺害して全てにけりをつけました。

このまま生かしておいては張会長に迷惑がかかると、張会長の幹部・李が大友を始末しようと、銃を向けます。

しかし、大友はそれを断り、自らの顎に銃口を向けると、それを撃ち抜きました。

スポンサーリンク

3.映画『アウトレイジ 最終章』の感想と評価


(C)2017「アウトレイジ 最終章」製作委員会

今回でついに終わりを迎える「アウトレイジ」シリーズ。

予告編から、さらに過激さの増したエンタメ作品になるのではないかと想像した方も多いのではないでしょうか。

しかし、今作は『ソナチネ』を意識して作られており、全編を通してどことなく物悲しさや虚しさが流れています。

1作目は暴力のエスカレーション、2作目は罵りあいの面白さ(関西弁はピッタリ!)。

今回の3作目は濃厚な騙し合い(正に仁義なき戦い)。

ファンが楽しみにしている残虐なやり口、今回はキャンプと花火という非常に夏らしいレジャーでした。

ただ、それはあくまでサービスで入れたのかなという感じがするほどに、アンチカタルシスなつくり。

前2作のテンションの高まり方からするとやや拍子抜けと感じてしまうのですが、思い返せば北野武映画とはそもそもこういう温度感だったなと。

そういう捉え方で思い返すと、大友の結末は冒頭の太刀魚が暗示するように明白なものでした。

俳優・北野武の魅力は相変わらず全開です。

大友が命を狙われた場面で、若い子たちの命を奪ってしまった時の申し訳なさそうな感じ。

序盤の市川とのやり取りも本当にかわいくて最高でした。

そして、今作にはもう一人かわいいキャラが。

花菱会の会長・野村を演じた大杉漣。

『シン・ゴジラ』の時もそうでしたが上の立場に立ってあたふたする姿がなんともチャーミング。

衣装のポロシャツのチョイスも文句なしの100点。

鈴木慶一さんが手掛けた音楽もバッチリ画にハマっていました。

カメラワークも含めた総合点が本当に高い、見応え充分の一本でした。

まとめ


(C)2017「アウトレイジ 最終章」製作委員会

北野武映画として初の続きものとなった「アウトレイジ」シリーズもこれにて終幕。

先日、初の恋愛小説『アナログ』が出版されましたが、それが次回作とのことです。


『アナログ』新潮社

ここで一旦流れが終わり、そこからまた新たな北野武映画が撮られていくのだなと思うと、いちファンとして楽しみでなりません。

北野武映画の一つの区切りとして、間違いなく見逃してはならない作品です。

ぜひ劇場に足を運んで、観た後は「バカヤロー、コノヤロー」と叫びましょう。

観賞後モロに影響を受けてしまうのも、映画体験の素晴らしさです!

関連記事

アクション映画

映画『アンノウン・ソルジャー』あらすじネタバレと感想。原作ヴァイノ・リンナの「無名戦士」を新たに描くフィンランド作品

第2次大戦下、フィンランドとソ連が激戦を繰り広げた“継続戦争”。 それを描いた古典的作品として、フィンランドで最も知られているヴァイノ・リンナの小説「無名戦士」が映画化されました。 フィンランド映画史 …

アクション映画

映画『ダークナイト ライジング』ネタバレ感想と考察評価。バットマン三部作最終章で人々が“継承”したものとは?

映画『ダークナイト ライジング』でバットマンの終焉が伝説となる。 『ダークナイト ライジング』は、クリストファー・ノーラン監督によるバットマン三部作「ダークナイトトリロジー」の最終章です。 「ダークナ …

アクション映画

映画『バーストマシンガール』感想とレビュー評価。片腕の【爆裂魔神少女】搗宮姫奈×花影香音が放つパンクトラッシュ・ムービー!

映画『爆裂魔神少女 バーストマシンガール』は2019年11月22日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷、シネマート新宿ほか全国ロードショー! 2008年に製作・公開されるやトンデモな描写で大ヒット、 …

アクション映画

映画『ヴェンジェンス』あらすじとキャスト一覧!感想レビュー!

外道どもに死の制裁を下す衝撃のパニッシャー・アクション!『ヴェンジェンス』は、2017年9月30日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショー! ニコラス・ケイジは、『リービング・ラスベガス』でアカデミ …

アクション映画

映画『ワイルドスピード9スーパーコンボ』ネタバレあらすじと感想。結末まで疾走する初スピンオフでもホブスとショウは大暴れ!

ワイスピのスピンオフ見参!メガヒットシリーズの通算9作目『ワイルド・スピード /スーパーコンボ』。 カーアクションとしてスタートを切った『ワイルド・スピード』から、シリーズ通算9作目。 『ワイルド・ス …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP