Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

映画『フラットライナーズ(2017リメイク)』あらすじとキャスト!

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

5人の医大生が好奇心から始めた禁断の臨死実験。

フラットラインである心電図の波形が平らになる心停止が7分を超えたとき、取り返しのつかない凄惨な現象が彼らを襲う!

エレン・ペイジ主演の『フラットライナーズ』は、2017年12月22日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほかロードショー!

スポンサーリンク

1.映画『フラットライナーズ』の作品情報

【公開】
2017年(アメリカ映画)

【原題】
Flatliners

【監督】
ニールス・アルデン・オプレヴ

【キャスト】
エレン・ペイジ、ディエゴ・ルナ、ニーナ・ドブレフ、ジェームズ・ノートン、カーシー・クレモンズ、キーファー・サザーランド

【作品概要】
1990年に当時まだ若手俳優であったジュリア・ロバーツが、臨死体験に挑んだ医大生を演じた同名作品を、『JUNO ジュノ』『X-MEN:フューチャー&パスト』など知られるエレン・ペイジを主演コートニー役でリメイクしたサスペンス・ホラー映画。

『ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー』のディエゴ・ルナたち若手俳優のほか、オリジナル版で医学生を演じていたたキーファー・サザーランドが医大の教授役で出演しています。

演出は『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』のニールス・アルデン・オプレブ監督。

2.映画『フラットライナーズ』のあらすじ

「人は死んだらどうなるのだろ?」それについて興味を抱いた医学生のコートニー。

彼女は自らが実験台となり、心臓を止めて1分後に蘇生を行う臨死実験の協力を仲間たちに持ちかけました。

死後の世界を体験して生き返ったコートニーは、1度のみ読んだだけの医学書に書かれていたことを細部まで記憶するなど、超常的な能力を発揮するようになりました。

その覚醒したコートニーを見た仲間たちは競って実験体を志願するようになり、心臓を停止される時間を徐々に引き延ばしていだが…。

スポンサーリンク

3.映画『フラットライナーズ』の見どころ

1990年のオリジナル版『フラットライナーズ』


本作『フラットライナーズ』は、1990年のオリジナル版のプロデューサーに名前を連ねた、俳優マイケル・ダグラスがふたたび製作を務めた作品です。

そして演出に『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』などのデンマーク出身のニールス・アルデン・オプレヴ監督が抜擢されました。

主役で危険な実験の首謀者となった医学生コートニーは、『JUNO/ジュノ』や『X-MEN:フューチャー&パスト』のエレン・ペイジ。

実社会経験のある先輩格のレイ役には『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のメキシコ出身のディエゴ・ルナ。

セクシーなジェイミー役に『ヴァンパイア・ダイアリーズ』の主役で人気を博したブルガリア出身のニーナ・ドブレフ。

プレイボーイのジェイミー役に次期ジェームズ・ボンド役にも名前が取りざたされ、BBCドラマ『戦争と平和』のアンドレイ役で注目の若手英国俳優ジェームズ・ノートン。

優等生ソフィア役はDCコミック映画『フラッシュポイント』に出演が決まったカーシー・クレモンズ。

このようにフレッシュで国際色豊かな顔ぶれが揃ろいました。

さらに予告篇に上げた1990年のオリジナル版では、医学生として出演したキーファー・サザーランドが医大の教授役として出演しています。

まとめ

『フラットライナーズ』のポスターで描かれているのは、エレン・ペイジやディエゴ・ルナらが扮する医学生たちが心拍停止状態で横たわっている姿。

白目を剥いたおぞましい形相で大きく口を開け、体から抜け出したかのようなもうひとつの体の姿。

青白く光る心電図の波形が左から右へ徐々に弱まり、やがてフラットライン状態(心停止)になっていく。

禁断の臨死実験の虜となった医学生たちが、フラットラインのずっと先、死後7分を超えた先に見るものとは…。

2017年12月22日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほかロードショー!

関連記事

ホラー映画

『チャイルドプレイ(2019)』ネタバレ感想と解説。実際の事件を基に新たなモノを欲しがる子供への警鐘

1988年に一世を風靡した『チャイルド・プレイ』のリブート版が2019年7月に日本公開。 殺人犯の怨霊が宿る人形という設定から30年を経て、家庭で普及する人工知能へと進化したチャッキー。 日本では同日 …

ホラー映画

映画『ハッピー・デス・デイ』ネタバレあらすじと感想。タイムループホラーの結末からどのように抜け出したのか⁈

ホラー映画ファンならお馴染みの殺人鬼と学園を舞台にしたスラッシャー映画。 イケてるけど自己チューで高飛車な、実に性悪女であるツリー。当然ながら彼女は、お約束の様に仮面を着けた殺人鬼に殺されます。 とこ …

ホラー映画

『来る』ネタバレ結末解説。原作内容のぼぎわんと痛みを活かしたホラー映画の分析と考察

あの中島哲也の4年ぶりの作品が、来る…! 話題沸騰、新感覚のホラーである映画『来る』を原作『ぼぎわんが、来る』との比較もしながら解説していきます。 なぜタイトルを変えたのか、そして一体何がやって来るの …

ホラー映画

【ネタバレ】『ドント・ブリーズ2』考察と結末内容。少女フェニックスによるノーマンの“変化と善悪”

盲目の老人ノーマンは「善」なのか、「悪」なのか? 世界でヒットを記録しただけでなく、口コミによって日本でも話題となった映画『ドント・ブリーズ』(2016)。 最強の盲目老人が侵入者を惨殺する作品として …

ホラー映画

『ゴーストマスター』洋画ホラー映画愛を解説。鬼才ロメロやフーパー監督に心酔した【脚本家・楠野一郎とヤングポール監督の臓物リスト】

映画『ゴーストマスター』は2019年12月6日(金)より、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー! 映像企画発掘コンペ「TSUTAYA CREATERS’PROGRAM FILM 201 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学