Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

映画『ブライトバーン』ネタバレあらすじと感想評価。ホラー的なスーパーマンを通して描かれる家族の姿

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

子供に恵まれなかった夫婦が「天からの授かりもの」と信じて育てた子供は、地球に破壊をもたらす者だったという恐怖を描いた『ブライトバーン/恐怖の拡散者』

スーパーヒーロー作品をホラー映画で描くという「異色のジャンル」という点も見どころです。

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズで、一躍有名監督となったジェームズ・ガンが、自身の原点であるホラー映画を手掛けた事でも話題の、本作をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ブライトバーン/恐怖の拡散者』の作品情報


(C)The H Collective

【公開】
2019年公開(アメリカ映画)

【原題】
Brightburn

【監督】
デビッド・ヤロベスキー

【製作】
ジェームズ・ガン、ケネス・ファン

【脚本】
ブライアン・ガン、マーク・ガン

【キャスト】
エリザベス・バンクス、デビッド・デンマン、ジャクソン・A・ダン、マット・ジョーンズ、メレディス・ハグナー

【作品概要】
ある夫婦が育てた子供が、12歳の誕生日を境に豹変した事で始まる恐怖を描いたホラー作品。

カルト的な人気となったホラー映画『インバージョン移転』で監督と脚本を担当し長編デビューを果たした、デヴィッド・ヤロヴェスキーが監督を担当し「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズで知られる、ジェームズ・ガンが製作を担当。

主人公のトーリを、「ハンガー・ゲーム」シリーズや「ピッチ・パーフェクト」シリーズで知られる、エリザベス・バンクスが演じています。

映画『ブライトバーン/恐怖の拡散者』あらすじとネタバレ


(C)The H Collective
カンザス州の田舎町「ブライトバーン」で、農業を営んでいる、トーリとカイルの夫婦。

2人は幸せな生活を送っていましたが、子供に恵まれない事だけが悩みでした。

ある夜、激しい地鳴りの後に、農場の近くの森が、真っ赤に燃え上がっている光景を夫婦は目にします。

その10年後。

夫婦は、ブランドンという養子を迎え、大切に育てていました。

成長したブランドンは、夫婦に愛情を注がれ、素直で優秀な子供に育っていました。

ただ、夫婦はブランドンに「納屋にだけは近づいてはいけない」というルールを作ります。

ある晩、眠っていたブランドンは、不気味な声に呼ばれるように納屋に向かい、鎖で施錠された扉を開けようとします。

ブランドンの異変に気付いたトーリに声を掛けられ、ブランドンは我に返ります。

ブランドンの12歳の誕生日。

トーリとカイルは、ブランドンの叔父と叔母にあたる、ノアとメリリーと共に、誕生日を祝います。

ノアは、ブランドンに誕生日プレゼントとして、猟銃を送りますが「子供には、まだ早い」と判断したカイルは、猟銃を取り上げます。

怒ったブランドンは、カイルに反抗的な態度を取ります。

初めて見せるブランドンの異常な様子に、トーリとカイルは戸惑います。


(C)The H Collective

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ブライトバーン/恐怖の拡散者』ネタバレ・結末の記載がございます。『ブライトバーン/恐怖の拡散者』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

トーリとカイルは、ブランドンの部屋に、雑誌の切り抜きのグラビアページがある事から、ブランドンが思春期を迎えて、難しい時期に入ったと感じます。

ですが、グラビアページの他に、人体解剖の写真などもあった事から、トーリとカイルはブランドンを心配し、家族でキャンプに行って、コミュニケーションを取ろうとします。

キャンプで狩りをしながら、カイルはブランドンに「異性に興味を持つ事は自然な事だ」と教えます。

その夜、キャンプ場から姿を消したブランドンは、同級生の女子生徒、ケイトリンの部屋に忍び込んでいました。

ケイトリンがブランドンに気付いた瞬間、ブランドンは姿を消しますが、ケイトリンは不気味さを感じ、ブランドンを拒否するようになります。

ケイトリンの態度の変化にショックを受けたブランドンは、体育の授業中にケイトリンの腕の骨を砕き、停学処分になります。

その日を境に、カイルはブランドンがフォークを噛み砕いたり、ブランドンを警戒していた鶏が、変わり果てた姿で死んでいる状況を目の当たりにしたりします。

カイルはブランドンを不気味に感じるようになりましたが、トーリは信じ続けようとします。

世間を拒絶するように、ベッドに潜り込んでいたブランドンは、「奪え」という不気味な声を聞き、再び納屋の扉を開けようとします。

赤い光に包まれた、納屋の異変に気付いたトーリが駆け付けると、納屋の扉を開けたブランドンが、宙に浮いている光景を目の当たりにします。

トーリがブランドンに声をかけると、ブランドンは納屋の地下に落ち、腕を怪我します。

納屋の地下にあったのは小型の宇宙船で、トーリは「燃えていた森の中で、ブランドンを見つけた事」「赤ん坊だったブランドンを連れて帰り、養子として育てた事」を打ち明けます。

