Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

映画『透明人間(2020)』あらすじネタバレと感想。リーワネル監督のリメイク版はサイコスリラーの妙味

  • Writer :
  • 奈香じゅん

リー・ワネル監督×エリザベス・モス主演の最新作映画『透明人間(2020)』

映画『透明人間』(2020)は、1897年に出版されたH・G・ウェルズ原作の『透明人間』に登場するキャラクターを基に「ソウ」や「インシディアス」シリーズの脚本家として知られるリー・ワネル監督が制作した最新ホラー映画です。

主演はテレビドラマ『マッドメン』や『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』のケイト・モス。

現代を舞台に先端技術とサイコスリラーが上手く融合したストーリーで小気味好いサプライズも用意されています。

スポンサーリンク

映画『透明人間 (原題:The Invisible Man)』の作品情報


(C)2020 Universal Pictures.

【公開】
2020年(アメリカ・オーストラリア合作映画)

【原題】
The Invisible Man

【監督】
リー・ワネル

【キャスト】
エリザベス・モス、オリヴァー・ジャクソン=コーエン、オルディス・ホッジ、ハリエット・ダイアー、ストーム・リード、マイケル・ドーマン

【作品概要】
監督・脚本を手掛けたリー・ワネルは、光学分野の科学者から透明になることは実現し得ると聞き独自に物語のアイデアを発案。製作したのは、『ゲットアウト』(2017)や『ハロウィン』(2018)等次々と大ヒットホラー映画を世に送り出すブラム・ハウスプロダクションです。撮影場所はオーストラリア。

映画『透明人間』のあらすじネタバレ


(C)2020 Universal Pictures.

夜、恋人のエイドリアンが眠ったことを確信したセシリアは、音を立てないようこっそりベッドから抜け出します。

常備薬の抗不安剤が入った瓶を掴み家中に張り巡らされた監視カメラを無効にすると、着替えて荷物をまとめたバックを手に敷地の外へ駆け出します。

人通りのない道路へ着いたセシリアは、妹・エミリーの迎えを不安そうにじっと待機。遠くからヘッドライトが近づき、エミリーだと分かったセシリアは、車に乗り込む際に慌てて薬瓶を落としてしまいます。

後を追ってきたエイドリアンが大声で怒鳴りながら助手席の窓を割ってセシリアを掴みエミリーは緊急発進。車を見送ったエイドリアンは、血に濡れた手で落ちていた薬瓶を拾います。

その後、セシリアは、エイドリアンに住所を知られていないエミリーの恋人で刑事のジェームズ宅に身を潜めますが、2週間一歩も外へ出られず怯えて日々を過ごします。

ある日、エミリーがジェームズの家を訪問。自分の居場所がバレると思ったセシリアは、妹に食って掛かります。

エミリーは「エイドリアンは死んだわよ」と穏やかに一言。天才科学者だったエイドリアンの自殺を報道する記事をエミリーから見せてもらったセシリアは、思わず安堵して座り込みます。

セシリアは、細かい事情を話していなかった妹とジェームズに、支配欲の強いエイドリアンから常軌を逸した束縛を受けていたことを告白。

「食べる物から、服、そして言動や思考まで指図したわ」

更に、エイドリアンは子供を欲しがり、妊娠すれば一生離れられないと思ったセシリアはこっそり避妊薬を服用。しかし、それも長期間有効な方法ではないと悟り逃げる覚悟を決めてエミリーに助けを求めたと説明。

もうエイドリアンは死んでおり自分達と居れば大丈夫だと妹から励まされたセシリアは、ホッとした表情を浮かべます。

そこへエイドリアンの弟で弁護士のトムから連絡が入り、セシリアはエミリーと一緒に事務所を訪問。

トムは、エイドリアンがセシリアへ5百万ドルの遺産を残したと告げます。犯罪を犯さないという条件を承諾して署名すれば10万ドルずつ毎月振り込まれると補足。

セシリアは、面倒を見てくれていたジェームズに恩返しをしようと大学進学を希望していたジェームズの娘・シドニーの為に信託預金を開設。大喜びの2人と一緒に穏やかな夜を過ごします。

しかし、翌朝から不可解な現象が起こり始め、昼夜問わず感じる人気にセシリアは言い知れぬ恐怖を覚えます。

夜、セシリアがシドニーと一緒に寝ていると、掛けていたタオルケットが勝手に動きベッドの脇へ落下。

セシリアは目を覚ましタオルケットを拾うと、まるで重りが乗っているように布地の端が床に固定されて動きません。

その途端、タオルケットの上を歩く足跡がセシリアに接近。大声で叫び、駆け付けたジェームズに起きたことを説明しますが、落ち着くようたしなめられます。

翌日、働こうと面接に出向いたセシリアは倒れて病院へ搬送。血液検査を澄ませジェームズ宅へ戻ります。シャワーを浴び一息ついた所へ病院から連絡が入り、抗不安薬の血中濃度が高く、それが気絶を引き起こしたのだろうと言われます。

セシリアの視線の先には、洗面台の上に置かれた薬瓶。エイドリアンの家から逃げ出した夜に落とした自分の物で、血痕が付着しています。

セシリアはジェームズを伴ってトムを訪れ、エイドリアンに止めろと伝えるよう強く主張。

「自分から逃げようとしても必ず見つけ出す。直ぐ手の届く所まで近づいても、君には僕が見えない。でも、側に居ることが分かるようサインを残すよ」

セシリアは、エイドリアンがそう言っていたことを話し、薬瓶のことを説明。自殺は偽装だと訴えるセシリアに対し、トムは、兄の遺灰があるとキツネにつままれたような表情。

光学分野の先駆者だったエイドリアンは透明になる方法を発見したと続けるセシリアに対し、ジェームズも呆気にとられます。

トムは、エイドリアンが天才的だったのは発明した物ではなく、相手の弱みに付け込み思考を操る所だったと前置きし、無い物を在ると信じ込ませることで死んだ後もセシリアを苦しめられることをエイドリアンは知っていたのだろうと諭します。

トムは、自分も長い間兄に支配され、死んだと聞いて安堵したと告げ、遺体も確認したと現場写真をセシリアに見せます。

セシリアは何とか自分の気持ちを落ち着かせようとしますが、酷い内容のメールが勝手にセシリアのアドレスからエミリーへ届き、受け取ったエミリーは激怒。

更に、落ち込むセシリアを慰めるシドニーの頬が目の前で突然何かに平手打ちされます。

セシリアに殴られたと思い込んだシドニーは泣き始め、部屋へ駆けつけたジェームズは厳しい視線でセシリアを見つめます。

エイドリアンの仕業だとセシリアは訴えますが、うんざりした表情のジェームズは、娘をこれ以上怯えさせるなとジェームズはうんざりした表情でシドニーを庇うように抱きしめ出て行きます。

キッチンへ行き包丁を握ったセシリアを透明のエイドリアンが首を絞め、彼女の体を投げ飛ばします。ジェームズの家を飛び出したセシリアは、ウーバーを呼びエイドリアンの家へ。

エイドリアンの研究室へ入ったセシリアは、自分の姿を映し出す画面にふと手を触れます。するとこれまで見たことの無い黒いスーツが自動製造されて出現。

エイドリアンのウォークインクローゼットへそのスーツをこっそり隠していると扉がゆっくり開きます。

身を隠したセシリアは、シューズの足跡が絨毯に食い込むのを見た途端走り出します。

待機してもらっていたウーバーに乗り込み、急いでエミリーへ連絡。命の危険に晒されており、どうしても話がしたいと頼んで人目があるレストランで落ち合うことに。

セシリアは、エイドリアンが開発した物を見つけたと周りを警戒しながら小声で説明。ストーカー被害に遭っていることを証明できると涙ながらに訴える姉の表情を見たエミリーは耳を傾けます。

するとテーブルに置いてあったナイフが突然浮いてエミリーの喉を切り裂き、勝手に動いでセシリアの手に平へ。

思わず反応してナイフを掴んだセシリアは、喉から大量の血を流しテーブルに突っ伏した妹を呆然と見つめます。隣のテーブルで談笑していた女性客が気づき半狂乱。

店内は大騒ぎになり駆け付けた警察に取り押さえられたセシリアは精神病院へ隔離されます。

部屋の隅を睨みつけながら「お前が妹を殺した」と怒鳴るセシリアは鎮痛剤を注射されますが、眠りに落ちる直前「サプライズ」とせせら笑うようなエイドリアンの声を耳にします。

以下、『透明人間』ネタバレ・結末の記載がございます。『透明人間』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

翌日、セシリアは、事情聴取に来たジェームズと面会。「エイドリアンが生きている証拠を発見したわ。でも今は言えない。エイドリアンが聞いているから」そう小声で訴えますが、ジェームズは困ったような表情を浮かべるだけです。

その後、セシリアはカウンセラーから先日受けた血液検査の結果妊娠していることを聞かされます。

更に、トムが訪れ、犯罪を犯し法律上心神喪失であるセシリアは今後エイドリアンの遺産を受け取れないと説明。

「知人に大学資金を提供する信託口座を開いたのは知っているので残念だ」そうトムが言葉を切ると、セシリアは、「ソシオパスの兄に支配されている可哀そうな弟だと前から思っていたけど、所詮似た者同士。あんたは、より腰抜けだけどね」と言い返します。

全く動じないトムは不敵な表情を浮かべ、エイドリアンの子供の母親として関係を修復すれば、全て無かったことに出来ると書類とペンを置き署名するよう促します。

「避妊薬を服用していることがエイドリアンにバレないと本当に思っていた?兄は君が必要なんだ。なぜなら君はエイドリアンを必要としない唯一の存在だから。十分罰を受けたとエイドリアンも分かっているから、電話1本で全て解決する」そう言葉を続けたトムは、スマホをテーブルに置きます。

動揺を隠せないセシリアですが、「エイドリアンはエミリーを殺したのよ!あんたはそれを手助けした!」と反発し書類をテーブルから投げ落とします。

溜息をつき紙を拾うトムを横目に、セシリアはペンを掴んでそっと隠します。数日間考える猶予を与えると言い残しトムは退室。

面会室のテレビが大雨になると天気予報を伝えるのを聞きながら、セシリアは思考を巡らせます。

夜、セシリアは、部屋に設置された簡易シャワールームに入って水を出し、「あんたには子供も私も自由にさせない」と吐き捨て、隠しておいたペンを手首に突き立てます。

その途端目に見えない手がペンを持ったセシリアの腕を掴みます。「やっと現れたわね」そう冷笑をたたえたセシリアは掴まれた腕を振りほどき、エイドリアンが目の前に立っていると確信し思いっきり何度もペンで突き刺します。

透明になるスーツは損傷し、シャワーの水も手伝い誤作動を起こし、エイドリアンの上半身が出現。そこへ音を聞きつけた警備員が扉を開けて入室。エイドリアは、消えたり現れたりしながら警備員を殴って逃走します。

外へ追いかけて来たセシリアを羽交い絞めにしたエイドリアンは、シドニーが死ぬのはセシリアのせいだと言い放ち、駆け付けてきた警備員達を殴って病院の敷地外へ。

セシリアは警備員が落とした拳銃を拾い後を追いかけます。一刻を争う為、走ってきた車へ発砲して無理やり停車させたセシリアは、ドライバーを車外へ追い出し先を急ぎます。

一方、シドニーは就寝中。物音を聞いて目を覚まし、異様な人気を感じたシドニーはサイドテーブルに置いておいた催涙スプレーを掴み、思いっきり目の前の宙に吹きかけます。

するとうめき声と共に側の椅子が倒れ、それを見たシドニーは叫び声をあげて部屋から脱出。ジェームズが銃を構え廊下に倒れているシドニーに声をかけると、透明のエイドリアンはジェームズに凄まじい暴行を加えます。

到着したセシリアは消火器を掴んで廊下へ噴射。白い粉を浴びた黒いスーツが現れ、セシリアは持っていた銃で何発も銃弾を浴びせます。倒れこんだ黒いスーツの頭部をはぎ取ると、目を開けたまま死んでいるトムの顔。

エイドリアンの家を捜索した警察は、地下室の隠し部屋で両手両足を縛られたエイドリアンを発見。

警察署へ呼ばれたセシリアは、全ては弟のトムが仕組んだのだろうとジェームズから聞かされます。

セシリアは首を横に振り、エイドリアンが自分の弟さえ罠にはめたのだと反論。「自殺を偽装できたんだからこの位のことは彼ならやれる」

ジェームズは、警察に任せるよう説得しようとしますが、セシリアは、エイドリアンが生きている限り自分は安全ではないと静かに返答します。

夜、シドニーの顔をじっと見つめたセシリアは、エイドリアンへ連絡。家へ向かいます。

お寿司やステーキ等様々な料理を揃えて待っていたエイドリアンは、嬉しそうにセシリアを歓迎。

エイドリアンは、以前の自分はセシリアをきちんと扱わなかったと謝罪。セシリアは、お腹にいる子供の人生に関わりたいなら、先ず全てを正直に認めて欲しいと話します。

「僕は弟を愛していたけど、トムは支配欲が強かったんだ」

「本当のことを言って、エイドリアン。自分の頭がおかしいなんて思いたくない」

「何て言って欲しいんだ?僕は真実を話している」

押し問答になりセシリアは唇をかみしめ涙を流します。その頃、家の外では車の中で待機するジェームズがイヤホンから流れるセシリアとエイドリアンの会話をじっと聞いています。

近寄って来たエイドリアンはそっとセシリアの腿に手を置き、「君を救えるのは僕だけだって分かっているだろう?この世で誰よりも君のことを知っているのは僕だけだ」と笑顔を浮かべます。

セシリアは、お化粧を直すと言いバスルームへ。テーブルに座って待つエイドリアンの右手が勝手に動きステーキ用のナイフで自ら喉を掻き切ります。室内に設置された監視カメラは、喉を押さえ床に倒れるエイドリアンを録画。

そこへセシリアが大声で叫びながら大量の血を流して苦しむエイドリアンの下へ近寄り、スマホで緊急通報。自殺を図ったと話すセシリアの言葉を聞いたジェームズは車から飛び出します。

電話を切り監視カメラの死角へ移動したセシリアは、ゆっくり座ると「サプライズ」そう薄い笑みを浮かべエイドリアンを見つめます。

最後の息を吐き出したエイドリアンは絶命。玄関を出ようとしたセシリアは、駆け付けたジェームズに、「私は大丈夫。彼、自分の喉を切って自殺したわ。その様子は監視カメラに映ってる。エイドリアンがあんなに不安定だと思わなかった」

ジェームズは、セシリアが手に下げたバックから覗く黒いスーツに気づきます。

「聞いてたんでしょう?どんな風に聞こえた?」と探るような眼で見るセシリアに、「自殺っていう感じだった」とジェームズは視線を外し窮屈そうに返答。

セシリアは表情を変えずジェームズの腕に軽く手を触れた後、家を背にして歩き出します。

スポンサーリンク

映画『透明人間』(2020) の感想と評価

本作は、有害な恋人関係を終わらせようとした女性主人公に対し、元々精神的欠陥のあった相手・エイドリアンが起こす常軌を逸した行動を中心に展開、そして被害女性の逆転的復讐を終盤に描写しています。

監督・脚本を手掛けたのはリー・ワネル。2019年公開された『アップグレード』は、ワネルの斬新なアイデアで話題を集めました。

過去の透明人間をテーマにした映画やテレビドラマとは異なる新しい物語を作りたかったとワネルは映画化の動機を説明。

観客の感情を上手く刺激するサイコスリラーを見事に演出し、電気が点いて明るい部屋の何も無い空間を怖く感じさせて心理的圧迫感を創出することに成功。ワネルは、「観客の想像力こそ本作の特撮」と表現しています。

また、特筆すべきは俳優陣の貢献。セシリアを演じたエリザベス・モスは、自分自身を見失っていた弱い女性から闘うと決意する芯の強い女性へと変わっていく姿を文字通り体当たりで熱演。全編を通し、気迫とも言えるモスの表現力は観客を映画の世界に釘付けにします。

製作に名を連ねるジェイソン・ブラムは、テレビドラマ『マッドマン』のファンだったワネルが早い段階でモスを起用したいと考えていたことを明かし、モス無しでは本作は成り立たなかっただろうと称賛。

そして、ソシオパスのエイドリアンに扮する『推理作家ポー 最期の5日間』(2012)のオリヴァー・ジャクソン=コーエンも登場場面が少ないにも拘わらず、際立った存在感を見せています。

終盤でセシリアと再会する場面では、微笑んでいながらも狂気をはらんだ目つきが怖い…。

イギリス人俳優であるジャクソン=コーエンは、上記でも触れた『アップグレード』を見てワネルに注目。

ジャクソン=コーエンは、女性の友人がナルシストのボーイフレンドから酷い扱いを受けた話を聞いていた為、精神的虐待を振るう人間を演じることで、人物像を公にする必要性を感じたともコメントしています。

シンプルなストーリーでありながら、冒頭から緊張感溢れ二転三転するワネルのアイデアと演出は、細かい辻褄のほころび等どうでもいいと思えるほど質の良いホラーを創出

まとめ

支配欲の強い恋人・エイドリアンに耐えきれなくなったセシリアは、ある日意を決して逃走。

しかし、プライドが傷ついたエイドリアンは執拗にセシリアを苦しめ、遂には彼女の妹・エミリーを殺害。追い詰められたセシリアは反撃に打って出ます。

最先端テクノロジーをヒントにしたリー・ワネルの発想力と俳優陣の演技力が光る『透明人間』は、クリエイティヴなアイデアがあれば7百万ドルの予算でも十分怖い映画が創れることを証明した見応えのあるホラー映画です。

関連記事

ホラー映画

映画『ペットセメタリー(2019)』あらすじネタバレと感想。リメイク版の怖さは倍返しだ⁈

1989年に公開されて以来、今も根強いファンが居るスティーヴン・キング原作の『ペットセメタリー』。 30年ぶりに再映画化された本作で、禁断の土地への案内人・ジャドを演じるのは名優ジョン・リスゴー。主人 …

ホラー映画

レザーフェイス 悪魔のいけにえ(2018)あらすじネタバレと感想。ラスト結末

1974年、トビー・フーパー監督によって生み出された映画『悪魔のいけにえ』とチェーンソーを片手に大暴れする殺人鬼レザーフェイス。 いくつもの実在の殺人鬼の要素を取り込む、更に何倍にも拡大させたレザーフ …

ホラー映画

【来るネタバレ映画解説】霊能者の比嘉琴子(松たか子)は何故ムシを吐いたか。考察で見つけた幼虫の意味とは

2018年12月7日(金)より公開された中島哲也監督のホラー・エンターテイメント作品『来る』。 独特の作風で人気を誇る中島哲也監督が、「第22回日本ホラー小説大賞」を受賞した澤村伊智の原作『ぼぎわんが …

ホラー映画

映画『ぼくのエリ 200歳の少女』ネタバレ感想と考察評価。吸血鬼ヴァンパイアとのラブストーリーは美しくも残酷な純愛

映画『ぼくのエり 200歳の少女』は永遠の12歳エリと孤独なオスカーとの怪しく美しい関係を描く 1920年代から現代まで、ヴァンパイアを題材にした映画は数多く制作されてきました。きっとどの世代の人にも …

ホラー映画

映画『フラットライナーズ(2017リメイク)』あらすじとキャスト!

5人の医大生が好奇心から始めた禁断の臨死実験。 フラットラインである心電図の波形が平らになる心停止が7分を超えたとき、取り返しのつかない凄惨な現象が彼らを襲う! エレン・ペイジ主演の『フラットライナー …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP