Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

『犬鳴村/恐怖回避ばーじょん』ネタバレ感想と内容解説。怖くない笑いとギャグで最恐の心霊スポットに“かわいいワンコ”が走る!

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

『犬鳴村』の恐怖回避ばーじょんの映画が登場!

九州に実在する、最恐の心霊スポットとして知られる「旧犬鳴村トンネル」。

この実在する心霊スポットを舞台に「呪怨」シリーズの清水崇監督が制作し、動員100万人を超えを記録した、大ヒットホラー映画『犬鳴村』

「『犬鳴村』に興味はあるけど、ホラーは苦手」という方々の為に、恐怖シーンに加工などを施した『犬鳴村/恐怖回避ばーじょん』も制作されました。

とは言え、オリジナルの恐怖をどこまで緩和させたのかが気になるところ。今回は『犬鳴村/恐怖回避ばーじょん』の恐怖回避のポイントと、オリジナルとの印象の違いをご紹介します。

スポンサーリンク

映画『犬鳴村/恐怖回避ばーじょん』の作品情報


(C)2020「犬鳴村」製作委員会

【公開】
2020年公開(日本映画)

【監督・脚本】
清水崇

【脚本】
保坂大輔

【キャスト】
三吉彩花、坂東龍汰、古川毅、宮野陽名、大谷凜香、奥菜恵、須賀貴匡、田中健、寺田農、石橋蓮司、高嶋政伸、高島礼子、梅津陽、笹本旭

【作品概要】
世界的に注目されているJホラーの旗手、清水崇が実在する心霊スポットを題材にした、ホラー映画『犬鳴村』。この『犬鳴村』の恐怖場面を、徹底的に緩和した映画が『犬鳴村/恐怖回避ばーじょん』です。

主演は、2019年に公開された矢口史靖監督の『ダンスウィズミー』の三吉彩花。坂東龍汰、大谷凛香、古川毅などの注目俳優や、寺田農、石橋蓮司、高嶋政伸、高島礼子ら実力派俳優が共演しています。

映画『犬鳴村/恐怖回避ばーじょん』あらすじ


(C)2020「犬鳴村」製作委員会

恋人の西田明菜の動画撮影に付き合わされ、日本屈指の心霊スポットと呼ばれる「旧犬鳴村トンネル」に立ち入った、森田悠真。

不気味なトンネル内の空気に触れ、悠真は先に進む事を躊躇しますが、明菜はどんどん先に進んで行きます。

そして、トンネルの出口に置いてある「この先、日本国憲法通用せず」の看板。

それは、この場所が「旧犬鳴村トンネル」の先に存在すると言われる村、「犬鳴村」である事を意味します。

不気味な廃墟が集合した村で、悠真は更に恐怖を感じますが、何も気にしていない様子の明菜は、廃墟の中のトイレを使います。

トイレを使用した明菜は、廃墟の外に出ようとしますが、扉が閉ざされ出る事ができません。

すると、大勢のうめき声のようなものが聞こえ、廃墟の窓から出てきた腕に、顔を掴まれます。

村の中を散策していた悠真は、明菜の悲鳴を聞き、廃墟へ助けに行きますが、廃墟から飛び出した明菜は、取り乱した様子で「旧犬鳴村トンネル」へ走って行きます。

悠真も明菜を追って、「犬鳴村」から逃げ出します。

臨床心理士の森田奏は、遼太郎という少年を担当しています。

遼太郎は「本当のママに怒られる」という、意味不明の発言を繰り返しており、遼太郎が手を振っている方向に、女性の幽霊らしき存在を奏は目撃します。

奏は遼太郎を気味悪く感じ、担当を降りる事を検討していました。

そんな時、兄の悠真から連絡が入り、奏は実家に戻ります。

実家で兄の悠真から「『犬鳴村』に行ってから、明菜の様子がおかしい」と聞かされた奏。

弟で小学生の健太は、自由研究を「犬鳴村」の都市伝説にしており、悠真の話に興味を持ちますが、父親の晃は不快感を示します。

母の彩乃は、晃の事を恐れているようでした。

奏は、悠真の部屋にいる明菜と会います。

明菜は、紙に犬と思われる不気味な模様を描いており、「わんこがねぇやに、ふたしちゃう」と、不気味なわらべ歌を口ずさんでいました。

明菜がトイレに行く為、部屋を出たタイミングで、悠真は奏に「助けてやってほしい」と頼みます。

奏が臨床心理士である事と、幼い頃から見えない存在が見える、特殊な力を持っている事から、悠真は頼りにしていたのです。

そこへ、健太が悠真の部屋に入ってきます。

健太の報告から、明菜が家の外に出た事を聞いた悠真は、明菜を探しますが、近くの鉄塔から明菜は飛び降り、亡くなってしまいます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『犬鳴村/恐怖回避ばーじょん』ネタバレ・結末の記載がございます。『犬鳴村/恐怖回避ばーじょん』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2020「犬鳴村」製作委員会

