Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

Entry 2020/03/23
Update

映画『デッド・ドント・ダイ』感想とレビュー評価。ジム・ジャームッシュが放つゾンビ・アポカリプスムービー!

  • Writer :
  • 松平光冬

カンヌ騒然、巨匠ジム・ジャームッシュが放つゾンビ映画がついに日本公開

『ストレンジャー・ザン・パラダイス』(1984)、『ゴースト・ドッグ』(1999)のジム・ジャームッシュ監督の新作映画『デッド・ドント・ダイ』が、2020年3月27日(金)よりTOHOシネマズ日比谷にて先行上映されたのち、全国で6月5日(金)より公開となります。

気心の知れたスタッフと豪華キャストのファミリーを招集して完成した、ジャームッシュ・テイスト満載なゾンビ映画の見どころをご紹介しましょう。

スポンサーリンク

映画『デッド・ドント・ダイ』の作品情報


(C)2019 Image Eleven Productions,Inc. All Rights Reserved.

【日本公開】
2020年(スウェーデン・アメリカ合作映画)

【原題】
The Dead Don’t Die

【監督・脚本】
ジム・ジャームッシュ

【製作】
ジョシュア・アストラカン、カーター・ローガン

【撮影】
フレデリック・エルムス

【編集】
アフォンソ・ゴンサウベス

【キャスト】
ビル・マーレイ、アダム・ドライバー、ティルダ・スウィントン、クロエ・セヴィニー、スティーヴ・ブシェミ、ダニー・グローヴァー、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、ロージー・ペレス、イギー・ポップ、RZA、セレーナ・ゴメス、トム・ウェイツ

【作品概要】
『ストレンジャー・ザン・パラダイス』(1984)、『ゴースト・ドッグ』(1999)のジム・ジャームッシュによる、『パターソン』(2016)以来約3年ぶりとなる監督作品。

アメリカの田舎町を舞台に、天変地異によって死者がゾンビ化したことによるサバイバル劇を、コメディータッチで描きます。

キャストとして、『パターソン』に続き主演に抜擢されたアダム・ドライバーを筆頭に、ビル・マーレイ、ティルダ・スウィントン、クロエ・セヴィニー、スティーブ・ブシェミ、イギー・ポップ、RZA、トム・ウェイツといったジャームッシュ作品の常連がそろい踏み。

さらに、ダニー・クローヴァー、セレーナ・ゴメス、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズらが名を連ねます。

映画『デッド・ドント・ダイ』のあらすじ

(C)2019 Image Eleven Productions,Inc. All Rights Reserved.

アメリカの田舎町センターヴィルで、内臓を食いちぎられた女性2人の変死体がダイナーで発見されるという事件が発生。

町内で警察官は、クリフ署長とロニーとミンディの両巡査の3人だけ。これまで他愛のない住人トラブルの対応しかしていませんでしたので、この前代未聞の怪事件に困惑します。

折しも、世界では夜になっても太陽が沈まず、スマホや時計が壊れ、動物たちが失踪する異常現象が続発していました。

いち早く、事件がゾンビの仕業と推理したロニーの言葉どおり、無数の死者たちが蘇って地元民に襲い掛かります。

ロニーの「頭を殺れ!」を合言葉にゾンビと闘うクリフ、そして町民たち。

しかし、彼らの行く手にはさらなる衝撃の光景が…。

スポンサーリンク

ジム・ジャームッシュ発、どこか奇妙で可笑しいゾンビ映画


(C)2019 Image Eleven Productions,Inc. All Rights Reserved.

2016年の前作『パターソン』では、バス運転手の何気ない日常を切りとったジム・ジャームッシュ監督。

その彼による新作『デッド・ドント・ダイ』では、なんとホラー映画の王道であるゾンビものに挑戦しました。

ゾンビといえば、フィルムメーカー次第でさまざまな設定を盛り込みやすいホラーキャラクターですが、ジャームッシュは恐怖よりも、どこかとぼけた滑稽さや、牧歌的なゆるやかさを内包したゾンビをクリエイト。

“Wi-Fi”という言葉を繰り返して接続ポイントを求めてさまようWi-Fiゾンビ、酔っ払った状態のシャルドネ・ゾンビ、テニスラケットを振り回すスポ根ゾンビなど、生前の欲に捉われた奇妙なゾンビたちが大量に登場します。

とりわけ、事件の発端となる、“コーヒー”という言葉を繰り返してさまようコーヒー・ゾンビを、ジャームッシュ作品の常連であるミュージシャンのイギー・ポップが演じているあたりが、可笑しさを誘います。

常連俳優たちが織りなすクセのある怪演


(C)2019 Image Eleven Productions,Inc. All Rights Reserved.

