Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/01/22
Update

映画『デッド・ドント・ダイ』あらすじ。キャストはビルマーレイとアダムドライバーで日本公開日は4月3日!

  • Writer :
  • 石井夏子

第72回カンヌ国際映画祭オープニング作品。

アダム・ドライバーからセレーナ・ゴメスまでオールスター・キャストで史上最強のファミリーが結成!


Abbot Genser / Focus Features (C)2019Image Eleven Productions,Inc.(C)2019Image ElevenProductions,Inc. All Rights Reserved.

この度、ジム・ジャームッシュ監督の最新作『The Dead Don’t Die』(原題)の邦題を『デッド・ドント・ダイ』とし、2020年6月5日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほかにて全国公開することが決定しました。

解禁された字幕付き海外版予告とともに本作をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『デッド・ドント・ダイ』について

参考:『The Dead Don’t Die』公式ツイッター

本作は、2016年、バス運転手の何気ない日常を切り取って日本でも大ヒットした『パターソン』よりも前からジム・ジャームッシュ監督が構想を温めていたという、3年ぶりの最新作。

世界中の映画ファンからリスペクトを受ける鬼才ジム・ジャームッシュがついにソンビ映画を手掛けたことで、話題沸騰です。

2019年の第72回カンヌ国際映画祭のオープニング作品として初披露されるや、「大爆笑!」(The Hollywood News)、「この世のものとは思えない、凄いキャスト」(AwardsDaily)、「ビル・マーレイとアダム・ドライバー、最高の二人」(NightmareOnFilm Street)、「ゾンビジャンルへの楽しい試み」(The Hollywood Reporter) などメディアから熱いレビューが続々と寄せられ、熱狂を呼びました。

主演は、「ゴーストバスターズ」シリーズ、「ゾンビランド」シリーズなどホラーコメディは十八番(!?)、ジャームッシュ監督とは3度目のタッグとなるビル・マーレイ

また、W主演を務めるのは、ジャームッシュ監督の前作『パターソン』でも主演を務め、「スター・ウォーズ」最新3部作でのカイロ・レン役、『マリッジ・ストーリー』で2020年のアカデミー賞主演男優賞にノミネートされるなど、今ハリウッドで最も熱い俳優、アダム・ドライバー

さらに、ティルダ・スウィントン、クロエ・セヴィニー、スティーヴ・ブシェミ、トム・ウェイツなど個性派揃いの常連組から、セレーナ・ゴメス、ダニー・グローヴァー、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズなど、新たに加わったベテランや若手スターまで、これまでのジャームッシュ監督作品の中でもひときわ豪華に、史上最強のファミリーが結成されました。

また、音楽ドキュメンタリー『ギミー・デンジャー』の主役でもあるカリスマロックミュージシャンのイギー・ポップや、公私ともに長年のパートナーであり、『バスキア、10代最後のとき』など監督としても活躍するサラ・ドライバーなど、ジャームッシュ監督とゆかりの深い面々も参戦

映画ファンのみならずとも絶対に見逃せない話題作となりました。

映画『デッド・ドント・ダイ』の海外版予告編

2020年1月22日(水)は、ジャームッシュ監督67歳の誕生日!

それを記念して、日本語字幕付き海外版予告が解禁となりました。

今回解禁された海外版予告編は、アメリカの田舎町センターヴィルに、何やら恐ろしくゾッとする影が忍び寄るシーンから始まります。

3人だけの警察署で勤務するロバートソン署長(ビル・マーレイ)とピーターソン巡査(アダム・ドライバー)、モリソン巡査(クロエ・セヴィニー)は、ダイナーでの変死事件を皮切りに、思わぬ事態に巻き込まれていきます。

次々と墓場から蘇えり、町に溢れる死者たち。どうやら生前の活動に引き寄せられているよう。

ピーターソン巡査はライトセイバーよろしくナタを振りかぶり、ナイス・スウィングでゾンビの首を切り落としていきます。

葬儀屋のゼルダ(ティルダ・スウィントン)も、道着をまとい日本刀を携えて救世主のごとく現れ、斬って、斬って、斬りまくる!

しかし、時間を追うごとに増殖していくゾンビたち。

彼らを待ち受けるのは、希望か、それとも絶望か…!?

オールスター・キャストの豪華ジャームッシュ・ファミリーが大集結し、死後もなお生前大好きだったモノを求め彷徨う“コーヒー・ゾンビ”(イギー・ポップ)や、“シャルドネ・ゾンビ”など、奇想天外なゾンビたちに、とぼけた警官コンビと住民たちが立ち向かいます

他にもどんなゾンビが登場するのか、続報をお楽しみに。

スポンサーリンク

映画『ザ・デッド・ドント・ダイ』の作品情報

【日本公開】
2020年(スウェーデン・アメリカ合作映画)

【原題】
The Dead Don’t Die

【監督・脚本】
ジム・ジャームッシュ

【日本語字幕】
石田泰子

【キャスト】
ビル・マーレイ、アダム・ドライバー、ティルダ・スウィントン、クロエ・セヴィニー、スティーヴ・ブシェミ、ダニー・グローヴァー、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、イギー・ポップ、セレーナ・ゴメス、トム・ウェイツ

【作品概要】
2019年・第72回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品。

ビル・マーレイ、アダム・ドライバー、クロエ・セヴィニーの3人が警官に扮し、ゾンビに侵食されて行く町で生き延びようと奮闘します。

映画『ザ・デッド・ドント・ダイ』のあらすじ

センタービルはのどかな田舎町でしたが、動物たちが突如として異常行動を取り始めるという事件が発生。

科学者たちが調査に乗り出したものの、異常行動の原因はなかなか突き止められません。

ほどなくして、町の墓地に埋葬されていた死体がゾンビとなって復活し、町全体が阿鼻叫喚の渦と化し…。

スポンサーリンク

まとめ

参考:『The Dead Don’t Die』公式ツイッター

アダム・ドライバーにビル・マーレイ、ティルダ・スウィントンからセレーナ・ゴメスまで、豪華すぎるキャストが、奇想天外なゾンビたちの大量発生に立ち向かいます。

ジム・ジャームッシュ監督のゾンビ映画『デッド・ドント・ダイ』は、2020年6月5日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほかにて全国ロードショーです。

世界を興奮に包んだ、最高に愛すべきゾンビ・コメディーが、いよいよ日本上陸。ご期待ください。






関連記事

新作映画ニュース

『寝ても覚めても』あらすじと感想。玄理×中井圭(映画解説者)のトークイベントから

同じ顔をした2人の男の間で揺れる女の8年間の思いを描き出し、恋に落ちた時の甘さ、せつなさ、苦しさとともに、先の読めないスリリングさを併せ持つ“大人の恋愛映画”の傑作。 映画『寝ても覚めても』は、9月1 …

新作映画ニュース

ガラスの仮面戦国時代篇!キャストが語る映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』宿命のライバルとは?

第91回アカデミー賞2部門ノミネートされた映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』 『レディ・バード』(2018)のシアーシャ・ローナンと『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』(2018)のマー …

新作映画ニュース

【シッチェス映画祭2019】上映作品とイベント情報。10月より全国順次公開の祭典予告編が解禁!

震えて、怯えて、泣き叫べ! 1968年に創設された「シッチェス映画祭」は、スペイン・バルセロナ近郊の海辺のリゾート地シッチェスで毎年10月に開催されている映画祭。 SF、ホラー、サスペンスなどのジャン …

新作映画ニュース

綾野剛映画『ホムンクルス』あらすじ/キャスト/公開日。清水崇が山本英夫原作漫画を実写化!

綾野剛が記憶を失ったホームレス役に!? 大ヒットTVドラマ『MIU404』や映画『ドクターデスの遺産-BLACK FILE-』での演技が記憶に新しい実力派俳優の綾野剛。 (C)2021 山本英夫・小学 …

新作映画ニュース

【ホラー映画動画解説】ギレルモ・デル・トロに影響を与えたマリオ・バーヴァをシネマダイバー増田健が紹介!

YouTube動画で見るおすすめ映画解説!イタリアのホラー映画の父マリオ・バーヴァ 今回ご紹介するのは、後の映画監督に多大な影響を与えたマリオ・バーヴァ。 “第7回夏のホラー秘宝まつり20 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学