事実を聞かされショックを受けたブランドンは、納屋の外に飛び出します。

ブランドンの目は、赤く不気味に染まっていました。

ブランドンは、再びケイトリンの家に現れ「もうすぐ、世界が自分の存在に気付く」と告げると、ケイトリンが怪我をした時に自分を罵った、ケイトリンの母親の職場へ向かいます。

不気味なマスクを被ったブランドンは、ケイトリンの母親を襲います。

次の日、カウンセリングを受ける事になったブランドンは、叔母のメリリーのカウンセリングを受けます。

ブランドンに暴言を吐かれ、全く反省の態度を感じないメリリーは、「明日、警察に報告する」とブランドンに伝えます。

その夜、ブランドンはメリリーの自宅を訪ね「警察の報告はやめた方が良い」と警告、メリリーは不気味に感じながらも、ブランドンを自宅に帰らせようとします。

ブランドンは帰ったように見せかけ、眠ったメリリーの寝室に侵入しますが、帰宅したノアに見つかります。

ノアは怒りながら「この事を両親に話す」とブランドンを車に乗せます。

ですが、空を飛んだブランドンが、車ごとノアを地面に叩きつけ、ノアの命を奪います。

容疑者不明の事件となった、ノアの死を悲しんだカイルは、ブランドンの部屋から血の付いたシャツを見つけた事から「ノアを殺したのはブランドン」と決めつけますが、トーリはブランドンを信じ続けます。

カイルはブランドンと話し合う為に、トーリを家に残し、再びキャンプへ向かいます。

キャンプ先で鹿の足跡を探すブランドンの背後から、カイルは猟銃を発砲しますが、命中したブランドンに傷はありません。

カイルは怒ったブランドンの犠牲になります。

一方、家に残ったトーリの元に、地元の保安官が訪ねてきます。

ケイトリンの母親とノアが死亡した現場に残された「BB」という暗号が「ブランドン・ブレイヤー」と読める事から、ブランドンに事情徴収を求めますが、トーリは、これを拒否します。

