Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

Entry 2022/11/23
Update

真・事故物件パート2 全滅|あらすじ感想と考察解説。続編は“いわくつき”場所で起きた惨劇の謎があきらかに⁈

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

映画『真・事故物件パート2 全滅』が、2022年12月23日(金)より全国順次公開。

2022年2月に公開され、手加減抜きのバイオレンス描写が話題になった『真・事故物件/本当に怖い住民たち』。

幽霊だけではなく、人間の恐怖も描いた前作でしたが「そもそも何故、あの惨劇が起きたのか?」に関しては、謎の部分が多いままでした。

謎の部分がが判明する『真・事故物件パート2 全滅』では、前作でも話題になった「ゴア描写」も更にパワーアップし見どころになっています。

「理不尽な恐怖」が倍増した、映画『真・事故物件パート2 全滅』の魅力をご紹介します。

映画『真・事故物件パート2 全滅』の作品情報


(C)2022 REMOW

【公開】
2022年公開(日本映画)

【監督・脚本】
佐々木勝己

【共同脚本】
久保寺晃一

【製作総指揮】
揖斐憲

【キャスト】
窪田彩乃、小野健斗、海老野心、ヨウジヤマダ、石川涼楓、福谷孝宏、旭桃果、河野知美、宮本和武、高見綾、広道優花、御法川イヴ、竹川由華、笹岡郁未、原田夕季叶

【作品概要】
YouTubeの企画で、無理やり事故物件に住むことになった、3人の女性が遭遇する恐怖を描いた『真・事故物件/本当に怖い住民たち』。

その続編となる『真・事故物件パート2 全滅』は、前作から引き続き佐々木勝己が監督と脚本を務めています。

事故物件の撮影に巻き込まれる、主人公の姫宮を、『ハニーレモンソーダ』(2021)の窪田彩乃が演じています。

また、前作に続き『天装戦隊ゴセイジャー』の小野健斗が、安藤役を続投しています。

映画『真・事故物件パート2 全滅』のあらすじ


(C)2022 REMOW
古いアパートで、謎の死を遂げたユーチューバーの事件が連日報じられている中、新たな事故物件企画が立ち上がります。

その内容は、事故物件に集められた男女の恋愛リアリティショーで、撮影に携わることになった姫宮伊吹は、キャスティングやロケ場所などを、監督に丸投げされます。

困り果てた姫宮は、以前一度だけ連絡を取り合ったことのある男、安藤の存在を思い出します。

撮影にADとして参加することになった安藤は、手際よく出演者を探し、事故物件の噂がある、かつて画家が使っていた一軒家を見つけて来ます。

そして迎えた撮影当日。

撮影場所には、迷惑系、美容系、オカルト系のユーチューバーの他、女優も参加し、更に霊媒師も合流する流れとなっています。

予定通り撮影が始まりますが、姫宮は謎の人影を目撃するなど、屋敷内に不気味な雰囲気を感じるようになります。

更に安藤も、不可解な動きを見せ始め、混乱し始めた事故物件での撮影は、やがて地獄のような現場となっていき…。

映画『真・事故物件パート2 全滅』感想と評価


(C)2022 REMOW
2022年2月に公開され、血と肉が飛び散る、いわゆる「ゴア描写」が話題となった『真・事故物件/本当に怖い住民たち』。

公開中の時点で、続編の話が噂されていましたが、僅か10ヵ月での続編公開となりました。

1作目では、事故物件の噂のあるいわくつきのアパートで、動画配信企画をやることになった、3人の女性が遭遇する恐怖を描いていました。

恐怖の主軸は事故物件の怪現象というより、その事故物件に住み続け、儀式を繰り返す謎の男の、不気味な存在でした。

表向きはまともに見える男の存在は、事故物件でなくても、身近な「隣人トラブル」を連想させ、人間の異常性が際立つ恐怖が特徴的でした。

全体的に、暗く陰湿な恐怖というより、明るくポップな作風で、それを象徴するのが、潔すぎるラストシーンではないでしょうか?

『真・事故物件パート2 全滅』でも、明るくポップな作風は引き継がれていますので、前作の作風が好きだった方は、間違いなく楽しめる作品となっています。

1作目では撮影企画に参加した、3人の女性目線で恐怖が展開される、オーソドックスな構成でした。

では『真・事故物件パート2 全滅』も、同じような構成なのか?と言うと、全くそんなことはありません

前作では謎のまま終わった「安藤は何者なのか?目的な何なのか?」という核心的な部分が、本作の物語の主軸となっています。

前作で唯一生き残ったのは安藤で「安藤が生き残るの?」と、モヤモヤした方も多いのではないでしょうか?

今回は事故物件での恋愛リアリティショーに参加する、ユーチューバー目線ではなく、それを撮影する制作スタッフ目線で物語が進み、暗躍する安藤と、その背後にある謎が描かれていきます。

構成が大きく変わった『真・事故物件パート2 全滅』ですが、前作から受け継がれているのが、容赦のない「ゴア描写」です。

特に後半で、ある存在が現れて以降「ゴア描写」が連発されていくので「R18指定」は伊達じゃないと感じました。

謎の男である安藤、動画の制作スタッフ、迷惑系に美容系、オカルト系ユーチューバー、そして霊媒師と、個性の強すぎるキャラクター達も魅力的で、確実に前作よりパワーアップした印象を受ける、残酷だけど楽しい映画に仕上がっています。

まとめ


(C)2022 REMOW
『真・事故物件パート2 全滅』は、一軒家の事故物件を舞台にしています。

いわくつきの一軒家と言えば「呪怨」シリーズを連想しますが、「呪怨」が絡むあるパロディ的な展開もあり、「ゴア描写」は強烈ながらも、楽しく笑える作品となっています。

前作の主人公、姫子を演じた海老野心が、続編にも出演することがすでに発表されていますが、とんでもない登場のしかたをしていますので、そこもお楽しみください。

ラストも前作に引き続き潔いですが、「全滅」というタイトルの意味を実感する、エンドロールにも注目です。



関連記事

ホラー映画

『Kfc』あらすじ感想と評価解説。ベトナム監督レ・ビン・ザンが描く“グロと暴力と食人”の先にある《愛》とは⁈

静寂の中にある「食人」を描く 恐ろしくも物哀しい愛と暴力の物語 日越外交関係樹立50周年記念の特集企画「ベトナム映画の現在plus」で日本初上映を迎え、名古屋シネマスコーレで2023年11月25日(土 …

ホラー映画

映画 樹海村ネタバレ|結末ラスト感想とエンドロール解説考察。山田杏奈×山口まゆ演じる姉妹の運命分けた“約束”と“呪い”への変質

映画『樹海村』は2021年2月5日(金)より全国ロードショー公開! 2020年に大ヒットした『犬鳴村』に続く「恐怖の村」シリーズ第2弾であり、「自殺の名所」と知られる富士・青木ヶ原樹海、インターネット …

ホラー映画

【ネタバレ】ヴァチカンのエクソシスト|あらすじ結末感想と評価解説。実在の神父役にホラー映画初出演ラッセル・クロウが挑む!

ラッセル・クロウが実在したヴァチカンのチーフエクソシスト、ガブリエーレ・アモルト神父を演じたホラー大作 チーフエクソシストとしてローマ教皇に使え、生涯で数万回の悪魔祓いを行ったガブリエーレ・アモルト神 …

ホラー映画

ホラー映画『NOCEBO ノセボ』あらすじ感想と評価解説。“ビバリウムのロルカン・フィネガン監督”の描いた「幸せの絶頂」にいた家族の怪異な恐怖

映画『NOCEBO ノセボ』は2023年12月29日(金)より全国順次公開! 『ビバリウム』のロルカン・フィネガン監督によるホラー映画『NOCEBO ノセボ』。 幸せの絶頂にある一人の女性が遭遇した予 …

ホラー映画

映画『真・鮫島事件』ネタバレあらすじと感想考察。ガチ怖を解説するとオンラインを使用する若者たちの呪いと運命が深掘りができる⁈

新たな鮫島事件『真・鮫島事件』は2020年11月27日(金)より全国公開 2001年に、ある書き込みがキッカケで、インターネット上で様々な憶測が飛び、「語ってはならない事件」として都市伝説化した「鮫島 …

U-NEXT
【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学