Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

Entry 2020/06/16
Update

デッド・ドント・ダイ|内容考察と映画解説。ゾンビパニックに込めた現代社会への警告コメディとは

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

ジム・ジャームッシュ監督ゾンビを撮る。映画『デッド・ドント・ダイ』の魅力

アメリカの田舎町に突如現れたゾンビと、町にいるたった3人の警察官の戦いを軸に、群像劇が展開される映画『デッド・ドント・ダイ』

カンヌ国際映画祭の常連として知られる、鬼才ジム・ジャームッシュが、新境地としてゾンビ映画に挑んだことでも話題の、本作の魅力を紹介します。

ジャームッシュ作品常連のマーレイ、ジャームッシュ組参加となるドライバーのほか、ティルダ・スウィントン、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、イギー・ポップらが顔をそろえる。2019年・第72回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品。

スポンサーリンク

映画『デッド・ドント・ダイ』の作品情報

(C)2019 Image Eleven Productions,Inc. All Rights Reserved.

【日本公開】
2020年公開(アメリカ映画)

【原題】
The Dead Don’t Die

【監督・脚本】
ジム・ジャームッシュ

【キャスト】
ビル・マーレイ、アダム・ドライバー、ティルダ・スウィントン、クロエ・セヴィニー、スティーヴ・ブシェミ、ダニー・グローヴァー、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、ロージー・ペレス、イギー・ポップ、サラ・ドライバー、RZA、キャロル・ケイン、オースティン・バトラー、ルカ・サバト、セレーナ・ゴメス、トム・ウェイツ

【作品概要】
アメリカの田舎町、センターヴィルを舞台に、ゾンビに挑む警察官の戦いを描いたホラー・コメディ。

『ストレンジャー・ザン・パラダイス』(1986)や『ブロークン・フラワーズ』(2006)などで知られる、ジム・ジャームッシュが、ジャームッシュ作品常連のビル・マーレイや、『パターソン』(2016)にも出演したアダム・ドライバーなど、実力派俳優を迎え、ゾンビ映画に挑んだ意欲作。

イギー・ポップや、サラ・ドライバーなど、大御所がゾンビとして登場していることでも話題になっています。

映画『デッド・ドント・ダイ』のあらすじとネタバレ


(C)2019 Image Eleven Productions,Inc. All Rights Reserved.

アメリカの田舎町センターヴィル。センターヴィルの警察官、クリフとロニーは、小さな町をパトロールしていました。

この日も、森の中で暮らす風変わりな男ボブが、農場を営むフランクの鶏を盗んだと通報を受けます。クリフはボブから事情を聞き出そうとしますが、逆に猟銃で威嚇射撃をされ逃げ出します。

ロニーはボブの行動を問題視しますが、クリフはボブを古くから知っており「問題ない」と放置し、逆に通報者のフランクに対して「ろくでもない奴」と言い放ちます。

センターヴィルでは、原因不明の白夜が続いており、磁場が狂っているらしく、全ての時計が止まっていました。

また、数日前から鳥や猫などの動物が、町から姿を消しています。警察署に戻ったクリフとロニーは、女性警官のミンディと町の異変について話します。

ロニーは「悪い結末の予感がする」と語ります。また、葬儀屋に突然現れた正体不明の女性、ゼルダも「不可解な人物」として話題になっていました。

その夜、月は紫の光を放ち、不気味に輝いていました。その光に呼応するように、墓から男女2人のゾンビが蘇り、町にある唯一のダイナーを襲います。

ゾンビはダイナーの従業員2人を襲った後、ダイナーに置かれたコーヒーを飲み始めます。

次の日、ダイナーの常連客、ハンクの通報を受けたクリフは、ダイナーに駆け付け、酷い状態の死体を目にします。

そこへ遅れて駆け付けたロニーは「これは、ゾンビだ」とクリフに伝えます。

クリフとロニーは、町の住人に警戒するように伝えて回りますが、クリフはフランクだけ無視しようとします。

そこへ、都会からゾーイ、ジャック、ザックの3人の若者が、センターヴィルへやって来ます。

3人の若者は、町でガソリンスタンドを営むオタク青年、ボビーを小馬鹿にするなど、センターヴィル全体を下に見ている態度を取っており、ロニーの「夜に外へ出てはいけない」という忠告も、あざ笑うように受け流します。

その夜、月の妖しい光はさらに強くなり、墓から大勢のゾンビが蘇りました。ゾンビの大群は、何かを求めるように墓場から町へと降りて行きます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『デッド・ドント・ダイ』ネタバレ・結末の記載がございます。『デッド・ドント・ダイ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019 Image Eleven Productions,Inc. All Rights Reserved.

大勢のゾンビが蘇った夜、センターヴィル警察署でも、死体安置所に置いてあった女性の死体が蘇ります。

突然の事にクリフとミンディは取り乱しますが、ロニーは冷静に鉈で、ゾンビの頭を破壊します。ですが、町にはゾンビが溢れており、3人は警察署の中から町の様子を傍観するしかありませんでした。

葬儀場で働く謎の女性ゼルダは、突然蘇った死体を、日本刀で一刀両断し、そのまま警察署を訪ねます。

ゼルダの「この後は、どうします?」という問いにクリフは、パトロールに出ると伝え、クリフとミンディ、ロニーの3人は警察署をゼルダに任せて、ゾンビが溢れる街へとパトロールに出ます。

町をパトロールする中で、ゾンビたちは生前の行動パターンに縛られている事が判明します。

生前、お菓子好きだったゾンビは、お菓子を販売しているお店を襲い、スポーツ好きだったゾンビは、運動場でスポーツを続けています。中にはWi-Fiを求めて、ひたすら町を彷徨うゾンビもいます。

3人はモーテルに宿泊した若者の様子を見に行きますが、すでにゾンビに襲われた後でした。町では、溢れたゾンビに対して、住人たちは抵抗をします。

ボビーとハンクは工具店に立てこもり、ゾンビたちに抵抗しますが、裏口から侵入され襲われてしまいます。

フランクも、自宅の農場に侵入するゾンビを、片っ端から狙撃していきますが、数の多さに抵抗しきれませんでした。

パトロールをしていたクリフとミンディ、ロニーは、墓場に侵入してしまい、ゾンビの大群に囲まれてしまいます。

パトカーの中に籠城していましたが、ミンディがゾンビと化した祖母の姿を目撃し、パトカーの外に出て襲われてしまいます。絶体絶命の状況の中、ゼルダが墓場に現れます。

ゾンビたちはゼルダに反応しパトカーから離れますが、ゼルダは突然飛来したUFOに乗り込み、そのまま飛び去ってしまいます。

何一つ状況が理解できないまま、クリフとロニーは意を決して、ゾンビの集団に戦いを挑みます。しかし、数の多さに圧倒され、2人も襲われてしまいます。

その状況を、遠くからボブが眺めており「物質主義のゾンビ共が」と吐き捨てます。

スポンサーリンク

映画『デッド・ドント・ダイ』感想と評価

(C)2019 Image Eleven Productions,Inc. All Rights Reserved.

アメリカの田舎町を舞台に、突然蘇ったゾンビによる、パニックを描いた映画『デッド・ドント・ダイ』

近年のゾンビものでは、ゾンビが発生した原因が何かしらのウィルスだったり、ゾンビが走ってきたりするのが定番となっています。

『デッド・ドント・ダイ』では、ゾンビが発生した原因が明確になっておらず、突然、墓から出て来たゾンビが、ゆっくりと歩き回るという、ジョージ・A・ロメロの『ゾンビ』を彷彿とさせる、王道的なゾンビ映画となっています。

本作の監督、ジム・ジャームッシュは「ゾンビ」というジャンルを新たに開拓するのではなく、建て増しをすることを考え、王道的なゾンビの表現になったことを語っています。

ですが、本作のゾンビが他と違うのは、生きていた頃に執着していた物に、死んだ後も縛られている点です。

一番最初に出現したゾンビはコーヒーを求め、他にはスポーツやファッション、Wi-Fiを求めて彷徨うゾンビもいます。

とはいえ、ゾンビたちはキッチリと人を襲う為、笑ってはいられないのですが、何故、このようなユニークなゾンビが登場したのかは、本作の登場人物、世捨て人のボブの視点で明らかになります。

ボブは、世間から離れ森の中で生活している変わり者で、ゾンビ騒動の一部始終を覗く傍観者です。

ボブからすれば、消費社会の中で生活し、物欲にまみれた世間の人間の方が異常で、彼からすれば生者もゾンビも変わらない、自分の欲にまみれた怪物なのです。

本作でゾンビは発生した理由は謎と前述しましたが、アメリカの企業がある工事を始め、それが原因で地軸がズレたことが原因らしい、という事は語られます。

このことが事実であれば、欲や利益にまみれた工事が、ゾンビを発生させたこととなり、世界に蔓延する物欲主義が原因であるといえます。

実は、この「物欲にまみれた世界の危険性」が、ジム・ジャームッシュが本作に込めたテーマであり、警告でもあると語っています。

ジョージ・A・ロメロのゾンビは、差別問題、階級制度などへの批判が込められていましたが、『デッド・ドント・ダイ』では、消費社会や物欲主義という大きな問題を、ゾンビ映画で表現し、かなり直接的なメッセージで語られています。

本作はゾンビ映画ではあるのですが、ゾンビの頭を飛ばしても、血ではなく黒い煙が出るなど、直接的な残虐表現は抑えられています。

また、ビル・マーレイやアダム・ドライバーの、いい意味で力を入れていない演技が、全体的にユルイ感じを出しており、どちらかというとコミカルで、決して恐怖を感じる作品ではありません。

本作はリラックスしながら楽しめ、ジム・ジャームッシュからの、警告ともいえるメッセージに、最後は別の意味で怖くなる、他に無い唯一のゾンビ映画となっています。

まとめ

(C)2019 Image Eleven Productions,Inc. All Rights Reserved.

本作はコメディ映画なので、直接的な残虐表現も少なく、何も考えずに楽しめる作品です。

警告ともいえるメッセージが込められていますが、ジム・ジャームッシュは「説教くさい作品にしない」という部分を心掛けました。

その為、いろいろとお遊びの場面があり、例えばアダム・ドライバーが演じるロニーの車のキーに、「スターウォーズ」シリーズの戦艦、スターデストロイヤーのキーホルダーが付いていたり、ゾンビに追い詰められて車に籠城したクリフとロニーが、本作の脚本について話し始めたり、いわゆる第四の壁を無視したネタも満載です。

物語の鍵を握っていると思われたゼルダが、いきなりUFOに乗って立ち去る辺りも、状況が全く飲み込めず笑うしかありませんでした。

とにかく遊び心満載なので、よっぽどゾンビが苦手な方でなければ、肩の力を抜いて楽しんでいただきたい作品です。






関連記事

ホラー映画

こどもつかい映画あらすじネタバレと感想!ラスト結末のトミー考察も

映画『こどもつかい』は2017年6月17日より公開され、『呪怨』の清水崇監督が、ふたたび世界を震撼させる究極のホラー映画。 ぼぉあんがー ぼぉあんがー(Boys and girls Boys and …

ホラー映画

映画『ラ・ヨローナ 泣く女』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。ホラーの系譜に描かれた母性に目覚めた女性とは

ラテンアメリカに何百年と伝承され地域の人誰もが知っている怨霊の物語を初めて映画化した『ラ・ヨローナ~泣く女~』。 ジェームズ・ワン プロデュースの「死霊館」シリーズの新たな作品です。 美貌と評判のマリ …

ホラー映画

映画『残穢(ざんえ)』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。ラスト終えて尚も怖さを感じさせるJホラーの後味

中村義洋監督×作家小野不由美 身近でおこる怪奇現象を鮮烈に描くJホラー映画 映画『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』は、作家・小野不由美の第26回山本周五郎賞受賞の同名同名ホラー小説を、『予告犯 …

ホラー映画

映画『ミッドサマー』ネタバレ感想と考察。結末でアリアスター監督が描く“残忍で破滅的なおとぎ話”とは

映画『ミッドサマー(原題:Midsommar)』は2019年7月3日より全米公開。 原題Midsommarはスウェーデン語で夏至祭(ミッドソンマル)の意。 2018年、『ヘレディタリー/継承』で長編デ …

ホラー映画

【カメ止め】ネタバレ含む映画トリビア。金曜ロードショーの地上波と共にチェック!

『カメラを止めるな!』にまつわるトリビア 低予算ながら大ヒットした作品と言えばアメリカで製作され、大ヒットシリーズとなったスリラー映画『ソウ』(2004)などが有名です。 しかし、2018年に日本でも …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学