そんなゾンビたちに立ち向かうセンターヴィルの住人たち。

事あるごとにダイナーのドーナツとコーヒーを欲する署長クリフと、「まずい結末になる」という口グセを連呼し、冷静沈着かつ無表情でゾンビを始末する部下ロニー

警察以外の住民も、偏屈な白人至上主義者のフランクホラーオタク青年のボビー日本刀さばきが巧みな葬儀場主人のゼルダ、そして町の変貌を森で見守る世捨て人のボブなど、やっぱりどこかクセのある連中ばかりです。

彼らを演じるビル・マーレイ、ティルダ・スウィントン、スティーブ・ブシェミ、トム・ウェイツといった俳優たちの大半は、ジャームッシュ作品の常連。

ジャームッシュが脚本を書く段階からキャストを当て書きしていたというだけあって、気心知れた面々ならではの怪演技のアンサンブルも見ものです。

さらには、ロニー役のアダム・ドライバーが「スター・ウォーズ」シークエル三部作(2015~2019)に出演していたことにちなんだ小ボケや、クリフ役のビル・マーレイ出演のゾンビ映画『ゾンビランド』(2009)を意識した細かすぎて見落としてしまいそうな小ネタまで盛り込むなど、とにかく至れり尽くせりです。


(C)2019 Image Eleven Productions,Inc. All Rights Reserved.

スポンサーリンク

革新的かつバック・トゥ・ベーシックなオマージュ


(C)2019 Image Eleven Productions,Inc. All Rights Reserved.

ジャームッシュが『デッド・ドント・ダイ』を構想したのは、2016年のドキュメンタリー映画『ギミー・デンジャー』の撮影中に、一心不乱にスマホ画面に見入って歩く人々を見たのがきっかけでした。

そんな、“スマホ・ゾンビ”をベースに、ジャームッシュは物欲に従って行動する屍たちを映像化

ゾンビ映画の生みの親であるジョージ・A・ロメロは、デビュー作『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』(1968)と続編『ゾンビ』(1979)で、生前に夢中だった場所や物を求めて徘徊するゾンビに現実の人間を投影させることで、俗社会への風刺を込めました。

人間はみな物欲に囚われさまよう生物であり、傍目にはゾンビと変わらない――ジャームッシュ自身、ロメロにオマージュを捧げたと公言しているように、本作はゾンビ映画の原点に立ち還った作品といえます。

(C)2019 Image Eleven Productions,Inc. All Rights Reserved.

また、セレーナ・ゴメスらが演じる、ピッツバーグからセンターヴィルにやって来る3人の若者が乗る車が、『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』の冒頭で出てくる車と同型のポンティアックだったり(ピッツバーグはロメロの活動拠点でもある)、ゾンビの造形も『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』を意識したメイクを施すなど、細部でもオマージュを捧げています。

まとめ

(C)2019 Image Eleven Productions,Inc. All Rights Reserved.

2019年(第72回)のカンヌ映画祭のオープニングで上映された本作『デッド・ドント・ダイ』。

上映時は、ロニーがマイクロコンパクトカーの“スマート”で登場するシーンで笑いが起こった一方で、ラストの展開には観客全員がア然となったとか。

観る者の予想をはるかに凌駕するであろうラストは、とにかく必見。

ジャームッシュ直々の依頼を受けて、グラミー賞アーティストのスタージル・シンプソンが書き下ろしたタイトルと同名のカントリーソング『デッド・ドント・ダイ』の、流麗で悲しげなメロディも印象的です。

レイティングこそ「R15+」となっていますが、残酷描写もやっぱりユルめなので、「ジム・ジャームッシュ映画は好きだけど、ゾンビ映画はちょっと…」という方も見やすいのではないでしょうか。

ジャームッシュ・ワールド満載のゾンビ・アポカリプスに、ご期待ください。

映画『デッド・ドント・ダイ』は、2020年3月27日(金)よりTOHOシネマズ日比谷にて先行上映されたのち、全国で6月5日(金)より公開








関連記事

ホラー映画

映画『パージ:エクスペリメント』ネタバレあらすじと感想。【The First Purge】をアメリカ独立記念日に公開させた意図とは⁈

『パージ:エクスペリメント(原題:The First Purge)』は、「パージ」シリーズの第4作。 1年に1度、殺人を含め全ての犯罪が12時間合法となるパージ(粛清)法。 『パージ:エクスペリメント …

ホラー映画

『死体語り』評価レビューと解説。心霊ホラーで死者と対話する男の悪夢と現実

スペイン・バルセロナ近郊のリゾート地シッチェスで毎年10月に開催されている映画祭「シッチェス映画祭」。 「シッチェス映画祭」で上映された、選りすぐりの作品を日本で上映する「シッチェス映画祭」公認の映画 …

ホラー映画

映画『ポラロイド』あらすじネタバレと感想。アナログな恐怖の秘密はカラヴァッジョの陰影とスピルバーグファンとしての遊び心

『IT イット “それ”が見えたら、終わり。』のロイ・リーがプロデューサーを務めた、ポラロイドカメラが巻き起こす怪奇ホラー! 『ポラロイド』は、ノルウェー出身のラース・クレヴバーグが製作・監督・脚本を …

ホラー映画

おすすめホラー映画『カッターヘッド 真夜中の切断魔』ネタバレ感想。ピニョフスキ姉妹の演技力に注目

世界各国から集めた選りすぐりの危険な映画たちを上映する、「モースト・デンジャラス・シネマ・グランプリ2018[MDGP2018]。 その第5弾、最後を飾る作品が『カッターヘッド 真夜中の切断魔』です。 …

ホラー映画

映画『シャイニング』ネタバレあらすじと考察。結末に向かい父親はなぜ狂ったか解説

スタンリー・キューブリック監督が唯一撮ったホラー映画『シャイニング』。 原作者は『キャリー』や『IT』『ミスト』などで知られるモダンホラー小説家、スティーヴン・キング。 「シャイニング」と呼ばれる超能 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学