明菜の葬式の際、晃は明菜の父親に「森田の血は汚れている」と非難されます。

晃は、老医師の山野辺から、明菜の灰に水分が含まれていた事を聞かされ、何かを悟ったような素振りを見せます。

悠真は、仲間と共に「旧犬鳴村トンネル」へ向かいます。

明菜の恨みを晴らす為、「犬鳴村」を燃やそうとしましたが、「旧犬鳴村トンネル」には前には無かったバリケードがされており、中には入れなくなっていました。

それでも、悠真はバリケードの封鎖されていない部分から「旧犬鳴村トンネル」内に入ります。

悠真の仲間は、尋常ではない悠真の雰囲気に恐れを感じ、その場から逃げ出しました。

そこへ、悠真の車に忍び込んでいた健太が現れ、「旧犬鳴村トンネル」の中に入ろうとします。

「旧犬鳴村トンネル」内では、狂ったような叫び声をあげる悠真がいました。

悠真は健太に気付き、中に入らないよう忠告しますが、健太はバリケードから落下しトンネル内に入ってしまい、不気味な集団に取り囲まれてしまいます。

トンネル内には、悠真と健太の叫び声が響きます。

悠真と健太が行方不明になった事を聞き、奏は両親と悠真の仲間、そして警察と共に「旧犬鳴村トンネル」へ行きます。

「旧犬鳴村トンネル」のバリケードに、健太が持っていたカメラが置いてあった事から、この場所で行方不明になった事を警察は確信します。

ですが、すぐの捜索ができない事が判明した瞬間、彩乃が豹変し警察をひっかき、晃に噛みつきます。

すぐに正気に戻った彩乃を、晃は拒絶します。

悠真と健太が行方不明になり、心配しながらも、奏は臨床心理士の仕事を続けていました。

ある時、遼太郎の父親から、実は遼太郎は実の息子ではなく養子で、実の母親は死産した事を聞かされます。

遼太郎は体調を崩し、緊急搬送され、奏は付きっきりで看病しますが、疲れて眠ってしまいます。

目を覚ました奏は、遼太郎が消えている事に気付きます。

奏は遼太郎を探し、危篤状態で搬送された、山野辺の病室の前で発見します。

病室からは、大勢のうめき声が聞こえていますが、意を決して病室に入った奏に、山野辺はかすれた声で「溺れ死ぬ」と伝えます。

また、悠真の仲間が、午前2時に電話が鳴るという都市伝説が存在する「旧犬鳴村トンネル」近くの電話ボックスで、溺死するという事件が起きます。

奇怪な現象が重なる事から、奏は晃に「森田の血」の真相を聞こうしますが、晃は奏に「俺は、お前たちが怖いんだよ」と言い放ちます。

奏は、「森田の血」の真相を究明する為、祖父の隼人を訪ねます。

亡くなった祖母は、奏同様、見えないはずの存在が見える力を持っていましたが、その祖母は「身寄りは分からず、家の前に捨てられていた子供」と聞かされます。

そして「犬鳴村」は、過去にダムの底に沈んだ村である事も聞かされます。

奏は祖母が眠るお墓を眺めますが、そこへ、奏が幼い頃から見えていた、若い青年の亡霊がいる事に気付きます。

「犬鳴村」が沈んだダムを眺める奏。

そこへ、奏が幼い頃から見えていた青年の亡霊、成宮健司が現れます。

健司は、奏に「見せたいものがある」と、過去に撮影された「犬鳴村」の記録映像を見せられます。

「犬鳴村」は、江戸時代より以前に、迫害された人たちが住む村で、独自の文化が育まれていました。

そこへ、村人にとって良き理解者となる人物が現れますが、それは、電力会社の回し者で、「犬鳴村」を破壊し、ダムの底に沈めた人物です。

また、「犬鳴村」の女性を閉じ込め「あそこの女性は、犬と交配して子孫を残している」と言いふらしていました。

その「犬鳴村」をダムに沈めた人物は、晃の先祖である事に、奏は気付きます。

「犬鳴村」の過去を知った奏は、実家に戻りますが、実家の壁には「殺人者」などの落書きがされていました。

また、綾乃が犬のように豹変しており、晃は一心に綾乃をなだめていました。

「犬鳴村」と対峙する事を決めた奏は、午前に2時に電話が鳴るという電話ボックスに向かい、電話ボックスの受話器を取ります。

その後、「犬鳴トンネル」に向かうと、バリケードが消えており、トンネル内に入れるようになっていました。

そこへ、健司が現れ「自分が案内する」と奏に伝えます。トンネルの先には、ダムに沈んだはずの「犬鳴村」がありました。

電話ボックスの受話器を取った事で、時空が歪み、過去の時間が流れているのです。

奏は健司に導かれ、悠真と健太が閉じ込められている場所に辿り着きます。

2人を救出するには鍵が必要で、奏は鍵が保管されている小屋に入りますが、そこには村の女性、籠井摩耶がいました。

出産した直後の赤ん坊が近くにおり、健司は奏に赤ん坊も連れて行くようにお願いをします。奏は赤ん坊も連れて逃げようとしますが、摩耶は赤ん坊と離れる事に納得しておらず暴れ始めます。

健司は「この村はもうすぐダムに沈む、赤ん坊は育てられない」と説得しますが、摩耶は暴れ続けており、奏はその間に赤ん坊を連れて逃げ出し、悠真と健太を連れ出します。

奏達は「旧犬鳴村トンネル」まで、逃げ出しますが、そこへ追いかけて来た摩耶が現れます。

凶暴な犬のように豹変した摩耶が、奏に襲い掛かりますが、健司と悠真が摩耶を止めている間に、奏と健太は逃げ出します。

奏と健太は、辿り着いた民家に赤ん坊を置いた瞬間、時空の歪みが正常に戻り、祖父の家の前で倒れていました。

それから数日後、犬鳴村が沈んでいたダムから、悠真の死体が見つかりますが、その両足には、健司と摩耶と思われる、白骨死体がしがみついていました。

奏は健司と摩耶の白骨を祖母と同じ墓に入れます。病院に復帰した奏は、遼太郎の退院を見送ります。

奏の後姿を眺めていた遼太郎は、犬のような歯を見せます。奏も犬のような歯を見せながら、病院の廊下を歩いていました。

スポンサーリンク

映画『犬鳴村/恐怖回避ばーじょん』感想と評価


(C)2020「犬鳴村」製作委員会

福岡県に実際に存在する「旧犬鳴トンネル」と、その先にあると言われている都市伝説「犬鳴村」

この「犬鳴村」に関する都市伝説を映画化した『犬鳴村』は、大ヒットを記録しましたが、公開前に1週間限定で、冒頭の8分間に加工を加え、「怖くないバージョン」をSNSで配信したところ、ホラーが苦手な人からも好評だった為、今回の『犬鳴村/恐怖回避ばーじょん』が制作されました。

では、どの辺りが「恐怖回避バージョン」なのか?を、ご紹介していきます。

恐怖回避その① 恐怖場面に面白台詞やテロップを使用!

『犬鳴村/恐怖回避ばーじょん』では、幽霊が出現したり、犬鳴村の呪いに襲われる恐怖シーンでは、必ず漫画の吹き出しのような加工が施されており、その中に面白い台詞が入っています

また、台詞だけでなく、テロップも活用する事で、恐怖場面に笑える演出が施されています。

ただ台詞やテロップを入れている訳ではなく、その場面に応じた小ネタを入れている為「いかに恐怖の場面を笑えるようにするか?」という大喜利状態になっているので、そこに注目して下さい。

「バンジージャンプネタ」「ブラック企業のタクシーネタ」など、いろいろな小ネタが入っており、どうにもならない場面は「オナラネタ」で強引に空気を変えていっています

「オナラネタ」でも、どうにもならない時は、突如現れる「DJ INUNAKI」が素敵な仕事をしていますよ。

恐怖回避その② 刺激の強い描写は見せない!

オリジナルの『犬鳴村』では、刺激の強い場面がいくつかありましたが、『犬鳴村/恐怖回避ばーじょん』では、刺激の強い場面では、可愛い犬のイラストが出現したり、モザイクをかけたりして、見せないというホラーが苦手な人に安心の演出を加えています

ですが、ラストに出てくる、悠真の死体の足の部分など、見せない事で逆に気になってしまう部分もありますが、そこはご愛敬と受け取りましょう。

恐怖回避その③ エフェクトや効果音が笑いを誘う!

『犬鳴村』では、犬鳴村の人々から逃げ出す場面が多いのですが、手を繋いで逃げる場面など、画面にキラキラしたエフェクトがかかり、まるで恋を楽しむカップルのような印象を与えます。

また、恐怖を緩和させる為に、効果音も駆使しているのですが、特にクライマックスで、犬のように豹変した摩耶に加えられた効果音が秀逸です。

恐怖回避その④ 随所に挿入された運動会ネタ!

『犬鳴村』では、逃げる為に走る場面が多い事は前述しましたが、『犬鳴村/恐怖回避ばーじょん』では、走り出す場面に「天国と地獄」の音楽を加え、運動会のように見せる「運動会ネタ」が随所に入っています

そのしつこさに、3回目にはツボに入ってしまいました。

恐怖回避その⑤ 何故かクライマックスだけ応援上映!

『犬鳴村/恐怖回避ばーじょん』では、上映前にマスコットキャラクターとも言える「いぬ」君が現れ、観客に応援上映の練習をさせますが、実際に応援上映をするのは、クライマックスだけとなっています

ここでは、犬鳴村から逃げようとする奏達を、好きなように応援しましょう。

なので、本作は1人で鑑賞するより、大勢での鑑賞がお勧めです。

このように、恐怖回避ポイントを紹介しましたが、加工が施されているのは恐怖場面だけで、物語が進む重要な場面はオリジナルのままとなっています。

なので『犬鳴村』本来の、血筋による逃れられない宿命を描いた物語は、そのまま楽しむ事ができます

ただ、恐怖回避の為の加工が、想像以上に笑える方向へ振り切っていた為、作品が持つ情緒や悲しさは薄れた印象ですね。

まとめ


(C)2020「犬鳴村」製作委員会

『犬鳴村/恐怖回避ばーじょん』は、清水崇監督自らが監修しています。

清水崇監督は、2020年に特集上映が開催された際「怖さと笑いは紙一重」というテーマでシアタートークを開催している他、2004年にテレビ東京で放送されたホラーコメディドラマ『怪奇大家族』では、企画から参加しており「思いっきり怖がらせた後に笑わせる」作品に挑戦しています。

『犬鳴村/恐怖回避ばーじょん』は、オリジナル版では怖かったはずの場面が、台詞によるツッコミなどで笑える場面に変化しており、まさに「怖さと笑いは紙一重」と呼べる作品となっています。

これは、清水崇監督の「紙一重」の部分への挑戦ではないでしょうか?

もともとホラー映画だった『犬鳴村』の、恐怖をあえて緩和させた『犬鳴村/恐怖回避ばーじょん』は、「新たな発明」とも呼ばれており、今後は「応援上映」のように「恐怖を緩和させたバージョン」が、Jホラーの主流になるかもしれません

怖ければ怖いほど、笑える場面に生まれ変わっており、人が持つ「恐怖」の感情とは何なのか?とつい考えてしまいます。



関連記事

ホラー映画

映画『来る』小松菜奈(真琴役)の演技力とプロフィール。おすすめ作品も調査

2018年12月7日(金)より公開された中島哲也監督のホラー・エンターテイメント作品『来る』。 原作は澤村伊智の第22回日本ホラー小説大賞受賞作「ぼぎわんが、来る」。 メガホンをとるのは、2011年ア …

ホラー映画

こどもつかいキャストとあらすじ!滝沢秀明映画の舞台挨拶や試写会は?

“悪いオトナに「死」を届ける…簡単なおつかい…” 『呪怨』の清水崇監督が再び世界を震撼させる究極のホラー映画『こどもつかい』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『こどもつかい』の作 …

ホラー映画

映画『ザ・ボーイ2 残虐人形遊戯』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。ケイティホームズ演じる母親が怖いドールと対峙する

『ザ・ボーイ~残虐人形遊戯~』は『ザ・ボーイ~人形少年の館~』の続編! 2016年に10~20代の青少年を熱狂させた映画『ザ・ボーイ~人形少年の館~』のオリジナル興行チームと『IT/イット “それ”が …

ホラー映画

映画『ザ・ライト エクソシストの真実』ネタバレ感想と考察。ルーカス神父をアンソニーホプキンスが怪演

事実に基づく「悪魔祓い」の儀式、エクソシストの存在に迫る! 今もなお行われている「悪魔祓い」と呼ばれるバチカンの正式な職業「エクソシスト」をあなたはご存知でしょうか? これまでも悪魔祓いといわれる「エ …

ホラー映画

Netflix映画『ザ・ベビーシッター』ネタバレ感想考察と結末までのあらすじ。おすすめホラーコメディは登場人物の魅力が光る!

NETFLIX映画『ザ・ベビーシッター』 身近で仲の良い人の、恐ろしい「裏の顔」。 普段が良い人であればあるほどそのふり幅は大きく、より衝撃的になります。 今回は大好きなベビーシッターが、実は悪魔崇拝 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学