しかし、トーリはブランドンの部屋にあったノートに、同様の暗号が描かれていた事から、一連の死亡事件はブランドンの仕業と確信します。

そこへ、家に戻ってきたブランドンが、家ごと破壊し、トーリの命を狙います。

保安官が駆け付け、ブランドンに応戦しますが歯が立ちません。

トーリは、ブランドンが宇宙船の中で怪我をした事を思い出し、刃物のようになった、宇宙船の破片を持ち出します。

納屋に現れたブランドンは、トーリに「正しい事がしたい、本当だよ」と助けを求めるような仕草を見せます。

トーリは、ブランドンを抱きしめながら、宇宙船の破片を突き刺そうとしますが、気付いたブランドンに腕を止められます。

裏切られたショックから、怒ったブランドンは、トーリを雲の上まで連れて行った後、手を放して落下させます。

トーリとカイルの死亡以降、謎の飛行機墜落やビルの崩壊などが多発し、上空に浮いている謎の人物が話題になります。

謎の人物は「ブライトバーン」と名付けられ、世界崩壊の象徴と騒がれるようにまります。

スポンサーリンク

映画『ブライトバーン/恐怖の拡散者』感想と評価


(C)The H Collective
超人的な能力を持つ存在が、正義に目覚めず破壊の道を歩むようになった恐怖を描いた『ブライトバーン/恐怖の拡散者』。

ブランドンは、銃弾は通用せず、飛行能力を持ち、目から熱光線を放って怪力という「スーパーマン」と同じ能力を持っています。

もし「スーパーマン」が超人的な能力を人助けではなく「暴走の為に使い始めたら」と考えただけで怖いですが、その想像を、実際の映像にしたのが本作です。

徐々にブランドンの危険な部分が明るみになる前半と、ブランドンが暴走を始める後半では、違った恐怖を味わえるホラー作品になっています。

スーパーヒーロー映画では、育ての親が、ヒーローが正義に目覚めるキッカケを与える事があります。

本作ではその役目を、農作業を営む夫婦、トーリとカイルのブレイヤー夫妻が担っていますが、ブランドンの暴走を止める事ができません。

ブランドンの変化が理解できず、どう接して良いか分からなくなる夫婦の様子から「家族という形を作る事」の難しさを感じます。

本作では「恐怖を与える立場」となる、ブランドンにも共感できる部分があります。

ブランドンは、突然目覚めた超人的な能力をコントロールできません。

また、思春期の暴走する感情も抑えられず、相談できる相手もいない為、間違った方向へ進んでしまいます。

ラストにブランドンが発する「正しい事がしたい、本当だよ」という言葉から、本当は苦しんでいた事が分かります。

トーリとカイルは、そんなブランドンを信じて、愛情で包もうとしますが、次第に「愛情」という言葉すらも無意味に感じてくるようになり、絶望的とも呼べるラストに向かいます。

ただ、作中で「もし、こうしていれば救えたのではないか?」と思えるような箇所がありますので、ご覧になる際は「自分なら、どう接するか?」と考えてみてはいかがでしょうか?

まとめ


(C)The H Collective
スーパーヒーローをホラー映画として描いた異色の作品『ブライトバーン/恐怖の拡散者』。

地球に破壊をもたらす存在となったブランドンが「本当は何者なのか?」が不明な点も含めて、不気味で恐ろしい作品です。

しかし、本作のテーマは「家族」であり、親が子供を正しい方向に導く難しさと、親に素直に助けを求められない、子供の複雑な心境を描いた作品です。

ブランドンが超人的な能力を使う時は、自分の悪事がバレないように、ごまかそうとした時だけです。

思春期や反抗期の時に、皆さんもブランドンのような経験があるのではないでしょうか?

ブランドンの場合は、度を越してしまっていますが…。

本作の脚本は、製作を担当したジェームズ・ガンの弟であるブライアン・ガンと、いとこのマーク・ガンが担当しています。

ここからも、家族を意識した作品である事が分かります。

『ブライトバーン/恐怖の拡散者』がハッピーエンドだった場合の作品が、スーパーマンの誕生を描いた2013年の映画『マン・オブ・スティール』ですので、併せて鑑賞して、スーパーマンを育てたケント夫妻と、ブレイヤー夫妻の違いを感じてみるのもおススメです。

関連記事

ホラー映画

映画『ザ・リング/リバース』あらすじと感想レビュー!劇場公開日は

ジャパニーズ・ホラーの名作『リング』のハリウッド版「リング」シリーズ第3弾『ザ・リング/リバース』は、2018年1月26日より全国ロードショー! “観ると必ず7日後に死ぬ”と噂される呪いのビデオを観て …

ホラー映画

映画『シライサン』ネタバレ感想とレビュー評価。JホラーがSNSと繋がることで“現在だからこその恐怖”を映し出す

名前を知った者の前に現れ、目を逸らすと命を奪う「シライサン」と呼ばれる都市伝説を巡り、男女が遭遇する恐怖を描いたホラー映画『シライサン』。 SNSでの情報、あるいは感情の共有がメディアの主流となりつつ …

ホラー映画

映画『血を吸う粘土~派生』あらすじと感想レビュー。1作目結末の真相ネタバレから始まるカカメの恐怖とは

「シッチェス映画祭ファンタステック・セレクション」は2019年10月11日(金)より全国3か所で開催。 スペイン・バルセロナ近郊のリゾート地シッチェスで毎年10月に開催されている映画祭「シッチェス映画 …

ホラー映画

『死霊館のシスター』あらすじと感想。解説はシリーズを時系列まとめ

映画『死霊館のシスター』は9月21日(金)より、新宿ピカデリーほか全国公開! 『SAW』を生み出したジェームズ・ワンが新たに2013年から初めて心霊ホラーシリーズの第5弾にして、シリーズの前日談(プリ …

ホラー映画

映画『来る』あらすじネタバレと感想。ラスト結末の【ぼぎわん】の正体や意味の紹介も

2015年第22回日本ホラー小説大賞を受賞した澤村伊智の「ぼぎわんが、来る」を、『告白』で日本アカデミー賞を受賞、『嫌われ松子の一生』『渇き』など、話題作を放ち続ける中島哲也監督によって映像化。 中島 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP