Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

映画『テルマ』あらすじとキャスト一覧!公開日と劇場は?

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

2017年の最もエキサイティングだと言われるホラー映画が海外で話題となっています!

この作品の監督はデンマークのコペンハーゲン出身で、ノルウェーで活動する映画監督でヨアヒム・トリアー。

今回は日本公開が待ち遠しいホラー映画『テルマ』をご紹介します!

スポンサーリンク

1.映画『テルマ』の作品情報

【公開】
2018年(スウェーデン、ノルウェー、フランス映画合作)

【監督】
ヨアヒム・トリアー

【キャスト】
エレン・ドリト・ピーターセンヘンリク・ラファエルソンエリー・ハーボー

【作品概要】
エレン・ドリト主演のノルウェー製作の超自然的なホラー&スリラー作品。

この映画はノルウェーのMotlysによって製作され、スウェーデンのB-Reel、FilmVäst、Filmpool Nord、デンマークのSnowglobe、フランスのLe Pacteと共同制作された作品です。

予算は約日本円にして6億2000万円を用して製作。撮影ロケ地はオスロ、イェーテボリ、トロルハタン、キルナで行いました。

撮影日数は2016年9月20日に始まり44日間続いた。

2.映画『テルマ』のあらすじ


映画『テルマ』

女子大生テルマは6歳までの記憶がなかった、それでも彼女は大学に通い、人並みに恋する“普通”の女の子でした。

ある日、テルマはプールで泳いでいた際に怪奇的な現象に襲われます。

やがて、次々に彼女の周囲で巻き起こる奇怪な現象は、実はテルマの両親が秘密にした彼女に無くなっていた過去の記憶と深い関係があった…。

スポンサーリンク

3.ヨアキム・トリアー監督とは?

ヨアキム・トリアー(Joachim Trier)は1974年にデンマークのコペンハーゲン出身で、ノルウェーで活動する映画監督。

彼は『奇跡の海』『ダンサー・イン・ザ・ダーク』『ドッグヴィル』などで知られる巨匠ラース・フォン・トリアーの甥です。

【プロフィール】
ヨアキム・トリアーは2006年に『Reprise』で長編監督デビューを果たします。彼はこの作品でノルウェー国内のアマンダ賞やAamot Statuetteを受賞します。

さらにはトロント国際映画祭をはじめ、世界各国のインタンブル、ロッテルダム、ミラノ、カルロヴィヴァリで上映され、国際的知名度を得ました。

長編監督2作目『Oslo, August 31st』は、第64回カンヌ国際映画祭のある視点部門でプレミア上映されました。

2015年に公開された第3作目の『Louder Than Bombs』は、2016年にアマンダ賞で監督賞、脚本賞、撮影賞、編集賞を受賞。

同年にやっと日本でもヨアキム作品が公開されることになりました。

【フィルモグラフィー】
『リプライズ Reprise』(2006)
『オスロ、8月31日 Oslo, 31. august』(2011)
『母の残像 (原題Louder Than Bombs)』(2015)

ようやく、第3作品目の『母の残像』で、日本でもヨアキム監督は知られるようになりました。

今後の彼の活躍を考えれば、過去作が日本では未公開というのは残念ですね。

長編4作目となる『テルマ』にまずは期待しましょう!

4.映画『テルマ』劇場公開日と劇場は?

*まだ、現在公開日は決まってはおりません。今しばらくお待ちください。

詳細などは追って当サイトで調査いたします。

スポンサーリンク

5.まとめ

ヨアキム・トリアー監督の『テルマ』予告編は、あらゆるショットが印象的で魅惑的なものが多いと感じたのは自分だけでしょうか?

きっと、あなたもヨアキム監督ならではの感覚を、まずは少し感じたはずです。

今回のホラー映画『テルマ』をぜひ、お見逃しなく!

関連記事

ホラー映画

『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』感想評価レビュー。グロテスクと恐怖のなかにも人生の振り返りを与えてくれる

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』は2019年11月1日(金)よりロードショー! 幼年期の親友との忘れられない思い出、しかし、そのなかに忍び込む恐怖の記憶がある事件から …

ホラー映画

ホラー映画『ワーニング』感想と内容解説。韓国ガチ怖の見たら死ぬ恐怖の真相【夏のホラー秘宝まつり2020オープニング上映】

映画『ワーニング その映画を観るな』は2020年8月21日(金)より、キネカ大森・シアターセブン・シネマスコーレで開催の「夏のホラー秘宝まつり2020」にてロードショー! 毎年恒例となった、観客参加型 …

ホラー映画

映画『フラットライナーズ(2017リメイク)』あらすじとキャスト!

5人の医大生が好奇心から始めた禁断の臨死実験。 フラットラインである心電図の波形が平らになる心停止が7分を超えたとき、取り返しのつかない凄惨な現象が彼らを襲う! エレン・ペイジ主演の『フラットライナー …

ホラー映画

映画『ハッピーボイスキラー』感想とラスト考察。動画無料視聴方法も

アメリカ版ポケットモンスターにて、ピカチュウの声優を担当することが決まったライアン・レイノルズ。 デッドプールでやりたい放題のうえ、愛嬌あるピカチュウを演じるなんて…と、考えるだけで不安な方の気持ちを …

ホラー映画

映画『ブライトバーン』ネタバレあらすじと感想評価。ホラー的なスーパーマンを通して描かれる家族の姿

子供に恵まれなかった夫婦が「天からの授かりもの」と信じて育てた子供は、地球に破壊をもたらす者だったという恐怖を描いた『ブライトバーン/恐怖の拡散者』。 スーパーヒーロー作品をホラー映画で描くという「異 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学