Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

Entry 2020/08/15
Update

映画『透明人間(2020)』ネタバレ考察評価と内容解説。人間に狂気を感じてゾッとする怖さの正体

  • Writer :
  • ゆきむらゆきお

女性の復讐劇だけない、追い詰められた人間の狂気が怖いリメイク版『透明人間』

2020年7月に公開されたホラーのリメイク作品『透明人間(2020)』。1897年に刊行された原作小説を基に、1933年版の『透明人間』を現代風にアレンジしたものです。

テレビドラマ『ハンドメイズ・テイル 侍女の物語』のエリザベス・モスを主演に迎え、ホラー映画の名手、ジェイソン・ブラムが製作に携わる映画です。

物語は、超束縛男から逃れようと戦う女性の姿を描きだします。エリザベス・モス演じるセシリアの勇敢な姿を捉えた名作スリラー。

ヒロインは執拗に追い込みをかけて来る男から、いかにして立ち向かっていくのでしょう。この物語を冷静な視点で徹底解説していきます。

スポンサーリンク

映画『透明人間(2020)』の作品情報

(C)2020 Universal Pictures

【公開】
2020年(アメリカ映画)

【原作】
H・G・ウェルズ『透明人間』(1897年発行)

【監督】
リー・ワネル

【キャスト】
エリザベス・モス、オリヴァー・ジャクソン=コーエン、オルディス・ホッジ、ストーム・リード

【作品概要】
数々のホラー映画を手掛ける、ブラムハウス・プロダクションズ製作のホラー映画。製作には、「パラノーマル・アクティビティ」(2007年〜)シリーズや、『ゲット・アウト』(2017年)などを歴任してきたジェイソン・ブラムが製作に携わっています。

監督は、『ソウ』(2004年)の出演やプロデュースで知られるリー・ワネル。主演は、テレビドラマ「ハンドメイズ・テイル 侍女の物語」のエリザベス・モスが務めています。

映画『透明人間(2020)』のあらすじとネタバレ

(C)2020 Universal Pictures

セシリアはベッドに居て、隣には彼氏のエイドリアンが寝ています。起こさない様にそーっと起きると、セシリアは抜き足で準備をし始めました。目的は彼の家から抜け出す事。

監視カメラを切り、彼を起こさない様に慎重に準備を進めていきます。セシリアは、辛うじてエイドリアンの家を抜け出すと待ち合わせをしていた妹が車で迎えに来るのを道路で待っています。

ようやく妹がやって来ると、事情を説明せずに早く出してと急かすセシリア。

訳もわからずに、指示に従う妹のエミリー。すると物凄い勢いで走って来る彼氏のエイドリアンは、そのままの勢いでガラスを叩き割ってきます。

その様はまさしく常人のものではなく、どこか異常な様である事が見て取れます。それも納得のいくもので、エイドリアンの束縛はセシリアの行動だけはなく、言動や思考まで支配しようとしていたのです。

そんな生活からようやく逃げ出すことに成功したセシリアでしたが、その後もいつエイドリアンが連れ戻しに来るのかと、気が気じゃない日々を送っています。

身を寄せる場所は、警察官をしている親友のジェームズ宅。誰にも告げずに2週間、ジェームズの家で居候していました。

家の前に新聞を取りに行くことすら困難なほど精神的にまいってるセシリアに、ジェームズは思い詰めすぎだと、心配するしかありません。

すると、セシリアの元に一報が届きました。それは、エイドリアンが死んだこと。そしてエイドリアンの財産を、セシリアが相続する事が、彼の弟であり弁護士でもあるトムから伝えられます。

遺産を相続するには条件があり、心神喪失しない事、それがどこか奇妙なものでもあったのですが、セシリアはその申し出を受ける事にします。

エイドリアンは、光学研究の科学者で裕福だったのです。その遺産のお金でセシリアは、ジェームズの娘であるシドニーに、大学進学への支援をするなどして、徐々にではありますが状態も回復の兆しをみせていました。

そんなある晩、セシリアの元に奇妙な出来事が起こり始めます。人がいるような気配がするのです。

それが何なのか。嫌な予感を覚えたセシリアですが、少しづつ予感が確信へと変わり始めました。

明らかに透明になった人間がいる。そしてその透明人間が、死んだはずのエイドリアンであることは、明白だったのです。

ベッドで寝ていると、ブランケットがずれ落ち、人がいることがわかります。

セシリアには確信がありましたが、ジェームズたちには何の事だかわかりません。結局なだめられて、その場は収まってしまうのでした。

翌朝、セシリアは仕事の面接に向かいます。しかし、その最中で倒れて病院へと搬送。倒れた原因は、飲んでいる薬の抗不安薬によるものでした。

それをエイドリアンの仕業であると思ったセシリアは、弟のトムにやめさせるようにジェームズと一緒に忠告をしに行きました。

セシリアは、エイドリアンが自分に執着していたことを話し、一連の出来事を辞めさせる為に強い態度で示します。

しかしそこにはエイドリアンの遺灰があること、弟のトムが彼の怖さを十分に理解しており、死んだ後でもセシリアのことを苦しめるような言動をしていたのだと諭すのでした。

セシリア同様に、トムも被害に受けていたのです。セシリアは、それでも諦めませんが、事態はさらに悪い方向へと進みます。

妹のエミリーには、セシリア名義でひどい内容のメールが届き、ジェームズの娘であるシドニーからは、平手打ちをされるような“でっち上げ”を受けます。

それは全て、透明人間になっているエイドリアンの仕業であることは明らか。しかし、ジェームズ達には余計に自分への疑いを深めてしまうだけで、セシリアがどんどん孤立していきます。

そんな折、セシリアはやけになって包丁を持ち出そうとしますが、透明人間のエイドリアンに投げ飛ばされてしまいます。

セシリアは、何とかその場から抜け出してウーバーを使って、エイドリアンの家に向かいました。エイドリアンの家で、ついに透明人間になるカラクリを発見するセシリア。

特殊な光学迷彩スーツ! これで、エイドリアンは透明になっていたのです。

自分の主張が正しい事を証明できると、セシリアはそのスーツを持ち出します。

しかしエイドリアンが透明のままやって来る気配が……。セシリアはそのスーツをクローゼットに隠して、待ってもらっていたウーバーの配車サービスに再び乗り込み、妹のエミリーの元へと向かいます。

人の目につくように、レストランで落ち合う2人。これまでの経緯を説明し、エイドリアンのやってきた事を立証できるとエミリーに話していたセシリア。

しかし次の瞬間、ナイフが宙に浮きエミリーを殺してしまうのです。側から見れば、セシリアが殺したように見えてしまう様な光景、このやり方はまさしくエイドリアンの仕業。

そして事態はエイドリアンの思惑通りに、セシリアが逮捕され、精神病院へと収監されてしまいました。

以下、『透明人間(2020)』ネタバレ・結末の記載がございます。『透明人間(2020)』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)2020 Universal Pictures

精神病院へと収監されたセシリアは、そこにまたエイドリアンがいることはわかっていました。妹のエミリーを殺した事を、声を荒げて咎めるセシリア。

しかし、当然ながら周りの人たちは、セシリアが精神異常をきたしていると思い、彼女を行動を止めようと取り押さえられてしまいます。

薬を打たれて意識が遠のく最中、セシリアは耳元で「サプライズ」と囁く声を聞いてブラックアウトしてしまいました。

意識が戻ったのは翌日。やってきたジェームズと面会します。ジェームズは、警察官として職務をまっとうする為、事情聴取しにきたのでした。

セシリアは、それでもジェームズにことの経緯を説明します。しかし、当然ジェームズは困惑し、セシリアの言う事をまだ信じられません。

やがてセシリアに、先日仕事の面接で倒れた時に行った血液検査の結果の知らせがきます。それは、セシリアが妊娠しているという事実でした。

そしてトムもやって来て、遺産相続の件は白紙に戻される事が告げられます。

こんな支配欲にかられたエイドリアンを兄にもつトムは可愛そうだと、セシリアは強がりを言うと、トムは全く動じず、母親としてエイドリアンの子を育てていくなら、全て元どおりになると素知らぬ顔で発言。

さらには妊娠もエイドリアンが、しっかり計画的に行っていた事が明らかになりました。セシリアが避妊薬を飲んでいたこともエイドリアンはわかっていたと、トムの口から語られたのです。

しかし冷静に考えても、妹のエミリーを殺したことなどが許せないエミリーは、トムの申し出を受けずにテーブルの上のものをぐちゃぐちゃにして、怒りをあらわにします。

しかしそれはセシリアの作戦であり、ボールペンを密かに持ち出そうと考えての行動だったのです。

その晩、セシリアはシャワールームに入って水を出しながら、持ち出したボールペンで自分を刺そうとします。「あんたの好きにはさせない」と、自害しようとしたのです。

その瞬間、透明の手がセシリアの腕を掴みます。セシリアの思惑は当たり、透明人間に向かってボールペンを何度も突き刺します。

すると、ついにこれまで可視化できなかった透明人間を視認できる様になりました。光学迷彩スーツが損傷し、目で見える様になったのです。

警備員なども駆けつけますが、損傷しているとはいえ透明であるエイドリアンは、彼らを一蹴して病院の外に出ます。

エイドリアンの次なるターゲットは、シドニーでした。

彼は、セシリアの周りにいる人間全てを手にかけ、残る人間を自分だけにして追い込みをかけようとするつもりでした。

セシリアは、警備員の拳銃を手にして、シドニーの元へと急ぎます。

ジェームズ宅でシドニーが異様な気配を感じ取り、暴漢撃退用の催涙スプレーを辺りに吹きかけました。

透明のまま倒れ込むエイドリアン、それを見て驚き大声で逃げ出すシドニー、急いで駆けつけるジェームズ、様相は急転直下に!

エイドリアンはジェームズに暴行を加えますが、駆けつけたセシリアが消化器を使って可視化させた瞬間に、持っていた銃で何発も打ち込みます。

しかし倒れて絶命した透明人間は、エイドリアンではなく弟のトムだったのです。

エイドリアンは、自宅の地下で幽閉されており、全ては弟のトムの仕業だった……。これまでの出来事は、全てトムがやったことで一件落着となってしまいました。

警察に呼ばれ、そう説明を受けるセシリアは、エイドリアンがいる限り自分の身は安全ではないと、トムではなくエイドリアンが仕組んだことだと確信していました。

エイドリアンと決着をつけるべく、セシリアは彼の食事の招待を受けます。黒いドレスを身に纏い、エイドリアンの家へと赴きました。

体には盗聴器があり、ジェームズが待機。確たる証拠を手に入れるために、食事の招待を受けたセシリアでした。

しかし中々ボロを出さないエイドリアンに、セシリアは化粧直しをするとバスルームに向かいます。すると、エイドリアンが勝手にナイフを持って自殺をしたのです。

セシリアが戻り、瀕死状態のエイドリアンを見て大声で叫びます。ジェームズが駆けつけ、ことの経緯を察します。

セシリアが、クローゼットに隠したステルススーツを使ってエイドリアンを殺したこと。そして、その証拠が一切ないこと。セシリアが持つ袋に黒いスーツが見えた事で、その全てを察したのでした。

エイドリアンが絶命する間際、「サプライズ」の言葉を囁き、セシリアはしたたかな顔で家を去りました。

スポンサーリンク

映画『透明人間(2020)』の感想と評価

(C)2020 Universal Pictures

『透明人間』は単純に解釈すると、交際相手の異常な支配から逃れ、妹を殺され、極限までに追い込まれた女性の復讐劇です。

戦う女性の勇敢な姿にとても共感を得られる物語というのが、表向きなイメージの作品です。

確かにセシリアのように、妹を殺され、極限まで追い込まれれば、劇中の様な行動を起こしてしまうのは当然です。理解もできるます。

しかし、少しひねくれた見方をすると、本当に怖いのは、エイドリアンではなくセシリアの方かもしれないのです。

見えない何かに襲われていることを必死に証明しようとするセシリアですが、誰も信用してくれません。

追い込まれすぎて憤りを感じた先にセシリアのとった行動は、ある意味では圧倒的な支配をしようとするエイドリアン以上に怖いものといえます。

この映画では、ソシオパスとして描かれていたエイドリアン。その対極には、サイコパスとしてセシリアに追い込まれた先の狂気を置き換えています。

支配する狂気vs狡猾な狂気となるラストのセシリアの姿を見て、エイドリアン以上に怖いのはセシリアに違いないと思えてきます。

まとめ

(C)2020 Universal Pictures

女性の戦う姿に狂気を見る。まさにそんな光景が展開する映画『透明人間』。

リー・ワネル監督が描きたかったのは、透明人間にストーカーされる女性の心理だったのでしょう。ストーカーに悩まされる人たちが多い現代社会に一石投じた問題作ともいえます。

ソシオパスとなるエイドリアンの狂気か、それともセシリアのサイコパス的狂気か。

この映画をどう見るのかは人によって違いますが、視点を変えても背筋がゾワっとなる、そんな結末がとても素晴らしい作品となっています。


関連記事

ホラー映画

映画『ザ・スイッチ』あらすじネタバレと感想解説。ハッピーデスデイの監督が手掛けた地上最悪の入れ替わり!

映画『ザ・スイッチ』は2021年1月15日(金)全国ロードショー 『透明人間』『ゲット・アウト』などホラー、サスペンスの話題作やヒット作を数多手がけるジェイソン・ブラムが製作し、「ハッピー・デス・デイ …

ホラー映画

映画『レディ・オア・ノット』あらすじネタバレと感想。ラストまで楽しませるサマラ・ウィーヴィングの髪をふり乱した演技

ホラー映画『レディ・オア・ノット(原題:Ready or Not)』の怖さと魅力 『レディ・オア・ノット(原題:Ready or Not)』は、富豪一族ル・ドマス家に嫁いだ美しい花嫁・グレースの生存を …

ホラー映画

サスペリア(2018)あらすじネタバレと感想。ホラー映画リメイク版が全米を恐怖の淵に

「決してひとりでは見ないでください」そんなキャッチコピーと共に、1977年に公開されたイタリア映画『サスペリア』。 2018年に一世を風靡したホラー映画の傑作がリメイクされてスクリーンに戻ってきます。 …

ホラー映画

映画『シャイニング』ネタバレあらすじと考察。結末に向かい父親はなぜ狂ったか解説

スタンリー・キューブリック監督が唯一撮ったホラー映画『シャイニング』。 原作者は『キャリー』や『IT』『ミスト』などで知られるモダンホラー小説家、スティーヴン・キング。 「シャイニング」と呼ばれる超能 …

ホラー映画

映画ポゼッション(2013)|ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。サムライミが手掛けた実話に基づく‟呪いの箱の恐怖”

エクソシストホラーの真髄を見せる『ポゼッション』 オーレ·ボールネダル監督と「スパイダーマン」(2002)シリーズを演出したサム·ライミの、心理的恐怖を扱ったホラー映画。 LAタイムズに紹介された謎の …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学