Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

『世界一と言われた映画館』初日舞台挨拶リポート。大杉漣が最後にナレーションを務めたドキュメンタリー映画とは

  • Writer :
  • 中村綾子

映画『世界一と言われた映画館』は、2019年1月5日より有楽町スバル座ほかで全国順次公開中です。

40年前までは山形県酒田市に存在していた伝説の映画館“グリーン・ハウス”

2019年の1月5日に映画初日を迎え、舞台挨拶が有楽町スバル座で行われました。

スポンサーリンク

映画『世界一と言われた映画館』の初日舞台挨拶


(C)認定NPO法人山形国際ドキュメンタリー映画祭

映画評論家の淀川長治が“世界一の映画館”と評した伝説の映画館グリーン・ハウスは、山形県酒田市にありました。

かつて、この映画館に集った人々の証言を集めて作り上げたドキュメンタリー映画『世界一と言われた映画館』

チケット発売開始前から長蛇の列が並び、賑やかに迎えられた公開初日の1月5日に、有楽町スバル座で舞台挨拶が行われました。

映画上映後には佐藤広一監督、語り手の1人として登場した佐藤良広さん、「世界一の映画館と日本一のフランス料理店を山形県酒田につくった男はなぜ忘れ去られたのか」の著者である岡田芳郎さんが登壇し、大きな拍手と歓声を受けました。

不思議な縁の巡り合わせ


画像中央:佐藤広一監督

登壇した佐藤広一監督は、深々と頭を下げた後、「大杉漣さんもこの日を喜んでくださっていると思います」と笑顔を見せました。

その後、佐藤広一監督は自身が演出を務めた映画『世界一と言われた映画館』で俳優人生で最後のナレーションを務めた大杉連との思い出を鮮明に語りました。

大杉漣さんとは自分が20代の頃に短編映画にスタッフで参加し、主演を務められていた大杉さんとお知り合いになる機会があった。この映画のナレーションには、大杉さんしかいないと思いました。お願いしたところ即答でご快諾いただき、大杉さんのナレーションで血が通った作品になりました

今は亡き大杉連さんがナレーションをするに至った経緯を語った佐藤広一監督。

大杉連さん自身は徳島県出身ですが、不思議なめぐりあわせで酒田市とつながりがあったこともあり、実現にこぎつけたそうです。

人生を豊かにしてくれる作品


(C)認定NPO法人山形国際ドキュメンタリー映画祭

山形で映画サークルの活動をしている佐藤良広さんは、次のようにこの作品を絶賛しました。

映画を観なくても生きていける。でも映画が生活の中にあると人生が豊かになります。この映画もそんな作品になっていると思います

人生において様々な人との出会いがありますが、映画ではそれ以上に広い世界があると思います。

その広い世界で知るたくさんのことが、人生をより豊かなものにしてくれるのかもしれませんね。

岡田芳郎さんは自らの著作と本作について語り、次のように次回作も提案しました。

このような映画ができたことがとても嬉しい。次は佐藤監督にグリーン・ハウスの元支配人を主人公にした劇映画を撮ってほしいですね

指名された佐藤広一監督は「がんばります」と笑顔を見せて、笑いと拍手を浴びました。

戦後4番目に大きな火事として知られている“酒田大火”。

映画館が火元になったことで、山形の映画関係者に大きな影響を与えました。


(C)認定NPO法人山形国際ドキュメンタリー映画祭

最初は短編作品として企画されたこの映画でしたが、地元の人々への取材やつながりを経て長編化となりました。

「実は酒田には、まだグリーン・ハウスが存在しているのではないか」と思わせるほどの鮮明な記憶が収められていて、人々からは愛情に満ちた証言が数多く残されています。

グリーン・ハウスに集っていた人たちはもちろんのこと、酒田市や山形県の人々にとって大切な1本となるでしょう。


(C)認定NPO法人山形国際ドキュメンタリー映画祭

映画『世界一と言われた映画館』の作品紹介


(C)認定NPO法人山形国際ドキュメンタリー映画祭

【公開】
2019年(日本映画)

【監督】
佐藤広一

【語り】
大杉連

【作品概要】
40年前、山形県酒田市に存在していた映画館「グリーン・ハウス」。映画評論家の淀川長治が「世界一の映画館」と評したことから、全国的にその名が知れ渡ることになります。

しかし、1976年の酒田大火の火元になり、映画館は焼失してしまいました。

2018年2月に急逝した名優大杉連のナレーションにのせて、地元の人々がグリーン・ハウスに向けての愛情ある言葉を語っていきます。

スポンサーリンク

映画『世界一と言われた映画館』のあらすじ


(C)認定NPO法人山形国際ドキュメンタリー映画祭

上映ベルの代わりにジャズの名曲「ムーンライト・セレナーデ」が流れると、暗がりの中で大好きな映画が始まります。

「西の堺、東の酒田」と称された商人の町・山形県酒田市に、映画評論家・淀川長治氏が「世界一の映画館」と評した伝説の映画館、グリーン・ハウスがありました。

回転扉から劇場に入ると、コクテール堂のコーヒーが薫り、バーテンダーの居る喫茶スペースが迎えます。

少人数でのシネサロン、ホテルのような雰囲気のロビー、ビロード張りの椅子など、その当時東京の映画館でも存在しなかった設備やシステムを取り入れ、多くの人々を魅了したそこは、20歳の若さで支配人となった佐藤久一が作り上げた夢の映画館。


(C)認定NPO法人山形国際ドキュメンタリー映画祭

しかし、多くの家屋や人々に被害をもたらした1976年の大火災・酒田大火の火元となり、グリーン・ハウスは焼失してしまいます。

それから40年余りの時を越えた今、「ムーンライト・セレナーデ」が流れるあの場所へかつて集った人々が、煌めいた思い出をもとに言葉を紡いでいきます……。

2018年2月に急逝した名優・大杉漣氏のナレーションにのせて贈る、忘れ難い場所を心に持つ人々の証言集です。


(C)認定NPO法人山形国際ドキュメンタリー映画祭

まとめ


(C)認定NPO法人山形国際ドキュメンタリー映画祭

映画の開映のベル代わりに流れるのはジャズの名曲ムーンライト・セレナーデ。

ホテルの様な回転ドアに、コーヒーの香り漂う豪華なロビー。

若干20歳にして映画館の支配人となった佐藤久一が映画を最高の雰囲気で見ることができ、贅沢に時間を過ごすことのできる場所として作り上げられた映画館「グリーン・ハウス」

1976年の酒田大火により焼失してしまい、町の人々に愛された映画館はなくなってしまいました。

それから40年以上の時を経て、その思い出とともにスクリーンによみがえり、今は亡き大杉連がナレーションで映画に華を添えています。

現在、映画はDVDや動画配信サービスなどで身近に楽しめますが、この映画を観ることで、映画館で映画を観ることの特別感を感じることができると思います。

伝説の映画館が主役の映画『世界一と言われた映画館』は、2019年1月5日より有楽町スバル座ほかで全国公開中です。

ぜひ、お見逃しなく!

映画『世界一と言われた映画館』を上映する劇場情報

【東北地区】
宮城 フォーラム仙台 1月18日(金)
山形 イオンシネマ天童 1月5日(土)
山形 イオンシネマ米沢 1月5日(土)
山形 イオンシネマ三川 1月5日(土)
福島 フォーラム福島 3月(予定)

【関東・甲信越】
東京 有楽町スバル座 1月5日(土)
東京 立川シネマシティ 1月12日(土)
神奈川 あつぎのえいがかんkiki 1月19日(土)
神奈川 横浜シネマリン 2月9日(土)
埼玉 川越スカラ座 未定
長野 シネマポイント 未定
新潟 シネ・ウインド 未定

【中部・北陸】
愛知 名古屋シネマテーク 未定
石川 金沢シネモンド 未定

【近畿・中国・四国】
大阪 第七藝術劇場 未定
京都 京都シネマ 未定

※上記の情報は2019年1月7日現在のものです。お近くの劇場をお探しの際は必ず公式HPを閲覧してください。

関連記事

新作映画ニュース

映画『パラサイト』キャストの金持ちの父親役はイ・ソンギュン【演技評価とプロフィール】

第72回カンヌ国際映画祭“最高賞”パルムドール&第92回アカデミー賞作品賞受賞作『パラサイト 半地下の家族』は2020年1月10日より全国公開! 第72回カンヌ国際映画祭最高賞パルムドール受賞に加え、 …

新作映画ニュース

映画『トルーマン・カポーティ 真実のテープ』イーブス・バーノー監督インタビュー!「天才作家もひとりの人間だった」

映画『トルーマン・カポーティ 真実のテープ』は2020年11月6日より公開。 『ティファニーで朝食を』(1958)、『冷血』(1966)など多くの傑作小説を残した20世紀アメリカ文学界を代表する作家ト …

新作映画ニュース

『ジュラシック・ワールド 炎の王国』あらすじ。4DX特別映像解禁と劇場情報も

「ジュラシック・パーク」シリーズ最新作となる映画『ジュラシック・ワールド 炎の王国』が2018年7月13日に公開。 『ジュラシック・パーク』生誕25周年を迎える節目となった本作は、火山の大噴火というス …

新作映画ニュース

インド映画『きっと、またあえる』あらすじ/キャスト/公開日。笑いと涙の感動エンターテインメント!

『ダンガル きっと、つよくなる』で 世界興収インド映画No.1を記録したティワーリー監督最新作。 90年代インドの学生寮を舞台に笑いと涙、永遠の友情が描かれる青春映画が日本上陸です。 ALL RIGH …

新作映画ニュース

《動画で見る瀧内公美インタビュー》女性が#MeTooやセクハラを描く意味を考えた作品【映画『蒲田前奏曲』】

YouTube動画で見る瀧内公美インタビュー取材 中川龍太郎、穐山茉由、安川有果、渡辺紘文という4人の監督による連作スタイルの長編映画『蒲田前奏曲』。今回は、第3番安川有果監督「行き止まりの人々」をご …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学